2019年11月14日

ひとくちに 紅(べに)とは

そろそろ北風(きたかぜ)が冷(ひ)やくなってくるので、カニたちも巣穴(すあな)にこもるようになります。

ベニシオマネキたちは、かなり耐寒性(たいかんせい)があるようですけれど。

bsm-191114.jpg

こちらが、いかにもベニシオマネキの量産(りょうさん)タイプ?の色合(いろあ)い。

こちらは、より紅らしい濃ゆいオスはさておき・・・

bsm2-191114.jpg

柿色のメスは、珍(めず)らしいです。 ベニシオマネキのオスのカラーバリエーションはわりと豊富(ほうふ)ですけれど、メスは一定(いってい)で、ほとんどが足(あし)の色が異(こと)なるだけ。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ベニシオマネキ 】
posted by ぶん+ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186805717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック