2019年09月06日

じわじわ来(く)る ヤバさ

シマンチュのうち、天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどう・こうえん)のまわりのイノーを、どんだけ眺(なが)めたことがあるでしょうか・・・

実(じつ)は過日(かじつ)、ヤナ光景(こうけい)を観(み)てしまいました。たらーっ(汗) ココでは今(いま)、不用意(ふようい)に植(う)えられたマングローブ的(てき)な植物(しょくぶつ)、外来種(がいらいしゅ)メヒルギが増(ふ)えすぎているワケですが、その影響(えいきょう)をさらに助長(じょちょう)する現象(げんしょう)が。バッド(下向き矢印)

suna-190906.jpg

波打(なみう)った砂(すな)は、積(つ)もったもの。 このところ高潮位(こうちょうい)になる潮周(しおまわ)りでしたが、その勢(いきお)いで、どしどし砂がイノーの億(おく)へ流(なが)されてきました。

そんなん、勢いで入(はい)ったモンは、勢いで出(で)てくのがアタリマエやろexclamationとかヘリクツは通用(つうよう)しないようです。 そもそも勢いで出てくハズが、すっかり干潟(ひがた)になったのに、シッカリ積(つ)もったままに。爆弾

コレが、ど〜ゆ〜意味(いみ)かとゆ〜と、このイノーじわじわ埋(う)まってしまい、空港(くうこう)の運営(うんえい)が立(た)ち行(ゆ)かなくなる・・・ ってことです。

当然(とうぜん)、イノーの億(おく)になるほど、メヒルギが多(おお)いから、潮の勢いがユルくなってしまい、砂がたまってしまうワケです。 やれやれ。たらーっ(汗)



さて
きょうは台風(たいふう)13号(ごう)の通過中(つうかちゅう)。 風(かぜ)はソコソコ、雨(あめ)は時折(ときおり)、サッと降(ふ)ってきてメンドクサイ。

tenki-190906.jpg

台風にイデオロギーは関係(かんけい)ないのですけれど、あの将軍様(しょうぐんさま)のピョンヤン直撃(ちょくげき)のコース。 薄(うす)いビルとか大丈夫(だいじょうぶ)でしょうか・・・ ミサイルを海(うみ)ボチャさせてる場合(ばあい)ではなくなるかも。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186524290
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック