2020年01月14日

チヌ狙(ねら)いに・・・ ヤツがexclamation&question

けさは、またとないチヌ釣(つ)りのチャンス。

fishin-200114.jpg

晴(は)れていればチヌがよく見(み)えるし、水温(すいおん)も上(あ)がるので。晴れ

なんでだよ゛〜 むちゃくちゃ煙(けむ)たい。exclamation×2 

harmayaki-200114.jpg

午前(ごぜん)からハーマヤキとは・・・ これじゃ、子(こ)らから、サトウキビ農家(のうか)なんてノータリンの職業(しょくぎょう)と謂(い)われても、ゼンゼン謂い返(かえ)せませんよね゛〜たらーっ(汗) 延焼(えんしょう)して、どんだけ消防車(しょうぼうしゃ)が出場(しゅつじょう)せにゃならんことか。バッド(下向き矢印) ハーマヤキという名(な)の放火(ほうか)なのに、お咎(とが)めなしですしね゛〜。 ユルユルにもホドがある。 

夕暮(ゆうぐ)れなら、炎(ほのお)が見(み)やすいという先達(せんだつ)の知恵(ちえ)も受(う)け継(つ)げない程度(ていど)の脳(のう)みそって、どうなんでしょうか・・・

このままですと、ハーマヤキは放火そのものだから禁止(きんし)exclamation、といわれても仕方(しかた)ありません。 ゆくゆく、どなたかが火(ひ)にまかれて死(し)んでしまうことがあれば、間違(まちが)いなく、奄美・沖縄(あまみ・おきなわ)のハーマヤキは禁止されてしまうでしょう。



さておき
チヌはルアーをガシガシ食(く)らうけれど、フッキングせず。 なのでトリトリデッキ前(まえ)を見切(みき)って、ヨナマビーチへ・・・ でも工事中(こうじちゅう)。たらーっ(汗) そういえば、真瀬名川(ませながわ)でチヌが釣(つ)れるそう。 とって返(かえ)して、平土野(へとの)へ。


真瀬名川をジロジロしながら、南西糖業(なんせいとうぎょう)のわきをブラブラ。

hetono-200114.jpg

すると、チヌはいないけれど、想定外(そうていがい)のヤツが左(ひだり)の土手(どて)から、ピヤッと飛(と)び去(さ)りました。exclamation&question

しばらくするとシビレを切(き)らしたのか、ヤツがもどってきました。

8g-200114.jpg

やっぱりヤツですね・・・ ヤツガシラぴかぴか(新しい)

今時期(いまじき)に飛来(ひらい)するとは考(かんが)えられないものの、観(み)られるだけでも稀(まれ)なことです。

8g2-200114.jpg

オッサンを警戒(けいかい)しながらも、どうもオッサンでないナニかを探(さが)しているような?

8g3-200114.jpg

やけに、上空(じょうくう)を気(き)にしています。

土手に下(お)りたので、こっそり観ようとしたけれど、あまりに斜面(しゃめん)。たらーっ(汗)

8g4-200114.jpg

これ以上(いじょう)は、ヤツガシラにも観察圧(かんさつあつ)がかかってしまいそうで・・・ 撤収(てっしゅう)しました。

奄美大島(あまみおおしま)や沖永良部(おきのえらぶ)にも越冬(えっとう)の情報(じょうほう)がないとすると・・・ 徳之島(とくのしま)で越冬していたのが、たまたま平土野にやってきたと考えるのが妥当(だとう)でしょうか。 とゆ〜のも、この土手は最近(さいきん)になって刈(か)られたそうなので、ここで越冬していたワケではないと思(おも)われるので。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヤツガシラ Eurasian Hoopoe 】
posted by ぶん+ at 18:43| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
こんばんわです

奄美大島で18年1月3日に確認、しかし、これが越冬したかは不明です
こちら→https://blog.goo.ne.jp/miracle_nature_amami/e/4f233b2af70183f1caab2d14e6f6d900

冬とか秋に観察すると越冬個体か通過個体なのか判断に迷いますね
Posted by miracle at 2020年01月14日 19:52
miracleさん、お疲れさまです。
情報、ありがとうございますっ!!!

存知とは思いますが、徳之島では2016年のが、たぶん越冬した記録です。

http://bunxa.sblo.jp/article/171602910.html

9月〜明くる1月まで、ほぼ?追跡していました。

とはいえ
ホントにホンマか?と問われればビミョ〜です。 一方で、時節はずれに渡るのは、不安定な季節風のため、かなりのリスクがあって、渡りと考えるよりは居付き(/越冬)と考える方が自然かな〜と。

ただ
これから先、この時節から3月にかけ・・・どしどしヤツガシラが観察されるようになれば、何らかのスイッチが入ったヤツガシラたちが、奄美群島(あまみぐんとう)に飛来している・・・と謂える日が来るのではないでしょうか。


さりとて
よりによって人口密度の高い平土野で目撃するなんて、どうなの??? と思ってしまいました。
Posted by ぶん at 2020年01月14日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187035341
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック