2019年10月18日

コトリの タイミング?

きょうこそは、ナゾの小鳥(ことり)を・・・

一通(ひととお)りまわってサッパリだったから、もう帰(かえ)りかけたとき・・・ 枝(えだ)の先に?

eb-191018.jpg

あっひらめき Flycatcher(ふらいきゃっちゃー)じゃないの?

やっぱり・・・ ピヤッと飛(と)んでは、枝(えだ)にもどってきます。 つまり、ヒタキの類(たぐ)い。 腹(はら)の班(はん)から、エゾビタキでしょう。

そうしたら、コトリたちが集(あつ)まってきました。 8時(じ)すぎのこと。 朝早(あさ・はや)くにタイミングが来(く)るもんだと思(おも)っていたけれど、鳥(とり)の都合(つごう)だけでなく、虫(むし)の都合もあるのかも?

ナゾのコトリらしきも、ピチッと鳴(な)いて飛来(ひらい)。 でも、このコトリはど〜も違(ちが)うような。

mm-191018.jpg

けれど、ヒタキより細長(ほそなが)いクチバシなのに、フライキャッチャーよろしくピヤッと枝にもどってきます。

白黒(しろくろ)のヤツ来(き)たっexclamation

ask-191018.jpg

ん゛〜 アマミシジュウカラまで飛来。 なんとも紛(まぎ)らわしい・・・たらーっ(汗)

細長クチバシは、さらにフライキャッチャーまがいに、ツンツンしたところに停(と)まって見回(みまわ)しては、ピヤッとエサを捕(と)ってもどり、移動(いどう)してまた・・・ 実(じつ)にソレっぽい。

mm2-191018.jpg

あまりに明暗(めいあん)のコントラストがありすぎて、ファインダーではピント合(あ)わせできないので、パナソニックの空間認識(くうかん・にんしき)オートフォーカスを試(ため)すことに。

mm3-191018.jpg

お゛〜 合う合う。exclamation 一眼(いちがん)レフの3倍(ばい)くらい、1秒(びょう)かかりますが、今回(こんかい)ばかりは、合うだけ御(おん)の字(じ)。 お陰(かげ)で、ウグイスに似(に)たメボソムシクイと判(わか)りました。ひらめき

ナゾのコトリとはフォルムが違(ちが)っているので、もう少(すこ)しネバっていると・・・ ピヤッと何羽(なん・わ)か飛来。

kmd-191018.jpg

オマエかよ゛〜バッド(下向き矢印)

コトリでなくチュウトリ? の、カラムクドリたちでした。 けしてガッカリして良(よ)い種(しゅ)でなく、むしろ珍鳥(ちんちょう)なんですけれど。(笑)

そんなコンナで、またしてもナゾの小鳥は逃(のが)してしまいました。たらーっ(汗)


そうそう
球場(きゅうじょう)には、この秋(あき)になって初(はじ)めてのビュウビュウの声(こえ)。

mjt-191018.jpg

マミジロタヒバリが2羽ほど飛来していました。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 メボソムシクイ エソビタキ マミジロタヒバリ 】
posted by ぶん+ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186697142
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック