2019年09月09日

やっぱり アメリカで・・・

きょうもせっせと、ツメナガセキレイをチェックしにグランドへ。

お゛? わりと近(ちか)いぞ。exclamation

tns-190909.jpg

よよよ゛・・・ オッサンを気(き)にしてない風(ふう)ですけれど、ケッコー早(はや)く遠(とお)ざかってく。たらーっ(汗) ちょいまえに見(み)かけたのと同(おんな)じ、マミジロツメナガセキレイですけれど、こっち向(む)かんな゛〜。

おやや? その向(む)こうには、例(れい)の怪(あや)しげなシギ。

sig-190909.jpg

具合(ぐあい)よろしく、ムナグロと、ツメナガセキレイのあいだを走(はし)り抜(ぬ)けました。 まえのログでは、もっと大(おお)きく感(かん)じましたが、これで大きさがハッキリしました。 オバシギでなく、アメリカウズラシギでした。 澄(す)みませ〜ん。exclamation

ただ
ど〜にもクチバシが黄色(きいろ)すぎるし長(なが)すぎるし、胸(むね)の縦班(たてはん)が濃(こ)ゆくて、ヒュッと小(ちい)さく鳴(な)くし、JIZZがオバシギっぽかったんです。たらーっ(汗)

ちなみに
オバシギは全長(ぜんちょう)が28センチもあり、ムナグロの24センチよりデカいので、ソレでハッキリしたワケです。exclamation 幼鳥(ようちょう)だからチッコイんじゃない? はアリエマセン。

ちょくちょく質問(しつもん)されるのですけれど、小(ちい)さいのは幼鳥でしょ??? と。 鳥(とり)については、ゼンゼン違(ちが)います。exclamation×2 ヒナのころは小さいけれど、2カ月(かげつ)ほどで、むしろ親(おや)よりビミョ〜に大(おお)きくなるくらいで、幼鳥は小さくありません。 小さければ、成長不良(せいちょう・ふりょう)か、別種(べっしゅ)です。 クチバシの長(なが)いシギなどでは、幼鳥だと短(みじか)いこともありますが、体(からだ)つきは、まったく小さくありません。 そこは間違えないように、お願(ねが)いしま〜す。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ツメナガセキレイ アメリカウズラシギ 】
posted by ぶん+ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186536614
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック