2019年08月17日

シラサギで・・・

ようやく、Aコープに食材(しょくざい)がもどってきました。exclamation&question これで、タマゴも食(た)べ放題(ほうだい)ですし、ずいぶん久(ひさ)しぶりに納豆(なっとう)ごはんも美味(おい)しそう。るんるん 残念(ざんねん)ながら、食(しょく)パンはあしたまで・・・でした。たらーっ(汗) これまでで、もっともキツイ食糧難(しょくりょうなん)でしたわ。

さて
イノーの鳥(とり)たちは、7月(がつ)からゼンゼン変化(へんか)がなく・・・ と思(おも)ったら、シラサギに変化が?

sag-190817.jpg

越夏中(えっかちゅう)の、若(わか)いチュウダイサギかと思(おも)ったら・・・ チュウサギでは? チュウダイサギは、若いうちはクチバシがやや短(みじか)くて先(さき)が黒(くろ)いので、ヤヤコシイ。

違和(いわ)を感(かん)じたのは、採餌(さいじ)している場所(ばしょ)で・・・ 砂(すな)の上(うえ)です。 ダイサギの類(たぐ)いは、クチバシが傷(いた)むのを嫌(いや)がってか、エサの好(この)みか、イノーでは水中(すいちゅう)のエサを狙(ねら)うんです。

よく観(み)ると、クチバシの付(つ)け根(ね)が目(め)のしたで納(おさ)まっているとか、スネが黒(くろ)いとか、あるんですが・・・

んま゛〜しかし
ダイサギが、チュウダイサギとオオダイサギに種(しゅ)が分(わ)かれ、はたまた越夏する若輩(じゃくはい)がいるなんて知(し)らんかったし、ここにチュウサギまでが越夏に加(くわ)わるとなると、さらに厄介(やっかい)だなぁ。 今(いま)のタイミングですと、もどりかもしれないけれど・・・


とゆ〜ことで、シラサギでいっか。ひらめき(笑)

 
posted by ぶん+ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186434871
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック