2019年08月07日

ウンブキ あ゛・・・

大潮(おおしお)のあとの中(なか)潮の宵(よい)は、ウンブキ観察(かんさつ)に適(てき)した満潮(まんちょう)になります。

久(ひさ)しぶりに、ウンブキへ。 ウンブキアナゴ、おらんかね゛〜。

u_anago-190807.jpg

よ〜やっと見(み)つけた、50センチオーバーの最大級(さいだい・きゅう)だったのにぃ゛〜たらーっ(汗) ウンブキが、だいぶ有名(ゆうめい)になったので、いろんなニンゲンが観察してライトを当(あ)てたので、警戒(けいかい)するようになったかな???

そうそう
データベースのアクセスでダントツトップなのが、このウンブキアナゴ。 ウンブキ=浅間湾屋洞穴(あさま・わんや・どうけつ)ではないんです。 ネット検索(けんさく)すると、ヒントの2番目(ばんめ)にウンブキアナゴが出(で)てくるので、ナニコレ?と思(おも)ってしまうのかも。


ちなみに
最大級になったウンブキアナゴは、たぶん来月(らいげつ)あたりには、どこかの深海(しんかい)で産卵(さんらん)するため旅立(たびだ)ってしまうことでしょう。 ニホンウナギがマリアナ海嶺(かいれい)、マアナゴが九州(きゅうしゅう)・パラオ海嶺で産卵しているらしいので、ウンブキアナゴもフィリピンからマリアナ諸島(しょとう)にかけての海域(かいいき)のどこかで、産卵しているのではないでしょうか。

 
posted by ぶん+ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186382757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック