2019年07月08日

トビハゼ 伝説(でんせつ)???

とても意気地(いきじ)のある、ミナミトビハゼがいます。exclamation

mth-190708.jpg

事(こと)あるごとに背(せ)ビレを立(た)て、威嚇(いかく)しています。exclamation サイズは9センチくらい。

ライバルに対(たい)してダケではないようで、誰(だれ)か?を追(お)っているときも。

mth2-190708.jpg

とても興奮(こうふん)しやすいみたい。

追っていたのは、小(ちい)さい5センチあまりの個体(こたい)。

mth3-190708.jpg

小さくても知恵(ちえ)があって、こうして高(たか)いところへ上(のぼ)っては、あたりを察(さっ)しながら移動(いどう)しています。 ナゼか明(あき)らかにコーフン個体から逃(のが)れ、コーフン個体は小さいのに追いすがっていました。

ところで
トビハゼではオスがメスより小さいらしい。 けれど、さっきの顛末(てんまつ)からして、ど〜もミナミトビハゼでは、オスがデカくてメスが小さいように観(み)られます。 ちなみにFishBaseによると、最大(さいだい)で19センチにもなるらしく、国内(こくない)の倍以上(ばいいじょう)。exclamation×2

むしろ
逆(ぎゃく)に、メスが戦(たたか)う種族(しゅぞく)なのでは??? と、想像(そうぞう)するのに十分(じゅうぶん)な振(ふ)る舞(ま)いでしかありません。 だって、威嚇しいるのは冬越(ふゆご)しした巣穴(すあな)の主(ぬし)のようですし。 トビハゼとミナミトビハゼでは、オスメスの生態(せいたい)がヒックリカエッテいるのでは??? ニンゲンでも、オジサンなのにオネエだったりしますし・・・

ちなみに
小さいのはボロッボロの巣穴(すあな)を、ちょっとだけのぞき込(こ)んでいました。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ Mudskipper 】
posted by ぶん+ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186250023
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック