2014年06月01日

さようなら、コーちん???

イノーが満潮(まんちょう)になったので、トリトリデッキへ。

コーちんが岩場(いわば)のところでマッタリしています。

kt1-140601.jpg

昨朝(さくあさ)は、デッキのすぐ前(まえ)にいたそうです。

クロツラヘラサギは、渡(わた)りのサギたちにまぎれて休(やす)んでいます。

khs-sag-140601.jpg

右(みぎ)から5羽目(わ・め)がクロツラです。

デッキの真下(ました)の角(かど)のところには、ウミアメンボたちが集(あつ)まっています。

umi-a-140601.jpg

白(しろ)くて大(おお)きめのセンタウミアメンボが増(ふ)えました。 ペアも2組(くみ)いますね。

おっと、ボソボソソソッとアタリがexclamation&question あれ゛・・・ 40センチくらいのチヌがひるがえるのが見(み)えました。

lure-140601.jpg

針先(はりさき)が、甘(あま)くなっていたようです。 しばらく研(と)いでなかったんですよね・・・たらーっ(汗) またしてもタンパク源(げん)を逃(のが)してしまいました。 口惜(くちお)しい・・・

コーちんの様子(ようす)が変(へん)です。

kt2-140601.jpg

カラスも繁殖期(はんしょくき)なので、いっそう荒(あら)っぽくなっている様子(ようす)。

振(ふ)りきるように上昇(じょうしょう)をつづけていきます。 すると・・・

kt3-140601.jpg

お次(つぎ)はミサゴにチョッカイ出(だ)されてしまってます。 どうやら種(しゅ)が違(ちが)っても子供(こども)だと判(わか)るのでしょう。

しかし、コーちんは上昇をやめません。 おそらく800m近(ちか)く上(のぼ)り、北東(ほくとう)を目指(めざ)して、雲(くも)のなかへ消(き)えていきました。 やはり1羽(わ)では何(なに)かと不便(ふべん)ですから、兄(あに)のJ0067を探(さが)しにいったのかもしれない・・・ 兄を連(つ)れてもどって来(き)たまえよ。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ クロツラヘラサギ ウミアメンボ 】
posted by ぶん+ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98629093
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック