2014年03月02日

ご当地(とうち)の、ウンブキアナゴ登場(とうじょう)!

みなさまは、ご当地の名(な)を冠(かん)された生物(せいぶつ)をどれだけご存知(ぞんじ)でしょうかexclamation&question

イリオモテヤマネコ、アマミノクロウサギ、ヤンバルクイナ、ダイトウオオコウモリ、オガサワラトカゲ、トクノシマカンアオイ・・・とか?

い゛や゛〜まだまだ漠然(ばくぜん)としていますよ。(笑) こっちとら・・・

amami-140301.jpg

ウンブキアナゴでございますっexclamation×2 新聞(しんぶん)のサイトはコチラ。

島口(しまぐち)では、ワナーぬイクィ=湾屋(わんや)の池(いけ)などと呼(よ)ばれているにもかかわらず、湾屋の地元(じもと)でのみウンブキと呼(よ)ばれていたピンポイントの名を持(も)つヤツラがいたでしょうかexclamation&question

ぶっちゃけ、オッサンが・・・夜(よ)な夜な酔(よ)い覚(ざ)ましの散歩(さんぽ)をガンバってたから、見(み)つかったワケで・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

ふつう、標準和名(ひょうじゅん・わめい)は、外見(がいけん)をパッと見(み)て判(わか)りやすいとか・・・地域(ちいき)を示(しめ)したりするのですけれど・・・さしものヤンバルですら徳之島(とくのしま)の半分(はんぶん)くらいありますから、ウンブキアナゴは浅間(あさま)の小字(こあざ)、湾屋の限定(げんてい)のアルティメット・シャープな名付け(なづ)けなのですexclamation×2

この名付けは、オッサンでなく神奈川県立(かながわけんりつ)・生命(せいめい)の星(ほし)地球(ちきゅう)博物館(はくぶつかん)の瀬能先生(せのう・せんせい)によるものです。

オッサンは色合(いろあ)いでトビイロイワアナゴを考(かんが)えてしましたが、洞窟(どうくつ)で海水(かいすい)と湧(わ)き水(みず)がまざる特殊(とくしゅ)すぎる環境(かんきょう)なんて、そうそうありゃせんじゃろう・・・ということで、ピンポイントご当地を冠するのはアリexclamation×2と感動(かんどう)して同意(どうい)しました。ひらめきぴかぴか(新しい)

あわよくば・・・こうしたアンキアライン洞窟(どうくつ)が地上(ちじょう)に露出(ろしゅつ)した場所(ばしょ)が、国際的(こくさいてき)に“UNBUKI”と呼(よ)ばれやせんものか・・・というビミョ〜な野望(やぼう)も渦巻(うずま)いていたり。ひらめき

実は、論文(ろんぶん)の備考(びこう)に書(か)いてあるのですけれど・・・これまでのサンプルとビミョ〜に違(ちが)うところがあって、それはこれからキッチリ調(しら)べていただくことになっています。 なにしろ珍(めずら)しすぎてサンプルが少(すく)ないため、調べるのが大変(たいへん)みたいです。

ひょっとすると・・・ひょっとする可能性(かのうせい)がナキニシモアラズといえなくもない気(き)がしないでもないような雰囲気(ふんいき)です。いい気分(温泉)

不思議(ふしぎ)なのは、ウンブキのようなレアな環境(かんきょう)をどうやって探(さが)し当(あ)てるのか・・・です。 どうせ、どこかの遠(とお)い海溝(かいこう)などで産卵(さんらん)しているでしょうから、そこからシラス(=レプトセファルス)の姿(すがた)でヒラヒラ泳(およ)いでやってくるわけです。 ウンブキの海側(うみがわ)は湾屋川(わんやがわ)のあたりで、一帯(いったい)が汽水(きすい)になっているハスですから、水質(すいしつ)では判(わか)らないのです。

んま゛〜、それはこれからの研究(けんきゅう)で、ジワジワとわかってくることでしょう。

ともあれ、イチイチ「イワアナゴの一種」と呼ばなくてすむので嬉(うれ)しいです。
posted by ぶん+ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88634012
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック