2019年10月08日

猛禽(もうきん)たちが やってきた

徳之島空港(とくのしま・くうこう)のまわりは、南西諸島(なんせい・しょとう)で、もっとも緑(みどり)の多(おお)い平地(へいち)。 沖縄本島(おきなわ・ほんとう)のように、ウジャウジャとシマンチュが住(す)んでいるワケでもないので。たらーっ(汗)

そうした畑(はたけ)の多(おお)い地域(ちいき)に、いよいよ猛禽たちが飛来(ひらい)してます。

cgb-191008.jpg

チョウゲンボウが、電柱(でんちゅう)に。 サシバも飛来していますが、ど〜も逃(に)げらっぱなしでして。たらーっ(汗)

猛禽たちは、高(たか)いところからエサを探(さが)す必要(ひつよう)があって、先(さき)っちょが好(す)きです。 当然(とうぜん)ながら、キジバトやムクドリ、スズメやイソヒヨドリは、ヘビを避(さ)けたいだけなので、先っちょにはコダワリがありません。

いよいよ
冬(ふゆ)の様相(ようそう)に近(ちか)づいてきました・・・ とゆ〜には早(はや)すぎですけれど、そろそろ本格的(ほんかくてき)に越冬(えっとう)する鳥(とり)たちが飛来しはじめました。るんるん


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 チョウゲンボウ 】
posted by ぶん+ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186660313
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック