2019年07月09日

島野菜(しまやさい)が すっかり減(へ)って

昨冬(さくふゆ)のブロッコリーのシーズンから、違和(いわ)を感(かん)じていました。 どうやら、島野菜を自家用栽培(じかよう・さいばい)するシマンチュがズンズン高齢化(こうれいか)し、空の駅(そらのえき)に出荷(しゅっか)されなくなっているようなのです。たらーっ(汗)

オッサンちは劇貧(げきひん)ですから・・・ 大打撃(だいだげき)。exclamation×2 そこで、これまで肉(にく)だけだったAコープの特売(とくばい)に頼(たよ)るしかありません・・・

鶏(とり)モモは脂(あぶら)が多(おお)いので、促成(そくせい)したときの化学物質(かがく・ぶっしつ)が蓄積(ちくせき)しやすいし、値(ね)も高(たか)め。 やっぱり、鶏ムネに限(かぎ)る。

bbj-190709.jpg

ムシムシするこのごろは、鶏ムネもパパっとムシて割(さ)き・・・ バンバンジー風(ふう)に。ひらめき やせた島ゴーヤですけれど、薄(うす)くスライスして、和(あ)えてみました。

鶏ムネを、ヒミツの3ピース?にさばいてからフライパンで蒸すと、すぐに蒸せるうえ、割く作業も思(おも)ったほど時間(じかん)はかかりません。 けれども、あれやこれやメンドクサイと感(かん)じる向(む)きが多(おお)いようです。 さりとて、オッサンには余裕(よゆう)がないせいか・・・ コレくらいメンドクサイとは感じられず、それより安(やす)くて美味(おい)しいほうが優先(ゆうせん)されます。ひらめき(笑)

きのうは
無線(むせん)ルーターのトラブル対策(たいさく)で臨時収入(りんじ・しゅうにゅう)があったので、やや割高(わりだか)なトンカツ用(よう)のロースと、ピーマンの特売を手(て)にしました。ぴかぴか(新しい)

pc-190709.jpg

片栗粉(かたくりこ)をまぶして焼(や)いてから、ゴーヤとピーマンとタマネギをザザッと炒(いた)め、ソースとケチャのタレにからめて・・・ なんちゃってポークチャップに゛っexclamation×2 ちょい薄味(うすあじ)でしたが、晩酌(ばんしゃく)にはベストマッチ。るんるん 

こうして
ゴーヤやピーマンを油(あぶら)でいためると、ビタミンCが油に溶(と)けて吸収(きゅうしゅう)しやすくするそうですけれど・・・ トクテイなんちゃらのウーロン茶(ちゃ)なんかは、脂肪(しぼう)の吸収をユルヤカにする ≒ 阻害(そがい)するため、ビタミンCもあまり吸収できませんので、あしからず・・・(笑)



ところで
このごろオッサンのお気(き)に入(い)りは、スジャータの「のむ大豆(だいず)」のアレンジ。

vichyssise-190709.jpg

のむ大豆は、もともと豆乳(とうにゅう)でなく、皮(かわ)をのぞく全部入(ぜんぶ・い)りのドロドロ飲料(いんりょう)ですから、ほとんど大豆のヴィシソワーズるんるん このたびは、味噌(みそ)と昆布出汁(こぶだし)をお湯(ゆ)に溶いてから混(ま)ぜ、氷(こおり)も加(くわ)えてゆるめておいて・・・ ネギを散(ち)らしていただきました。 和風(わふう)の味噌ヴィシソワーズ?のようなもの。 生(なま)味噌の風味(ふうみ)がいただける、なかなか新鮮(しんせん)な体験(たいけん)でした。ぴかぴか(新しい)

フツーですと、マギーブイヨンと塩(しお)、コショウをお湯で溶いて・・・ とか、あるいは牛乳(ぎゅうにゅう)とのむ大豆は半々(はんはん)にするとか・・・ はたまた本格的(ほんかくてき)に生(なま)クリームで・・・ などなど、むしろジャガイモの本家(ほんけ)よりも、愉(たの)しめる気(き)がします。ぴかぴか(新しい)


ともあれ
このごろ、島のオクラが壊滅的(かいめつてき)なのは、ナシテどして???


 
posted by ぶん+ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186253440
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック