2021年09月20日

メヒルギの ヒッコヌキexclamation×2

トリトリデッキのまわり、国内外来種(こくないがいらいしゅ)で、観光関係(かんこう・かんけい)のシマッチュによって植(う)えられたメヒルギが、ハビコルことハビコルこと・・・・・・

昼()ひる)すぎ、今年(ことし)のぶんをヒッコヌキに。 クロツラヘラサギ越冬(えっとう)どこころか越夏(えっか)することもアルアルな干潟(ひがた)ですから、なんとかして守(まも)りたい。

ショックだったのは、トリトリデッキ真下(ました)の角地(かどち)が、砂(すな)だけが溜(た)まりだして、ハマらなくなっていたこと。

hamaran-210920.jpg

オッサンが、フツーに立(た)っていられます。

イノーが浅(あさ)くなって、干満(かんまん)の流(なが)れが速(はや)まり、角地の泥(どろ)が払(はら)われてしまったのでしょう。

気(き)づいたら、2時間(にじかん)ちかく経(た)っておりまして・・

nuki-210920.jpg

そこそこスッキリしました。 だいぶ、腰(こし)イッテェ〜けども。爆弾

手伝(てつだ)ってくれるとゆ〜殊勝(しゅしょう)な女子(じょし)がいらっしゃいましたが、コロナもあってお断(ことわ)りし・・ こんだけキツいのなら、頼(たの)んどきゃよかったわい。たらーっ(汗)

ホンマは、水筒(すいとう)はトリトリデッキのとこに、最初(さいしょ)から吊(つ)っとこうかな゛〜と思(おも)っていたけれど、メヒルギが広範囲(こうはんい)だったので、にわかナナメガケにしといて正解(せいかい)でした。ぴかぴか(新しい)

suitow-210920.jpg

実家(じっか)からの荷造(にづく)りのヒモと、カラビナ、ジェットグライド速写ストラップ(じぇっとぐらいど・そくしゃ・すとらっぷ)のコラボ。ひらめき

ただのナナメがけですと、ブランブランしてヒッコヌキのとき邪魔(じゃま)になって仕方(しかた)ないので、シャッと長(なが)さを変(か)えられるストラップでなきゃダメなんですよね。たらーっ(汗)

帰(かえ)りしな
やたらキアシシギがオッサンにキュイキュイと・・ しきりに鳴(な)きかけてきます。 オッサンのシャツの色(いろ)や笠(かさ)で見(みわ)けているんでしょうか?

mehi-210920.jpg

メヒルギに隙間(すきま)がある干潟(ひがた)は、キアシシギをはじめ、シギたちの採餌(さいじ)する場所(ばしょ)になっているので、そこに近(ちか)づくオッサンを、知(し)りあい?と思(おも)って鳴きかけてきた・・ のかな??? もちろん、オッサンは鳴き返(かえ)しています。

結局(けっきょく)、ゆくゆくオッサンの帰り道(みち)なので、キアシシギに近(ちか)づいたため、逃(に)げてしまいました。たらーっ(汗)

ともあれ
オッサンだからか、ナゾの歩行物体(ほこう・ぶったい)だから鳴きかけたのか判(わか)らないけれど・・ ヤタラ鳴きかけてくれたので、自由研究(じゆう:けんきゅう)のネタが定(さだ)まりました。ぴかぴか(新しい)


ところで
きのう海保(かいほ)の機体(きたい)がグルングルン飛(と)んでいたのは、発電所(はつでんしょ)の重油(じゅうゆ)が海(うみ)へ流(なが)れたからだったそうです。

oil-210920.jpg

こんな、ショボショボのオイルフェンスで大丈夫(だいじょうぶ)かなぁ。 まわりから、重油のニオイがプンプンしてますし。爆弾



キーワード keyword 徳之島 天城町 総合運動公園 奄美 南西諸島 沖縄 2021 トリトリデッキ
posted by ぶん+ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189009729
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック