2019年07月31日

熟達(じゅくたつ) したん?

ひっさびさの、ミナミトビハゼ。

mth-190731.jpg

ずっと、巣(す)はチェックしつづけているけれど・・・ 主(ぬし)はサッパリだったのです。 このごろは、暑(あつ)すぎるのか、シオマネキたちですら昼間(ひるま)は引(ひ)っこんでしまいます。たらーっ(汗)

お゛お゛お゛お゛〜exclamation

mth2-190731.jpg

デカい巣の主が、ようやっと確(たし)かめられました。ひらめき デカさは、冒頭(ぼうとう)のトビハゼの大(おお)きさがほとんど同(おんな)じ9センチくらいなので、推(お)して知(し)るべし・・・ です。

さて
この巣の主、ひょっとすると6月(がつ)に、もっとスゴイのをこさえてきた個体(こたい)かもしれません。

mth3-190731.jpg

こちらは土嚢(どのう)を積(つ)んだ、塹壕(ざんごう)のようなスタイル。たらーっ(汗)

その2週間後(しゅうかんご)は、土嚢?が整(ととの)ったのと、水(みず)が増(ふ)えて・・・

mth4-190731.jpg

露天風呂(ろてん・ぶろ)スタイルに゛っ。exclamation

巣(す)としての機能(きのう)と、ダイナミックな露天風呂の味(あじ)わいを両立(りょうりつ)するために、改良(かいりょう)をつづけたのかもしれません・・・。


ところで
昼(ひる)のこと、奮発(ふんぱつ)して肉(にく)だくの塩(しお)やきそばをこさえていたのに・・・ いきなり通(とお)り雨(あめ)。 コレって、夕立(ゆうだ)ちでも朝(あさ)立ちでもなく、昼(ひる)立ち???(笑)

yakisoba-190731.jpg

あ゛〜あ 車(くるま)の窓(まど)を閉(し)めてきた2分(ふん)あまり、加熱(かねつ)を中火(ちゅうび)にしちゃったんで、肉が硬(かた)くなっちまいました。 やっぱりオッサンは、肉を食(く)らうことがはばかられる運命(うんめい)・・・ なのでしょうかね゛〜。たらーっ(汗)

ともあれ
肉は香(こう)ばしくも、キャベツは焦(こ)げずにしんなりした甘(あま)い仕上(しあ)がりは、ウマウマにございますっ。るんるん こうして鉄板(てっぱん)のような蒸(む)らしができるのは、電磁調理用(でんじちょうり・よう)の厚手(あつで)のフライパンがあってこそ。ぴかぴか(新しい)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ Mud skipper 】
posted by ぶん+ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186352984
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック