2021年02月07日

散(ち)られぬ サクラ・・・

残(のこ)るサクラも、散らぬサクラ?

きょうは絶好(ぜっこう)の花見日和(はなみ・びより)になりました。晴れ

yakata-210207.jpg

ユイの館(やかた)の、サービスカット。ぴかぴか(新しい)(笑)

内地人(ないちゃー)のオッサンですが、サクラとして見(み)たヒカンザクラについて、最大(さいだい)の違和感(いわ・かん)は、鮮(あざ)やかさもさることながら・・ 散らぬこと。exclamation

hizakura-210207.jpg

そうなんです。 散らないから、あの金(きん)さんの名台詞(めいぜりふ)『桜吹雪(さくらふぶき)』がありません。exclamation×2 なので、満開(まんかい)を、長(なが)く感じられます。



思(おも)ったんですが、コレって受験生(じゅけんせい)さんたちにとって、最強(さいきょう)のゲン担(かつ)ぎになりゃせんですか???

全力(ぜんりょく)で咲(さ)いて、満開(まんかい)になっても、まだまだ咲いて・・ 新芽(しんめ)が出(で)るまで粘(ねば)り強(づよ)く咲いて、咲き終(お)わったからとゆ〜て、花はなかなか落(お)ちない。 あの「サクラチル」を、もっとも遠(とお)ざける存在(そんざい)じゃありゃせんか? と。

しかも、徳(とく)の島(しま)の・・・


ヒザクラのポプリをいれたお守(まも)りや枕(まくら)、満開ヒザクラのTシャツとか刺繍(ししゅう)、額(ひたい)からヒザクラが咲いている『うかるっちょバージョン・うぎうさぎ』キャラグッズ、ヒザクラのカーボンをまぜた鉛筆(えんぴつ)やシャーペンの芯(しん)、ヒザクラの花の塩漬(しおづ)けと黒糖(こくとう)をに用(もち)いたオリジナル桜餅(さくらもち)とか。ひらめき


キーワード keyword 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2021
posted by ぶん+ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188381514
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック