2019年07月29日

クロツラヘラサギ なりに?

まえまえから、オッサンをピピッと警戒(けいかい)したがる個体(こたい)がいます。

khs-190729.jpg

200m離(はな)れていても、レンズを向(む)けると・・・ ジロリとにらみ返(かえ)してきます。

オッサンを、かなりジロジロしてから、飛(と)び去(さ)るのかと思(おも)ったら・・・コチラへ。

khs2-190729.jpg

すんなり逃(に)げず、やにわにコチラへ飛(と)んでから、ぐぐいっとUターン。exclamation&question やりおるわい。

クロツラヘラサギの若造(わかぞう)なりの意気地(いきじ) ≒ 示威行動(じい・こうどう)といったところでしょうか。 んま゛〜 ずいぶん低(ひく)い飛びからすると、よほど熱(ねっ)せられた大気(たいき)がつかみづらく、たまたまオッサンが風上一直線(かざかみ・いっちょくせん)だった・・・ のかもしれないけれど。

ちなみに
地面(じめん)スレスレや、クロサギのように海面(かいめん)スレスレを飛ぶのにはワケがありまして、羽(は)ばたきの風(かぜ)が反射(はんしゃ)し、効率(こうりつ)が高(たか)まるから・・・ で、人呼(ひとよ)んで『地面効果』(じめん・こうか)。

意外(いがい)なことに、ソレを応用(おうよう)したのはソ連(れん)だけでした。 現存(けんそん)するЭкраноплан/エクラノプランはGoogleMapでも見られるほどの大物(おおもの)。exclamation×2 別名(べつめい)、カスピ海(かい)の怪物(かいぶつ)といい、飛行機(ひこうき)と船(ふね)の中間(ちゅうかん)です。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ Black-faced spoonbill 】
posted by ぶん+ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186344425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック