2014年05月30日

ビミョ〜イノ〜

今朝(けさ)のイノーは、日本海(にほんかい)の油凪(あぶらな)ぎに勝(まさ)る、ベタ凪ぎ・・・いやペタンコ凪ぎ・・・あるいは、天然(てんねん)の明鏡止水(めいきょう・しすい)。

inow-140530.jpg

なんていえば、なんかカッコヨクないですかexclamation&question 麗(うるわ)しっぽくないですかexclamation&question(笑)

ハゲしいビンボ〜なオッサンはタンパク源(げん)を獲得(かくとく)しようと、トリトリデッキにやってきました。

lure-140530.jpg

なのに・・・努力(どりょく)も虚(むな)しく、ハラタツノリ〜exclamation×2 が引(ひ)かかってきます。 早(はや)いのに、やってきたのは・・・ユイの館(やかた)のN水館長。 見(み)ている前(まえ)でチヌがポッパーを何度(なんど)も追(お)うのに、食(く)いません。 やっぱり投売(なげ・う)り90円(えん)のルアーだからでしょうか・・・たらーっ(汗)

オニヒラアジや、毎度(まいど)ペアのカスミアジまでやってきたのですけれど・・・無反応(むはんのう)・・・雨 やれやれ、カンパチより美味(おい)しい若(わか)ヒラアジの刺身(さしみ)が・・・

クロツラヘラサギは、いつもの定位置(ていいち)で休(やす)んでいます。

khs-140530.jpg

この枯(か)れ木(き)、だいぶ役立(やくだ)ってます。

潮(しお)が引(ひ)いたころ、コーちんが来(き)てやしないかとやってきましたが・・・またしても、空港(くうこう)の草刈(くさか)りなどがワサワサしてて、ダメです。

トリトリデッキのすぐ下(した)には、ドッサリとウミアメンボが集(あつ)まっています。

umi-a-140530.jpg

ほとんど、シロウミアメンボ。 ウミアメンボのガイド?にでもなろうかしらん?と思(おも)うくらい、いつもココラに集まっているので、観察(かんさつ)が楽(らく)チン。(笑)

帰(かえ)りしな、心配(しんぱい)なところをチェック。

hirugi-140530.jpg

空港(くうこう)と運動公園(うんどうこうえん)にはさまれたココラは、メヒルギがはびこってしまっています。 野鳥(やちょう)たちが集(あつ)まるポイントだったのに、サッパリいなくなってしまいました・・・たらーっ(汗)

手前(てまえ)にメヒルギが生(は)えていないのは、泥(どろ)がたまりすぎて干上(ひあ)がってしまったので、さすがのメヒルギも育(そだ)たないところ。

そうそう、すっかり巣立(すだ)って久(ひさ)しいリュウキュウツバメが、空港のバリケードで給餌(きゅうじ)しています。

r-tbm-140530.jpg

一発芸(いっぱつ・げい)?のようなコンデジの連射機能(れんしゃ・きのう)で記録(きろく)できました・・・けど、つぎにシャッターを切(き)ったら、モードは解除(かいじょ)されていて、チャンスを逃(のが)してしまいました・・・コンデジを信(しん)じる者(もの)は、いつもダマサレル、の理(ことわり)の通(とお)りでした。たらーっ(汗)(涙)

ともあれ、島(しま)の鳥(とり)たちは、渡(わた)りのよりも先(さき)に巣立つ戦術(せんじゅつ)が徹底(てってい)しています。 アカショウビンやサンコウチョウなど、まだまだこれから産卵(さんらん)ですから。

キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロツラヘラサギ ウミアメンボ ヒルギ 】
posted by ぶん+ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98447685
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック