2012年02月07日

世界自然遺産(せかい・しぜん・いさん)の講演(こうえん)

kouen-120207.jpgユイの館(やかた)で、奄美大島(あまみおおしま)にある、野生生物保護(やせい・せいぶつ・ほご)センターの田中(たなか)さんが、講演されました。

徳之島(とくのしま)は、登録候補(とうろく・こうほ)の奄美大島〜西表(いりおもて)にかけての琉球弧(りゅうきゅうこ)の島々(しまじま)のなかで、かなり重要(じゅうよう)な位置(いち)を占(し)めているようで、固有種(こゆう・しゅ)では、西表を抜(ぬ)いているとのこと! 目(め)からウロコです!

それに、車(くるま)で30分(ふん)も走(はし)れば、島じゅうのほとんどの希少生物(きしょうせいぶつ)の生息地(せいそくち)に行(い)けます。

かくいう私(わたし)も・・・生物のコンビニ?みたいな、オッサンも歩(ある)けば希少生物にアタル・・・っぽいところが気(き)にいって移住(いじゅう)していたり。

屋久島(やくしま)では、移住(いじゅう)する人(ひと)や観光客(かんこうきゃく)がとても増(ふ)えましたが、ほかの地域(ちいき)では遺産登録(とうろく)されてすぐは、人気(にんき)があったものの、今(いま)は登録の前(まえ)と同(おな)じにもどった・・・というところや過疎(かそ)が止(と)まらない地域(ちいき)もあるそうです。

それにしても
中水館長(なかみず・かんちょう)! シメのコトバを振(ふ)らんでください! トシガイもなく、金鳥(キンチョー)しちゃいましたよ!(笑)
posted by ぶん+ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53490649
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック