2021年02月13日

外来種(がいらいしゅ)メヒルギ

天城町(あまぎちょう)のシマッチュのうち、イノーのメヒルギの茂(しげ)りすぎを気(き)にする人(ひと)は、ホトンドいません。たらーっ(汗)

mh-210213.jpg

もともと、見苦(みぐる)しいウジャウジャなイノーではありませんでした。 少(すく)なくともチヌをはじめて釣(つ)った8年前(ねんまえ)は・・・

あのころは、この干潟(ひがた)がラムサール条約(じょうやく)に余裕(よゆう)でクリアできる条件(じょうけん)が揃(そろ)っていると思(おも)えるほど、観察(かんさつ)を積(つ)んでませんでしたからね゛〜。 今となっては、もうムリムリ・・ たらーっ(汗)


徳之島(とくのしま)が、自然遺産(しぜんいさん)に登録(とうろく)なんて・・・そもそもムリがあるでしょ。 農家(のうか)のシマッチュが、ほぼ望(のぞ)んでませんし。

オッサンは、中国(ちゅうごく)や朝鮮(ちょうせん)から、マナーの概念(がいねん)のないダ〜ダ〜な連中(れんちゅう)がドシドシやってくることがダメなので、そ〜ゆ〜のが落(お)ち着(つ)いてからの来客(らいきゃく)を願(ねが)うワケで。 ガイドのハシクレの願いです。ひらめき


 
posted by ぶん+ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188399513
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック