2010年08月01日

クモの巣(す)にかかったヒヨドリ!

hydr-100801.jpgオオジョロウグモの巣(す)は丈夫(じょうぶ)なのですが、ヒヨドリの幼鳥(ようちょう)を捕(とら)えられるとは知(し)りませんでした。鳥(とり)は体重(たいじゅう)が軽(かる)いので、思(おも)ったほどパワーを使(つか)わずに飛(と)んでいますから、クモの巣の引張り強度(ひっぱり・きょうど)にはかなわないのでしょう。

オオジョロウグモは、コウモリを食(た)べてしまうそうです。でもヒヨドリは無理(むり)だとおもうので、元気(げんき)があるうちに、自力(じりき)で脱出(だっしゅつ)するよう、少(すこ)し追(お)いたててみました。何度(なんど)か逃(に)げようともがいたとき、ふっつりと外(はず)れて、飛(と)んでいきました。

よかったよかった・・・
posted by ぶん+ at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
すごいショットです!
ボランティアで1カット欲しかったですなあw
Posted by ファイヤー at 2014年09月23日 20:50
ファイヤーさん、こんにちは。
逃がすか、撮影するか迷ったのを覚えています。 あわてていたので、あんまりいいアングルでありません。 植物や風景はボランティアですけれど、動物はムリ。(笑)
Posted by ぶん at 2014年09月24日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39926631
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック