2019年07月15日

来(き)たか珍鳥(ちんちょう) 待(ま)ってたホイexclamation

午後(ごご)も下(さ)がり、やや涼(す〜)しうなってから、トリトリデッキへ。

川津辺(こおっちぶ@しまぐち=かわつべ)の川尻(かわりじ)には、クロツラーズX4。

khsx4-190715.jpg

陽炎(かげろう)がキッツイので、写(うつ)りはビミョ〜。晴れ けど、コマ送(おく)りの合成(ごうせい)みたいになってます。ひらめき(笑)

このところ2羽(わ)しか見(み)かけなかったけれど、分散(ぶんさん)していたようです。 いいかげん、クロツラーズと呼(よ)ばれるのが、恥(は)ずかしいのかも。爆弾(笑)

しばらくして・・・ ありゃんりゃ゛?

khs_ha-190715.jpg

その上空(じょうくう)を横切(よこぎ)るのは、カモメ? アジサシ? 

それもそのハズ、ユリカモメと同大(どうだい)の大型(おおがた)アジサシ、ハシブトアジサシです。exclamation
ha-190715.jpg

カッコイイ夏羽(なつばね)でラッキーるんるん

国内(こくない)に10羽(わ)も飛来(ひらい)しない設定(せってい)なのに・・・ もう8羽になってしまい、奄美大島(あまみおおしま)や石垣島(いしがきじま)への飛来(ひらい)もあり、定員(ていいん)オーバーに。exclamation&question(笑)

ともあれ
新(あら)たなインバウンドが増(ふ)えたのか、ウロウロしているリピーターが増えたのか、ビミョ〜なところ。

ところで
まえまえから、気(き)になっていたことがあります。ひらめき とゆ〜も、Wikipediaによると、内陸(ないりく)の湖沼(こしょう)などで繁殖(はんしょく)するのに、ナゼにカニが大好(だいす)きなのでしょうか??? 内陸のカニは干潟(ひがた)と違(ちが)い、干満(かんまん)がないので基本(きほん)は夜行性(やこうせい)。 実(じつ)は、カニが思(おも)うように捕食(ほしょく)できないので、食(た)べ放題(ほうだい)に憧(あこが)れ、カニロマンを求(もと)めて飛来(ひらい)するのでしょうか・・・? 上達(じょうたつ)したら、ベニツケガニ、ノコギリガザミへとステップアップもできますし。ぴかぴか(新しい)(笑)


ちなみに
【来たか長さん 待ってたホイ】は明治(めいじ)の俗謡(ぞくよう)の一部(いちぶ)だそうで、ま゛〜誰(だれ)もが知(し)っている替(か)え歌(うた)や、鼻歌(はなうた)みたいなモンみたいでした。 オッサンはすっかり、長さんはドリフだと思ってましたわ。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ ハシブトアジサシ 】
posted by ぶん+ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186278028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック