2014年05月28日

セ〜〜〜〜ッカ チンチンるんるん

「バ〜〜〜〜カ ボンボンるんるん」のメロディーでどうぞ。(笑) オッサンは、昭和(しょうわ)のオヤジ魂(だましい)のせいか・・・自然(しぜん)に替(か)え歌(うた)を思(おも)いつくことがあります。たらーっ(汗)

島(しま)セッカは、ヒッヒッヒッヒッのあとの声(こえ)が、チチッでなくチンチンッと金属(きんぞく)っぽいので、つい・・・

s1-140528.jpg

バランスをくずして、へゲッ?となってますね。 コンデジはシャッタースピードが遅(おそ)い傾向(けいこう)があって、手(て)ブレは防(ふせ)いでくれるものの、風(かぜ)があったりすると被写体(ひしゃたい)ブレしてしまいますね。

過日(かじつ)、サンコウチョウは亜種(あしゅ)についてはアヤフヤで怪(あや)しい・・・と記(しる)したことがありますけれど、こうして声が違(ちが)うけど地味(じみ)なのはホッタラカシで、目立(めだ)つサンコウチョウは分類(ぶんるい)しとけ・・・みたいな下心(したごころ)がミエミエだからです。

じゃあスズメは?というと、これはビミョ〜。 確(たし)かに運動公園(うんどうこうえん)の野球場(やきゅうじょう)のところにいるスズメは、なかり特殊(とくしゅ)なキュワッという声に、いつも驚(おどろ)かされるので、気(き)になっています。

実(じつ)はサスライのスズメもソコソコいるようで、500キロあまり旅(たび)した記録(きろく)もあるそうですから、沖縄島(おきなわとう)〜九州(きゅうしゅう)は移動(いどう)があるのかもしれません 冬場(ふゆば)、異常(いじょう)な数(かず)のスズメが、どっと発電所(はつでんしょ)のまわりに現(あらわ)れるなかには、そうしたスズメも混(ま)じっているのかも。

トゲネズミのように姿(すがた)はホトンドかわらないのに、中身(なかみ)は別種(べっしゅ)・・・のようなこともありますから、油断(ゆだん)はできないのですけれど。

ちなみに、練習(れんしゅう)するタイプの鳴禽(めいきん)では地域差(ちいきさ)が出(で)やすいので、なんともビミョ〜ですけれど、濁(にご)ったりして声質(こえしつ)が違(ちが)うのは要(よう)チェック。


セッカはスズメより小柄(こがら)ですけれど、やはり東北(とうほく)のは移動(いどう)するそうなので、東北のだけと考(かんが)えるのは難(むつ)かしいですから、季節移動(きせついどう)するのもいるのでしょう。 島でも春先(はるさき)はチンチンだったりチチッだったりします。

s2-140528.jpg

尾羽(おばね)がシマシマで地味(じみ)カワイく、癒(いや)されます。いい気分(温泉)

ちなみに、今回(こんかい)も、直接(ちょくせつ)セッカにピントを合(あ)わせようとすると後(うし)ろばかりにピントがあってダメダメ・・・チョイ手前(てまえ)の草(くさ)にピントを合(あ)わせてからだと、バチッと合わせてくれました。 でも、もう一度(いちど)・・・は無理(むり)で、いちいち草→セッカ、草→セッカ・・・とワンカットずつ2度(ど)ピントをあわせなくてはなりませんでした。たらーっ(汗) コンデジって・・・M魂をくすぐるなぁ。ぴかぴか(新しい)

【追伸】ついしん
イノーには、なんもいなイノ〜っぽくなっています。 いるのはダイサギと腐(くさ)れかけたオーサトリのオバサン、コソコソしていてほとんど見えないキアシシギや、はぐれたアオアシシギくらいなもの。

inow-140528.jpg

バナーデザインの依頼(いらい)があったのに、スッカリ忘(わす)れて朝寝(あさね)をきめこんでいたころ・・・電話(でんわ)で呼(よ)ばれ、県(けん)の企画部長(きかく・ぶちょう)さまをトリトリデッキでご案内(あんない)することに・・・たらーっ(汗)

トリトリデッキだけにトリあえず・・・あそこはシオマネキにしても、ガセ(@しまぐち=ノコギリガザミ)にしても、すぐそばで観察(かんさつ)できますし、地味ながら奇跡的(きせき・てき)にウミアメンボを肉眼(にくがん)でフツーに見(み)られますから、ギリギリなんとかなったような。たらーっ(汗) なんといっても、トリトリデッキのまわりはアリエナイことがフツーなので、助(たす)かります。
posted by ぶん+ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98217281
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック