2022年09月23日

森(もり)と海(うみ)の ギャップが・・

運動公園(うんどうこうえん)の小(ちい)さなガジュマルから、ピヤッと飛(と)んで、もどる・・ フライキャッチャー/ヒタキっぽい振舞(ふるま)い。

大(おお)きくもなく、スズメほど小(ちい)さくもなく、尾(お)は長(なが)めだけど幅広(はばひろ)・・ モズではなさそう。

nani-220923.jpg

かすかに、枝(えだ)のあいだから、ウスバキトンボをくわえたクチバシが。

いつのまにか、別(べつ)のガジュマルにうつってます。

nani2-220923.jpg

地味(じみ)だ・・ トサカ?みたいなのに覚(おぼ)えあり。

もっと黒(くろ)いのがピヤッと。exclamation&question

3kc-220923.jpg

太(ふと)いアイリング・・

サンコーまでに、正面(しょうめん)からの顏(かお)。(笑)

3kc2-220923.jpg

運動公園でサンコウチョウは、初(はじ)めてだと思(おも)います。ひらめき 先(さき)のは、幼鳥(ようちょう)。

渡(わた)りの途中(とちゅう)なのは確実(かくじつ)ですけれど・・サンコウチョウなのか、リュウキュウサンコウチョウかは、判(わか)りゃしない。たらーっ(汗)

ちなみに
英名(えいめい)はパラダイス・フライキャッチャーで、分類(ぶんるい)はスズメ目カササギビタキ科(すずめもく・かささぎびたきか)です。


イノーを眺(なが)めると、シャカシャカせわしない採餌(さいじ)の様(さま)が。

shsts-220923.jpg

20日(はつか)にチラと見(み)かけた、ソリハシセイタカシギ

サンコウチョウのあとに、ソリハシセイタカシギを眺める・・

shsts2-220923.jpg

な〜んか、不思議(ふしぎ)な心持(こころも)ちに。

いづれも、空港(くうこう)のわきにある、イノーと木立(こだ)ちだから観(み)られたワケで、大自然(だいしぜん)の恩恵(おんけい)ってワケでもなく・・ 鳥(とり)に限(かぎ)っては、妙(みょう)に油断(ゆだん)できない環境(かんきょう)なんですよね゛〜。

トリトリデッキ駐車場(とりとりでっき・ちゅうしゃじょう)のまえには、あんまり人(ひと)を警戒(けいかい)しすぎない? アカアシシギが。

aas-220923.jpg

フツーにキレイなシギに、なんだかホッとするなぁ。(笑)


キーワード keyword 徳之島 天城町 総合運動公園 奄美 南西諸島 沖縄 2022 干潟
posted by ぶん+ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189827646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック