2019年10月06日

真(しん)の 詐欺(さぎ)?

サギが、干潟(ひがた)を走(はし)っていました。

ksagi-191006.jpg

うるわしき白鷺(しらさぎ)・・・ なんかじゃありませんよexclamation×2(笑)

これぞ、サギの中(なか)の詐欺、クロサギにございます。爆弾 ぱっと見(み)はコサギでも、足(あし)がうす緑(みどり)で、ちょい太(ふと)め。

暑(あつ)い地域(ちいき)では、白色型(はくしょくがた)が増(ふ)えるのだとか。 ぶっちゃけ、黒(くろ)いと暑(あつ)いだろうし。晴れ なんやかやで、内地(ないち)から東南(とうなん)アジア、オーストラリアや、その東(ひがし)のミクロネシアにまで住(す)んでいるらしい。

とはいえ
磯(いそ)にいるハズなのに、なしてまたイノーでサボってるんだろう・・・ イノーには黒いクロサギも飛来(ひらい)しますが、こうしてイノーでシラサギのフリをするのは白色型だけで、黒いのはコサギやチュウサギにまぎれて戸ノ木(とのぎ)で休(やす)む・・・ なんてしません。


つまり
名実(めいじつ)ともに黒詐欺なのは、白(しろ)いクロサギなのです。たらーっ(汗)
 

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロサギ 】
posted by ぶん+ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186652605
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック