2019年08月09日

データベースの 人気(にんき)コンテンツ

天城町文化遺産データベースは、町営(ちょうえい)のデータベース。 天城町(あまぎちょう)には、離島(りとう)にしては、きちんと図書館(としょかん)があり、博物館(はくぶつかん)まであります。 さらにこうした情報(じょうほう)プラットフォームにも投資(とうし)していたり、あるいは防災(ぼうさい)センターまで。 オッサンの実家(じっか)がある伊勢市(いせし)には、ワケのわからんオカゲヨコチョウとかあるのに、博物館も防災センターもありません。たらーっ(汗)

とかく
ほーらい館やなくさみ館、みのり館といった近視眼(きんしがん)になりやすい南国(なんごく)ですけれど、教育(きょういく)と防災にチカラを入(い)れるのは、将来(しょうらい)を見据(みす)えるものの・・・ 実際(じっさい)には、補助金(ほじょきん)を町民(ちょうみん)にバラマイテホシイと謂(い)わんばかりの離島においては、ナカナカ困難(こんなん)です。


さて
データベースの一番(いちばん)の人気はウンブキアナゴですが、二番はわかりますか? 意外(いがい)にも、沖縄(おきなわ)からのアクセスが多(おお)いんです。

konoha-190809.jpg

ナシてexclamation&question(笑)

リュキュウコノハズクは、フツーの野鳥(やちょう)です。 けれどカワイイからか、さかんに画像(がぞう)を検索(けんさく)されているようです。 データベースにあるリュウキュウコノハズクの画像は、仕組(しく)みからネット検索には載(の)らないけれど・・・ オッサンがチート能力(のうりょく)で撮(と)った、ニンゲン技(わざ)では不可能(ふかのう)なカット?が登録(とうろく)してあるのが原因(げんいん)でしょう。ひらめき なにしろ、見分(みわ)けがつかないハズ?のメスどころか、足(あし)の裏(うら)のカットまでありますからね゛〜。

つぎも同(おな)じく、チート能力で撮影した、リュウキュウアカショウビンへのアクセスでした。

みなさまも、ヒマなときは、コノハズクやアカショウビンの鳴(な)きマネの練習(れんしゅう)をしてみてはいかがでしょうか??? そうすれば、鳥(とり)のほうから寄(よ)ってきてくれるので。ぴかぴか(新しい) お子(こ)ならマスターが早(はや)いので、一週間(いっしゅうかん)もあればイケルのでは???

ちなみに
データベースには情報がテンコ盛(も)りですけど・・・ まだ載せてない情報もあります。 それこそが図鑑(ずかん)の在(あ)り方(かた)ではないでしょうか? すべてが分(わ)かってしまう図鑑より、知(し)りたくなるほうが、たぶんオモシロイと思(おも)います。
ひらめき

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Ryukyu Scops Owl リュウキュウコノハズク 】
posted by ぶん+ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年08月07日

ウンブキ あ゛・・・

大潮(おおしお)のあとの中(なか)潮の宵(よい)は、ウンブキ観察(かんさつ)に適(てき)した満潮(まんちょう)になります。

久(ひさ)しぶりに、ウンブキへ。 ウンブキアナゴ、おらんかね゛〜。

u_anago-190807.jpg

よ〜やっと見(み)つけた、50センチオーバーの最大級(さいだい・きゅう)だったのにぃ゛〜たらーっ(汗) ウンブキが、だいぶ有名(ゆうめい)になったので、いろんなニンゲンが観察してライトを当(あ)てたので、警戒(けいかい)するようになったかな???

そうそう
データベースのアクセスでダントツトップなのが、このウンブキアナゴ。 ウンブキ=浅間湾屋洞穴(あさま・わんや・どうけつ)ではないんです。 ネット検索(けんさく)すると、ヒントの2番目(ばんめ)にウンブキアナゴが出(で)てくるので、ナニコレ?と思(おも)ってしまうのかも。


ちなみに
最大級になったウンブキアナゴは、たぶん来月(らいげつ)あたりには、どこかの深海(しんかい)で産卵(さんらん)するため旅立(たびだ)ってしまうことでしょう。 ニホンウナギがマリアナ海嶺(かいれい)、マアナゴが九州(きゅうしゅう)・パラオ海嶺で産卵しているらしいので、ウンブキアナゴもフィリピンからマリアナ諸島(しょとう)にかけての海域(かいいき)のどこかで、産卵しているのではないでしょうか。

 
posted by ぶん+ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年08月05日

ようやく 一周年(いっしゅうねん)

あ゛〜 どきどき、パソコンのキーが熱暴走(ねつ・ぼうそう)するんで、不便(ふべん)ですわ゛〜。たらーっ(汗)

さて
広報誌(こうほうし)の連載(れんさい) シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)が、ようやく一周年になりました。exclamation×2

amagi-190805.jpg

隔月(かくげつ)で、ようやく「その7」。 今号(こんごう)は、夏休(なつやす)みの自由研究(じゆうけんきゅう)のヒントになるよう、ヨナマビーチの生物(せいぶつ)を特集(とくしゅう)しました。ひらめき

広報誌の記事(きじ)と、スマホやタブレットで閲覧(えつらん)する、電子版のほうがデータベースにアクセスすることで、よりたくさんの情報(じょうほう)が得(え)られるよう工夫(くふう)しています。

記事のわかりやすさと共(とも)に、腐心(ふしん)しているのが・・・ キャラづくり。ひらめき お子(こ)たちやお母(かあ)さんに読(よ)んでいただけるよう、アイキャッチになるキャラを心(こころ)がけています。

ikaseijin-190805.jpg

今号(こんごう)では、オッサンが大好(だいす)きな函館(はこだて)のイカール星人(せいじん)を参考(さんこう)にしました。 ナマナマしい目玉(めだま)がポイント。ひらめき

担当(たんとう)の具志堅(ぐしけん)さんは、町内(ちょうない)の有名人(ゆうめいじん)ですので、なるべく登場(とうじょう)してもらっています。

gusshi-190805.jpg

グッシーは、実在(じつざい)する人物(じんぶつ)がベースなだけに、説明(せつめい)キャラにはピッタリ。ひらめき(笑)

ちなみに
ギギギギギは人気漫画(にんき・まんが)ジョジョのフォントを用(もち)いてみました。exclamation

飽(あ)きないよう、なるべくテイストを変(か)えたりもしています。

kyoro-190805.jpg

3D風(ふう)にアレンジした、アカショウビンのキャラ。 ビミョ〜に、怒(おこ)りながらビックリしている雰囲気(ふんいき)と、現実離(げんじつ・ばな)れしたシッポが特徴(とくちょう)です。(笑)

キャラクターとは
正(まさ)に性格(せいかく)そのもの。 キャラのデザインには、描(えが)くヒトの画力(がりょく)や性格(せいかく)など、個性(こせい)がモロに出(で)るので・・・ がらっとテイストを変(か)えるのは、結構(けっこう)ムツカシイんですよね゛〜。たらーっ(汗)


次(じ)号は
オッサンのプランでは塔原遺跡(とうばる・いせき)でしたが・・・ これまで遺跡と自然(しぜん)ばかりでしたから、具志堅さんの発案(はつあん)で、民俗(みんぞく)の『もちたぼれ』にしよう・・・ ということになりました。ひらめき

 
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年06月13日

みんなの情報(じょうほう) データベース

天城町(あまぎちょう)の、文化遺産(ぶんか・いさん)データベースの目指(めざ)すところは、町民(ちょうみん)みんなでこさえる、まとめ情報。

めいめいが持(も)っている知識(ちしき)や情報(じょうほう)をどんどん加(くわ)えていくことで、図鑑(ずかん)を超(こ)える濃(こ)ゆぅ〜いデータベースになるワケです。ひらめき

とりあえず
オッサンが持(も)っている情報は、つつみ隠(かく)さず、モッリモリに。

db-190613.png

このごろ登録(とうろく)したツバメチドリでは、メスがオスを大胆(だいたん)に誘(さそ)う行動(こうどう)を載(の)せています。 シギやチドリは、メスがオスを誘う振(ふ)る舞(ま)いをしますが、意外(いがい)と知(し)られていません。 ナンボ学者(がくしゃ)さんでも、鳥(とり)たちのそばに住(す)んでませんし・・・ オッサンほどヒマジンではないから、かもしれない。(笑)

ちなみに
ソリハシセイタカシギは、珍鳥(ちんちょう)なれど個性的(こせいてき)な姿(すがた)が人気(にんき)ですから、注目(ちゅうもく)され、たくさん撮影(さつえい)されています。 んが・・・ 泳(およ)いでいるシーンは、ネットで見(み)かけません。


徳之島(とくのしま)では、よそでは観察(かんさつ)できない、むきだしの生態(せいたい)を間近(まぢか)に観察できる地(ち)の利(り)があるのかもしれません。るんるん

なにか見(み)かけたら、ユイの館(やかた)の具志堅(ぐしけん)さん 0997−85−4729、もしくは、このブログのメールまで、ご連絡(れんらく)をお願(ねが)いしま〜す。exclamation

 
posted by ぶん+ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年05月18日

レキミンカンへ。

伊仙町立歴史民俗資料館(いせんちょう・れきしみんぞく・しりょうかん)へ。 長(なが)めの名(な)ですが、『天城町歴史文化産業科学資料センター・ユイの館』よりは、だいぶ覚(おぼ)えやすい。exclamation(笑)

下原(したばる)で出土(しゅつど)した、現代(げんだい)には生息(せいそく)していないトウガタカワニナ科(か)の貝(かい)が、伊仙町でも出土していないか調(しら)べるため。

kn-190518.jpg

この類(たぐ)いの貝が、よほど美味(おい)しいから、わざわざ河口(かこう)から下原まで持(も)ち帰(かえ)ったのか・・・ それとも別(べつ)の理由(りゆう)があるのか、調(しら)べたかったのです。

ん゛〜 出土した品々をアレコレ見(み)せてもらいましたが、海産(かいさん)の貝ばかりです。

kamuiyaki-190518.jpg

お゛〜 すごい量(りょう)のカムィヤキexclamation×2 さすが本場(ほんば)です。

学芸員(がくげいいん)の方(かた)とアレコレ話(はな)しましたが、どうやら伊仙町ではカタツムリやカワニナの類いは、ほぼ出土していないらしい。

古(ふる)い土器(どき)や石器(せっき)の出土は貴重(きちょう)ですけれど、もともと使(つか)うための環境(かんきょう)があったハズなので、それを調(しら)べないと、目的(もくてき)が判(わか)りません。 なにしろ、石器の矢(や)りじなんて、すんごい凝(こ)ったつくりのわりに、ヘナチョコすぎてサッパリ刺(さ)さりそうにないですし。 当時(とうじ)の、矢じり信者(しんじゃ)?が着(つ)けたアクセサリーだったかもしれないし、無駄(むだ)に凝った細工(さいく)ができる男子(だんし)がモテる習慣(しゅうかん)だった・・・ かもしれない。たらーっ(汗) 矢羽(やばね)があったかどうか、すら分(わ)かっていません。

土器(どき)に残(のこ)る縄文人(じょうもんじん)の爪跡(つめあと)があるけれど、どうやって爪を切(き)っていたのかすら分かっていません。

ぶっちゃけ
土器の古さなんて、機械(きかい)が発達(はったつ)すればカンタンに測定(そくてい)できるようになるけれど・・・ もっと、ニンゲンでしか分からないコトを探(さぐ)るのが、考古学(こうこ・がく)の魅力(みりょく)だと思(おも)うのです。 昔(むか)しは好古(こうこ)と呼(よ)ばれていたそうで、あんまり的(まと)を射(い)すぎて笑(わら)ってしまいました。ひらめき つまり骨董(こっとう)を見抜(みぬ)く目(め)がなくても、ただ古(ふる)ければ値打(ねう)ちがあると信(しん)ずるマニヤの世界(せかい)。 とても学問(がくもん)とは呼(よ)べぬ、好事家(こうずか)の道楽(どうらく)になってしまいます。


時(とき)に
オッサンは珍(めずら)しい生物(せいぶつ)を見(み)つけてきましたが、それは生物がスゴイだけで、オッサンは見つけただけのこと。 でも出土品には、見つけたあとで、さらに探究(たんきゅう)できる事柄(ことがら)がたくさんあるのが魅力(みりょく)。ひらめき まだまだ、貝の手掛(てが)かりを探さなくては。


さて
道草(みちくさ)していたら、いよいよ夕(ゆう)になってしまい、Aコープへ。

yasai-190518.jpg

地産地消(ちさん・ちちょう)コーナーにはネギがありました。

んが・・・ そこにはオッサンが知(し)らなかった島口(しまぐち)が。

towgan-190518.jpg

ネギはトウガンってゆ〜んですね。exclamation&question 冬瓜(とうがん)とは季節(きせつ)が違(ちが)うので、間違(まちが)って貼付(てんぷ)するハズなど在(あ)り得(え)ないでしょうから、マジでトウガンのようです。

島には、まだまだナゾが多(おお)くて愉(たの)しめそう・・・

 
posted by ぶん+ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年04月24日

文化財保護審議会(ぶんかざい・ほご・しんぎ・かい)に

きょうもきょうとて、雨天曇天(うてんどんてん)。

tenki-190424.jpg

寝姿山(ねすがたやま)の腹(はら)、中盛岳(なかもりだけ)の上(うえ)がレンズ雲(ぐも)っぽくなっているけれど、イノーにはナ〜ンモおらんなぁ。

しまったexclamation&question スッカリ失念(しつねん)してました。 午後(ごご)は社会教育(しゃかい・きょういく)の会合(かいごう)だった・・・ しかも平成最後(へいせい・さいご)の・・・たらーっ(汗)

shakyow-190424.jpg

防災(ぼうさい)センターで全体(ぜんたい)会のあと、分科(ぶんか)会にわかれて会合でした。

そういえば
オッサンは文化財保護審議会に参(さん)じつつ、町(まち)の文化遺産(ぶんか・いさん)データベースや、関連(かんれん)する広報誌(こうほうし)の連載(れんさい)の仕事(しごと)も承(うけたまわ)ってい・・・ 口(くち)だけでなく、大(おお)いに手(て)も出(だ)している委員(いいん)。ひらめき(笑)

文化遺産データベースは、意外(いがい)と? インターネット検索(けんさく)では貢献(こうけん)しているようで、ウンブキアナゴは発見者(はっけんしゃ)だから仕方(しかた)ない? としても、トクノシマトゲネズミナマコマルガザミニセジャノメナマコチリメンマイマイオオヤマタニシオニヒザラガイなど、どれもレアモノが検索トップに゛exclamation×2 ほか、リュウキュウコノハズクリュウキュウサンコウチョウオビトカゲモドキガラスヒバァ、はたまたヒラアジのカッポレなど、アレコレ上位(じょうい)に。

残念(ざんねん)ながら、データベース・システムの機能(きのう)の縛(しば)りで、画像(がぞう)の検索は出(で)ず・・・ 出ればもっといきそう。


 
posted by ぶん+ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年04月21日

下原(したばる) の 遺跡(いせき)

13,000年前(ねんまえ)の土器(どき)が出土(しゅつど)した、洞穴(どうけつ)。

sb-190421.jpg

つぎの広報誌(こうほうし)で特集(とくしゅう)するので、現場(げんば)で縄文人(じょうもんじん)にナリキリ。ひらめき ホントに下原は、住(す)みやすいところだったんでしょうか・・・?

その昔(むかし)は、気温(きおん)も低(ひく)く、氷河期(ひょうがき)の影響(えいきょう)で洞穴から海(うみ)は、遠(とお)かった。 海の貝(かい)は少(すく)ないけれど、大(おお)きなカワニナが出土しています。

kn-190421.jpg

トウガタカワニナの類(たぐ)いです。 それと、ネジヒダカワニナもありました。 これらがカギになりそうです。ひらめき それと、まわりにリュウキュウチクがありました。 もちろん、イジュンも。

イノシシや、アマミノクロウサギも、そこらにフツーにいたようで、骨(ほね)がたくさん出土しています。 けれど、なぜ山(やま)でも浜(はま)でもなく、下原だったのか・・・ そこが肝心(かんじん)。

 
posted by ぶん+ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年04月05日

アカショウビン、アカヒゲ、ルリカケスの ヒミツに迫(せま)るexclamation×2

いきなり、平均(へいきん)15メートルのド強風(きょうふう)などとは・・・

tenki-190405.png

ムシムシして、ほとんど台風(たいふう)のようでした。たらーっ(汗)

さて
きょうは区長会(くちょうかい)で、広報誌(こうほうし)が配(くば)られる日(ひ)にございます。exclamation×2

amagi_isan-190405.jpg

今回(こんかい)のシリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)は、学芸員(がくげいいん)の具志堅さんが発掘(はっくつ)で忙(いそが)しいのが判(わか)っていたので、それを埋(う)めるべくオッサンの総力特集(そうりょく・とくしゅう)という設定(せってい)です。ひらめき

きょうもシマンチュと話(はな)していたとき、アカショウビンは冬(ふゆ)のあいだ、巣穴(すあな)にこもって生活(せいかつ)している・・・と、信(しん)じられていました。たらーっ(汗)

ソンナコトも、あろうかと・・・ シマンチュが信じている島伝説(しま・でんせつ)?とか、オッサンのような鳥好(とりず)きですらスッカリ信じている鳥(とり)伝説も、ズバッと明(あ)かすことにしました。

あれこれ物議(ぶつぎ)を醸(かも)しそうな内容(ないよう)が、テンコ盛(も)りです。exclamation×2 大切(たいせつ)なのは、真偽(しんぎ)のほどを皆(みんな)で考(かんが)え、調(しらべ)ていくことですので、そのためのネタになることを願(ねが)っています。

さて
シリーズ天城遺産 その5のポイントは
1)アカショウビンは渡(わた)り鳥(どり)で、各地(かくち)にいろんな名(な)がある。 アイヌ語(ご)の名も!!!
2)アカヒゲは、実(じつ)は違(ちが)う小鳥(ことり)でした。
3)ルリカケスは、徳之島(とくのしま)に生息(せいそく)したかも!?
4)電子版(でんしばん)のオリジナル企画(きかく)では、珍鳥(ちんちょう)ヤツガシラが猛獣(もうじゅう)トラの威(い)を借(か)りていた!?

などなど。

広報誌だけでは、知(し)ることのできない真実(しんじつ)が電子版に゛っexclamation&question

それはそうと
紙面(しめん)とかキャラとか、どこかの業者(ぎょうしゃ)さんがデザインしていると思(おも)われているようで・・・ オッサンがデザインしてるのをゼンゼン信じてもらえません。 なしてだっexclamation×2
(笑)

 
posted by ぶん+ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年03月12日

ネットが つながらない

午後(ごご)、広報誌(こうほうし)の連載(れんさい)、天城遺産(あまぎ・いさん)のダウンロード・テストをしようと、ユイの館(やかた)へ。 駐車場(ちゅうしゃじょう)に到着(とうちゃく)したところで、F本家具から入電(にゅうでん)、パソコンが遅(おそ)くて振込(ふりこ)みできない・・・と。たらーっ(汗)爆弾

とりあえず、ユイの館で作業(さぎょう)しようと思(おも)ったら、ネットがつながらない。爆弾 なしてexclamation&question ならば、F本家具のネットワークを復旧(ふっきゅう)させ、返(かえ)す刀(かたな)でテストを・・・ てな具合(ぐあい)にポジティブになってみることに。(笑)

けれど
甘(あま)かったexclamation×2 光(ひかり)ファイバーなのに、ネットワークスピードが280Kbpsしか出(で)ません。バッド(下向き矢印)


断線(だんせん)ではなさそうなので、アレコレ試(ため)してみるに、どうやらルーティングテーブルを更新(こうしん)したほうが好(よ)さそう。 奥(おく)さまに、IP端末(たんまつ)、D−ONU、Wi−Fiルーターの電源(でんげん)を入直(いれなお)してもらいました。

すると
やにわにネットが不通(ふつう)に。たらーっ(汗) こりゃいかんと、帰省(きせい)しているケータ君(くん)に協力(きょうりょく)いただきつつ、機器(きき)の様子(ようす)を眺(なが)めると・・・ どうやらD−ONUの接触不良(せっしょく・ふりょう)。

振込は、オッサンのモバイルルーターで処理(しょり)してもらっているうちに、ケータ君が導通(どうつう)を復旧(ふっきゅう)してくれたので、なんとか開通(かいつう)。 いつまた導通がなくなるか、わからないけれど。たらーっ(汗)

ようやっと、Wi−Fiを借(か)りてオッサンの仕事(しごと)を。

test-190312.jpg

電子版(でんしばん)だけでなく、天城遺産の文書(ぶんしょ)をプリントアウトしたり、引用(いんよう)したりできるよう、バックナンバーのところからPDFも配信(はいしん)するテストでしたが、あっという間(ま)に終了(しゅうりょう)。 さ〜すが光ファイバー。exclamation×2


さて
ようやくテストも終(お)わたので、買出(かいだ)し。 きょうは土曜(どよう)ではないけれど、玉子(たまご)の特売(とくばい)だったんです。るんるん(笑)

curry-190312.jpg

あ゛・・・ このカレーにはダマサレたなぁ゛〜。 「まるごと野菜」は、まるとご でないのはさておき、肉(にく)ナシだったんですよね゛〜。 レトルトカレーって、わりとそ〜ゆ〜のアリみたいで、ダブルチーズカレーなんてのは、チーズしか入(はい)ってなかったし。バッド(下向き矢印) 野菜(やさい)たっぷりで、バランスの好いレトルトだと思(おも)ったんですけど、まさか野菜だけだなんてね゛〜。

ほか
カルボナーラにスライスチーズを用(もち)いたら失敗(しっぱい)したので、ちょい贅沢(ぜいたく)な粉(こな)チーズをもとめてきました。 サラダにも用(もち)いられるし。 しっかしカルボナーラって、案外(あんがい)むつかしいんですよね゛〜。 釜玉(かまたま)うどんみたいなもん、なんて甘(あま)くみてましたわ。(笑)


 
posted by ぶん+ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年02月19日

旅する動物図鑑(たびする どうぶつずかん)

ユイの館(やかた)に届(とど)きました。

book-190219.jpg

お゛〜 こ〜ゆ〜感(かん)じだったんだぁ゛〜。 なかなか面白(おもしろ)そうです。

きっかけは、オッサンの撮(と)った写真(しゃしん)をデータベースに載(の)せてあったから。

book2-190219.jpg

これこれ、トビイカの写真。 このアングルで撮影(さつえい)するのが難(むつか)しいんです。

たまたま南大東島(みなみだいとうじま)からの帰(かえ)りに、たまたま昼(ひる)に出港(しゅっこう)になり、喫水(きっすい)が深(ふか)く船体(せんたい)が沈(しず)んでいて、かつ海(うみ)が穏(おだ)やかだったのと、たまたま那覇(なは)に帰(かえ)るニイニイと話(はなし)が合(あ)ったんで、水面(すいめん)に近(ちか)いデッキでず〜っと待(ま)てたんです。 もちろん、たまたま2.5キロくらいのカメラを持(も)ったまま・・・(笑)

ユイの館(やかた)のとなりは図書館(としょかん)、読(よ)んだあと納(おさ)めさせてもらおうと、お披露目(ひろめ)。 すると・・・外(そと)はドシャドシャびっくりな土砂降(どしゃぶ)り。exclamation×2

これでは、車(くるま)にも、向(む)かいのAコープにも行(い)かれません。たらーっ(汗) けれどもココは図書館、いろんな本(ほん)もありますから、雨止(あまや)みを待つことに。

book3-190219.jpg

ん゛〜 フランかぁ゛〜 さ〜すがプリンの本場(ほんば)フランス、ごはんとしてのプリンもあったんですね゛〜。ひらめき

こんな美味(おい)しそうなのを知(し)られたので、土砂降りに感謝(かんしゃ)にございます。exclamation


それに、これ・・・ ひょっとするとカスタードの一種(いっしゅ)になりそうだし、ダジャレベルをアップさせる、美味しいごはんになるかもしれません。exclamation&question(笑)

 
posted by ぶん+ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年01月16日

天城遺産(あまぎ・いさん) への思(おも)い

世界(せかい)遺産だとか、日本(にほん)遺産、奄美遺産だったり・・・ シマンチュでない価値観(かちかん)の人(ひと)らをイチイチ説得(せっとく)していたら、島(しま)の遺産が失(うし)われかねないexclamation×2 そうした思いが強(したた)かな学芸員(がくげいいん)、具志堅(ぐしけん)さんが命名(めいめい)した、町(ちょう)の広報(こうほう)あまぎの連載記事(れんさい・きじ)。

http://yuiamagi.html.xdomain.jp/amagi_isan/03/<<<広報誌・電子版へのリンク

ようよう、その3を公開中(こうかいちゅう)。

特長(とくちょう)は3つ。 具志堅さん自(みずか)らがキャラのグッシーとなって登場(とうじょう)するのと、写真(しゃしん)や図解(ずかい)が豊富(ほうふ)なところと、より内容(ないよう)を深堀(ふかぼ)りできる電子版(でんし・ばん)があるところ。 今回(こんかい)はウンブキでしたが、天城町民(あまぎちょうみん)のみなさま、ご覧(らん)いただけましたか?

なるべく、遺跡(いせき)、民俗(みんぞく)や歴史(れきし)、自然(しぜん)などがダブらないよう、まんべんなく、かつ季節(きせつ)に合(あ)わせて掲載(けいさい)できればなぁ〜と。ひらめき ちなみに今回は、イボイモリの繁殖期(はんしょくき)に合(あ)わせています。


ところで
ウンブキといえば、世界(せかい)で希少(きしょう)なウンブキアナゴ/Xenoconger fryeriが、お手軽(てがる)に見(み)られる地球(ちきゅう)で唯一(ゆいいつ)のポイントなんですけれど・・・ それよりナニより、ウンブキの成(な)り立(た)ちは小説(しょうせつ)より奇(き)なり、どころか・・・ 月(つき)の裏側(うらがわ)がまったく地球(ちきゅう)から見(み)えないくらい、奇跡(きせき)のなかの奇跡。exclamation×2

naritachi-190116.png

分厚(ぶあつ)い岩盤(がんばん)になるほど海中(かいちゅう)で発達(はったつ)をつづけたサンゴ礁(しょう)なのに、いつのまにか隆起(りゅうき)したりして・・・ はたまた鍾乳洞(しょうにゅうどう)ができるほどの時間(じかん)を経(へ)たあと・・・ 都合(つごう)よくサンダルで行(い)ける程度(ていど)に、ふたたび海中に没(ぼっ)するなんて、アリエナイ。exclamation×2

そんなコンナを踏(ふ)まえ、ヒョッとして、まだまだ島(しま)にはイロイロと見つかっない不思議(ふしぎ)ネタがありそうな気(き)がしますよね゛〜。

天城町(あまぎ・ちょう)で、そうした怪(あや)しげなネタがあったら、ぜひユイの館(やかた)にいる、具志堅さん(TEL:0997-85-4729)までご連絡(れんらく)をお願(ねが)いします。

 
posted by ぶん+ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2018年11月02日

トリトリデッキ と オニアジサシ

オッサンが原因(げんいん)で建造(けんぞう)された手前(てまえ)・・・ たまには、トリトリデッキの宣伝(せんでん)をしとかないと。(笑)

oni-181102.jpg

窓(まど)の向(む)こうには、満(み)ち潮(しお)に慌(あわ)てるオニアジサシ。 きょうは1羽(わ)だけ。 ひょっとすると、きのう飛(と)んでいたのは、片(かた)われ???

それにしても
慌てたけど、もっと高(たか)いトコへ移(うつ)らんのかいっ。exclamation×2

oni2-181102.jpg

あと5分(ふん)だけ・・・みたいな感(かん)じ。 でも、潮(しお)は待(ま)っちゃくれません。

もともと、プカプカ浮(う)くことができるハズなんですけど・・・観(み)たこともないので、ひょっとするとキライなのかも。たらーっ(汗)(笑)

ところで
トリトリデッキや天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)のまわりで記録(きろく)された野鳥(やちょう)をまとめてみました。 これで、生涯学習推進室(しょうがい・がくしゅう・すいしんしつ)からのご依頼(いらい)があった、岡小(おかしょう)の子(こ)らをガイドするのにも、準備万端(じゅんび・ばんたん)。ぴかぴか(新しい)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 オニアジサシ 】
posted by ぶん+ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2018年10月05日

さかなクン文庫 に負(ま)けちゃおられんexclamation

9月(がつ)、兼久小学校(かねしょう)に、寄贈(きぞう)されたのだとか。

sakana-181005.jpg<天城町役場HPより

オッサンよりヒカリモノなのは、地域おこし協力隊の益子さんで、さかなクンとの付(つ)き合(あ)いがあるのだとか。

ぎょぎょっexclamation&question

さかなクンはスゴいです、でもオッサンと似(に)て幼少(ようしょう)から魚(さかな)の絵(え)を描(えが)くのが好(す)きだったそうです。 一方(いっぽう)オッサンはデザイナーになりつつ、美味(おい)しい魚を求(もと)め、ルアーで釣(つ)るスタイルになりました。 ゼロスタートでナンの情報(じょうほう)もないところから、レアモノのカッポレツバメコノシロを釣(つ)って食(た)べたりするのは、オッサンの骨頂(こっちょう)でしょう。

いづれにしろ
できることをやるのも正(ただ)しいけれど、やりたいことをやる、のも人生(じんせい)の選択肢(せんたくし)。 生(い)きたいように生きたいものです。 広(ひろ)く魚の知識(ちしき)を得(え)たければ、さかなクン文庫(ぶんこ)、島(しま)の魚を知(し)りたいときはデータベース・・・になればいいな〜と。 せっかくウンブキアナゴも発見(はっけん)しましたし。


ともあれ
手軽(てがる)にいろんな魚介(ぎょかい)が観察(かんさつ)できるヨナマビーチですけれど・・・ジェットスキーが走(はし)らなくなった、今頃(いまごろ)からが狙(ねら)い目(め)かも

 
 
posted by ぶん+ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2018年09月13日

仕事(しごと)のまえに リフレッシュ

午前(ごぜん)の釣りは、リフレッシュじゃ・な・い・の・か・よっexclamation×2 っと、どこからか全力(ぜんりょく)のツッコミが聞(き)こえてくるような・・・たらーっ(汗)

オッサンにとって、仕事(しごと)≒デザインも、システム・コンサルタントも、釣りも一緒(いっしょ)。(笑) なので釣りがウマイコトいかなかったウサはリフレッシュする必要(ひつよう)がある・・・という設定(せってい)なのです。ひらめき じゃあ観察(かんさつ)はどこが違(ちが)うワケっ。exclamation&question っと、またしても全力のツッコミが聞こえそう。たらーっ(汗)

だって・・・観察って、クリエイティビティ必要(ひつよう)ないから、脳(のう)がゼンゼン楽(らく)チンなんじゃもん。ぴかぴか(新しい)


イノーの南端(なんたん)あたりをブラブラしながら、キュイキュイるんるんと鳴(な)くと・・・逃(に)げそびれた被害者(ひがいしゃ)が。exclamation&question

shs-180913.jpg

鳴きながらカメラを構(かま)えるオッサンを、キアシシギのような・・・ビーム砲(ほう)レンズをもった渡(わた)り鳥(どり)・・・と認識(にんしき)しようとするソリハシシギ。(笑) すんごい怪(あや)しみっぷりで、片目(かため)で凝視(ぎょうし)してます。exclamation もともと片眼視(かたがん・し)のシギたちは、こうして片目のみの視力(しりょく)を用(もち)いたほうが、モノが見(み)えやすいらしい。 たまにコウノトリもやってました。 やはり、シギにしては怪しすぎるので、テケテケとエサを探(さが)して遠(とお)ざかっていきました。

オッサンが観察している、すぐのところをビュンビュン飛(と)んでいたのは、ツバメ=フツ・ツバメ。

tbm-180913.jpg

翼(つばさ)がこげ茶(ちゃ)なのは、たぶん幼鳥(ようちょう)だから。 いよいよ、内地(ないち)で生(う)まれた子(こ)らが、島(しま)に飛来(ひらい)しているようです。ひらめき

こんだけ観察できれば、スッキリexclamation リフレ〜ッシュ。exclamation×2


そして・・・
午後の仕事は、シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)の電子版(でんしばん)を編(あ)むこと。 バックナンバーで予告(よこく)?してあったように、下原洞穴(したばる・どうけつ)のネタが広報誌(こうほうし)「広報あまぎ」からアクセスでき、情報(じょうほう)はさらにテンコ盛(も)りに。exclamation

ai-180913.jpg

今回(こんかい)から、実際(じっさい)に発掘(はっくつ)している学芸員(がくげいいん)のグッシーが、キャラとして登場(とうじょう)。ぴかぴか(新しい) 直々(じきじき)に解説(かいせつ)してくれることになりました。(笑)

次号(じごう)を、お楽しみに゛っ。exclamation×2



そうそう
夕(ゆう)に帰(かえ)るとき、県道(けんどう)の上空(じょうくう)を、ハヤブサの一種(いっしゅ)チョウゲンボウが飛(と)んでいました。 暑(あつ)いながらも、秋(あき)ですね゛〜。(笑)

 
posted by ぶん+ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2018年08月15日

判(わか)らなかったこと

ちなみに
図鑑(ずかん)を編纂(へんさん)しようとする御仁(ごじん)や先達(せんだつ)の方々(かたがた)は、アレコレ知(し)っている識者(しきしゃ)。 でも畏(おそ)れるのは、新(あら)たな方法(ほうほう)による調査(ちょうさ)などによって得(え)られた知見(ちけん)にから、真実(しんじつ)がコロッと変(か)わってしまうことです。たらーっ(汗) オッサンが知(し)っている図鑑には、土星(どせい)の輪(わ)が7本(ほん)とされていたけれど、今(いま)では本数(ほんすう)なんて、ど〜でもい〜コトになってしまいました。

オッサンは図鑑ではないけれど、天城町文化遺産データベースを編(あ)んでいます。 そうしたら、島(しま)では図鑑(ずかん)とかネットにも、ほとんどない生物(せいぶつ)を見(み)つけてしまうコトは、わりと多(おお)い。exclamation×2 たぶん、これまでのシマンチュの子(こ)らも、そうした悩(なや)みがあったに違(ちが)いありません。 そのための図鑑が、ずいぶん図書館(としょかん)に備(そな)えられているので、なんとなく判(わか)ります。

こないだ見つけたカニは、ワタリガニのなかでもベニツケガニのたぐい。

fbtm-180815.jpg

でも、甲羅(こうら)の巾(はば)が2センチ・・・1円玉(えんだま)くらいしかないのに、抱卵(ほうらん)してますっexclamation×2 どゆこと???

ここらにいるベニツケガニは、調(しら)べたところ、ミナミベニツケガニ、ミナミベニツケモドキ、フタバベニツケガニあたりで、いづれも甲羅は7〜8センチになります。 なのに2センチで抱卵するとは・・・どんだけオマセさんexclamation&question

で、見(み)た目(め)からフタバベニツケガニと思(おも)って調べていたとき、たまたま見つけたのですけれど・・・フタバベニツケモドキ

すんごいマイナーと謂(い)うか、世間(せけん)からホトンド注目(ちゅうもく)されていないワタリガニらしくて、マニヤか専門家(せんもんか)にしか判(わか)らないようなヤツらしいんです。 それにしても、モドキの多(おお)いベニツケガニ。 つぎに似(に)たのが見つかったら、ニセフタバベニツケモドキ? さらなるおつぎなら、ニセフタバベニツケモドキダマシ?(笑)

とりあえず
シマンチュの子らが、オッサンみたいに無駄(むだ)に悩(なや)まないよう、データベースに載(の)せておきました。たらーっ(汗)

どうあっても、地味(じみ)すぎるカニだ・・・ 知(し)ってても、モテもしないし、なんのメリットにもなりません。 こ〜ゆ〜のが結構(けっこう)いるので、載せるかどうか悩んでしまいます。爆弾

 
posted by ぶん+ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2018年08月02日

連載(れんさい) はじめました

教育委員会(きょういく・いいんかい)とともに進(すす)めている、「天城町 文化遺産データベース」。 どんどん充実(じゅうじつ)していっているけれど・・・ネタが多(おお)すぎて、ナニから閲覧(えつらん)したらいいのかわかりづらい。たらーっ(汗) オッサンたちの取材(しゅざい)や入力(にゅうりょく)の作業(さぎょう)にしても、役所(やくしょ)は計画業務(けいかく・ぎょうむ)が基本(きほん)ですから目当(めあ)てがないと、進める意味(いみ)を問(と)われたとき、アワワワワ・・・となってはヤバイです。(笑)

そこで
学芸員(がくげいいん)のグッシーと相談(そうだん)して、一計(いっけい)を案(あん)じたのが・・・コレ。 親(した)しみやすい、広報誌(こうほうし)の連載です。

ai-180802.jpg

データベース連動企画(れんどう・きかく)、シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)。ひらめき その名(な)は、グッシーの肝入(きもい)り。 奇(く)しくも、自然(しぜん)遺産の登録(とうろく)に先(さき)んじて連載が始(はじ)まっちゃうことに。 毎回(まいかい)いろんな島(しま)のお宝(たから)を紹介(しょうかい)しながら・・・連載が進んだら・・・あ〜ら不思議(ふしぎ)、お宝の冊子(さっし)が出来(でき)あがる寸法(すんぽう)。 データベース入力の指針(ししん)と、町民(ちょうみん)のみなさまがデータベースを閲覧(えつらん)するキッカケを同時(どうじ)にこさえつつ、印刷費用(いんさつ・ひよう)ゼロっ。exclamation×2 右下(みぎした)のQRコードから、さらに濃(こ)ゆい電子版(でんし・ばん)を閲覧できるようにしました。るんるん

徳之島(とくのしま)は、三町(さんちょう)がまとまって文化財保護審議委員(ぶんかざい・ほご・しんぎいいん)が活動(かつどう)している貴重(きちょう)な島(しま)。 それを活(い)かせるよう、奄美群島(あまみ・ぐんとう)において文化財の情報公開(じょうほう・こうかい)ダントツ・トップの島をを目指(めざ)せればなぁ゛〜と。 ガイドさんがいなくても観光(かんこう)できる・・・というワケでなく、まずはシマンチュなりに愉(たの)しんでいただきたいので。ぴかぴか(新しい)

ところで
ヤタラに凝(こ)ったシンボルマークと、キャラもご用意(ようい)。

ai2-180802.jpg

グッシーの注文(ちゅうもん)で、徳之島アートプロジェクトのシンボルに負(ま)けないヤツを、戸森(ともり)の線刻画(せんこくが)をモチーフにデザインせよ・・・と。 配色(はいしょく)はデータベースとオソロイにし、産がかすんでいるのは、これからみなさまと一緒(いっしょ)に、島の宝の情報をしっかりまとめ、どしどし遺産を産(う)んでいきましょう・・・という意味(いみ)をこめました。 Naturalの緑(みどり)のハートマークは、島(しま)の希少植物(きしょうしょくぶつ)、カンアオイの葉(は)。

キャラについては、遺跡(いせき)、民謡(みんよう)、いじゅん、自然(しぜん)などなど・・・いろんなジャンルに応(おう)じて登場(とうじょう)してもらおうと思(おも)っています。 今回(こんかい)は、縄文人(じょうもんじん)の貝塚 恵(かいづか・めぐみ)さん。 女子(じょし)か男(おとこ)の子(こ)かは、ナゾです。 ってゆ〜か、縄文人には漢字(かんじ)はないですよね。ひらめき(笑)


 
posted by ぶん+ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2018年06月20日

島(しま)で コアホウドリ???

過日(かじつ)、ユイの館(やかた)で、ダイビングサービス海夢居(かむい)の鈴木さんの講演(こうえん)がありました。 春先(はるさき)のホエールウォッチングで、ホエールスイムの映像(えいぞう)のなかに、スゴイのが。

さっそく、データベースに登録(とうろく)させていただきました。

DB-180620.jpg

奄美群島(あまみぐんとう)で、ほとんど記録(きろく)がないコアホウドリ。exclamation&question

興味深(きょうみ・ぶか)いのは、コアホウドリは北半球(きたはんきゅう)の夏(なつ)でなく冬(ふゆ)に繁殖(はんしょく)する・・・ということと、成鳥(せいちょう)らしい姿(すがた)になるのに10年(ねん)くらいかかるということです。

こうして
お客(きゃく)さまとの何気(なにげ)ない映像(えいぞう)だからこそ、残(のこ)そうとする鈴木さんの姿勢(しせい)が、ひょっとすると発見(はっけん)につながりそうな予感(よかん)。 ダイビングの達者(たっしゃ)は、生物(せいぶつ)の全般(ぜんぱん)に対(たい)しても、どこかピンと来(く)るところがあるのかもしれませんね。ぴかぴか(新しい) 

ガイドさんはイロイロいるけれど、ただペチャクチャしゃべるだけの昭和(しょうわ)のガイドさんって、本当(ほんとう)はガイドさんに向(む)いてないのかもしれない。 ただ浅薄(せんぱく)な知識(ちしき)をひけらかして、チヤホヤされたいオジサンだったりして。exclamation&question(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 コアホウドリ 】
posted by ぶん+ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年08月29日

ナゾの収蔵品(しゅうぞう・ひん)が見(み)つかるデータベースexclamation×2

「天城町文化遺産データベース」に登録(とうろく)されているデータについて、ご覧(らん)いただくのに不具合(ふぐあい)がないか、チェックしていました。 すると・・・「ロケット」なるものを発見(はっけん)exclamation&question

rocket-170829.jpg

なんじゃコレは。exclamation&question こんな意味不明(いみふめい)な物体(ぶったい)を公開(こうかい)しているのはオモシロすぎかもしれない・・・とユイの館(やかた)へ。

問(と)うてみれば、学芸員(がくげいいん)グッシーの確信犯(かくしんはん)だったそうで、寄贈(きぞう)されたものの、未確認放置物体(みかくにん・ほうち・ぶったい)だったにもかかわらず、ジュラルミンで構成(こうせい)され、タダならぬ雰囲気(ふんいき)だったから、とりあえずロケットにしとこう・・・と公開したそうな。 確(たし)かに、せっかく寄贈いただいたのに公開しないのは、失礼(しつれい)というより無礼(ぶれい)。たらーっ(汗)

もとより
このデータベースは、町民(ちょうみん)の正(ただ)しいツッコミにより補正(ほせい)されていくことを願(ねが)うコンセプトですから、アリなのですけれど、そもそも大(おお)きさもわかりません。

階段(かいだん)をあがった、すぐのところにありますよ、とのこと。

nazo-170829.jpg

で・・・デカすぎでしょ。exclamation×2 でも、ココまで移動(いどう)させるのが苦(く)にならない軽(かる)さ。exclamation

ナゾのシールと文字(もじ)。

nazo2-170829.jpg

ドレイン、中村・・・だと? じゃじゃもれナカムラだな。(笑) 否(いな)、中村は寄贈(きぞう)いただいた酒造(しゅぞう)のナカムラさん銘(めい)なのだとか。 でも、なして氏名(しめい)をキッチリ示(しめ)さずチュ〜トハンパなのかは、ナゾです。たらーっ(汗) フルネームには、いささかテレがあったのでしょうか?

そっちのナゾはさておき、シールの示(しめ)すところは接合部(せつごう・ぶ)にもありました。

nazo3-170829.jpg

矢印(やじるし)と数字(すうじ)があります。 接合部の凹凸は螺旋(らせん)でなく、リブ状(じょう)。

さて
推理(すいり)タ〜イム。ひらめき

1)ロケットにしては丸(まる)っこすぎるし、空(から)っぽすぎる
2)空力(くうりき)を考慮(こうりょ)されたフォルム
3)わりと柔(やわ)らかいジュラルミンが溶接(ようせつ)されている
 → 航空機用(こうくうき・よう)は硬(かた)く、凹(へこ)まず割(わ)れる
4)DRAINのあるところは、液体(えきたい)を流(なが)す蓋(ふた)
5)直径(ちょっけい)70、全長(ぜんちょう)は220センチくらい
6)ペンキで塗装(とそう)されていない
7)戦後(せんご)よりずっと後(あと)に寄贈されている
8)シールが貼(は)ってある、しかも英語(えいご)


これらを総合(そうごう)すると、1970年代(ねんだい)ごろまでに製造(せいぞう)された米軍機(べいぐんき)に装備(そうび)される増槽(ぞうそう)タンク=軍用機(ぐんようき)の翼(つばさ)や胴体(どうたい)の下(した)に装備される燃料(ねんりょう)タンク・・・ではないかと。ひらめき 当時(とうじ)の軍用機(ぐんようき)は銀(ぎん)ピカが多(おお)かったし、もとより増槽タンクは捨(す)てるものなので、塗装しなかった。 現代(げんだい)では、キッチリ塗装されていますけど。

オッサンよりマニヤックなサイトに、類似(るいじ)した写真(しゃしん)がありました。

http://www.gonavy.jp/bbs1/img/4267.jpg← Go! NAVY より

初期(しょき)のC−130輸送機(ゆそうき)の増槽にソックリ。exclamation&question

C−130はメリケンのベストセラー輸送機で、現在(げんざい)でも改良(かいりょう)された機体(きたい)が、航空自衛隊(こうくうじえいたい)でもバリバリに運用(うんよう)されています。exclamation もちろん、70年代の沖縄(おきなわ)でも運用されていたハズです。

機種(きしゅ)までは絞(しぼ)りこめないけれど、たぶん増槽タンクではないかと。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 天城町 文化遺産 データベース 増槽 】
posted by ぶん+ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年08月11日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(10)

アカハラダカを登録(とうろく)しました。

ahd-170811.jpg

自由研究(じゆうけんきゅう)の次(つぎ)は、初秋(しょしゅう)のネタに集中(しゅうちゅう)するワケです。 ホントは、野鳥(やちょう)のネタがドッサリありますが、あんまり偏(かたよ)るのもどうかなぁ〜と思(おも)うところ。 とはいえ、野鳥の飛来(ひらい)はスゴイのですけれど。

9月中旬(がつ・ちゅうじゅん)、島(しま)では犬田布岳(いぬたぶだけ)の上空(じょうくう)で目撃(もくげき)される鷹柱(たかばしら)がメインなのですけれど・・・意外(いがい)と美名田林道(みなだ・りんどう)で休(やす)んでいるのを、観察(かんさつ)できたりもします。

そもそも、今(いま)にしてみれば昼間(ひるま)に見(み)かけることすら難(むつか)しいのに、春(はる)のアカハラダカを撮影(さつえい)してあったのです。るんるん

オッサンは、ズアオホオジロ、ウンブキアナゴ、グリーンフラッシュ、タカサゴモズなどを見(み)つけてきましたが・・・ そもそも、近所(きんじょ)にいただけのことでした。たらーっ(汗) 近所がフツーにスゴイすぎるぞ、徳之島(とくのしま)。exclamation×2


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 文化遺産データベース アカハラダカ 】
posted by ぶん+ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年08月06日

危険(きけん)な島伝説(しまでんせつ)

島には、危険な伝説=迷信(めいしん)がカナリあります。 たとえば、ハブは目(め)が見(み)えないとか。たらーっ(汗) 存知(ぞんち)でしたか? ヘビには耳(みみ)がありませんから、草(くさ)をバシバシたたいても、ハブには聞(き)こえません。exclamation×2 ただし、バシバシたたきながらゆっくり進(すす)むことで、歩(ある)く振動(しんどう)は伝(つた)わりやすくなります。 内耳(ないじ)はあるらしいので、まったく聞(き)こえないワケではないようですが、鼓膜(こまく)はないため、感度(かんど)や聞こえる周波数(しゅうはすう)は、かなりクセがあるでしょう。

さて
奄美大島(あまみおおしま)では、魚(さかな)に含(ふく)まれるシガテラ毒(どく)で被害(ひがい)が出(で)ていますが、徳之島(とくのしま)のシマンチュは、相変(あいか)わらず、ふ〜んな感(かん)じです。

中毒(ちゅうどく)になってしまう理由(りゆう)は、デカいから欲(よく)がでて捨(す)てられず、さらにデカいからこそイロンナ人(ひと)が食(た)べさせられてしまうことです。 とくに危険そうな魚を、データベースにアップしました。

db-170706.jpg

ハーナことバラフエダイです。 Wikipediaによると、成長(せいちょう)が遅(おそ)く、成熟(せいじゅく)するのに8〜9年(ねん)もかかるのだそうですから、メリケン基準(きじゅん)の2.6キロくらいに育(そだ)つのに、ドエライ年月(ねんげつ)がかかるのかもしれません。 であれば、サイズのわりに毒の蓄積(ちくせき)がタップリな可能性(かのうせい)があるのです。

一方(いっぽう)
釣(つ)り好(ず)きのオジサンにたずねたら、ムナビレが長(なが)いのは、捨てている・・・と。たらーっ(汗) ん゛〜見事(みごと)な島伝説。 そういうシマンチュのために、沖縄県(おきなわけん)では、クダラナイ島伝説(しまでんせつ)で中毒しないように、調査(ちょうさしていました。

沖縄県のホームページには、ヒレの長さや黒(くろ)さの差異(さい)や加熱(かねつ)、冷凍(れいとう)は無意味(むいみ)なこと・・・シガテラは筋肉(きんにく)に含まれるのが恐(おそ)ろしいのですけれど、肝臓(かんぞう)にシガテラが蓄積されている可能性(かのうせい)の方(ほう)が高(たか)いことが報告(ほうこく)されています。

とても大事(だいじ)なので、データベースにリンクを張(は)らせていただきました。

ちなみに
シガテラ毒には、有効(ゆうこう)な治療方法(ちりょう・ほうほう)がありません。 症状(しょうじょう)が一月(ひとつき)もつづいてしまうこともあります。 お気(き)をつけください。

posted by ぶん+ at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年07月21日

マニヤック な データベース?

久々(ひさびさ)にノリノリで仕事(しごと)してしまいました。exclamation(笑) なんといってもデザイナーは、目立(めだ)つのが大好(だいす)きです。

ようやく、天城町文化遺産データベースのポータルサイトができました。exclamation×2


<<<パソコン版サイトへの直リンク

スマートフォン版【文化】

スマートフォン版【自然】

データベースは通常(つうじょう)、検索条件(けんさくじょうけん)を指定(してい)しなければなりませんが、ここではボタンをクリック/タップするだけで、結果(けっか)をすぐ表示(ひょうじ)します。

パソコン版は、実(じつ)はタブレットを想定(そうてい)していて、ボタンや文字(もじ)が大(おお)きいのはそのため。 やはり、これからの図鑑(ずかん)は、屋外(おくがい)で使(つか)えないと。 スマートフォンでは、画面が小(ちい)さいので、文化(ぶんか)と自然(しぜん)を別(べつ)のページにしました。 やはりボタンひとつで、相互(そうご)に往(ゆ)き来(き)できるようにしてあります。

とても原始的(げんしてき)なHTML(ハイパー・テキスト・マークアップ・ラングエッジ)で記述(きじゅつ)しているので、表示(ひょうじ)がとても軽(かる)いのと、さらにボタンに用(もち)いた画像(がぞう)も適度(てきど)に圧縮(あっしゅく)してあり、パケ代(だい)を節約(せつやく)しながら、高速(こうそく)で読(よ)み込(こ)みます。ひらめき

こうしたホームページは、カッコイイとか派手(はで)を重(おも)んじるワカイモンにとっては、ぱっと見(み)はイマイチかもしれない。 でも、同(おな)じ機能(きのう)ならば、パケ代がかからず高速なのが便利(べんり)。 アナログ電話(でんわ)でインターネットにアクセスしてきたような、昔(むかし)っからホームページをやってきたオッサンならではのアナクロ系(けい)?サイト。(笑) 最新技術(さいしんぎじゅつ)だけが、優(すぐ)れているとは限(かぎ)りません。 ただ、ワカイモンに負(ま)けないよう、ボタンの素材(そざい)や、画像処理(がぞうしょり)は、オイソレと真似(まね)できない造(つく)りになっています。


地味(じみ)に面倒(めんどう)な事情(じじょう)で、役場(やくば)のネットワークではYoutubeは閲覧(えつらん)できなくなりました。 でもデータベースでサポートしているのはYoutubeのみ。たらーっ(汗) でもまぁ、外部(がいぶ)サイトへのリンクはできますから、Google Driveからのリンクに変更(へんこう)してもらうのを思(おも)いついたので、ユイの館(やかた)からも閲覧できるようになりました。ひらめき

これで、カラシラサギヒラベラの動画を役場でも利用(りよう)できます。 ちなみに、ヒラベラの動画(どうが)は、世界的(せかいてき)にも撮影(さつえい)されていないみたいです。たらーっ(汗)


こ〜ゆ〜、ダレもやりそうにないことを地味にヤルのが、オッサンの愉(たの)しみです。るんるん 昭和(しょうわ)のコダワリ・・・とか???

posted by ぶん+ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年05月13日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(9)

きょうは雨模様(あめもよう)なので、ありネタで。

ほかの島(しま)にもいるのに、徳之島(とくのしま)だけの事情(じじょう)がある生物(せいぶつ)がいくつかいます。

db-170513.jpg<<<DBへリンク

サカモトサワガニも、そのひとつ。 宿敵(しゅくてき)オオサワガニがいないので、どうも大型化(おおがたか)しているようなのです。

ss-170513.jpg

おそらく甲幅(こうふく)6センチにとどく個体(こたい)も、いるのではないか・・・と。 ほかにも、イボイモリとシリケンイモリ、リュウキュウコノハズクとリュウキュウアオバズクなども、事情が似(に)ています。 大型化しているわけではありませんが・・・


さて
このところ、データベースの利便性(りべんせい)とカッコよさをアップしようと、あれこれ試行(しこう)しています。

hp-170513.jpg

利用頻度(りよう・ひんど)が高(たか)そうな検索結果(けんさくけっか)へ、ワンタッチでアクセスできるホームぺージです。 暮(くれ)に、チャチャっとこさえてみたアレの最新版(さいしん・ばん)。 まずは、パソコンとタブレット版。 その下(した)の2つのボタンかQRコードから、スマホ版へジャンプします。

スマホでは、画像(がぞう)がかなり小(ちい)さく表示(ひょうじ)されるんですよね゛〜、画像はパソコンのものと同(おな)じ250ピクセル四方(しほう)だというのに。

hp2-170513.jpg

文化(ぶんか)と生物(せいぶつ)が別(べつ)のページになっているのもミソ。 頻度の高いほうをブックマークしておけば、使(つか)わないジャンルのデータをダウンロードして、パケ代(だい)やら時間(じかん)がかかるのを防(ふせ)がれる。

もちろん
文化と生物を往(ゆ)き来(き)するボタンをワンタッチすれば、すぐ切(き)り替(か)わるようにしてあります。 階層(かいそう)を深(ふか)くせず、シンプルなサイト構成(こうせい)にするのも大切(たいせつ)なこと。 管理(かんり)が楽(らく)でないと、利便性をパパッと修正(しゅうせい)できません。

あと、文化は火(ひ)がベースだし、自然は緑(みどり)が相応(ふさわ)しかろう・・・と色(いろ)を決(き)めました。 よほどのカリスマ・デザイナーでもない限(かぎ)り、なんとなく・・・なんてのはバカ丸出(まるだ)しなので、キチンと考(かんが)えて決めます。 直感(ちょっかん)にも、ワケはあるものです。

コンセプト=目標(もくひょう)
ともかくアクセスが早(はや)く軽(かる)いこと。 1バイトでも軽く。 最新(さいしん)のワードプレスなどCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を用(もち)いると、一見(いっけん)カッコイイし運営(うんえい)こそブログのようにラクチンですが、ページの見栄(みば)えをパパッと修正(しゅうせい)できませんし、Webサーバーがイチイチ計算(けいさん)してページを表示するから遅(おそ)くなる。 ブログのように更新(こうしん)の頻度が高ければ自動(じどう)で記事(きじ)を整形(せいけい)してくれるCMSが有利(ゆうり)ですけれど・・・固定(こてい)したページですから、シンプルで原始的(げんしてき)なHTMLで作成(さくせい)しました。


ちなみに
検索結果を20コ表示するためのURLは、フツーですとこのようになり、

http://jmapps.ne.jp/amagi/list.html?is_pub_mode=1&museum_sub_domain=amagi&kwd_and_or=and&f2=&f4=&f1=&hlvl=1&bunrui=14&uni_museum=&attach_img=&keywords=&search_type=keyword&sort_type=asc&page=1&list_type=LLA&btn_list_type=yes&list_count=10&title_query=no&sort_field=&list_count=20

でも、よくよく文字列(もじれつ)を眺(なが)め、ちょい直(なお)せば・・・こちらでOK。

http://jmapps.ne.jp/amagi/list.html?keywords=&kwd_and_or=and&hlvl=1&bunrui=14&f2=&f4=&f1=&list_type=LLA001&list_count=20&title_query=yes

短(みじか)いでしょ? 技術屋(ぎじゅつや)ではないし、習(なら)ってないけれど、地味(じみ)に軽くするくらいはできる。 画像にぼかしをかけることでも軽くなる。 このログの画像では普段(ふだん)からレンズぼかしで軽くしていて、サカモトサワガニの甲羅(こうら)のモノクロ画像で、周囲(しゅうい)がソコハカとなくボケているのは、そのため。 コンセプトがあれば、実現(じつげん)にも近道(ちかみち)です。


このごろ
役場(やくば)のホームページが不便だ・・・とチラホラ耳(みみ)にしますが、まずはスマホでアクセスできるようにするのが先(さき)かもしれない。 コンセプトはユルぅいオッサンのような、優柔不断(ゆうじゅうふだん)でブレやすいニンゲンには、とても大事(だいじ)なのです。 コンセプトなしで仕事(しごと)をしたり、半端(はんぱ)な業者(ぎょうしゃ)へマルナゲすると・・・恥(は)ずかしい結果(けっか)になってしまう。

役場のサイトは、階層がやたら深くて使えないし、文字(もじ)サイズの切り替えボタンすらない。

k-hp-170513.jpg

このごろは、色合(いろあ)いの変更(へんこう)や、音声読(おんせい・よ)み上(あ)げも装備(そうび)されているんですね゛〜。

んま゛〜役人(やくにん)がサッパリ真剣(しんけん)に考(かんが)えないのは、田舎(いなか)の役場らしいっちゃ〜らしいんですがね。(笑) どうやら、真剣にやっても評価(ひょうか)できる上司(じょうし)がご不在(ふざい)のようなので。たらーっ(汗) 人材育成(じんざい・いくせい)の投資(とうし)は、なかなか田舎では理解(りかい)されないようで・・・せっかくの伸(の)びしろを、無駄にする職員(しょくいん)さんがいて、もったいない話(はなし)です。


ともあれ
ホームページとか、看板(かんばん)を、考えなしに値切(ねぎ)ったりマルナゲすると、恥ずかしいことを世間(せけん)へ宣伝(せんでん)することになる・・・ってのを気(き)づかない人材は、赤(あか)ふんで踊(おど)る王様(おうさま)ようなもので、あんまり無謀(むぼう)・・・ ホンマの大阪人(おおさか・じん)は、値踏(ねぶ)みできるから、キッチリ値切りよるワケで。ひらめき

posted by ぶん+ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年03月02日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(8)

東(ひがし)アジアでは絶滅危惧(ぜつめつきぐ)かもしれない・・・のが、ナマコマルガザミ

db-170302.jpg

このごろ、チャンに輸出(ゆしゅつ)するとかで乱獲(らんかく)されているナマコ。 ワタリガニ由来(ゆらい)の強力(きょうりょく)なハサミでつねってナマコにしがみついているのが、本種(ほんしゅ)。

ナマコって、どんなに芸(げい)のないニンゲンにも捕(と)られてしまいますから・・・すぐいなくなってしまいます。 するとそれらに寄生(きせい)している、生物(せいぶつ)もピンチになるわけです。 カクレウオとか、カクレエビなども。たらーっ(汗)

posted by ぶん+ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年01月24日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(7)

きょうも寒(さぶ)〜くて、ネタがありません。たらーっ(汗) なので、タイムリーな持(も)ちネタ。

もっとも寒(さぶ)いときに繁殖(はんしょく)するカエルたち、アカガエル。 まさか、内地(ないち)では今時分(いまじぶん)なら雪(ゆき)が降(ふ)るというのに・・・繁殖??? それが二ホンアカガエル。 その島(しま)バージョンが、アマミアカガエルです。

ag-170124.jpg

2011年(ねん)、リュウキュウアカガエルから独立(どくりつ)した(しゅ)になりました。 特(とく)に島のはアカガエルらしく赤(あか)いのがいますし、もともとヘビがいない頃合(ころあ)いに繁殖するから、ハブが襲(おそ)ってこない時節(じせつ)に林道(りんどう)あたりの側溝(そっこう)などで見(み)られて、おススメ。るんるん

と・・・いっても、わりとチャンスは少(すく)なく、見(み)たことのあるシマンチュも、そんなにいないようです。たらーっ(汗)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 アカガエル アマミアカガエル リュウキュウアカガエル 】
posted by ぶん+ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2017年01月14日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(6)

シーズンインしたタンパク源(げん)、チヌ こと ミナミクロダイ。 これは欠(か)かせません。

db-170114.jpg

去年(きょねん)はサッパリでした。たらーっ(汗)

温暖化(おんだんか)で、強風(きょうふう)がつづいたこと、外来種(がいらいしゅ)だメヒルギがウザウザと繁茂(はんも)しすぎたせいで釣(つ)り場(ば)ソノモノがなくなったこと・・・それとオッサンの技前(わざまえ)が、貧弱(ひんじゃく)だったから。爆弾


ともあれ
内地(ないち)のチヌは、ほとんど食(た)べられることはないですけれど・・・こちらのチヌは美味(うま)い。 たいがい南国(なんごく)の魚(さかな)は身(み)が柔(やわ)い印象(いんしょう)があるけれど、なにしろ身(み)がしまっています。exclamation×2 それに、1、2月(がつ)には大(おお)きなメスほど・・・昼間(ひるま)でも見(み)ながら釣れる魅力(みりょく)があります。ぴかぴか(新しい)

ミナミクロダイは、雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)だから、大きいのはすべてメスなのです。

釣ってヨシ、姿(すがた)ヨシ、食べてヨシ チヌは内地(ないち)のスズキに匹敵(ひってき)するほど、好(この)ましい釣魚(ちょうぎょ)だと思(おも)います。

ssm-150614

ちなみに、スズキと同(おな)じかチョイ越(ご)えの風味(ふうみ)の白身(しろみ)なので、刺身(さしみ)、塩焼(しおや)き、イユー汁(じる)、フライなどいろんな調理(ちょうり)にモッテコイです。

なんといっても
内地のクロダイと違(ちが)って、肉眼(にくがん)で観察(かんさつ)しやすいところも魅力ですから、ぜひデータベースに載(の)せておきたい魚類(ぎょるい)なのでした。


それにしても
風(かぜ)は平均(へいきん)で10mくらい吹(ふ)いて寒(さぶ)いし、どんより薄暗(うすぐら)い日(ひ)がつづいてますよね・・・イノーには鳥(とり)たちも見えず、ネタなしです。たらーっ(汗)

posted by ぶん+ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2016年12月31日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(5)

データベースでイチイチ検索(けんさく)するのが面倒(めんどう)なので、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、海水魚、甲殻類、軟体動物、棘皮動物のシンプルなリンクをこさえてみました。

link-161231.jpg

すんごい昔(むかし)のハイパーテキストのTableでもって、テキトーにレイアウト。 HTML5とかCSS(カスケーディング・スタイルシート)とか、サッパリわからんので。たらーっ(汗)

スマホ用(よう)なので、パソコンで見(み)てもなんじゃそりゃです。たらーっ(汗)▽▽▽

smart-amagi-zukan.html

スマホで見るときはQRコードで。▽▽▽

qr-zukan-161231.gif

20コずつ結果(けっか)を表示(ひょうじ)します。 ただし・・・データベース自体はスマホ対応(たいおう)ではないのですけれど・・・

画像(がぞう)を用(もち)いるとカッコよさそうですが、とりあえず試作(しさく)でした。

きょうは大晦(おおつごもり)、みなさま好(よ)いお年(とし)を。
posted by ぶん+ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2016年12月23日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(4)

文化遺産(ぶんか・いさん)なのに、生物(せいぶつ)?と思(おも)われるかもしれない。 でも、生物を分類(ぶんるい)し情報(じょうほう)にした段階(だんかい)で、文化として残(のこ)るもの・・・と解釈(かいしゃく)しています。ひらめき なので、できるだけ食(しょく)など生活(せいかつ)との関(かか)わりについても記(しる)すようにしてもいます。

調(しら)べたところ、冷(ひ)や汗(あせ)をかいたのが、クロモンガラ

kmg-161223.jpg

南西諸島(なんせいしょとう)では、たまに寒(さむ)すぎるときに魚(さかな)が仮死状態(かしじょうたい)になってプカプカ打(う)ち寄(よ)せられます。 その産物(さんぶつ)だったのが供(きょう)されたワケですけれど・・・なんと、クロモンガラの肝(きも)には猛毒(もうどく)のパリトキシンが蓄積(ちくせき)されることがあるそうな、見(み)た目(め)も中身(なかみ)もキモッexclamation×2 確(たし)か、しっかりと肝もいただいたような。たらーっ(汗) ぶっちゃけ、クロモンガラは美味(うま)いとか不味(まず)いとかなく・・・旨味(うまみ)のない、食(た)べられるだけのシカバネでした。

ネットや図鑑(ずかん)には、フツーは食(た)べなくて観賞用(かんしょうよう)・・・などとありますが、南国(なんごく)では釣(つ)れたらナンデモ食(た)べちゃうので、意識(いしき)されていないダケです。

トラフグもモンガラカワハギもフグ目(もく)ですから、油断大敵(ゆだんたいてき)。 フグはテトロドトキシン、クロモンガラやアオブダイはパリトキシンが肝臓(かんぞう)などに蓄積(ちくせき)されることがあります。 でも必(かなら)ずでもない・・・のがビミョ〜なところ。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロモンガラ パリトキシン 】
posted by ぶん+ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2016年12月16日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(3)

きょうもきょうとて、時化模様(しけ・もよう)でネタがありません。 それはもう、キレイさっぱりと。たらーっ(汗) なので、アリネタで。

冬場(ふゆば)にしか観察(かんさつ)できない動物(どうぶつ)は少(すく)ないものですが・・・その代表(だいひょう)がイボイモリ。 産卵期(さんらんき)でないと、ほとんど活動(かつどう)しないナゾの生態(せいたい)。

ii-161216.jpg

これがカエルと同(おな)じ両生類(りょうせいるい)とは思(おも)えない、カラッと感(かん)とイガイガ感。

ここの特長(とくちょう)は、イボイモリがコウガイビルを食(た)べていたり、ウーパーノレーパー?みたいな幼生(ようせい)の自然(しぜん)の姿(すがた)が記録(きろく)されていること。

ii2-161216.jpg

防水(ぼうすい)で薄(うす)い、サイバーショットTXシリーズのお陰様(かげさま)。ひらめき

イボイモリは1月下旬(がつ・げじゅん)から一月(ひとつき)くらいの間(あいだ)、とある夜(よる)に突然(とつぜん)ドバっと路上(ろじょう)に出(で)てきて正座(せいざ)していることがあります。 とある夜(よる)・・・がゼンゼン判(わか)りません。

のろのろで、すぐ捕(つか)まってしまうイボイモリですけれど・・・ナゾです・・・くれぐれもナゾだらけ。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 イボイモリ 幼生 卵 データベース 】
posted by ぶん+ at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2016年12月03日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(2)

これからのシーズンで美味(おい)しいのは、ミズイカことアオリイカ

db-161203.jpg

このデータベースの特色(とくしょく)は、生態(せいたい)のみならず、食文化(しょくぶんか)にも触(ふ)れていること。 レシピについては、いづれまたデータベースの新(あら)たなカテゴリーとして登場(とうじょう)するよう期待(きたい)しつつ・・・内地(ないち)での味(あじ)の評価(ひょうか)なども、アレコレ記(しる)しております。 墨汁(すみじる)って美味(おい)しですよね゛〜るんるん

アオリイカは、今(いま)でこそ細仕掛(ほそじかけ)で神経質(しんけいしつ)に釣(つ)るようになりましたが、以前(いぜん)はヒラアジ用(よう)の18号(ごう)ナイロンでも釣れていました。とゆ〜か、釣れたのを載(の)せてあります。(笑)

このデータベースには、図鑑(ずかん)などにない私(わたし)の観察(かんさつ)や記録(きろく)、体験(たいけん)に基(もと)づいた独自情報(どくじ・じょうほう)もタップリと盛(も)り込(こ)んでおりますよ。exclamation×2

posted by ぶん+ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2016年11月28日

シリーズ 町民(ちょうみん)だけのデータベース(1)

天城町文化遺産データベースには、遺跡(いせき)などとともに生物(せいぶつ)や風景(ふうけい)も登録(とうろく)されています。 知識(ちしき)=文化(ぶんか)ですから、それを残(のこ)すため。

db-161128.jpg

シリーズ第一回(だいいっかい)は、どこの自治体(じちたい)も図鑑(ずかん)も真似(まね)できないネタ、ウンブキアナゴをご紹介(しょうかい)。

天城町(あまぎちょう)のピンポイントの地名(ちめい)「ウンブキ」が標準和名(ひょうじゅん・わめい)となったイワアナゴの一種(いっしゅ)です。 イワアナゴ科(か)はウツボ亜目(あもく)であり、アナゴ亜目ではないので、むしろほとんどウツボっぽいアナゴ?(笑) 胸(ムナ)ビレもありませんし、細(ほそ)っこいくせにヒレには厚味(あつみ)があります。 詳(くわ)しくはデータベースをご覧(らん)ください。

魚類(ぎょるい)には、面倒(めんどう)な名(な)がたくさんあります。カツオやタイなど、メジャーな名(な)に肖(あやか)った、パチっぽいのが多(おお)いのです。

イケカツオ、マナガツオ、タカノハダイ、アマダイ、フエダイ、フエフキダイ、どんなサカナだい?(笑) たぶん、昔(むかし)の魚屋(さかなや)や漁師(りょうし)は自分(じぶん)のことしか考(かんが)えられず、売(う)れそうなパチな名が好(す)きだったか、魚類の学者(がくしゃ)のイマジネーションがあまりに貧(まず)しかったか・・・(涙)

んま゛〜しかし、地球上(ちきゅうじょう)で希(まれ)な魚類が、近所(きんじょ)で見(み)つかるとは・・・油断(ゆだん)できませんね、徳之島(とくのしま)は。ひらめき

ちなみに
次(つぎ)に国内(こくない)で近縁(きんえん)のイワアナゴが見つかったら、イワアナゴ科ウンブキアナゴ属(ぞく)の○○イワアナゴとか、○○アナゴ、○○モドキなどになります。

posted by ぶん+ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース