2019年06月27日

珍鳥(ちんちょう)まつり???

昼休(ひるやす)み、トリトリデッキ駐車場(ちゅうしゃじょう)のまえから、干潟(ひがた)をジロジロ。 遠(とお)く川津辺(かわつべ)にクロツラヘラサギが3羽(わ)いたけれど・・・ 他(ほか)は、な〜んも見(み)えません。

あきらめきれず
用心深(ようじんぶか)く眺(なが)めていると、白(しろ)いコロッとしたのが見つかりました。

kuma-190627.jpg

ナゼかトライアスロン前後(ぜんご)にやってくる・・・ 国内(こくない)では年間(ねんかん)10羽(わ)もやってこないハシブトアジサシが、2羽(わ)も゛。exclamation&question これまで3羽も飛来(ひらい)しているので計(けい)5羽。exclamation もうあと4羽しか飛来できない設定(せってい)なので、だじょぶかな゛〜徳之島(とくのしま)ばっかり飛来して。(笑)

さてと
特(とく)ダネも記録(きろく)できたし、車(くるま)に載(の)ろうとしたところ戸ノ木(とのぎ)に、白(しろ)いのが動(うご)いているのがチラッと見えました。

shsts-190627.jpg

このごろ奄美大島(あまみおおしま)や石垣島(いしがきじま)でも見つかっているので、来(く)るんじゃないかと思(おも)ってましたが・・・ よもやハシブトアジサシと同時(どうじ)とは。exclamation&question もはや、この干潟は動物園(どうぶつえん)をしのいでます。ぴかぴか(新しい) たぶん、国内(こくない)では、起(お)きたことがない珍事(ちんじ)。exclamation×2

フョ と気(き)の抜(ぬ)けた声(こえ)がしたら、飛(と)び去(さ)ってしまいました。 しかも2羽。exclamation 声をだすのには、ついつい・・・と、聞(き)こえる仲間(なかま)がいるときがあります。 行先(いきさき)は、あそこらへんでしょうね。

干潟の南(みなみ)へ移動(いどう)してみると・・・

shsts2-190627.jpg

やっぱりね゛〜ひらめき ソリハシセイタカシギはクチバシが繊細(せんさい)なので、戸ノ木の砂地(すなじ)より泥底(どろぞこ)がイイんです。 とゆ〜か、他(ほか)には徳之島で泥底なんて、ありゃしませんから。(笑)

クロツラヘラサギもいました。

shsts_khs-190627.jpg

ヘラサギのクチバシは丸(まる)くて、やや強(つよ)めなので、砂地でもOKですが、柔(やわ)らかいに越(こ)したことはないようです。 いや゛〜 やっぱり動物園を越えてるな゛〜。ぴかぴか(新しい)

あ゛・・・ 近(ちか)づきすぎて叱(しか)られちょる。

shsts3-190627.jpg

どうやらカップルでなく、先輩後輩(せんぱい・こうはい)のペアのようです。

いづれにしても
この時節(じせつ)に徳之島にやってくるんだと、繁殖(はんしょく)できません。 アジサシはカモメの類(たぐ)いだから1年で成熟(せいじゅく)しなかもしれないけれど、ソリハシセイタカシギはどうなんでしょうか・・・


ちなみに
ソリハシセイタカシギは、今年(ことし)にはいって8羽になりました。exclamation×2 もちろん、これまで10年(ねん)で最多(さいた)です。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Black-faced spoonbill Pied avocet Gull-billed tern 】
posted by ぶん+ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186199693
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック