2013年07月31日

おもいでのサケ・・・

あんまり暑(あつ)いので、涼(すず)しいネタにしましょう。

ところでサケマス、どう違(ちが)うか知(し)ってますか?

そう・・・ニッポンでは区別(くべつ)されていません。 おそらく皆(みな)さんは、デカイのがサケだ!と信(しん)じているかもしれません。 けれど、最大(さいだい)のキングサーモンの和名(わめい)はマスノスケ(≒マスのオヤブン)。 マスですね。(笑) そんなことも知(し)らないで、北(きた)の食(た)べ物(もの)はオイシイ!なんていうヒトもいますけれど、信用(しんよう)していいもんかどうか・・・(涙)

紋別(もんべつ)を訪(おとず)れたのは、2004年(ねん)の9月(がつ)。

okhotsk-130731.jpg

オホーツク海(かい)です。 北にいくほど重力(じゅうりょく)の関係(かんけい)で、海(うみ)が凹(へこ)んでいます。(←オオウソです!)

不思議(ふしぎ)なのは、磯(いそ)の香(かおり)・・・みたいなのがナニもしないこと。 海藻(かいそう)などがなく、浜(はま)にはナニもありません。 なので海(うみ)のニオイしかしないのです! これまでの海のニオイは、いろんなものが腐(くさ)れたニオイや生(い)き物(もの)のニオイで、海のではなかったのです。

さて、南国(なんごく)の方(ほう)が魚(さかな)はギョ〜サン釣(つ)れるど!と信じているアナタ、そりゃゼンゼン違(ちが)います。 ホラね。(笑)

s-sake-130731.jpg

60センチあまりのサケがゴロゴロと。 けど、これでもオスは捨(す)ててますから、半分(はんぶん)?ってところでしょうか。 メスにはイクラ【=ロシア語(ご)の魚(さかな)のタマゴの意味(いみ)】があるのでキープするのです。

このとき多(おお)かったのがシロザケで、サケといえばおおむねシロザケのことです。 やや小型(こがた)のカラフトマスも遡上(そじょう)します。

fish-130731.jpg

ウキの下(した)にルアーをつけて、針(はり)には食紅(しょくべに)で染(そ)めたイカを刺(さ)した仕掛(しか)け。 なんともビミョ〜な・・・ こんなんがベストな仕掛けとは。

もべつ川にはすごく細(ほそ)い川(かわ)ですけれど、サケはやってきます。

mobetsu-130731.jpg

なので釣(つ)り人(びと)もドッサリと。

もべつ川がど田舎(いなか)かといえば、すぐ紋別港(もんべつこう)で、まちの中心地(ちゅうしんち)です。

garinko-130731.jpg

初代(しょだい)ガリンコ号(ごう)・・・本物(ほんもの)のドリルだ・・・男(おとこ)のロマン、ドリルついてます! ドリルは男の魂(たましい)ですよね!

ちなみに、紋別港のなかにも、サケの群(む)れが泳(およ)ぎまわっていますし、なかなか釣れないのですけれど、サケが多(おお)いので釣り糸(いと)にぶつかってきます。 正直(しょうじき)なところ、四手網(よつであみ)がてっとりばやいですね。(笑)

川に入(はい)ったサケは禁猟(きんりょう)なのすけれど、密漁(みつりょう)はフツーみたいでした。 旅館(りょかん)のオバハンが、川なら楽(らく)にとれるのに、といってましたから。 こうしたオキテを守(まも)らないのは、どこのクソ田舎でも共通(きょうつう)のよう。 ウニやらエビカニを解禁前(かいきんまえ)に採(と)ってしまうのとかね。(笑)

民宿(みんしゅく)でなく、旅館(りょかん)に泊(と)まったのですけれど・・・この食事(しょくじ)。

food-130731.jpg

ショボイ・・・ショボすぎる・・・ 右(みぎ)にあるズワイガニの細(ほそ)いこと・・・足(あし)の先(さき)っちょはビンボ〜クサイので残(のこ)したら、ナンデ食(た)べないの!?とおこられました。 だってショボすぎじゃん・・・ホジって食(た)べる自分(じぶん)の姿(すがた)が哀(かな)しくない?(涙)

っていうか・・・メインのフリャーがショボショボで、どちらかというとショボガニが目玉(めだま)っぽい扱(あつか)いのよう。 内地(ないち)のビンボーニンをカニでごまかすメニューなのでした。 やれやれ・・・こんなショボガニ、釣りエサにもなりゃしない。 味(あじ)のない足なんかド〜デモイイからカニみそ出(だ)しなさいよ!

こないだオーマツを釣ったルアーの画像(がぞう)がでてきました。

lure-130731.jpg

別々(べつべつ)だったんですね・・・大型(おおがた)スプーンに、ご当地(とうち)のタコベイトをくっつける仕掛けです。 ちょっとくらい高価(こうか)でも、砂浜(すなはま)だから根(ね)がかりもなく長持(ながも)ちしますから買(か)いですね。

結局(けっきょく)、イカとかつけなかったから釣れなかったのですけれど・・・道(みち)の駅(えき)で60センチくらいのサケが2,000円でフツーに売(う)られていました。 もちろんイクラはないですが、たぶん刺身(さしみ)もOK。

確(たし)かに北はスゴイ・・・けど、美味(おい)しいかというと・・・違うような。 やっぱり雰囲気(ふんいき)に酔(よ)いしれるオメダタイ旅行者(りょこうしゃ)が多(おお)いので、カモにされちゃうんでしょうね。

大間(おおま)のマグロなんていいますが、ホントは南方(なんぽう)のサカナなのに・・・信じるものは皆だまされる世(よ)の中(なか)なワケで。(涙)
posted by ぶん+ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71565792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック