2011年09月07日

穏(おだ)やかな日(ひ)は・・・港(みなと)へ

u-amnb-110907.jpg松原漁港(まつばら・ぎょこう)に行(い)ってみました。 やっぱりいました♪ ウミアメンボたちです。 白(しろ)いのがセンタウミアメンボ、模様(もよう)があるのがシロウミアメンボ。

まったく翅(はね)をもたず、漂流物(ひょうりゅうぶつ)に産(う)み付(つ)けられた卵(たまご)から生(う)まれて、死(し)ぬまで海(うみ)の上(うえ)で生活(せいかつ)します。 荒(あ)れ狂(くる)う外洋(がいよう)で、よくよく生活できるものです・・・しかも水面(すいめん)だけで・・・

当然(とうぜん)、油(あぶら)などが浮(う)いていると、沈(しず)んでしまうので、きれいな海(うみ)でないとだめですし、穏やかでないと生(い)きていけないのです。 台風(たいふう)などでは、海岸(かいがん)にうちあげられて、死(し)んでしまいますから、風(かぜ)まかせ、運(うん)まかせ・・・な生(い)き様(ざま)といったところ。
posted by ぶん+ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47786901
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック