2022年09月29日

そういえば・・

きのうの朝(あさ)、戸ノ木(とのぎ)の角(かど)のとこで、小柄(こがら)なサギが、たぶん下(した)で採餌(さいじ)してて・・ オッサンがヌッと現(あらわ)れたからあわてて、サトウキビ畑(さとうきびばたけ)へ逃(に)げ込(こ)んだんです。

で・・ その逃げっぷりが独特(どくとく)で、サトウキビの茂(しげ)みの上(うえ)の方(ほう)にとまったんです。exclamation 上にとまったんでなく、茂みのなかの上の方にまぎれるように・・

で、よくよく観(み)ようとしたら、サッと飛(と)んで外来種メヒルギ(がいらいしゅ・めひるぎ)の茂みへ。たらーっ(汗)

どうせ撮影(さつえい)は間(ま)に合(あ)わぬからと、しっかり見送(みおく)ったときの印象(いんしょう)は、クチバシは黄(き)っぽく、全体(ぜんたい)に褐色(かっしょく)で、翼(つばさ)の先(さき)の方がしっかり濃(こ)ゆい褐色。

調(しら)べたところ、ヨシゴイで間違(まちが)いなさそう。

島(しま)でも夏鳥(なつどり)のようですけれど、まず見(み)つからず、まともに見たのは6月(ろくがつ)のヤマシギ調査(やましぎちょうさ)のとき万田川(まんだがわ)のほとりで、のみ。 ほかは、ため池公園(いけこうえん)でチラっとだけ。

 
posted by ぶん+ at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189838846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック