2021年11月19日

イボイモリは ナゾだらけ

このたび、イボイモリ専用(いぼいもり・せんよう)の説明版(せつめいばん)を、ご依頼(いらい)いただきました。

そこで、オッサンの記録(きろく)をすべて洗(あら)い出(だ)してみたところ、いささかオモシロイ画像(おもしろい・がぞう)がありました。

水(みず)たまりの幼生(ようせい)を記録した画像(がぞう)のなかに、ケンミジンコが写(うつ)っていました。exclamation

ibo-211119.jpg

飼育(しいく)すると、すごく共食(ともぐ)いするらしいけれど・・ とにかく育(そだ)つためには、まわりにいる動(うご)くものを食(く)らうだけなのは、自然界(しぜんかい)ではフツーのこと。 でも飼育していると、ボウフラもミジンコもおらず、勢(いきお)い共食いしてしまう・・ ワケです。

それと、同(おな)じ2センチくらいの個体(こたい)が黄色(きいろ)っぽかったので、場合(ばあい)によって、自(みずか)ら黒(くろ)くなることができそう。

こちらは、特(とく)に開(ひら)きっぱなしなアバラ骨(あばら・ぼね)の先(さき)が鮮(あざ)やかな個体。

ibo3-211119.jpg

徳之島(とくのしま)のイボイモリの個性(こせい)で、人気(にんき)の理由(りゆう)でもあります。

もうひとつの個性は、平(ひら)べったいこと。

ibo4-211119.jpg

こんな、アンニュイなシーンを記録してあったとは・・ (笑)

扁平(へんぺい)ですと、しっとり森(もり)に積(つ)もった、枯葉(かれは)の間(あいだ)になじむことができ、乾燥(かんそう)を防(ふせ)ぎつつ安(やす)らかに休眠(きゅうみん)できます。

これまた、珍カット(ちん・かっと)の食事(しょくじ)です。

ibo5-211119.jpg

ん゛〜め゛〜exclamation な感(かん)じ。

そもそも、上陸(じょうりく)してからは打(う)って変(か)わって・・ ものすごく食が細(ほそ)くなるそうで、食事そのものを見(み)かけづらいようです。

しかも・・ ズイブン美味(おい)しそうに味(じ)わってますよね゛〜。(笑) いやはや、そう見(み)えるのは、目(め)をつぶっているためで・・ イボイモリは目をつぶられるんですね゛〜 気(き)づかなかった。

ちなみに
食(く)らっていたのは、コウガイビルの一種(いっしゅ)。

ibo6-211119.jpg

黒(くろ)いラインが一本(いっぽん)あるので、クロスジコウガイビルのようです。 イボイモリは、とても遅(おそ)いなりの肉食(にくしょく)ですから、遅い昆虫(こんちゅう)の幼虫(ようちゅう)、ワラジムシやナメクジなどを食(た)べています。

種の保存法(しゅのほぞんほう)で、指定(してい)されるまえの記録がありました。

ibo2-211119.jpg

オシリにある総排泄腔(そうはいせつこう)でメスオスを見分(みわ)けられないかと、記録した画像です。 

今(いま)となっては、環境省(かんきょうしょう)の国内希少動植物種(こくない・きしょうどうしょくぶつ・しゅ)に指定(してい)され、なかなか足裏(あしうら)すら拝(おが)めなくなりましたが・・ 丸(まる)みのあるお腹(なか)の様子(ようす)からメスのようであり、総排泄腔が大(おお)きくなっているようです。

オッサンの仮説(かせつ)では、繁殖期(はんしょくき)にニオイのする汁(しる)をチョコチョコ出しつつ歩(ある)いたあと、じっと佇(たたず)んでパートナーとなるオスを待(ま)つ・・ んじゃなかろうかと。



キーワード keyword 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2021 両生類
posted by ぶん+ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189146065
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック