2021年07月28日

外来種(がいらいしゅ)の 林(はやし)

林というのは、人為的(じんいてき)に生(は)やすから・・ なのだとか。

ここは、イノーではじめてキロオーバーのチヌ(ミナミクロダイ)を水揚(みずあ)げしたところ。

mehi-210728.jpg

そのころは、泥(どろ)がまだ少(すく)なく、細(こま)かな砂利(じゃり)の浜(はま)と、サンゴの岩場(いわば)でしたから、メヒルギは生えることができませんでした。

岩のうえにも生えているとゆ〜ことは・・ 砂泥(さでい)が10センチ程度(ていど)ですと板根(ばんこん)でもないかぎり、成長(せいちょう)した株(かぶ)は台風(たいふう)で倒(たお)れてしまうでしょうから、積(つ)もった厚(あつ)さは推(お)して知(し)るべしでしょう。たらーっ(汗)

旅客機(りょかっき)でやってきたお客(きゃく)が、目(ま)のあたりにするのが、イキナリ外来種の林・・ そして、運動公園(うんどうこうえん)の西側(にしがわ)には、闘牛場(とうぎゅうじょう)が建設(けんせつ)されるとのウワサ。 戦後(せんご)、なくさみから変(か)わって殺(ころ)し合(あ)いまがいになった、興業(こうぎょう)としての闘牛・・ 島(しま)の自然遺産観光(しぜんいさん・かんこう)は、イロイロあるかもしれんなぁ。


キーワード keyword 徳之島 天城町 総合運動公園 奄美 南西諸島 沖縄 2021 トリトリデッキ

posted by ぶん+ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188878537
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック