2014年06月08日

イノーウォッチング

日和(ひより)がヨロシすぎて、釣(つ)りになりそうにないので、コアマモ探(さが)しの序(ついで)にイノー歩(ある)きへ。

やにわに、こんなところでトンボが産卵(さんらん)とは・・・

ubt1-140608.jpg

干潟(ひがた)になると、真水のニオイが強(つよ)くなるためか・・・誘(さそ)われてしまったのは、旅(たび)するウスバキトンボ。

ubt2-140608.jpg

ほかにもオメデタイのが飛(と)んでました・・・ここで産(う)んだら100%エサなのですけれど。たらーっ(汗) たまにガラス面(めん)などツヤツヤのところにも産むようなので、産みたくてしょうがないのでしょう。 とまっているので、コンデジでも狙(ねら)えました。

あれ? 沖合(おきあ)いからピヨピヨ声(こえ)がしますね・・・

kt-msg-140608.jpg

あ゛れま゛〜 またミサゴに追(お)っ払(ぱら))われてますよ・・・やれやれ。 コーちんの性根(しょうね)をたたき直(なお)してやりたいくらいです。(笑) ミサゴはピヨピヨとかわいい声をだします。 とくに仲間(なかま)といるときに・・・でもコーちんと遊(あそ)んでいるワケではなさそう。 コーちんはもう、95泊〔はく)していることになります。

きょうは運動公園(うんどうこうえん)のところまで赴(おもむ)くつもり。 ハマらないようにアチコチ歩(ある)き回(まわ)ってルート探(さが)し。 忍者(にんじゃ)歩きしながら、気(き)を上(うえ)に保(たも)っていても・・・体重(たいじゅう)はくつがえらず、ハマりやすいです。たらーっ(汗) 黒(くろ)っぽい≒グレーのところはヘドロの色(いろ)がにじんでいるので要注意(ようちゅうい)。

泥(どろ)でハマってしまうところには、浄化(じょうか)を担(にな)っているカニたちがどっさり。

kani-140608.jpg

ヘドロには、有機物(ゆうきぶつ)が多(おお)いのでしょう。 ヤマトオサガニと、わずかにヒメシオマネキがいます。

死(し)んだサンゴの上(うえ)をバキバキ歩(ある)いているとき・・・足裏(あしうら)にグサッときましたexclamation×2 ちょっと痛(いた)いですが、なんかイイ刺激(しげき)なので、そのまま現場(げんば)へ。(笑)

hirugi-140608.jpg

無駄(むだ)に増(ふ)えているメヒルギですけれど・・・せめて根元(ねもと)のところに希少(きしょう)な貝(かい)でもおらんモノかと・・・

なかば泥にハマりながら、ジロジロしたものの、いたのはシロウミアメンボくらいなもの。

sua-140608.jpg

過日(かじつ)見かけた、マングローブアマガイもいません。 なんかイイモンでも生息(せいそく)していればメヒルギも残(のこ)せそうですけれど・・・今(いま)のところ、百害(ひゃくがい)あっても一利(いちり)なしです。たらーっ(汗) ゴミばっかり増(ふ)えて見苦(みぐる)しいですし。

帰(かえ)りしな・・・川津辺(かわつべ)のメヒルギをチェックしていたところ・・・

ks-140608.jpg

カワセミがウロウロしています。 このあたりのカワセミ、この1羽(わ)しか見(み)かけなくなってしまいました。 小(こ)ぶりな野鳥(やちょう)の寿命(じゅみょう)は、せいぜい3年(ねん)くらいだったりしますからね。

乾(かわ)いた砂地(すなじ)には、そこここに浄化に弛(たゆ)まぬカニたち。

ohs-140608.jpg

オキナワハクセンシオマネキもドッサリいるんですよ。 こんだけ潮(しお)を招(まね)いているハズが・・・ちっとも満(み)ちません。 チョキばっかりだしてライバルと勝負(しょうぶ)したり・・・徒労(とろう)の多(おお)いカニさんです。たらーっ(汗)

湿気(しっけ)のあるところには、ポツポツと別(べつ)のもいます。

bs-140608.jpg

ベニシオマネキは意外(いがい)に分布(ぶんぷ)が広(ひろ)くて驚(おどろ)きです。 逃(に)げ足(あし)のはやいシオマネキを観察(かんさつ)するのはメンドクサイと思(おも)っていましたが、さほどでもないようです。

さて、浄化といえばこの生物(せいぶつ)も欠(か)かせません。

nina-140608.jpg

ざっくざくいるのは、浄化を担っているニナのミナさんで〜す。るんるん(昭和の約束) ウミニナでしたね。たらーっ(汗)

イノーを歩(ある)くのは飽(あ)きなイノ〜・・・でした。


【追伸】ついしん
カカトのところに、サンゴが弾丸(だんがん)の如(ごと)くぶっ刺(さ)さってました。

sango-140608.jpg

M的(てき)には、貫(つらぬ)いた先(さき)っちょが時折(ときおり)グサッexclamationと痛(いた)くてドキドキするし、ジワジワ浸水(しんすい)してタマンナイのですけれど・・・もうこの長靴(ながぐつ)は退役(たいえき)が相応(そうおう)かな。 ちなみにぶっ刺さりを防(ふせ)ぐにはフェルト底(ぞこ)がいいです。



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コウノトリ ミサゴ シオマネキ 】
posted by ぶん+ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99211559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック