2010年06月01日

ゴールデン、ウミアメンボ!?

golden-senta.jpg夕刻(ゆうこく)、浅間(あさま)の干潟(ひがた)へ行(い)ってきました。大阪(おおさか)から数年前(すうねんまえ)にやってきて、同(おな)じ兼久(かねく)に住(す)んでいるという、写真好き(しゃしん・ずき)のオッサンと話(はな)しながら、ふと水面(すいめん)を見(み)ると、たくさんのウミアメンボがいます。
少(すこ)し離(はな)れたところに一匹(いっぴき)だけで泳(およ)ぐ?目立(めだ)つのがいました。
夕陽(ゆうひ)に照(て)らされた姿(すがた)はなんと!金色(こんじき)???かと思(おも)えるほどです。
どうやら、センタウミアメンボの突然変異(とつぜんへんいん)で、アルビノのようです。でも、アルビノにしては目(め)の色(いろ)は普通(ふつう)っぽいのが不思議(ふしぎ)。
白色化(はくしょくか)したウミアメンボの発見(はっけん)は世界初(せかいはつ)かも!?(笑)
というか、人類史上(じんるいしじょう)、発表(はっぴょう)するモノズキがいなかったのでしょう・・・

【追伸!】ついしん
シバラボさんによると、脱皮(だっぴ)すぐの姿(すがた)とのことです!なるほど、それで目の色のナゾがとけました。さすが科学のプロ、シバラボさんです!!!
それにしても、海面(かいめん)で脱皮とはスゴイですね。
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38704132
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック