2019年08月18日

降(ふ)る降る サギ?

今宵(こよい)は、あまぎ祭(まつり)。 島(しま)のまわりには点々(てんてん)と雨雲(あまぐも)があるので、パラっと来(く)るのかと思(おも)ったら、むしろ晴(は)れにちかいギンギンの曇(くも)り。曇り

せっかくの、干しシイタケがうまくいかない・・・


さておき
トリトリデッキ下(した)の外来種(がいらいしゅ)メヒルギが、はびこってきたので、そろそろ駆除(くじょ)しないと。 運動公園(うんどう・こうえん)のわきからエントリーできないので、戸ノ木団地(とのぎだんち)から。

dry-190818.jpg

ついでに、ダッシュボードでシイタケ干し。晴れ

きょうはもう中潮(なかしお)なので、そこそこしか引(ひ)かないためか、けっこうズブズブとハマります。たらーっ(汗)

mehi-190818.jpg

あ゛〜 これこれ。 今(こん)シーズンは、ナゼか多(おお)めに根付(ねづ)いています。

ズブズブのなかを歩(ある)くのは、たいそう骨(ほね)がおれるので・・・ 休(やす)み休みでしたが、それでもキっツぅ゛〜イ。たらーっ(汗) 32℃ちかかったし、風(かぜ)も穏(おだ)やかでしたからね゛〜。

まわりには、キアシシギやアカアシシギ、オオメダイチドリやチュウシャクシギなんかもいて、おなじ干潟(ひがた)に立(た)っていると、意外(いがい)と逃(に)げないみたいです。 オッサンが、ヒルギ抜(ぬ)きに集中(しゅうちゅう)しているから・・・ かもしれないけれど。

やれやれ。

mehi2-190818.jpg

よ〜もま〜無意味(むいみ)なものを、わざわざ植(う)えたモンですよね゛〜。爆弾 しかも、ヤリッパナシなのですから・・・ まるっきり、子どもレベル?(笑)

シマンチュは、中国(ちゅうごく)や朝鮮(ちょうせん)よろしく、考(かんが)えなしにマルっとマネして満足(まんぞく)するところがありますよね゛〜たらーっ(汗)

お゛〜 きょうも、ウミアメンボたちはウジャウジャです。ひらめき

ua-190818.jpg

2メートルあまり下(お)りただけなのに、視線(しせん)がおなじレベルになるだけで、ずいぶんリアリティが違(ちが)うなぁ。 どれが正(ただ)しいとかでなく、たぶん、いろんな視点(してん)それぞれに、違った見(み)えかたがあり、感(かん)じられる情報(じょうほう)も違うのでしょう。


降るどころか、炎天(えんてん)じゃん・・・たらーっ(汗)

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 外来種 メヒルギ 駆除 】
posted by ぶん+ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月17日

食(た)べなくて よかった・・・

このところ、食糧難(しょくりょうなん)にあえいでいたワケですけれど・・・ BG体育館(たいいくかん)の裏手(うらて)に、ナニヤラ美味(うま)そうなキノコがにょきにょきと。exclamation

okd-190817.jpg

て、天(てん)からの授(さず)かりものじゃぁ〜ぴかぴか(新しい)

思(おも)わず、バター焼(や)きかホイル焼きにしようとしましたが・・・ とりあえず用心(ようじん)することに。

むむむ・・・ 白(しろ)いわりには、テングダケ風(ふう)のフォルム。

okd2-190817.jpg

傘(かさ)の下(した)にツバがあるところなど、シイタケやシメジとはまったく違(ちが)います。

調(しら)べたところ、内地(ないち)にも絶賛拡散中(ぜっさん・かくさんちゅう)の南方系(なんぽうけい)キノコ、オオシロカラカサダケ・・・ オオシロさん的(てき)なオジサンが雨(あめ)の中(なか)、スッポンポンでカラカサだけを手(て)にダッシュしてる感(かん)じ・・・たらーっ(汗)

オオシロさんって、誰(だれ)。exclamation&question(笑)

で・・・ オオシロさんの正体(しょうたい)は別(べつ)として、腹痛(ふくつう)やら下痢(げり)に嘔吐(おうと)など、わりとキッチリ、ドM向(む)け罰(ばつ)ゲームレベル?の毒(どく)キノコでした。ぴかぴか(新しい)

キノコは消化(しょうか)がわるいので、いい出汁(だし)でも出(で)ない限(かぎ)り食(た)べないほうがイイみたいです。

なんだか口惜(くや)しかったので、さっきシイタケをタップリ求(もと)めてしまいました。(笑)

 
posted by ぶん+ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月15日

海草(かいそう)が 生(は)えてます

体育館(たいいくかん)の西(にし)のイノーに生えてきたのは、海藻(かいそう)でなく、花(はな)が咲(さ)くほうです。

umikusa-190815.jpg

コアマモか、よく似(に)た種(しゅ)なのかは、マクロで葉脈(ようみゃく)を拡大(かくだい)しないとわかりません。 ビーム砲(ほう)レンズならイケると想(おも)ったんですけどもね゛〜。たらーっ(汗) コアマモなら、アミダくじみたいになっているそうな。

ここらは、プールの真水(まみず)がある時期(じき)だけ、生えるようです。

岡善(おかぜん)から。前野(まえの)の西のイノーと謂(い)うか・・・ 空港(くうこう)のほうに、群落(ぐんらく)がいくつもありますが、たぶん、学者(がくしゃ)さんたちは知(し)りません。(笑)


ところで
読(よ)みづらい「ふりがな」が復活(ふっかつ)しちまった。たらーっ(汗) と感(かん)じていらっしゃることでしょう。(笑) そうなんです、直(なお)ったんです。exclamation×2

正確(せいかく)には、ノートパソコンのキーボードを、オミットしました。 ごく正確には、キーボードのフレキフレキシブル・フラットケーブルを抜(ぬ)いちゃいました。ひらめき(笑)

kb-190815.jpg

KBはキーボードの略(りゃく)、タッチパッドはTPです。 組(く)み立(た)てるときのために、メイン基盤(きばん)に描(えが)かれています。 その上(うえ)のメモリスロットには、8GBが1枚(まい)だけ、ささってます。

ここ幾日(いくにち)も、ずっと考(かんが)えていました。 メイン基盤のキーボード制御回路(せいぎょかいろ)なら、ソフトウェアキーボードで一時的(いちじてき)に直(なお)るのはオカシイのでは?_と。 さらに、L、R、バックスペースなど、しだいにキー反応(はんのう)しなくなったので、微細(びさい)な回路(かいろ)の熱暴走(ねつ・ぼうそう)でなく、物理的(ぶつりてき)なキーのよう。 つまり、とかくコストダウンで品質(ひんしつ)の落(お)ちやすいキーボードが、ショートしかけてるんじゃね?_と。


ちょうど早(はや)いこと仕事(しごと)も片付(かたづ)いたし、Aコープはお盆(ぼん)で早々(そうそう)に閉(し)まってしまい・・・ ど〜せ打(う)てもせんキーボードなら、いっそ外(はず)しちまえexclamation×2 それに、ボディ上面(じょうめん)に開口(かいこう)すれば、放熱(ほうねつ)も好(よ)うなるし。(笑)


んが
残念(ざんねん)ながら、キーボードは本体(ほんたい)のプラスティック外装(がいそう)に、ネジねなく溶着(ようちゃく)されていて、それに被(かぶ)さるようにメイン基盤がマウントされていて・・・ この構造(こうぞう)だとキーボードを外すには、動作(どうさ)しなくなるリスクが大(おお)いので、サクッとやめました。ひらめき(笑)

とりあえず
快適(かいてき)に動作してま〜す。るんるん


 
posted by ぶん+ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月10日

また生(は)えてきた・・・

風(かぜ)はおさまりましたが、雨(あめ)が降(ふ)ったり止(や)んだり。

tenki-190810.jpg

イノーにはダイサギとキアシシギがチラホラいるくらいなもの。

やや゛っexclamation&question また、はえてきよったか。

mhrg-190810.jpg

トリトリデッキ下(した)には、外来種(がいらいしゅ)メヒルギの芽(め)がのびてきました。 そろそろ、駆除(くじょ)せにゃいかんな゛〜。

さ〜て、お買(か)い物(もの)。 ゆ〜てもモノがありゃしない。

maru-190810.jpg

豆腐(とうふ)もないし、のむ大豆(だいず)も切(き)れたんですが、ぜんぶ入(い)りの飲料(いんりょう)が見(み)つかってヨカッタぁ〜。ひらめき

ただ、味(あじ)は、のむ大豆のほうが、ビミョ〜に美味(おい)しいかも・・・ まるごと大豆飲料は「スムージー」を自称(じしょう)していますが、のむ大豆はどちらかというとヴィシソワーズのクオリティといったところでしょうか?

 
posted by ぶん+ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年07月11日

ウンブキに 花(はな)

久々(ひさびさ)に赴(おもむ)いたウンブキ。 というのも、サクラランのシーズンだから。

sakura-190711.jpg

なんだかショボいな゛〜。 咲(さ)きだしたのか、終(お)わりのころなのか、判(わか)りづらい。たらーっ(汗)

広報誌(こうほうし)の、シリーズ天城遺産(あまぎいさん)でウンブキを特集(とくしゅう)し、サクラランをしっかり載(の)せたときは、ずいぶんマルっと咲(さ)いていたのですけれど。

ともあれ
サクラでもランでもない、サクララン。 けれど、すんごくキレイですよね゛〜。るんるん



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホヤ Wax Plant 】
posted by ぶん+ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年07月05日

今(いま)ごろ ユリexclamation&question

ほとんど雨止(あまや)みになった、昼休(いるやす)み。

tenki-190705.jpg

寝姿山(ね・すがたやま)が、死(し)姿山に。たらーっ(汗) そういえば、まだ奄美地方(あまみ・ちほう)は、梅雨明(つゆあ)けしてませんよね゛〜。

パラパラするけれど・・・ イノーをチェック。 うかつにもキアシシギに気(き)づかず飛(と)ばしてしまいました。 その先(さき)の空港(くうこう)に、ユリ???

lily-190705.jpg

テッポウユリに似(に)ていますが、もうとっくに終(お)わっているハズです。

まさか
台湾(たいわん)の固有種(こゆうしゅ)にして外来種(がいらいしゅ)、タカサゴユリ。exclamation&question


よ〜くジロジロしてみることに。

lily2-190705.jpg

あ゛〜 まわりには、今年(ことし)こそヒトキワ遅咲(おそざ)きしたのが多(おお)かったテッポウユリが、たっぷりと種(たね)を蓄(たくわ)えています。 や〜れやれ、どうやらタカサゴユリでなく、ただの?遅咲きのようです。

ただ・・・ もう7月(がつ)なので、ただの遅咲きなんて謂(い)えるほどのレベルじゃないのかも。爆弾

 
posted by ぶん+ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年06月11日

ウケユリの 時節(じせつ)なのに・・・

イノーの岸(きし)には、まだテッポウユリが咲(さ)いています。

lily-190611.jpg

陽炎(かげろう)がスゴすぎて、ボヤけています。 左(ひだり)には、テッポウユリとともに、ハマユウの花(はな)が。

ホントは、この向(む)こうにカラシラサギとダイサギがいるのですが・・・ ボヤボヤで写(うつ)りませんでした。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年06月07日

外来種(がいらいしゅ) メヒルギ

けさのハイタイドに、イノーをチェック。

khsV-190607.jpg

うじゃうじゃ生(は)えている外来種メヒルギの合間(あいま)に、かろうじてクロツラヘラサギが5羽が角煮(かくにん)できました。

それにしても・・・

mh-190607.jpg

コレはウジャウジャというよりも、イノーの埋(う)め尽(つ)くしです。 豊見城(とみぐすく)の漫湖(まんこ)では、ラムサール条約(じょうやく)に指定(してい)されたのに、鳥(とり)たちが居(い)られなくなって、大失敗(だいしっぱい)した二(に)の舞(まい)。 

さらに
オッサンがここに来(き)た10年前(ねんまえ)には、石垣(いしがき)をこさえて漁(りょう)をしていた貴重(きちょう)な遺構(いこう)が見(み)られたのに・・・ も゛〜 すっかり手遅(てお)くれになってしまいました。たらーっ(汗)

シマンチュって、ユンボで掘(ほ)りまくったり、木々(きぎ)を伐採(ばっさい)したり、外来種を植(う)えたりするのに、な〜んも責任(せきにん)をとらないオトナばかりじゃね???たらーっ(汗)

なんしよん???

 
posted by ぶん+ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年04月03日

要注意外来生物(ようちゅうい・がいらい・せいぶつ)

BG体育館(たいいくかん)の裏(うら)に咲(さ)く、マツヨイグサの一種(いっしゅ)。

kmyg-190403.jpg

コマツヨイグサ、北米(ほくべい)が原産(げんさん)なのだとか。


ま〜てぇ〜ど くぅ〜らせぇど こぉ〜ぬひい〜とを〜るんるん と、ついつい連想(れんそう)してしまいます。

もとは

遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき
想ふまいとは思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな


だそうです。

オッサンの意訳(いやく)だと、梅雨(つゆ)のころ、ホタルブクロを揺(ゆ)らす夕(ゆう)の風がヤルセナイ。 意中(いちゅう)の女子(じょし)は嫁入(よめい)りしたから、一緒(いっしょ)に歩(ある)いたココには、待(ま)てど暮(く)らせど来(き)やしない。 人妻(ひとづま)を想(おも)ってはいけないと思(おも)うけど・・・ みたいですけれど、肝心(かんじん)の『我としもなきため涙』の意味(いみ)がわからん・・・

ワレ トシモ ナキ タメナミダ なのでしょうけれどドユイミ??? 雰囲気(ふんいき)からすると、涙(なみだ)チョチョギレみたいですが、ビミョ〜なところがワカラン。たらーっ(汗)


ともあれ
こうした風雅(ふうが)だったり、かわいさだったり、親(した)しみやすさとか、そ〜ゆ〜ニンゲンにとっての付加価値(ふかかち)があると、害(がい)があるのに、無駄(むだ)に保護(ほご)されてしまう。 ノネコとかみたいに。爆弾 でも、たぶんヘビやカメムシが希少種(きしょうしゅ)になっても、保護されにくい。 それは幾重(いくえ)にも危険(きけん)な、生物(せいぶつ)の本納(ほんのう)を利用(りよう)した、巧妙(こうみょう)なワナです。 ニンゲンは、わりとコントロールされやすい生物(せいぶつ)なのでは???(笑)

 
posted by ぶん+ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年03月09日

今年(ことし) は 正常(せいじょう)?

役場(やくば)の駐車場(ちゅうしゃ・じょう)に、赤(あか)い花(はな)。

kt-190309.jpg

ケラマツツジが、一輪(いちりん)だけ咲(さ)いていました。 去年(きょねん)は早(やは)くも2/22だったんです。

またしても、たまたま・・・?

kt2-190309.jpg

オッサンの停(と)めたとこの、真(ま)ん前(まえ)でした。ひらめき


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ケラマツツジ 】
posted by ぶん+ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年02月02日

タキネ の サクラ

たまには山(やま)の方(ほう)へ。 美名田林道(みなだりんどう)の入口(いりぐち)で、ヒザクラが満開(まんかい)。

hizakura-190202.jpg

たしかココの左(ひだり)にあるのは、タキネゴー=滝根川だったような。 奥(おく)に小(ちい)さな滝っぽいところがあるそうですが・・・ いつもあるとは限(かぎ)らないのだとか。たらーっ(汗)

ヒザクラはなぜか、株(かぶ)によって紅(べに)に濃淡(のうたん)の差(さ)があって、世代(せだい)の差(さ)でしょうか? 個性(こせい)??

hizakura2-190202.jpg

手前(てまえ)の株は、やや紅が淡(あわ)い。 むしろ青空(あおぞら)にはバッチリ映(は)えます。ひらめき

さっきから
アカヒゲが コロロ コロロロロ と警戒(けいかい)の声(こえ)でオッサンにからんできます。 なので、オッサンも巻(ま)き舌(じた)で ホロロロ ホロロッ と鳴(な)きながら、ヒザクラを眺(なが)めていました。 あんまりからむんで、ビーム砲(ほう)レンズをもってきてパシャリ。exclamation

ah-190202.jpg

やっぱり、カナリ怒(おこ)っとるなぁ。たらーっ(汗)

かててくわえて、EOS7Dのデカいシャッター音(おん)に驚(おどろ)いて、オットリガタナで逃(に)げてしまいました。 やれやれ。たらーっ(汗)


帰(かえ)ってから、静(しず)かなミラーレスで、パパっとオートフォーカスが効(き)くカメラが欲(ほ)しいなぁ・・・ と思(おも)って物色(ぶっしょく)してみましたが、そ〜ゆ〜都合(つごう)のいいカメラはありませんでした。 最新(さいしん)のEOS Rにしろ、画素密度(がそみつど)がEOS7Dより低(ひく)く、画像(がぞう)が粗(あら)かったんです。 うまくいかんモンですよね゛〜。バッド(下向き矢印)

 
posted by ぶん+ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年01月28日

花(はな)らしぅなく 咲(さ)いた

やっぱり、仕事(しごと)したくね゛〜晴れ

午後(ごご)もウズウズしていたので、とっとと仕事(しごと)にキリをつけ、おやつの刻限(こくげん)をいささか過(す)ぎゆくころ・・・ スクランブル・ダッシュexclamation きょねん、町内(ちょうない)に生(は)えていることが確認(かくにん)された、シマの固有種(こゆうしゅ)とされる・・・なんちゃら・テンナンショウが生(は)えているのは、役場(やくば)の近(ちか)く。

tns-190128.jpg

おおお゛〜 咲いとる咲いとる晴れ

しっかし、相変(あいか)わらず、えっぐいフォルムだなぁ゛〜たらーっ(汗) 緑(みどり)ですし、さっぱり花にゃ見(み)えんですよね゛〜。 もともと花びらは葉(は)っぱの変異(へんい)だから、緑でアタリマエ。

むしろ都合(つごう)よく、ド派手(はで)な花びらに進化(しんか)できたのか・・・ を疑(うたが)うほうが筋(すじ)かもしませんよ。exclamation&question なにしろ、葉っぱから花への進化は、あまりに歪(いびつ)で、ダーウィンさまの説明(せつめい)も怪(あや)しいもんです。(笑)


とりあえず
道端(みちばた)にある群落(ぐんらく)は無事(ぶじ)でした。

tns2-190128.jpg

ただ、かなり興味本位(きょうみほんい)のジジババがいるようで・・・まわりが踏(ふ)み荒(あ)れていましたし、ウリボウが掘(ほ)っくりかえしたような、跡(あと)がアチコチにありました。

テンナンショウは、なんとオモダカ目(もく)で、オッサンが大好(だいす)きなクワイの親戚筋(しんせきすじ)にあたるそうです。ぴかぴか(新しい)

そしてまた・・・ もどって仕事にございました。

 
posted by ぶん+ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年01月13日

上名道(うぇなみぃち)チェック

そろそろ、ヒザクラ(ヒカンザクラ)が咲(さ)きだすころです。 そのまえに、池(いけ)を観(み)とくことに。

こりゃい゛かんexclamation×2 ダジャ鳥類(ちょうるい)がたくさん渡来(とらい)しています。 そりゃもう、ひときわバンバン、バンバン、ババンバンといるのは・・・

ooban-190113.jpg

オオバンたち。たらーっ(汗) 潜水(せんすい)しては、すごい勢(いきお)いで水草(みずくさ)を食(た)べています。

オオバンは、このごろ内地(ないち)で勢力(せいりょく)を増(ま)しているらしく、渡来も年々(ねんねん)増しています。

ちなみに、英名(えいめい)は Eurasian coot とか common coot で、ユーラシア大陸(たいりく)に広(ひろ)く分布(ぶんぷ)していて、フツーのバン。 バンバンいても不思議(ふしぎ)はない・・・んでしょうかね。たらーっ(汗)

さて
森林公園(しんりん・こうえん)のヒザクラはというと、まだまだこれから。

hizakura-190113.jpg

ふれあい林道(りんどう)にある一本(いっぽん)だけが、4分咲(ぶざ)きになっていました。

島(しま)のヒザクラは、わりと開花(かいか)や咲(さ)きっぷりにムラが大(おお)きいのに・・・ 昨年(さくねん)の台風(たいふう)23、24、25号(ごう)のあと、だいぶ咲いてしまった株(かぶ)が結構(けっこう)ありました。 なので今(こん)シーズンは、あまり期待(きたい)できそうにありません。

とはいえ
上名道森林公園は、今(いま)まさに再開発(さいかいはつ)していて、来(らい)シーズンからはヒザクラ見物(けんぶつ)するにも、ずいぶん便利(べんり)になりそう。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ヒカンザクラ カンヒザクラ オオバン 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年12月18日

暑(あつ)いのか 寒(さむ)いのか

20℃まで、いきませんでしたが・・・ 外(そと)はずいぶん暑うございました。

けさは、やっぱり干潟(ひがた)をチェックしてから、仕事(しごと)へ赴(おもむ)くことに。

khs-181218.jpg

クロツラーズたちが、ちょうど採餌(さいじ)しているところでした。 ほかには、ダイサギやコサギ、上空(じょうくう)にミサゴがポツリといた程度(ていど)。

それから、歴史文化産業科学資料センター・ユイの館で段取(だんど)りしてから、空(そら)が晴(は)れたので、上名道(うえなみち)へ。

uenamichi-181218.jpg

お゛〜 忘(わす)れ去(さ)られた森林公園(しんりん・こうえん)の、平(たい)らかなリュウキュウマツをキレイに記録(きろく)できました。 コレでようやく、週末(しゅうまつ)にデータを納(おさ)める案内板(あんないばん)の素材(そざい)はそろいました。晴れ

 
posted by ぶん+ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年12月06日

サクラツツジ

ニッポンジンは、とてもサクラが好(す)きなので、サクラとつくモノは多々(たた)あります。 姓名(せいめい)、歌(うた)に列車(れっしゃ)、餅(もち)とか、金(きん)さんのサクラフブキ、サクラダイ、イベントを盛(も)りあげるヒトなんかも。(笑)

南国(なんごく)では、このごろ咲(さ)きだす花(はな)も少(すく)なくない。

sakura_ttj-181206.jpg

山(やま)では、サクラツツジ。 ツツジといえば、春先(はるさき)のイメージですけれど。 白(しろ)っぽいので、あまりサクラらしからぬ容姿(ようし)。

ところで
集落(しゅうらく)では、スミレはイマイチですけれど・・・ナノハナは好調(こうちょう)。

nanohana-181206.jpg

ソコも、弱肉強食(じゃくにく・きょうしょく)exclamation&question とゆ〜か、クモはササグモでしょうか・・・花にはヒラタアブの類(たぐ)いがやってきたのに、ナゼかそっぽを向(む)いたまま。 教科書(きょうかしょ)どおりに、事(こと)は運(はこ)ばぬモンですよね゛〜。


 
posted by ぶん+ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年10月28日

癒(いや)しの里(さと)って どこが?

さて、出(で)かけようとしたら・・・

dame-181028.jpg

シマンチュって、ほんっとにダメなんが多(お)いいですよね゛〜。

想像力(そうぞうりょく)ナシで、予想(よそう)とかもサッパリできゃせんし・・・つまるところ、思(おも)いやりもない。たらーっ(汗) こ〜ゆ〜ことの積(つ)み重(かさ)ねが、貧(まず)しい生活(せいかつ)につながっていることに気(き)づかんとは。 キャッチフレーズの、ユイと癒しの里って、ウスッペラですよね゛〜バッド(下向き矢印)

たまには山(やま)へ。 ココは、自称(じしょう)「クロウサギと癒しの里」・・・だっけか。

sakura-181028.jpg

アガリマタは、すっかり春(はる)まがい・・・サクラが満開(まんかい)です。 ここのサクラは確(たし)か、亡(な)きショーゾーセンセーが植(う)えたカワヅザクラだったような。 こちらにあるヒザクラと、伊豆大島(いずおおしま)のオオシマザクラをかけた品種(ひんしゅ)。

sakura2-181028.jpg

よ〜咲(さ)いてます。 春っぽいけれど、まわりではリュウキュウアブラゼミがミ゛ワワワワワ゛〜と鳴(な)いていて、ナニがナンやら。(笑) でも、ちょっとだけ癒されたかも。ぴかぴか(新しい) けれど、お客(きゃく)さんがおみえなのに・・・よりによって茶処(ちゃどころ)は休業(きゅうぎょう)とは、なんとも間(ま)がわるすぎる。バッド(下向き矢印)


帰(かえ)りしな、きのうの上名道池(うえなみち・いけ)をチェック。

kgm-181028.jpg

コガモたちが数羽(すうわ)、飛来(ひらい)していました。 手前(げまえ)がメス、オスはエクリプスという地味(じみ)な羽毛(うもう)になっています。

そのわきには、キアシシギっぽいのが2羽。

kusa-181028.jpg

濡(ぬ)れた砂地(すなじ)よりずっと濃(こ)い色合(いろあ)いで、チリチリした小(ちい)さな白(いろ)い班(はん)があるから、クサシギ。 イノーにやってこない、内水(ないすい)にいるシギで・・・プックリしているのも、特徴(とくちょう)。

初心者(しょしんしゃ)のころ、タカブシギと見分(みわ)けるのも大変(たいへん)でしたが、島(しま)でジロジロする機会(きかい)が増(ふ)えたので、すっかり慣(な)れました。 だからといって、モテるワケでもありませんが・・・(笑)

ついでにイノーもチェック。

khsx6-181028.jpg

クロツラーズは、しばらくX6でイケそうです。 あれ゛? こ〜ゆ〜のを眺(なが)めていると、やっぱり癒されるわ゛〜。ぴかぴか(新しい)


ところで
ワンセグが入(はい)らんなぁ゛〜と思(おも)ったら、コレが原因(げんいん)。exclamation&question

PM25-181028.jpg

こんちくしょ゛〜爆弾 ほんとも゛〜こまったチャンだこと。


 
posted by ぶん+ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年10月21日

ようやく その日(ひ)

天気(てんき)が好(よ)くて、運動公園(うんどう・こうえん)でイベントがなくて、大潮(おおしお)で、体調(たいちょう)が良好(りょうこう)な週末(しゅうまつ)が。

そろそろ、ウザウザと生(は)えてきた外来種(がいらいしゅ)メヒルギの新株(しんかぶ)が、目障(めざわ)りになってきました。 駆除(くじょ)するチャンスを待(ま)っていたのです。 空港(くうこう)もヤバイのですけれど、オッサンはトリトリデッキの縁者(えんじゃ)ですから、そのまわりを守(まも)るのが筋(すじ)。

いや゛〜 だいぶ多(おお)いわ゛〜

kujo-181021.jpg

これでも1/4ほど。 抜(ぬ)いたり折(お)ったりして、減(へ)らしました。 気(き)の毒(どく)に、無体(むたい)な理由(りゆう)で命(いのち)をいただくので、手(て)を合(あ)わせておきました。

もとより、とっくに豊見城(とみぐすく)では被害(ひがい)がでていたのに・・・考(かんが)えもせず植(う)えられ、増(ふ)え続(つづ)けるメヒルギ。 流(なが)れをよどませ、泥(どろ)だけでなくゴミも留(とど)めてしまう厄介者(やっかいもの)となる宿命(しゅくめい)を背負(せお)わされたのです。

残念(ざんねん)ながら、シマンチュはタバコのポイ捨(す)てよろしく、ヤリッパナシが民族性(みんぞく・せい)ですよね・・・ 責任(せきにん)という概念(がいねん)が、サッパリありません。 けれど大人(おとな)なんだし、どこぞの漁民(ぎょみん)が浄化(じょうか)できると謂(k)ったからとか、つまらぬイイワケなんぞするヒマあったら・・・ 自分(じぶん)でやったことは、仕舞(しまい)まで面倒(めんどう)みるくらいはできないと。 それが最低限(さいていげん)、責任のとり方(かた)ってもんです。 浄化できるんなら、中国(ちゅうごく)とかに植樹(しょくじゅ)すればドエライ儲(もう)かるから、やってみれば?


シコシコとメヒルギを駆除していたのを、背後(はいご)でなんとな〜く警戒(けいかい)していたのは、クロツラヘラサギたち。

khsx5-181021.jpg

ん゛exclamation いつのまにクロツラーズX5に゛exclamation×2 左(ひだり)のダイサギをのぞいて、ぜんぶクロツラヘラサギです。

ほかにもナニかいやしないかチェック。

ちょくちょく落(お)ちている巻貝(まきがい)の殻(から。

ja-181021.jpg

存知(ぞんち)でしょうか? コレを。 ジャンボタニシこと、スクミリンゴガイ。 カーシティーに近(ちか)い池田川(いけだがわ)にいるヤツでしょう。 自然遺産(しぜん・いさん)の候補(こうほ)になったワケですが、こうした外来種のハードルは、まだまだ多々(たた)あるものです。 メヒルギのみならず外来種については・・・ジジババたちがバラまいた負(ふ)の遺産がどっさりあるので、これから大変(たいへん)です。たらーっ(汗) むしろ自然遺産などにはならない方が、ずっと楽(らく)。 いささか、恥(はじ)はかくかもしれんけど・・・

お゛っ5 これはマングローブアマガイ。

mgag-181021.jpg

こういう感(かん)じの生態(せいたい)なんだ〜 なるほど。ひらめき とシゲシゲ観察(かんさつ)していたとき、ふと生体(せいたい)を観(み)ようと手(て)にすると・・・意外(いがい)にも遺骸(いがい)。exclamation&question やれやれ。たらーっ(汗)

どんなカラクリで、絶妙(ぜつみょう)なポジションに固定(こてい)されたのか知(し)れないけれど、意外すぎる遺骸だ・・・(久しぶりの、昭和の念押し)

さておき
とかく島(しま)は、負(ふ)の遺産が多すぎるような・・・

かの闘牛(とうぎゅう)とて、野蛮(やばん)で不衛生(ふぇいせい)と謂(い)われても仕方ないですし・・・たらーっ(汗) なんもせんで、よかろうものでしょうか???


 
posted by ぶん+ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年09月21日

おや? ホヤ?

sakura_ran-180921.jpg

こんな時期(じき)にサクラランが咲(さ)くんですね゛〜。ひらめき ぜんぜん知(し)らんかった。

広報誌(こうほうし)に連載(れんさい)することになった、シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)。 つぎのつぎのネタはウンブキ。 なので、ネタ集(あつ)めもあって、ちょい寄(よ)ってみました。

奄美(あまみ)では、開花(かいか)が5月(がつ)ごろ・・・とか、記事(きじ)があったりしますが、ウンブキは7月上旬(がつ・じょうじゅん)が佳境(かきょう)。 しかも、今頃(いまごろ)になって見(み)られるとは、ココは海水(かいすい)の影響(えいきょう)があるので、他(ほか)とは異(こと)なるのかもしれません。

ホヤと呼(よ)ばれるのは、学名(がくめい)が Hoya carnosa ≒ ホヤ カルノサ だからのようです。 オッサンはてっきり、ランタンのまわりのガラスのとこ・・・みたいな雰囲気(ふんいき)だから、と思(おも)ってました。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年09月04日

ゲットウの 効能(こうのう)?

久々(ひさびさ)に、運動公園(うんどう・こうえん)の遊具(ゆうぐ)のあたりをジロジロしたのですけれど・・・こりゃ゛〜ダメだ、まったくダメ。たらーっ(汗) カラスのペアが居付(いつ)いているのです。 これでは、渡(わた)り鳥(どり)どころか、根性(こんじょう)の太(ふと)いカーチャンチク(イソヒヨドリ)すら、ウロウロできません。バッド(下向き矢印)

おや・・これはゲットウの実(み)?

gettow-180904.jpg

想(おも)ったより、淑(しと)やかでも、つつましくない・・・たらーっ(汗)

この、シッカリしたボリューム感(かん)、タ〜ンタ〜ンタ〇キの?(笑)

gettow2-180904.jpg

調(しら)べたところ、ポリフェノールがハンパでないそう。

それを煎(せん)じて飲(の)むとカラダに好(い)いらしいのですけれど・・・家(いえ)のまわりに散布(さんぷ)すると、シロアリ防除剤(ぼうじょ・ざい)にもなる・・・とか。 伝説(でんせつ)の洗剤(せんざい)、ママレモンがゴキブリすら倒(たお)すexclamationとか、そ〜ゆ〜シンプルな理由(りゆう)ではなさそうな・・・たらーっ(汗)

口(くち)にするのは、チョットねぇ゛〜爆弾

ちなみに
シマンチュから、とある薬草(やくそう)?の効能(こうのう)で、利尿作用(りにょう・さよう)があるひらめきとか、教(おそ)わるのですけれど・・・ソレって食(く)われないように、捕食者(ほしょくしゃ)を脱水(だっすい)させ、遠(とお)ざけるための基本(きほん)・・・ですよね。たらーっ(汗)

現代人(げんだいじん)はソコラの動物(どうぶつ)と違(ちが)ってしまい、たとえば糖質(とうしつ)や脂質(ししつ)の吸収(きゅうしゅう)が抑(お)さえられるとか・・・ぶっちゃけ毒(どく)なのに痩(や)せ薬(ぐすり)とカンチガイする傾向(けいこう)が強(したた)かあるため、オッサンは困(こま)ってしまいます。バッド(下向き矢印)

当然(とうぜん)ながら、利尿するときは腎臓(じんぞう)に負荷(ふか)がかかるのを、ご承知(しょうち)ください。 これは常識(じょうしき)。 天然(てんねん)だから副作用(ふくさよう)がない・・・とか、ダレが保証(ほしょう)してくれるのやら。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年06月29日

サクララン 見(み)ごろに

トリトリデッキより近(ちか)いのに、あんまり行(い)かないウンブキ。 なにしろ、油断(ゆだん)するとケンムンにいじられますからね゛〜 カメラを。たらーっ(汗)

でも
サクラランの見ごろを逃(のが)すわけにもいかず・・・赴(おもむ)くことに。

sran-180629.jpg

お゛〜 咲(さ)いてます。るんるん 上(うえ)のは、つぼみです。

都合(つごう)よく花(はな)だけにピントが合(あ)う超高級(ちょうこうきゅう)レンズのようですが、コンデジで撮(と)って後(あと)からエフェクトかけました。(笑) ビーム砲(ほう)レンズでは、死(し)ぬ気(き)でがんばるアカヒゲに、圧(あつ)をかけますし。たらーっ(汗)

サクラランの極(きわ)みは・・・

sran2-180629.jpg

木漏(こも)れ日(び)のジャストミート。晴れ ホントにたまたま、でしか見られないけれど、コレがあるからヤメラレない。ひらめき 撮影(さつえい)するときは、−1くらい補正(ほせい)をかけないと、白(しろ)トビして白と紅(べに)の風合(ふうあ)いや立体感(りったい・かん)が出(で)ません。

たぶん、もう少(すこ)しすると、もっと丸(まる)いのが咲くのではないかと。


そういえば
台風(たいふう)7号(ごう)が、トライアスロンをジャストミートしそう。 スイムは中止(ちゅうし)となり、デュアスロンになることが決(き)まりました。

201806291850-00.jpg

風(かぜ)は大(たい)したことないけれど、早(はや)くも雨雲(あまぐも)の端(はじ)っこが島(しま)にかかっています。雨



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 サクララン ホヤ 】
posted by ぶん+ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年06月18日

ジャングルの庭(にわ)に 新顔(しんがお)

オッサンちの庭(にわ)は、草木(そうもく)がボーボーで、集落(しゅうらく)でも疎(うと)まれていることでしょう。たらーっ(汗) でもハブは来(こ)ず・・・むしろ来(く)るのはノラネコたち。 もちろんノラネコたちはハブの天敵(てんてき)。

さ〜っと雨(あめ)が降(ふ)りだしたのを、キッチンから眺(なが)めていたら、赤(あか)いのが目(め)につきました。

osu-180618.jpg

お゛〜これは、オキナワスズメウリるんるん それっぽい名(な)のスズメウリとは、ほとんど関係(かんけい)のない植物(しょくぶつ)。

オッサンは、動(うご)きもしない、食(く)えもしない動植物(どうしょくぶつ)には興味(きょうみ)がありませんが・・・カラフルで絶妙(ぜつみょう)な大(おお)きさの実(み)が、ど〜しても引(ひ)きつける。 ウズラの玉子(たまご)くらいで、うっそうとした茂(しげ)みにあって、赤(あか)、オレンジ、黄(き)などカラフルなところが目(め)をひきます

それはそうと
ジャングル庭園(ていえん)に生(は)えてきたのなら、おそらく鳥(とり)がどこかで実を食(く)らって、フンをした・・・らしい。 ただし、たいがいの果実(かじつ)は、すぐに食(た)べきられては意味(いみ)がないので、ギリギリ食えるくらいのマズささらしい。 キレイだけど、酢(す)の物(もの)にはせんとこ・・・たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年04月20日

デイゴの季節(きせつ)

「っデ〜ェゴ〜の ハナがさ〜ぁき〜 カゼをよ〜び ア〜ラッシがきたぁ゛〜」のアレ・・・じゃありません。(笑)

こちらのデイゴは、カイコウズ=アメリカデイゴ。

kkz-180420.jpg

鹿児島(かごしま)の県木(けんぼく)です。 県花(けんか)はミヤマキリシマだそうで・・・意外(いがい)と優柔不断(ゆうじゅうふだん)。(笑) とゆ〜か、本土(ほんど)にひっついたような島々(しまじま)は、オマケなのでしょうね。たらーっ(汗)

ちなみに
デイゴは沖縄(おきなわ)の県花。 島(しま)でも植(う)えられていますが、デイゴヒメコバチにやられてボロボロになって、ずいぶんピンチですよね゛〜。たらーっ(汗)

きょうも
この向(む)こうのグランドには、タイワンハクセキレイたちが採餌(さいじ)していました。

 
posted by ぶん+ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年02月22日

ケラマツツジ 開花(かいか)?

いつものスペースへ駐車(ちゅうしゃ)したとき、ふと気(き)づきました。

kttj-180222.jpg

役場(やくば)に植(う)えられているケラマツツジが、咲(さ)いているようです。

kttj2-180222.jpg

こんな寒(さんみ)ぃ゛〜時節(じせつ)に咲(さ)くんでしたっけ??? 調(しら)べたら4月(がつ)ごろから咲(さ)くらしい。 あんまり寒かったから、いささか温(ぬく)うなっただけで春(はる)になったと感(かん)じたのかもしれません。 ほかにも、いくつか咲いていました。

島(しま)では採(と)られ尽(つ)くして絶滅(ぜつめつ)してしまったため、そもそも分布(ぶんぷ)していなかったことにされている種(しゅ)・・・のよう。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ケラマツツジ 】
posted by ぶん+ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年02月19日

アレは やっぱり

役場(やくば)で見(み)た、日曜(にちよう)の新聞(しんぶん)に載(の)っていました。

news-p-amami-180219.jpg

あのとき見つかった、なんちゃらテンナンショウは、天城町(あまぎちょう)では初物(はつもの)だったんですね・・・食(く)えもせんのですけれど。(笑)

身近(みぢか)にあったのに見つけていなかったとは、自然保護協(しぜん・ほご・きょう)のメンバーの眼(め)が節穴(ふしあな)だった・・・と謂(い)われかねずヤバイかも。たらーっ(汗) けれども、オッサンと事務局(じむきょく)のO崎くん以外(いがい)はキチンと働(はたら)いているから、ヒマジンじゃないしなぁ゛〜。


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 オオアマミテンナンショウ 】
posted by ぶん+ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年02月10日

身近(みぢか)なところに

地味(じみ)に暑(あつ)うなりました。 天気(てんき)が好(よ)いので玉子(たまご)の特売(とくばい)のまえに、卵(たまご)ウォッチング。

ii-180210.jpg

イボイモリの卵、すごく少(すく)ないなぁ。 それにしても、マメに炊事(すいじ)しすぎて、かさかさ肌荒(はだあ)れしとるなぁ。たらーっ(汗)

Aコープへ向(む)かいがてら、人妻(ひとづま)の目撃情報(もくげきじょうほう)をたよりに、植物(しょくぶつ)を探(さが)してみました。 道端(みちばた)すぐに・・・

hana-180210.jpg

は・・・花(はな)ざかりじゃん。exclamation Aコープや役場(やくば)から1キロも離(はな)れてないじゃん。exclamation×2 それにこれ、なんちゃらテンナンショウとかゆ〜固有種(こゆうしゅ)じゃないの。exclamation&question

島(しま)はやっぱり、自然(しぜん)のコンビニだなぁ。るんるん(笑)

ところで
あさってにはまた、10℃も下(さ)がるらしいので、小夏日和(こなつ・びより)から厳冬(げんとう)へ逆戻(ぎゃくもど)り。 ご用心(ようじん)を。


 
posted by ぶん+ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2017年12月13日

ウソでした ナノハナ咲(さ)いてます

けさのスミレのネタで、ナノハナはまだだ・・・と記(しる)しましたがウソでした。 澄(す)みません。たらーっ(汗)

ツグミの類(たぐい)がいないかと、空(あ)き地(ち)をチェックしていたところ、ナノハナが開花(かいか)していました。exclamation

nanohana-171213.jpg

千葉(ちば)では有名(ゆうめい)ですけれど・・・島(しま)のアチコチで強烈(きょうれつ)なニオイを出(だ)して咲いてしまうコレらは外来種(がいらいしゅ)ですよね・・・たらーっ(汗)

鳥(とり)たちなんて、ほとんど外来種なのですけれど。(笑)
 
posted by ぶん+ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

スミレ と バババナ

この冬(ふゆ)は、まだリュウキュウコスミレがチラホラ。

smr-171213.jpg

ナノハナも咲(さ)いておらず、ツワブキは満開(まんかい)。

そして
けさはバババナが満開で・・・しろしい(@やまぐち≒やかましい)くて起(お)こされました。たらーっ(汗) 隣(となり)と、斜向(はす・む)かいのババたちの話(はなし)は、ときに半日(はんにち)つづくことも。台風

バババナのスンゲ〜ところは、〇〇ちゃん以外(いがい)、固有名詞(こゆうめいし)がゼンゼン登場(とうじょう)しないこと。 きれい、たべられる、ちいさい、こわい、まえに、あれ・・・なにかこう、呪(のろ)いのNGワードを避(さ)けているかのような、幼児(ようじ)レベルのコトバの羅列(られつ)。 カタカナ英語(えいご)すら出(で)こない徹底(てってい)ぶり。exclamation&question

恐(おそ)るべしバババナのエナジー、そして朝(あさ)っぱらから大量(たいりょう)に売(う)られた油(あぶら)。exclamation×2 ん゛〜やっぱり、この油で走(はし)るバスとか、エコ的(てき)にも必要(ひつよう)かも。(笑)


posted by ぶん+ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2017年12月02日

ヨナマビーチの花(はな)

きょうは一段(いちだん)とミョ〜な陽気(ようき)。 屋上(おくじょう)にあるエアコンのチラーから、パラパラ飛(と)ばされてくる冷却水(れいきゃくすい)みたいな雨(あめ)。

ヨナマビーチには、チヌを狙(ねら)いに赴(おもむ)いたのですけれど・・・2匹(ひき)ほどチラと見(み)かけただけで、竿(さお)を出(だ)しませんでした。

イノーを見て歩(ある)くうち、黄色(きいろ)い花があちらこちらに。

hw-171202.jpg

しばらく食(た)べていないンギャナ(ホソバワダン)。

爽(さわ)やかな苦味(にがみ)とビタミンAやCが豊富(ほうふ)な野草(やそう)です。 ヨナマビーチにも、たくさんあったんですね゛〜。 沖縄(おきなわ)ではわりと食られていて、チョーミーグサ(ボタンボウフウ)よりポピュラーかもしれない。 いづれも徳之島(とくのしま)では、ほとんど食べられていません。 沖縄に比(くら)べて、徳之島はずいぶん食材(しょくざい)の巾(はば)が狭(せま)いように感(かん)じるのは気(き)のせいでしょうか???

都会(とかい)からやってきて、なにナマ謂ってんだ・・・と思われるかもしれないけれど、横浜(よこはま)にいたころ近所(きんじょ)のスーパーでは、北(きた)のミズや、ギョウジャニンニク、八丈(はちじょう)のアシタバ、内陸(ないりく)のカタクリやワサビの花(はな)など、それなりにアレコレ愉(たの)しめました。 それに、さっぱり人気(にんき)はなかったけれど、ホタ(アオダイ)の刺身(さしみ)なんかもありましたよ。 さすがにボタンボウフウは、内地(ないち)ではフツーの雑草(ざっそう)すぎて食べませんでした・・・セリのほうが、断然(だんぜん)おいしかったですし。


足元(あしもと)の岩(いわ)に、カイメンのように花がビッシリひっついて・・・

if-171202.jpg

これ確(たし)か、イソフサギと謂(い)ったような。 そういえば、モクビャッコウも今(いま)ごろです。

posted by ぶん+ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2017年11月14日

兼久(かねく)の屋敷林(やしきりん)をもとめて

午後(ごご)は、調査(ちょうさ)に同行(どうこう)。

どうせグッシーは、筆記(ひっき)とかで記録(きろく)をとろうとしているだろうから、記録しきれまい・・・と試(ため)しにボランティア参加(さんか)してみました。 屋敷林として活用(かつよう)されている植物(しょくぶつ)についての調査(ちょうさ)に、田畑先生(たばた・せんせい)をお招(まね)きしています。ぴかぴか(新しい)

chowsa-171114.jpg

右(みぎ)から2番目(ばんめ)、田畑先生は昭和(しょうわ)10年生(ねんせい)ですが、カクシャクたるもの。 腰(こし)が曲(ま)がった一雄(かずお)フージイに至(いた)っては昭和4年生で、シマンチュは友達(ともだち)やライバルが生(い)きている限(かぎ)り元気(げんき)でいられるようです。exclamation×2 ちなみに、杖(つえ)は浜(はま)で拾(ひろ)ってきたもの。

さておき
あ゛〜やっぱし・・・ケーブルテレビAYTから旧式(きゅうしき)のムービーでいいから借(か)りとくようススメたのに、メモしか用意(ようい)してない。 忙(いそが)しい学芸員(がくげいいん)のグッシーですが、ウチナーンチュって、どうしてこうユルユルなんだろう・・・たらーっ(汗) 南国(なんごく)では市販(しはん)のデジカメやムービーだと、センサーの放熱(ほうねつ)がうまくいかないので、記録に支障(ししょう)がある。 シナリオがなくダラダラと不用意(ふようい)に記録するには冷却(れいきゃく)する機能(きのう)がついた録画機材(ろくが・きざい)が適(てき)しています。

しかも
用意されたメモにある、植物名(しょくぶつ・めい)を探(さが)しきれないようですから、それならばワードで目次(もくじ)になるアイウエオ順(じゅん)の植物名に加(くわ)え、リンクを作成した資料をこさえてPDFにし、タブレットに入(い)れておいたほうが、ずっと便利(べんり)だったことでしょう。 そうすれば、目次をタップするだけで、資料へジャンプできます。 さらにiPadならアップルペンシルでシャカシャカとメモをとることができるらしいので、そっちのほうがイイんじゃない? 機器(きき)のコストもさることながら、そもそもご高齢(こうれい)のシマンチュにヒアリングできるチャンスを、大切(たいせつ)にすべきかと・・・たらーっ(汗)

せっかく優秀(ゆうしゅう)なグッシーだけに、もすこし工夫(くふう)したらどうかな゛〜と。


ともあれ
田畑先生、とても元気(げんき)でいらっしゃる。 すべての植物が記憶(きおく)されているというのは、どういうふうに世界(せかい)が見(み)えているのだろう。

tbt-171114.jpg

にしても・・・おなか出(で)すぎかも。 んま゛〜人類(じんるい)の生態的(せいたいてき)には、もうじゅうぶん惜(お)しげのないお歳(とし)ですけれど・・・

対(たい)して一雄ムィは、畑仕事(はたけしごと)でスリム体形(たいけい)。 しかも、まだまだ好奇心(こうきしん)が旺盛(おうせい)。exclamation×2

kazuo-171114.jpg

ただまぁ〜、謂(い)っていることの99%は、ご自分(じぶん)の謂いたいこと・・・ですし、油断(ゆだん)すると勝手(かって)に踊(おど)っちゃいます。exclamation×2(笑) 

オッサンがたずねたのは、自生(じせい)しているというわりには、違和感(いわかん)がありすぎるソテツについて。

stt-171114.jpg

ど〜もコレについては、視線(しせん)が泳(およ)いでいて、話(はなし)が急(きゅう)にジュラ紀(き)へ飛(と)んだりして・・・ 先生にもイマイチ、帰化(きか)かどうか判(わか)らないようです。たらーっ(汗)

あれこれ巡(めぐ)ったけれど、さしたる屋敷林がなく・・・とある庭先(にわ・さき)にあったヒカゲヘゴ。

maru8-171114.jpg

恐竜時代(きょうりゅう・じだい)のようなヤシのようになるデカいシダ。 田畑先生いわく根元(ねもと)が乾燥(かんそう)すると枯(か)れてしまうそうで、ココの庭は島らしくジメジメのよう。

その葉(は)が落(お)ちたあとが、変(か)わったカタチをしているそうです。

maru8b-171114.jpg

お゛〜 コレは丸八(まるはち)? 小笠原(おがさわら)へ赴(おもむ)いたとき、チラと耳(みみ)にしたヘゴ。 このヒカゲヘゴも丸八っぽいけれど、やっぱり丸くなくフツーのサカサマ八ちゃん? いづれにしろ、マルハチもヒカゲヘゴも、南国(なんごく)っぽい巨大(きょだい)なシダです。

最後(さいご)に訪(おとず)れたところにあった、オートみかんの木(き)の根元(ねもと)に、ミングイ。exclamation×2

mingui-171114.jpg

ボランティア参加だった手前(てまえ)・・・お給金(きゅうきん)もないので、秘(ひそ)かに食材(しょくざい)を探(さが)していたのですけれど、助(たす)かりました。るんるん


で・・・お陰(かげ)さまで、晩(ばん)ごはんの麻婆豆腐(まーぼどうふ)にミングイ。ひらめき

marbo-171114.jpg

シビレル辛(から)みにシャリシャリした歯(は)ごたえ、ナカナカです。るんるん ミングイは島口(しまぐち)で、アラゲキクラゲのこと。 キクラゲの近縁(きんえん)で、ブナシメジとシメジのようなもの。



キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2017 天然 きくらげ キクラゲ 】
posted by ぶん+ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2017年10月09日

ショウガない けど ドングリ

とりあえず当部(とうべ)へ。 道(みち)すがら、猛禽(もうきん)がいないかジロジロ。

ssb-171009.jpg

おったおった、ここ数日(すうじつ)でグッと増(ふ)えてきたサシバ。 代表的(だいひょうてき)な冬鳥(ふゆどり)で、渡(わた)ってくるころにモクズガニは旬(しゅん)になるので、島口(しまぐち)でターガン、ターはタカの意(い)。 マーガンともいうけれど・・・ きのうも逃(のが)したチョウゲンボウは、またダメでした。たらーっ(汗)

ところで
どうしてドングリかというと・・・オッサンが観光(かんこう)マップに載(の)せたら、観光連盟(かんこうれんめい)にクレームが来(く)るのだとか。 本気(ほんき)で仕事(しごと)していないダメニンゲンには、クレームは当然(とうぜん)のこと。 ダメすぎると、まったく期待(きたい)しようがないからクレームすら来(こ)ない。たらーっ(汗) ただ、キチンと仕事してれば、クレームは宝(たから)の山(やま)でもあります。ひらめき

donguri-171009.jpg

そのドングリがコレ。 日本最大(にほんさいさい)のドングリ、オキナワウラジロガシのもの。 町制施行(ちょうせいしこう)50周年(しゅうねん)キャラに用(もち)いたアレです。 当部のは、とくに丸(まる)くて絵本(えほん)から抜(ぬ)け出(で)たような愛(あい)らしさですが・・・これっぽっち。 1年半(ねんはん)かけて実(みの)る貴重品(きちょうひん)というか・・・このところサッパリ実りません。たらーっ(汗)

木(き)になっているところを記録(きろく)しようとしましたが、すべてスダジイの実。

sudajii-171009.jpg

この秋(あき)も、かなり厳(きび)しそう。

でもシイノミは、期待(きたい)できそう。

sii-171009.jpg

これを炒(い)って塩(しお)をひとふり・・・焼酎(しょうちゅう)でいっぱい。ひらめき カロリーは高(たか)いのでメタボンチュはダメですよ。(笑)

おや? 足元(あしもと)を動(うご)きまわるのは、ミチオシエ?

ahm-171009.jpg

ここらのハンミョウはアマミハンミョウ。 アクアブルーメタリックをしている徳之島(とくのしま)オリジナルカラーのもの。ぴかぴか(新しい) 奄美大島(あまみおおしま)では銅色(どういろ)です。 それはそうと・・・えらいハエがたかってますね。 ハンミョウもお気楽(きらく)に暮(く)らせるワケではなさそう。たらーっ(汗)

せっかくなので、まわりをブラブラ。

raz-171009.jpg

ずいぶん久(ひさ)しいリュウキュウアブラゼミ。 翅脈(しみゃく)がグリーンなので、羽化(うか)して間(ま)がない個体(こたい)でしょう。

クロイワツクツクも緑(みどり)が新鮮(しんせん)な羽化して時間(じかん)がたっていない個体。

ktktk-171009.jpg

暑(あつ)さがフツーになってから、ドシドシ羽化しているのかもしれません。

アマミノクロウサギ観察小屋(かんさつごや)のまわりもチェック。

unk-171009.jpg

お゛〜exclamation ダム管理施設(かんりしせつ)のまわりにも、どえらい溜(た)め糞(ふん)。exclamation×2 ノネコの捕獲(ほかく)がなかったころは、見(み)られなかった光景(こうけい)ですね゛〜。

ノネコには罪(つみ)はない・・・のかもしれないけれど、ヒアリにかまれて家族(かぞく)が死(し)んだとき、同(おな)じことを謂(い)えるでしょうか。 それに小島(こじま)に空腹(ふうふく)のノネコ300頭(とう)とニンゲンの2歳(さい)くらいの子どもがいたとき、子どもは数時間(すうじかん)で食(く)われてしまいます。 ネコは一見(いっけん)ペットですが、野生(やせい)になればリビアヤマネコですから、仕方(しかた)がないことです。

おや? 腰(こし)が曲(ま)がったデカいモノサシトンボ?

tomboi-171009.jpg

こりゃ珍(めずら)しい・・・と思(おも)ったら、どうやらハラボソトンボの腹(はら)が折(れ)た個体のよう。たらーっ(汗) トンボの腹はしなやかだと思っていましたが、存外(ぞんがい)硬(かた)いのかな???

さて
ショウガなかったのは、このため。 どうせ南(みなみ)へ出(で)かけるなら、と。

showga-171009.jpg

ほんとにショウガがなかったんじゃもん。(笑) というのも・・・きのう決心(けっしん)してコーマキブニを求(もと)めたのに、炊(た)けんかったのです。exclamation×2

コーマキブニ(皮巻き骨)、ブタの足(あし)っぽいのですが・・・ギャートルズの肉(にく)みたいで、ずっと調理(ちょうり)してみたかったんです。るんるん

kmb-171009.jpg

いわゆるマンガ肉(にく)の一種(いっしゅ)かも。 三(枚肉(さんまいにく)よりも、ずっと美味(うま)そうですし。ぴかぴか(新しい)

ヒマなときは、仕事や料理(りょうり)のネタを増(ふ)やすのがオトナの愉(たの)しみのひとつ。ひらめき


posted by ぶん+ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木