2019年10月24日

ホシ とか ホシが

けさも、例(れい)のピチチと鳴(な)くコトリを探(さが)していたところ・・・ 足元(あしもと)に、ちんまいアサガオ???

hag-191024.jpg

何年(なんねん)もまえ兼久(かねく)で3ミリくらいのを見(み)かけましたが、アレとは違(ちが)うようですが・・・ どうやら、大島(おおしま)の高(たかし)さんのログに載(の)っていた、ホシアサガオのよう。 原産(げんさん)は、南米(なんべい)あたりの熱帯地域(ねったいちいき)らしいです。

西風(にしかぜ)が強(したた)かで、見(み)つかりそうにないので、運動公園(うんどうこうえん)をブラブラ。

hmd-191024.jpg

お゛ やってきたのはホシムクドリ。 少(すこ)しずつ増(ふ)えているようです。

はじめて気(き)づいたのですけれど・・・ ムクドリのギュルギュルと声(こえ)が違(ちが)うんです。 ギュルルル、ギュルルルとテンポ速(はや)く鳴(な)くんですね。ぴかぴか(新しい)

歩(ある)きまわっても、見(み)つかったのはムクドリだけ。

md_hmd-191024.jpg

フツ・ムクドリの群(む)れに、ホシムクが間借(まが)りしているようです。 まだまだ、ホシムクドリは少数(しょうすう)のようですね。

 
posted by ぶん+ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年09月22日

幻(まぼろし)の マツボックリ?

台風(たいふう)は通過(つうか)しました。 かなりキツかったなぁ゛〜 それでなくても壊(こわ)れっぱなしの雨戸(あまど)が飛(と)ばないか・・・ とか。台風

このごろ運動公園(うんどう・こうえん)のナンヨウスギが、相次(あいつ)いで伐採(ばっさい)されています。 たぶん、外来種(がいらいしゅ)なのと、台風(たいふう)によって倒(たお)れたときの被害(ひがい)を減(へ)らすためでしょう。

小(ちい)さくカットされたわきに、丸(まる)いモノが落(お)ちていました。

nan-you-sugi_190922.jpg

ん゛〜 マツボックリのよ〜な゛・・・

ナンヨウスギだってマツ目(もく)なので、こんなマツボックリがあってもいいんじゃなかろうか? と、ネットを探(さが)しましたが、似(に)た雰囲気(ふんにき)のだけで、ピッタリな画像(がぞう)は見(み)つけられませんでした。 どうやら、滅多(めった)に実(みの)らないので注意(ちゅうい)を払(はら)われず、知(し)られないらしい。たらーっ(汗)

さて
ナンヨウスギにもアレコレあるようで・・・ シマナンヨウスギかと思(おも)ったら、コバノナンユスギ/ノーフォークマツのようです。 でも、コバノナンヨウスギも、シマナンヨウスギと呼(よ)ばれて混同(こんどう)されていますが、ほとんど誰(だれ)もツッコミいれないような、気にされなさ・・・ みたいですね。爆弾 次(つぎ)からは、チェックするようにしようかと。

そういえば、三京分校(みきょう・ぶんこう)にも植(う)わってたっけ。


ところで
マツボックリの語源(ごげん)は、マツふぐり ≒ マツのキンタマだそうで・・・ マツカサと呼(よ)んだほうが女子(じょし)としては好(よ)かろうと思いたかったのですけれど、カサの意味(いみ)が釈然(しゃくぜん)としないので、やっぱりマツボックリのほうかな゛〜 と。

昔(むかし)は、どうも卵(たまご)よりオスの睾丸(こうがん)のほうが表現(ひょうげん)として馴染(なじ)みやすかったのは、男尊女卑(だんそんじょひ)のせいか、はたまたオタネといえば睾丸に由来(ゆらい)するのをイメージしやすかったとか? そういえば、あちこちでオタネをまくオスを、タンポポに例(たと)えたりするような。たらーっ(汗)

いやそもそも
なぜ股間(こかん)のタマ+タマあるいは精巣(せいそう)を、キンのタマと持(も)ち上(あ)げたのか・・・ 諸説(しょせつ)ありますが、オスにとっては、とても大切(たいせつ)なタマなので、そ〜ゆ〜感(かん)じかと。 んま゛〜シラタマでは、あんみつの具(ぐ)みたいで、カッコつかないのも確(たし)かかも。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 コバノナンヨウスギ 】
posted by ぶん+ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月28日

ヒトバシラー覚悟(かくご)で

大(おお)きなキノコがあると、学定員(がくげいいん)グッシーに連絡(れんらく)がありました。 オッサンも、向学(こうがく)と記録(きろく)のため、同行(どうこう)させてもらうことに。

松上(まつうえ)の山手(やまて)の道端(みちばた)に、そのキノコが。

k-190828.jpg

たぶん7割(わり)くらいが収穫(しゅうかく)されてしまったようです。

う゛〜ん 見(み)たこともない。

k2-190828.jpg

きょねんは、ここでニンギョウタケが採(と)れた・・・ ようです。

すぐ近(ちか)くにある、ウラジロガシの板根(ばんこん)へも。

bnkn-190828.jpg

あまり大(おお)きくはないけれど、森(もり)を歩(ある)かず、すぐに見られるところが嬉(うれ)しいところ。ひらめき


さて
さきほどのキノコですが・・・ 図書館(としょかん)やネットで調(しら)べたけれど、サッパリでした。 もちろんニンギョウタケとは、似(に)ても似つかない。 収穫されたシマンチュは、食(た)べちまったんでしょうね゛〜。たらーっ(汗)

どうやら
キノコは国内(こくない)で5,000種(しゅ)を超(こ)えるらしく、さらに記載(きさい)されている=学名(がくめい)があるものが2,000種くらい、さらに食べられると分(わ)かっているのは200種くらいだそうです。

つまり
わからん種が大多数(だいたすう)ですから、人柱(ひとばしら)になるつもりで、試食(ししょく)するしかないワケです。たらーっ(汗)

そこらに生(は)えているキノコは、死(し)ぬ気(き)で食べろ。exclamation×2

 
posted by ぶん+ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月18日

降(ふ)る降る サギ?

今宵(こよい)は、あまぎ祭(まつり)。 島(しま)のまわりには点々(てんてん)と雨雲(あまぐも)があるので、パラっと来(く)るのかと思(おも)ったら、むしろ晴(は)れにちかいギンギンの曇(くも)り。曇り

せっかくの、干しシイタケがうまくいかない・・・


さておき
トリトリデッキ下(した)の外来種(がいらいしゅ)メヒルギが、はびこってきたので、そろそろ駆除(くじょ)しないと。 運動公園(うんどう・こうえん)のわきからエントリーできないので、戸ノ木団地(とのぎだんち)から。

dry-190818.jpg

ついでに、ダッシュボードでシイタケ干し。晴れ

きょうはもう中潮(なかしお)なので、そこそこしか引(ひ)かないためか、けっこうズブズブとハマります。たらーっ(汗)

mehi-190818.jpg

あ゛〜 これこれ。 今(こん)シーズンは、ナゼか多(おお)めに根付(ねづ)いています。

ズブズブのなかを歩(ある)くのは、たいそう骨(ほね)がおれるので・・・ 休(やす)み休みでしたが、それでもキっツぅ゛〜イ。たらーっ(汗) 32℃ちかかったし、風(かぜ)も穏(おだ)やかでしたからね゛〜。

まわりには、キアシシギやアカアシシギ、オオメダイチドリやチュウシャクシギなんかもいて、おなじ干潟(ひがた)に立(た)っていると、意外(いがい)と逃(に)げないみたいです。 オッサンが、ヒルギ抜(ぬ)きに集中(しゅうちゅう)しているから・・・ かもしれないけれど。

やれやれ。

mehi2-190818.jpg

よ〜もま〜無意味(むいみ)なものを、わざわざ植(う)えたモンですよね゛〜。爆弾 しかも、ヤリッパナシなのですから・・・ まるっきり、子どもレベル?(笑)

シマンチュは、中国(ちゅうごく)や朝鮮(ちょうせん)よろしく、考(かんが)えなしにマルっとマネして満足(まんぞく)するところがありますよね゛〜たらーっ(汗)

お゛〜 きょうも、ウミアメンボたちはウジャウジャです。ひらめき

ua-190818.jpg

2メートルあまり下(お)りただけなのに、視線(しせん)がおなじレベルになるだけで、ずいぶんリアリティが違(ちが)うなぁ。 どれが正(ただ)しいとかでなく、たぶん、いろんな視点(してん)それぞれに、違った見(み)えかたがあり、感(かん)じられる情報(じょうほう)も違うのでしょう。


降るどころか、炎天(えんてん)じゃん・・・たらーっ(汗)

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 外来種 メヒルギ 駆除 】
posted by ぶん+ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月17日

食(た)べなくて よかった・・・

このところ、食糧難(しょくりょうなん)にあえいでいたワケですけれど・・・ BG体育館(たいいくかん)の裏手(うらて)に、ナニヤラ美味(うま)そうなキノコがにょきにょきと。exclamation

okd-190817.jpg

て、天(てん)からの授(さず)かりものじゃぁ〜ぴかぴか(新しい)

思(おも)わず、バター焼(や)きかホイル焼きにしようとしましたが・・・ とりあえず用心(ようじん)することに。

むむむ・・・ 白(しろ)いわりには、テングダケ風(ふう)のフォルム。

okd2-190817.jpg

傘(かさ)の下(した)にツバがあるところなど、シイタケやシメジとはまったく違(ちが)います。

調(しら)べたところ、内地(ないち)にも絶賛拡散中(ぜっさん・かくさんちゅう)の南方系(なんぽうけい)キノコ、オオシロカラカサダケ・・・ オオシロさん的(てき)なオジサンが雨(あめ)の中(なか)、スッポンポンでカラカサだけを手(て)にダッシュしてる感(かん)じ・・・たらーっ(汗)

オオシロさんって、誰(だれ)。exclamation&question(笑)

で・・・ オオシロさんの正体(しょうたい)は別(べつ)として、腹痛(ふくつう)やら下痢(げり)に嘔吐(おうと)など、わりとキッチリ、ドM向(む)け罰(ばつ)ゲームレベル?の毒(どく)キノコでした。ぴかぴか(新しい)

キノコは消化(しょうか)がわるいので、いい出汁(だし)でも出(で)ない限(かぎ)り食(た)べないほうがイイみたいです。

なんだか口惜(くや)しかったので、さっきシイタケをタップリ求(もと)めてしまいました。(笑)

 
posted by ぶん+ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月15日

海草(かいそう)が 生(は)えてます

体育館(たいいくかん)の西(にし)のイノーに生えてきたのは、海藻(かいそう)でなく、花(はな)が咲(さ)くほうです。

umikusa-190815.jpg

コアマモか、よく似(に)た種(しゅ)なのかは、マクロで葉脈(ようみゃく)を拡大(かくだい)しないとわかりません。 ビーム砲(ほう)レンズならイケると想(おも)ったんですけどもね゛〜。たらーっ(汗) コアマモなら、アミダくじみたいになっているそうな。

ここらは、プールの真水(まみず)がある時期(じき)だけ、生えるようです。

岡善(おかぜん)から。前野(まえの)の西のイノーと謂(い)うか・・・ 空港(くうこう)のほうに、群落(ぐんらく)がいくつもありますが、たぶん、学者(がくしゃ)さんたちは知(し)りません。(笑)


ところで
読(よ)みづらい「ふりがな」が復活(ふっかつ)しちまった。たらーっ(汗) と感(かん)じていらっしゃることでしょう。(笑) そうなんです、直(なお)ったんです。exclamation×2

正確(せいかく)には、ノートパソコンのキーボードを、オミットしました。 ごく正確には、キーボードのフレキフレキシブル・フラットケーブルを抜(ぬ)いちゃいました。ひらめき(笑)

kb-190815.jpg

KBはキーボードの略(りゃく)、タッチパッドはTPです。 組(く)み立(た)てるときのために、メイン基盤(きばん)に描(えが)かれています。 その上(うえ)のメモリスロットには、8GBが1枚(まい)だけ、ささってます。

ここ幾日(いくにち)も、ずっと考(かんが)えていました。 メイン基盤のキーボード制御回路(せいぎょかいろ)なら、ソフトウェアキーボードで一時的(いちじてき)に直(なお)るのはオカシイのでは?_と。 さらに、L、R、バックスペースなど、しだいにキー反応(はんのう)しなくなったので、微細(びさい)な回路(かいろ)の熱暴走(ねつ・ぼうそう)でなく、物理的(ぶつりてき)なキーのよう。 つまり、とかくコストダウンで品質(ひんしつ)の落(お)ちやすいキーボードが、ショートしかけてるんじゃね?_と。


ちょうど早(はや)いこと仕事(しごと)も片付(かたづ)いたし、Aコープはお盆(ぼん)で早々(そうそう)に閉(し)まってしまい・・・ ど〜せ打(う)てもせんキーボードなら、いっそ外(はず)しちまえexclamation×2 それに、ボディ上面(じょうめん)に開口(かいこう)すれば、放熱(ほうねつ)も好(よ)うなるし。(笑)


んが
残念(ざんねん)ながら、キーボードは本体(ほんたい)のプラスティック外装(がいそう)に、ネジねなく溶着(ようちゃく)されていて、それに被(かぶ)さるようにメイン基盤がマウントされていて・・・ この構造(こうぞう)だとキーボードを外すには、動作(どうさ)しなくなるリスクが大(おお)いので、サクッとやめました。ひらめき(笑)

とりあえず
快適(かいてき)に動作してま〜す。るんるん


 
posted by ぶん+ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年08月10日

また生(は)えてきた・・・

風(かぜ)はおさまりましたが、雨(あめ)が降(ふ)ったり止(や)んだり。

tenki-190810.jpg

イノーにはダイサギとキアシシギがチラホラいるくらいなもの。

やや゛っexclamation&question また、はえてきよったか。

mhrg-190810.jpg

トリトリデッキ下(した)には、外来種(がいらいしゅ)メヒルギの芽(め)がのびてきました。 そろそろ、駆除(くじょ)せにゃいかんな゛〜。

さ〜て、お買(か)い物(もの)。 ゆ〜てもモノがありゃしない。

maru-190810.jpg

豆腐(とうふ)もないし、のむ大豆(だいず)も切(き)れたんですが、ぜんぶ入(い)りの飲料(いんりょう)が見(み)つかってヨカッタぁ〜。ひらめき

ただ、味(あじ)は、のむ大豆のほうが、ビミョ〜に美味(おい)しいかも・・・ まるごと大豆飲料は「スムージー」を自称(じしょう)していますが、のむ大豆はどちらかというとヴィシソワーズのクオリティといったところでしょうか?

 
posted by ぶん+ at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年07月11日

ウンブキに 花(はな)

久々(ひさびさ)に赴(おもむ)いたウンブキ。 というのも、サクラランのシーズンだから。

sakura-190711.jpg

なんだかショボいな゛〜。 咲(さ)きだしたのか、終(お)わりのころなのか、判(わか)りづらい。たらーっ(汗)

広報誌(こうほうし)の、シリーズ天城遺産(あまぎいさん)でウンブキを特集(とくしゅう)し、サクラランをしっかり載(の)せたときは、ずいぶんマルっと咲(さ)いていたのですけれど。

ともあれ
サクラでもランでもない、サクララン。 けれど、すんごくキレイですよね゛〜。るんるん



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ホヤ Wax Plant 】
posted by ぶん+ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年07月05日

今(いま)ごろ ユリexclamation&question

ほとんど雨止(あまや)みになった、昼休(いるやす)み。

tenki-190705.jpg

寝姿山(ね・すがたやま)が、死(し)姿山に。たらーっ(汗) そういえば、まだ奄美地方(あまみ・ちほう)は、梅雨明(つゆあ)けしてませんよね゛〜。

パラパラするけれど・・・ イノーをチェック。 うかつにもキアシシギに気(き)づかず飛(と)ばしてしまいました。 その先(さき)の空港(くうこう)に、ユリ???

lily-190705.jpg

テッポウユリに似(に)ていますが、もうとっくに終(お)わっているハズです。

まさか
台湾(たいわん)の固有種(こゆうしゅ)にして外来種(がいらいしゅ)、タカサゴユリ。exclamation&question


よ〜くジロジロしてみることに。

lily2-190705.jpg

あ゛〜 まわりには、今年(ことし)こそヒトキワ遅咲(おそざ)きしたのが多(おお)かったテッポウユリが、たっぷりと種(たね)を蓄(たくわ)えています。 や〜れやれ、どうやらタカサゴユリでなく、ただの?遅咲きのようです。

ただ・・・ もう7月(がつ)なので、ただの遅咲きなんて謂(い)えるほどのレベルじゃないのかも。爆弾

 
posted by ぶん+ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年06月11日

ウケユリの 時節(じせつ)なのに・・・

イノーの岸(きし)には、まだテッポウユリが咲(さ)いています。

lily-190611.jpg

陽炎(かげろう)がスゴすぎて、ボヤけています。 左(ひだり)には、テッポウユリとともに、ハマユウの花(はな)が。

ホントは、この向(む)こうにカラシラサギとダイサギがいるのですが・・・ ボヤボヤで写(うつ)りませんでした。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年06月07日

外来種(がいらいしゅ) メヒルギ

けさのハイタイドに、イノーをチェック。

khsV-190607.jpg

うじゃうじゃ生(は)えている外来種メヒルギの合間(あいま)に、かろうじてクロツラヘラサギが5羽が角煮(かくにん)できました。

それにしても・・・

mh-190607.jpg

コレはウジャウジャというよりも、イノーの埋(う)め尽(つ)くしです。 豊見城(とみぐすく)の漫湖(まんこ)では、ラムサール条約(じょうやく)に指定(してい)されたのに、鳥(とり)たちが居(い)られなくなって、大失敗(だいしっぱい)した二(に)の舞(まい)。 

さらに
オッサンがここに来(き)た10年前(ねんまえ)には、石垣(いしがき)をこさえて漁(りょう)をしていた貴重(きちょう)な遺構(いこう)が見(み)られたのに・・・ も゛〜 すっかり手遅(てお)くれになってしまいました。たらーっ(汗)

シマンチュって、ユンボで掘(ほ)りまくったり、木々(きぎ)を伐採(ばっさい)したり、外来種を植(う)えたりするのに、な〜んも責任(せきにん)をとらないオトナばかりじゃね???たらーっ(汗)

なんしよん???

 
posted by ぶん+ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年04月03日

要注意外来生物(ようちゅうい・がいらい・せいぶつ)

BG体育館(たいいくかん)の裏(うら)に咲(さ)く、マツヨイグサの一種(いっしゅ)。

kmyg-190403.jpg

コマツヨイグサ、北米(ほくべい)が原産(げんさん)なのだとか。


ま〜てぇ〜ど くぅ〜らせぇど こぉ〜ぬひい〜とを〜るんるん と、ついつい連想(れんそう)してしまいます。

もとは

遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき
想ふまいとは思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな


だそうです。

オッサンの意訳(いやく)だと、梅雨(つゆ)のころ、ホタルブクロを揺(ゆ)らす夕(ゆう)の風がヤルセナイ。 意中(いちゅう)の女子(じょし)は嫁入(よめい)りしたから、一緒(いっしょ)に歩(ある)いたココには、待(ま)てど暮(く)らせど来(き)やしない。 人妻(ひとづま)を想(おも)ってはいけないと思(おも)うけど・・・ みたいですけれど、肝心(かんじん)の『我としもなきため涙』の意味(いみ)がわからん・・・

ワレ トシモ ナキ タメナミダ なのでしょうけれどドユイミ??? 雰囲気(ふんいき)からすると、涙(なみだ)チョチョギレみたいですが、ビミョ〜なところがワカラン。たらーっ(汗)


ともあれ
こうした風雅(ふうが)だったり、かわいさだったり、親(した)しみやすさとか、そ〜ゆ〜ニンゲンにとっての付加価値(ふかかち)があると、害(がい)があるのに、無駄(むだ)に保護(ほご)されてしまう。 ノネコとかみたいに。爆弾 でも、たぶんヘビやカメムシが希少種(きしょうしゅ)になっても、保護されにくい。 それは幾重(いくえ)にも危険(きけん)な、生物(せいぶつ)の本納(ほんのう)を利用(りよう)した、巧妙(こうみょう)なワナです。 ニンゲンは、わりとコントロールされやすい生物(せいぶつ)なのでは???(笑)

 
posted by ぶん+ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年03月09日

今年(ことし) は 正常(せいじょう)?

役場(やくば)の駐車場(ちゅうしゃ・じょう)に、赤(あか)い花(はな)。

kt-190309.jpg

ケラマツツジが、一輪(いちりん)だけ咲(さ)いていました。 去年(きょねん)は早(やは)くも2/22だったんです。

またしても、たまたま・・・?

kt2-190309.jpg

オッサンの停(と)めたとこの、真(ま)ん前(まえ)でした。ひらめき


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ケラマツツジ 】
posted by ぶん+ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年02月02日

タキネ の サクラ

たまには山(やま)の方(ほう)へ。 美名田林道(みなだりんどう)の入口(いりぐち)で、ヒザクラが満開(まんかい)。

hizakura-190202.jpg

たしかココの左(ひだり)にあるのは、タキネゴー=滝根川だったような。 奥(おく)に小(ちい)さな滝っぽいところがあるそうですが・・・ いつもあるとは限(かぎ)らないのだとか。たらーっ(汗)

ヒザクラはなぜか、株(かぶ)によって紅(べに)に濃淡(のうたん)の差(さ)があって、世代(せだい)の差(さ)でしょうか? 個性(こせい)??

hizakura2-190202.jpg

手前(てまえ)の株は、やや紅が淡(あわ)い。 むしろ青空(あおぞら)にはバッチリ映(は)えます。ひらめき

さっきから
アカヒゲが コロロ コロロロロ と警戒(けいかい)の声(こえ)でオッサンにからんできます。 なので、オッサンも巻(ま)き舌(じた)で ホロロロ ホロロッ と鳴(な)きながら、ヒザクラを眺(なが)めていました。 あんまりからむんで、ビーム砲(ほう)レンズをもってきてパシャリ。exclamation

ah-190202.jpg

やっぱり、カナリ怒(おこ)っとるなぁ。たらーっ(汗)

かててくわえて、EOS7Dのデカいシャッター音(おん)に驚(おどろ)いて、オットリガタナで逃(に)げてしまいました。 やれやれ。たらーっ(汗)


帰(かえ)ってから、静(しず)かなミラーレスで、パパっとオートフォーカスが効(き)くカメラが欲(ほ)しいなぁ・・・ と思(おも)って物色(ぶっしょく)してみましたが、そ〜ゆ〜都合(つごう)のいいカメラはありませんでした。 最新(さいしん)のEOS Rにしろ、画素密度(がそみつど)がEOS7Dより低(ひく)く、画像(がぞう)が粗(あら)かったんです。 うまくいかんモンですよね゛〜。バッド(下向き矢印)

 
posted by ぶん+ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年01月28日

花(はな)らしぅなく 咲(さ)いた

やっぱり、仕事(しごと)したくね゛〜晴れ

午後(ごご)もウズウズしていたので、とっとと仕事(しごと)にキリをつけ、おやつの刻限(こくげん)をいささか過(す)ぎゆくころ・・・ スクランブル・ダッシュexclamation きょねん、町内(ちょうない)に生(は)えていることが確認(かくにん)された、シマの固有種(こゆうしゅ)とされる・・・なんちゃら・テンナンショウが生(は)えているのは、役場(やくば)の近(ちか)く。

tns-190128.jpg

おおお゛〜 咲いとる咲いとる晴れ

しっかし、相変(あいか)わらず、えっぐいフォルムだなぁ゛〜たらーっ(汗) 緑(みどり)ですし、さっぱり花にゃ見(み)えんですよね゛〜。 もともと花びらは葉(は)っぱの変異(へんい)だから、緑でアタリマエ。

むしろ都合(つごう)よく、ド派手(はで)な花びらに進化(しんか)できたのか・・・ を疑(うたが)うほうが筋(すじ)かもしませんよ。exclamation&question なにしろ、葉っぱから花への進化は、あまりに歪(いびつ)で、ダーウィンさまの説明(せつめい)も怪(あや)しいもんです。(笑)


とりあえず
道端(みちばた)にある群落(ぐんらく)は無事(ぶじ)でした。

tns2-190128.jpg

ただ、かなり興味本位(きょうみほんい)のジジババがいるようで・・・まわりが踏(ふ)み荒(あ)れていましたし、ウリボウが掘(ほ)っくりかえしたような、跡(あと)がアチコチにありました。

テンナンショウは、なんとオモダカ目(もく)で、オッサンが大好(だいす)きなクワイの親戚筋(しんせきすじ)にあたるそうです。ぴかぴか(新しい)

そしてまた・・・ もどって仕事にございました。

 
posted by ぶん+ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2019年01月13日

上名道(うぇなみぃち)チェック

そろそろ、ヒザクラ(ヒカンザクラ)が咲(さ)きだすころです。 そのまえに、池(いけ)を観(み)とくことに。

こりゃい゛かんexclamation×2 ダジャ鳥類(ちょうるい)がたくさん渡来(とらい)しています。 そりゃもう、ひときわバンバン、バンバン、ババンバンといるのは・・・

ooban-190113.jpg

オオバンたち。たらーっ(汗) 潜水(せんすい)しては、すごい勢(いきお)いで水草(みずくさ)を食(た)べています。

オオバンは、このごろ内地(ないち)で勢力(せいりょく)を増(ま)しているらしく、渡来も年々(ねんねん)増しています。

ちなみに、英名(えいめい)は Eurasian coot とか common coot で、ユーラシア大陸(たいりく)に広(ひろ)く分布(ぶんぷ)していて、フツーのバン。 バンバンいても不思議(ふしぎ)はない・・・んでしょうかね。たらーっ(汗)

さて
森林公園(しんりん・こうえん)のヒザクラはというと、まだまだこれから。

hizakura-190113.jpg

ふれあい林道(りんどう)にある一本(いっぽん)だけが、4分咲(ぶざ)きになっていました。

島(しま)のヒザクラは、わりと開花(かいか)や咲(さ)きっぷりにムラが大(おお)きいのに・・・ 昨年(さくねん)の台風(たいふう)23、24、25号(ごう)のあと、だいぶ咲いてしまった株(かぶ)が結構(けっこう)ありました。 なので今(こん)シーズンは、あまり期待(きたい)できそうにありません。

とはいえ
上名道森林公園は、今(いま)まさに再開発(さいかいはつ)していて、来(らい)シーズンからはヒザクラ見物(けんぶつ)するにも、ずいぶん便利(べんり)になりそう。ぴかぴか(新しい)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ヒカンザクラ カンヒザクラ オオバン 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年12月18日

暑(あつ)いのか 寒(さむ)いのか

20℃まで、いきませんでしたが・・・ 外(そと)はずいぶん暑うございました。

けさは、やっぱり干潟(ひがた)をチェックしてから、仕事(しごと)へ赴(おもむ)くことに。

khs-181218.jpg

クロツラーズたちが、ちょうど採餌(さいじ)しているところでした。 ほかには、ダイサギやコサギ、上空(じょうくう)にミサゴがポツリといた程度(ていど)。

それから、歴史文化産業科学資料センター・ユイの館で段取(だんど)りしてから、空(そら)が晴(は)れたので、上名道(うえなみち)へ。

uenamichi-181218.jpg

お゛〜 忘(わす)れ去(さ)られた森林公園(しんりん・こうえん)の、平(たい)らかなリュウキュウマツをキレイに記録(きろく)できました。 コレでようやく、週末(しゅうまつ)にデータを納(おさ)める案内板(あんないばん)の素材(そざい)はそろいました。晴れ

 
posted by ぶん+ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年12月06日

サクラツツジ

ニッポンジンは、とてもサクラが好(す)きなので、サクラとつくモノは多々(たた)あります。 姓名(せいめい)、歌(うた)に列車(れっしゃ)、餅(もち)とか、金(きん)さんのサクラフブキ、サクラダイ、イベントを盛(も)りあげるヒトなんかも。(笑)

南国(なんごく)では、このごろ咲(さ)きだす花(はな)も少(すく)なくない。

sakura_ttj-181206.jpg

山(やま)では、サクラツツジ。 ツツジといえば、春先(はるさき)のイメージですけれど。 白(しろ)っぽいので、あまりサクラらしからぬ容姿(ようし)。

ところで
集落(しゅうらく)では、スミレはイマイチですけれど・・・ナノハナは好調(こうちょう)。

nanohana-181206.jpg

ソコも、弱肉強食(じゃくにく・きょうしょく)exclamation&question とゆ〜か、クモはササグモでしょうか・・・花にはヒラタアブの類(たぐ)いがやってきたのに、ナゼかそっぽを向(む)いたまま。 教科書(きょうかしょ)どおりに、事(こと)は運(はこ)ばぬモンですよね゛〜。


 
posted by ぶん+ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年10月28日

癒(いや)しの里(さと)って どこが?

さて、出(で)かけようとしたら・・・

dame-181028.jpg

シマンチュって、ほんっとにダメなんが多(お)いいですよね゛〜。

想像力(そうぞうりょく)ナシで、予想(よそう)とかもサッパリできゃせんし・・・つまるところ、思(おも)いやりもない。たらーっ(汗) こ〜ゆ〜ことの積(つ)み重(かさ)ねが、貧(まず)しい生活(せいかつ)につながっていることに気(き)づかんとは。 キャッチフレーズの、ユイと癒しの里って、ウスッペラですよね゛〜バッド(下向き矢印)

たまには山(やま)へ。 ココは、自称(じしょう)「クロウサギと癒しの里」・・・だっけか。

sakura-181028.jpg

アガリマタは、すっかり春(はる)まがい・・・サクラが満開(まんかい)です。 ここのサクラは確(たし)か、亡(な)きショーゾーセンセーが植(う)えたカワヅザクラだったような。 こちらにあるヒザクラと、伊豆大島(いずおおしま)のオオシマザクラをかけた品種(ひんしゅ)。

sakura2-181028.jpg

よ〜咲(さ)いてます。 春っぽいけれど、まわりではリュウキュウアブラゼミがミ゛ワワワワワ゛〜と鳴(な)いていて、ナニがナンやら。(笑) でも、ちょっとだけ癒されたかも。ぴかぴか(新しい) けれど、お客(きゃく)さんがおみえなのに・・・よりによって茶処(ちゃどころ)は休業(きゅうぎょう)とは、なんとも間(ま)がわるすぎる。バッド(下向き矢印)


帰(かえ)りしな、きのうの上名道池(うえなみち・いけ)をチェック。

kgm-181028.jpg

コガモたちが数羽(すうわ)、飛来(ひらい)していました。 手前(げまえ)がメス、オスはエクリプスという地味(じみ)な羽毛(うもう)になっています。

そのわきには、キアシシギっぽいのが2羽。

kusa-181028.jpg

濡(ぬ)れた砂地(すなじ)よりずっと濃(こ)い色合(いろあ)いで、チリチリした小(ちい)さな白(いろ)い班(はん)があるから、クサシギ。 イノーにやってこない、内水(ないすい)にいるシギで・・・プックリしているのも、特徴(とくちょう)。

初心者(しょしんしゃ)のころ、タカブシギと見分(みわ)けるのも大変(たいへん)でしたが、島(しま)でジロジロする機会(きかい)が増(ふ)えたので、すっかり慣(な)れました。 だからといって、モテるワケでもありませんが・・・(笑)

ついでにイノーもチェック。

khsx6-181028.jpg

クロツラーズは、しばらくX6でイケそうです。 あれ゛? こ〜ゆ〜のを眺(なが)めていると、やっぱり癒されるわ゛〜。ぴかぴか(新しい)


ところで
ワンセグが入(はい)らんなぁ゛〜と思(おも)ったら、コレが原因(げんいん)。exclamation&question

PM25-181028.jpg

こんちくしょ゛〜爆弾 ほんとも゛〜こまったチャンだこと。


 
posted by ぶん+ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年10月21日

ようやく その日(ひ)

天気(てんき)が好(よ)くて、運動公園(うんどう・こうえん)でイベントがなくて、大潮(おおしお)で、体調(たいちょう)が良好(りょうこう)な週末(しゅうまつ)が。

そろそろ、ウザウザと生(は)えてきた外来種(がいらいしゅ)メヒルギの新株(しんかぶ)が、目障(めざわ)りになってきました。 駆除(くじょ)するチャンスを待(ま)っていたのです。 空港(くうこう)もヤバイのですけれど、オッサンはトリトリデッキの縁者(えんじゃ)ですから、そのまわりを守(まも)るのが筋(すじ)。

いや゛〜 だいぶ多(おお)いわ゛〜

kujo-181021.jpg

これでも1/4ほど。 抜(ぬ)いたり折(お)ったりして、減(へ)らしました。 気(き)の毒(どく)に、無体(むたい)な理由(りゆう)で命(いのち)をいただくので、手(て)を合(あ)わせておきました。

もとより、とっくに豊見城(とみぐすく)では被害(ひがい)がでていたのに・・・考(かんが)えもせず植(う)えられ、増(ふ)え続(つづ)けるメヒルギ。 流(なが)れをよどませ、泥(どろ)だけでなくゴミも留(とど)めてしまう厄介者(やっかいもの)となる宿命(しゅくめい)を背負(せお)わされたのです。

残念(ざんねん)ながら、シマンチュはタバコのポイ捨(す)てよろしく、ヤリッパナシが民族性(みんぞく・せい)ですよね・・・ 責任(せきにん)という概念(がいねん)が、サッパリありません。 けれど大人(おとな)なんだし、どこぞの漁民(ぎょみん)が浄化(じょうか)できると謂(k)ったからとか、つまらぬイイワケなんぞするヒマあったら・・・ 自分(じぶん)でやったことは、仕舞(しまい)まで面倒(めんどう)みるくらいはできないと。 それが最低限(さいていげん)、責任のとり方(かた)ってもんです。 浄化できるんなら、中国(ちゅうごく)とかに植樹(しょくじゅ)すればドエライ儲(もう)かるから、やってみれば?


シコシコとメヒルギを駆除していたのを、背後(はいご)でなんとな〜く警戒(けいかい)していたのは、クロツラヘラサギたち。

khsx5-181021.jpg

ん゛exclamation いつのまにクロツラーズX5に゛exclamation×2 左(ひだり)のダイサギをのぞいて、ぜんぶクロツラヘラサギです。

ほかにもナニかいやしないかチェック。

ちょくちょく落(お)ちている巻貝(まきがい)の殻(から。

ja-181021.jpg

存知(ぞんち)でしょうか? コレを。 ジャンボタニシこと、スクミリンゴガイ。 カーシティーに近(ちか)い池田川(いけだがわ)にいるヤツでしょう。 自然遺産(しぜん・いさん)の候補(こうほ)になったワケですが、こうした外来種のハードルは、まだまだ多々(たた)あるものです。 メヒルギのみならず外来種については・・・ジジババたちがバラまいた負(ふ)の遺産がどっさりあるので、これから大変(たいへん)です。たらーっ(汗) むしろ自然遺産などにはならない方が、ずっと楽(らく)。 いささか、恥(はじ)はかくかもしれんけど・・・

お゛っ5 これはマングローブアマガイ。

mgag-181021.jpg

こういう感(かん)じの生態(せいたい)なんだ〜 なるほど。ひらめき とシゲシゲ観察(かんさつ)していたとき、ふと生体(せいたい)を観(み)ようと手(て)にすると・・・意外(いがい)にも遺骸(いがい)。exclamation&question やれやれ。たらーっ(汗)

どんなカラクリで、絶妙(ぜつみょう)なポジションに固定(こてい)されたのか知(し)れないけれど、意外すぎる遺骸だ・・・(久しぶりの、昭和の念押し)

さておき
とかく島(しま)は、負(ふ)の遺産が多すぎるような・・・

かの闘牛(とうぎゅう)とて、野蛮(やばん)で不衛生(ふぇいせい)と謂(い)われても仕方ないですし・・・たらーっ(汗) なんもせんで、よかろうものでしょうか???


 
posted by ぶん+ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年09月21日

おや? ホヤ?

sakura_ran-180921.jpg

こんな時期(じき)にサクラランが咲(さ)くんですね゛〜。ひらめき ぜんぜん知(し)らんかった。

広報誌(こうほうし)に連載(れんさい)することになった、シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)。 つぎのつぎのネタはウンブキ。 なので、ネタ集(あつ)めもあって、ちょい寄(よ)ってみました。

奄美(あまみ)では、開花(かいか)が5月(がつ)ごろ・・・とか、記事(きじ)があったりしますが、ウンブキは7月上旬(がつ・じょうじゅん)が佳境(かきょう)。 しかも、今頃(いまごろ)になって見(み)られるとは、ココは海水(かいすい)の影響(えいきょう)があるので、他(ほか)とは異(こと)なるのかもしれません。

ホヤと呼(よ)ばれるのは、学名(がくめい)が Hoya carnosa ≒ ホヤ カルノサ だからのようです。 オッサンはてっきり、ランタンのまわりのガラスのとこ・・・みたいな雰囲気(ふんいき)だから、と思(おも)ってました。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年09月04日

ゲットウの 効能(こうのう)?

久々(ひさびさ)に、運動公園(うんどう・こうえん)の遊具(ゆうぐ)のあたりをジロジロしたのですけれど・・・こりゃ゛〜ダメだ、まったくダメ。たらーっ(汗) カラスのペアが居付(いつ)いているのです。 これでは、渡(わた)り鳥(どり)どころか、根性(こんじょう)の太(ふと)いカーチャンチク(イソヒヨドリ)すら、ウロウロできません。バッド(下向き矢印)

おや・・これはゲットウの実(み)?

gettow-180904.jpg

想(おも)ったより、淑(しと)やかでも、つつましくない・・・たらーっ(汗)

この、シッカリしたボリューム感(かん)、タ〜ンタ〜ンタ〇キの?(笑)

gettow2-180904.jpg

調(しら)べたところ、ポリフェノールがハンパでないそう。

それを煎(せん)じて飲(の)むとカラダに好(い)いらしいのですけれど・・・家(いえ)のまわりに散布(さんぷ)すると、シロアリ防除剤(ぼうじょ・ざい)にもなる・・・とか。 伝説(でんせつ)の洗剤(せんざい)、ママレモンがゴキブリすら倒(たお)すexclamationとか、そ〜ゆ〜シンプルな理由(りゆう)ではなさそうな・・・たらーっ(汗)

口(くち)にするのは、チョットねぇ゛〜爆弾

ちなみに
シマンチュから、とある薬草(やくそう)?の効能(こうのう)で、利尿作用(りにょう・さよう)があるひらめきとか、教(おそ)わるのですけれど・・・ソレって食(く)われないように、捕食者(ほしょくしゃ)を脱水(だっすい)させ、遠(とお)ざけるための基本(きほん)・・・ですよね。たらーっ(汗)

現代人(げんだいじん)はソコラの動物(どうぶつ)と違(ちが)ってしまい、たとえば糖質(とうしつ)や脂質(ししつ)の吸収(きゅうしゅう)が抑(お)さえられるとか・・・ぶっちゃけ毒(どく)なのに痩(や)せ薬(ぐすり)とカンチガイする傾向(けいこう)が強(したた)かあるため、オッサンは困(こま)ってしまいます。バッド(下向き矢印)

当然(とうぜん)ながら、利尿するときは腎臓(じんぞう)に負荷(ふか)がかかるのを、ご承知(しょうち)ください。 これは常識(じょうしき)。 天然(てんねん)だから副作用(ふくさよう)がない・・・とか、ダレが保証(ほしょう)してくれるのやら。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年06月29日

サクララン 見(み)ごろに

トリトリデッキより近(ちか)いのに、あんまり行(い)かないウンブキ。 なにしろ、油断(ゆだん)するとケンムンにいじられますからね゛〜 カメラを。たらーっ(汗)

でも
サクラランの見ごろを逃(のが)すわけにもいかず・・・赴(おもむ)くことに。

sran-180629.jpg

お゛〜 咲(さ)いてます。るんるん 上(うえ)のは、つぼみです。

都合(つごう)よく花(はな)だけにピントが合(あ)う超高級(ちょうこうきゅう)レンズのようですが、コンデジで撮(と)って後(あと)からエフェクトかけました。(笑) ビーム砲(ほう)レンズでは、死(し)ぬ気(き)でがんばるアカヒゲに、圧(あつ)をかけますし。たらーっ(汗)

サクラランの極(きわ)みは・・・

sran2-180629.jpg

木漏(こも)れ日(び)のジャストミート。晴れ ホントにたまたま、でしか見られないけれど、コレがあるからヤメラレない。ひらめき 撮影(さつえい)するときは、−1くらい補正(ほせい)をかけないと、白(しろ)トビして白と紅(べに)の風合(ふうあ)いや立体感(りったい・かん)が出(で)ません。

たぶん、もう少(すこ)しすると、もっと丸(まる)いのが咲くのではないかと。


そういえば
台風(たいふう)7号(ごう)が、トライアスロンをジャストミートしそう。 スイムは中止(ちゅうし)となり、デュアスロンになることが決(き)まりました。

201806291850-00.jpg

風(かぜ)は大(たい)したことないけれど、早(はや)くも雨雲(あまぐも)の端(はじ)っこが島(しま)にかかっています。雨



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2018 サクララン ホヤ 】
posted by ぶん+ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年06月18日

ジャングルの庭(にわ)に 新顔(しんがお)

オッサンちの庭(にわ)は、草木(そうもく)がボーボーで、集落(しゅうらく)でも疎(うと)まれていることでしょう。たらーっ(汗) でもハブは来(こ)ず・・・むしろ来(く)るのはノラネコたち。 もちろんノラネコたちはハブの天敵(てんてき)。

さ〜っと雨(あめ)が降(ふ)りだしたのを、キッチンから眺(なが)めていたら、赤(あか)いのが目(め)につきました。

osu-180618.jpg

お゛〜これは、オキナワスズメウリるんるん それっぽい名(な)のスズメウリとは、ほとんど関係(かんけい)のない植物(しょくぶつ)。

オッサンは、動(うご)きもしない、食(く)えもしない動植物(どうしょくぶつ)には興味(きょうみ)がありませんが・・・カラフルで絶妙(ぜつみょう)な大(おお)きさの実(み)が、ど〜しても引(ひ)きつける。 ウズラの玉子(たまご)くらいで、うっそうとした茂(しげ)みにあって、赤(あか)、オレンジ、黄(き)などカラフルなところが目(め)をひきます

それはそうと
ジャングル庭園(ていえん)に生(は)えてきたのなら、おそらく鳥(とり)がどこかで実を食(く)らって、フンをした・・・らしい。 ただし、たいがいの果実(かじつ)は、すぐに食(た)べきられては意味(いみ)がないので、ギリギリ食えるくらいのマズささらしい。 キレイだけど、酢(す)の物(もの)にはせんとこ・・・たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年04月20日

デイゴの季節(きせつ)

「っデ〜ェゴ〜の ハナがさ〜ぁき〜 カゼをよ〜び ア〜ラッシがきたぁ゛〜」のアレ・・・じゃありません。(笑)

こちらのデイゴは、カイコウズ=アメリカデイゴ。

kkz-180420.jpg

鹿児島(かごしま)の県木(けんぼく)です。 県花(けんか)はミヤマキリシマだそうで・・・意外(いがい)と優柔不断(ゆうじゅうふだん)。(笑) とゆ〜か、本土(ほんど)にひっついたような島々(しまじま)は、オマケなのでしょうね。たらーっ(汗)

ちなみに
デイゴは沖縄(おきなわ)の県花。 島(しま)でも植(う)えられていますが、デイゴヒメコバチにやられてボロボロになって、ずいぶんピンチですよね゛〜。たらーっ(汗)

きょうも
この向(む)こうのグランドには、タイワンハクセキレイたちが採餌(さいじ)していました。

 
posted by ぶん+ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年02月22日

ケラマツツジ 開花(かいか)?

いつものスペースへ駐車(ちゅうしゃ)したとき、ふと気(き)づきました。

kttj-180222.jpg

役場(やくば)に植(う)えられているケラマツツジが、咲(さ)いているようです。

kttj2-180222.jpg

こんな寒(さんみ)ぃ゛〜時節(じせつ)に咲(さ)くんでしたっけ??? 調(しら)べたら4月(がつ)ごろから咲(さ)くらしい。 あんまり寒かったから、いささか温(ぬく)うなっただけで春(はる)になったと感(かん)じたのかもしれません。 ほかにも、いくつか咲いていました。

島(しま)では採(と)られ尽(つ)くして絶滅(ぜつめつ)してしまったため、そもそも分布(ぶんぷ)していなかったことにされている種(しゅ)・・・のよう。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 ケラマツツジ 】
posted by ぶん+ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年02月19日

アレは やっぱり

役場(やくば)で見(み)た、日曜(にちよう)の新聞(しんぶん)に載(の)っていました。

news-p-amami-180219.jpg

あのとき見つかった、なんちゃらテンナンショウは、天城町(あまぎちょう)では初物(はつもの)だったんですね・・・食(く)えもせんのですけれど。(笑)

身近(みぢか)にあったのに見つけていなかったとは、自然保護協(しぜん・ほご・きょう)のメンバーの眼(め)が節穴(ふしあな)だった・・・と謂(い)われかねずヤバイかも。たらーっ(汗) けれども、オッサンと事務局(じむきょく)のO崎くん以外(いがい)はキチンと働(はたら)いているから、ヒマジンじゃないしなぁ゛〜。


キーワード keyword 【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 2018 オオアマミテンナンショウ 】
posted by ぶん+ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2018年02月10日

身近(みぢか)なところに

地味(じみ)に暑(あつ)うなりました。 天気(てんき)が好(よ)いので玉子(たまご)の特売(とくばい)のまえに、卵(たまご)ウォッチング。

ii-180210.jpg

イボイモリの卵、すごく少(すく)ないなぁ。 それにしても、マメに炊事(すいじ)しすぎて、かさかさ肌荒(はだあ)れしとるなぁ。たらーっ(汗)

Aコープへ向(む)かいがてら、人妻(ひとづま)の目撃情報(もくげきじょうほう)をたよりに、植物(しょくぶつ)を探(さが)してみました。 道端(みちばた)すぐに・・・

hana-180210.jpg

は・・・花(はな)ざかりじゃん。exclamation Aコープや役場(やくば)から1キロも離(はな)れてないじゃん。exclamation×2 それにこれ、なんちゃらテンナンショウとかゆ〜固有種(こゆうしゅ)じゃないの。exclamation&question

島(しま)はやっぱり、自然(しぜん)のコンビニだなぁ。るんるん(笑)

ところで
あさってにはまた、10℃も下(さ)がるらしいので、小夏日和(こなつ・びより)から厳冬(げんとう)へ逆戻(ぎゃくもど)り。 ご用心(ようじん)を。


 
posted by ぶん+ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

2017年12月13日

ウソでした ナノハナ咲(さ)いてます

けさのスミレのネタで、ナノハナはまだだ・・・と記(しる)しましたがウソでした。 澄(す)みません。たらーっ(汗)

ツグミの類(たぐい)がいないかと、空(あ)き地(ち)をチェックしていたところ、ナノハナが開花(かいか)していました。exclamation

nanohana-171213.jpg

千葉(ちば)では有名(ゆうめい)ですけれど・・・島(しま)のアチコチで強烈(きょうれつ)なニオイを出(だ)して咲いてしまうコレらは外来種(がいらいしゅ)ですよね・・・たらーっ(汗)

鳥(とり)たちなんて、ほとんど外来種なのですけれど。(笑)
 
posted by ぶん+ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木

スミレ と バババナ

この冬(ふゆ)は、まだリュウキュウコスミレがチラホラ。

smr-171213.jpg

ナノハナも咲(さ)いておらず、ツワブキは満開(まんかい)。

そして
けさはバババナが満開で・・・しろしい(@やまぐち≒やかましい)くて起(お)こされました。たらーっ(汗) 隣(となり)と、斜向(はす・む)かいのババたちの話(はなし)は、ときに半日(はんにち)つづくことも。台風

バババナのスンゲ〜ところは、〇〇ちゃん以外(いがい)、固有名詞(こゆうめいし)がゼンゼン登場(とうじょう)しないこと。 きれい、たべられる、ちいさい、こわい、まえに、あれ・・・なにかこう、呪(のろ)いのNGワードを避(さ)けているかのような、幼児(ようじ)レベルのコトバの羅列(られつ)。 カタカナ英語(えいご)すら出(で)こない徹底(てってい)ぶり。exclamation&question

恐(おそ)るべしバババナのエナジー、そして朝(あさ)っぱらから大量(たいりょう)に売(う)られた油(あぶら)。exclamation×2 ん゛〜やっぱり、この油で走(はし)るバスとか、エコ的(てき)にも必要(ひつよう)かも。(笑)


posted by ぶん+ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木