2015年09月17日

折(お)れた・・・exclamation&question

今朝(けさ)は北風(きたかぜ)もおさまり、午前(ごぜん)に満潮(まんちょう)がくる潮(しお)まわり。 タンパク源(げん)の捕獲(ほかく)のチャ〜ンス。exclamation

でも、ぐずついた天気(てんき)で雨(あめ)がふったり止(や)んだりで、イノー濁(にご)りが増(ま)しています。

お゛exclamation×2

mk-150917.jpg

足元(あしもと)にチヌ=ミナミクロダイ≒タンパク源(げん)≒お刺身(さしみ)が・・・

けれども
変(へん)なパイプが沈(しず)む、民度(みんど)の低(ひく)いポイントで、竿(さお)を出(だ)すのもな゛〜と感(かん)じつつ、それでも気(き)になるチヌ。

ためしに、小石(こいし)をポイとほ〜ってみたところ、ユインと向(む)きを変(か)えて正確(せいかく)に小石の落下店(らっかてん)へやってきました。 食(く)い気(け)アリ。exclamation×2

いそいそ仕掛(しか)けを組(く)んで、ヒョイと軽(かる)くルアーを送(おく)りこんだところ・・・ パックリ。exclamation よしよし・・・グイグイともがくチヌが足元で弱(よわ)っていきます・・・

exclamation&question

ぴよ〜ん と、外(はず)れてしまいました。

否(いな)・・・

hook-150917.jpg

フックが折(お)れていました。たらーっ(汗) あんまりヤワすぎです。 もともと淡水(たんすい)のマス用(よう)なのですけれど、ドラグのテンションはゆるゆるなので、チヌのパワーはかかってないのに折れるとは、よっぽどダメなフックだったのでしょう。 だってマスは大(おお)きいと60センチとかですし、チヌは34センチくらいでしたし。

ガッカリしたオッサンの一部始終(いちぶ・しじゅう)を見(み)ていたのはシギたち。

kas-shs-150917.jpg

キアシシギたちは、オッサンが釣(つ)りしていても平気(へいき)です。 相変(あいか)わらず、オレンジの足(あし)をしたソリハシシギもコソっと混(ま)じっています。

その向(む)こうには、キアシシギよりも神経質(しんけいしつ)なアオアシシギたち。

aas-khs-150917.jpg

キアシシギたちより、やや群(む)れない習性(しゅうせい)なので、群れない=警戒(けいかい)する仲間(なかま)が少(すく)ないので、警戒心(けいかいしん)が強(したた)かになるのでしょう。 キアシシギやソリハシシギは、どっさりいるカニたちを食(しょく)しますけれど、アオアシシギたちはホトンド干潟(ひがた)のようになった、超浅場(ちょう・あさば)にいる小魚(こざかな)を、ひたすら探(さが)さなくてはならないからではないか・・・と。

その後(うし)ろの白(しろ)いのは、ダイサギとクロツラヘラサギです。

オッサンは悔(く)しがり屋(や)ですから・・・こんな仕掛けを。

gama-150917.jpg

またぞろ細(ほそ)すぎるかな゛〜と感じますが、国内(こくない)・・・いや世界(せかい)の釣り針(ばり)の最高峰(さいこうほう)、がまかつ製(せい)のマス用フックにございます。exclamation×2 52シリーズの6番(ばん)、こんなこともあろうかと?求(もと)めておいたのですけれど、ぶっちゃけ松阪(まつさか)にはスプーン用なんて、ショボショボなコレっくらいしかなかったんですよね・・・たらーっ(汗)

コレでダメなら、キョーリョクなダブルフックとか、力技(ちかわらざ)にしようと思(おも)います。 針は、細いほど刺(さ)さりやすく、折れやすい。 その、ころあいを読(よ)むのが大切(たいせつ)。

それと、包丁(ほうちょう)もそうですけれど・・・ツメの上(うえ)を滑(すべ)らせたとき、スッとツメに食(く)い込(こ)んで止(と)まればOK。 スル〜と滑るようならば研(と)がんにゃダメです。ひらめき



そうそう
関係(かんけい)ないのですけれど、コーちん(コウノトリJ0066)は、泉整備工場(いずみ・せいびこうじょう)のあたりで今日(きょう)、見(み)つかったそうです。


posted by ぶん+ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年08月17日

歓迎会(かんげいかい)とルアーフィッシング

釣(つ)り人(びと)の夢(ゆめ)のヒトツに、注文(ちゅうもん)に応(こた)える・・・ってのがあります。 でも、邪念(じゃねん)?というか・・・イイカッコしたいときに限(かぎ)って、釣れぬのです。たらーっ(汗)

で、コトもあろうに・・・きょうは、加(くわ)わった役場(やくば)の仲間(なかま)と、トンボ屋(や)オカチャンのご家族(ごかぞく)の歓迎会(かんげい・かい)でして。

午前(ごぜん)だけ仕事(しごと)して、鮮魚(せんぎょ)を求(もと)めて浜(はま)へ赴(おもむ)いたら、雷雨(らいう)。雷雷雷

ame-150817.jpg

カーボンロッドに落雷(らくらい)するのが怖(こわ)いので、雨止(あまや)みを待(ま)っていたところ、どしどし車(くるま)がやってきました。

cars-150817.jpg

なんとexclamation×2 オカチャン&ご家族(かぞく)です。 どうやら、サクラガイをご所望(しょもう)とのこと・・・確(たし)かに無傷(むきず)の貝(かい)はありそうな浜ですけれど・・・サクラガイは優(やさ)しいタイプの二枚貝(にまいがい)で、外洋(がいよう)には馴染(なじ)まないような。たらーっ(汗)

釣りしよ〜と思(おも)ったら、オカチャン一族(いちぞく)が展開(てんかい)。

hama-150817.jpg

ニンゲンの姿(すがた)は、さほど魚(さかな)には影響(えいきょう)ないのですけれど・・・どしどし走(はし)るような振動(しんどう)はNGかも。

さて
だいぶ古(ふる)くなった仕掛(しか)け。 ワームがサカシ(@やまぐち=さかさま)なのは、傷(いた)んだので向(む)きを変(か)えたから。

giji-150817.jpg

あんまり長持(ながも)ちで、針(はり)を研(と)ぎすぎて・・・かかりが悪(わる)くなってきましたが、貴重(きちょう)なジグヘッド=おもりの頭(あたま)と針(はり)なので、ひきつづき研いでは投げています。 砂地(すなじ)と波(なみ)でもまれると、すぐ先(さき)が甘(あま)くなるので、ダイヤモンドやすりは必携(ひっけい)です。

で・・・オカゾク?が去(さ)ったあと、ココンとアタリがあり、ピヤ〜っとはしりました。exclamation

tk1-150817.jpg

はしる方向(ほうこう)がハチャメチャ・・・こりゃ〜ボーンフィッシュか?と思(おも)いましたが、とりあえず本命(ほんめい)のツバメコノシロ37センチ。 2月以来(がつ・いらい)の水揚(みずあ)げ。 ボーズではなくなったものの・・・まるでオッサンのお一人様(ひとりさま)サイズ。

さらに1時間(じかん)ほどネバッタのですけれど・・・そろそろ限界(げんかい)そうなので、撤収(てっしゅう)しようか悩(なや)んでいたところ・・・ボソボソとアタリがあり、ピヤッとダッシュ。exclamation×2 そしてジャンプして首(くび)を振(ふ)り、まるでイタチザメがルアーを振り外(はず)しているような・・・あるいは内地(ないち)のシーバスが、エラ洗(あら)いしているような感(かん)じです。

水揚(みずあ)げしたのは、やっぱりツバメコノシロ。 そのあと数回(すうかい)ほど投(な)げましたがタイムアウト。 そそくさとキジの海岸(かいがん)へ。

tk2-150817.jpg

あとから釣れたのは41センチ。 合(あ)わせて1.2キロほど。 形(かた)はイマイチですが、狙(ねら)った食材(しょくざい)が揃(そろ)いました。

さばいてみて、釣れる理由(りゆう)がわかりました。

ran-150817.jpg

2尾(び)とも卵(たまご)をもっており、これから産卵期(さんらんき)を迎(むか)えるようです。 つまり、ノッコミというやつで、卵のために荒食(あらぐ)いするシーズン。 ちょっとした発見(はっけん)でした。ひらめき

ともあれ
無事(ぶじ)に? 島(しま)らしい、カルビたっぷり+お刺身(さしみ)ありのBBQになりました。

enkai-150817.jpg

ちなみに、あちこち鮮魚(せんぎょ)を探(さが)したけれど、どこも品切(しなぎ)れだったそうです。 ぎりぎりセーフですかね。たらーっ(汗) 参加費(さんかひ)を免除(めんじょ)されましたし、オッサンとしては万々歳(ばんばんざい)かと。(笑)

もともと少(すく)ないツバメコノシロを狙う・・・というのは、たぶん国内(こくない)ではオッサンくらいかもしれません。 それに、釣り方(かた)がわからない、というのも一因(いちいん)ではないでしょうか。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ツバメコノシロ ルアー 】
posted by ぶん+ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年07月31日

サメ退治(たいじ)はスポーツフィッシング???

サーファーや、マニヤックなメタボ牛(ぎゅう)の散歩(さんぽ)などが見(み)られる花徳(けどく)の浜(はま)。 夏(なつ)になるとサメたちが入(はい)ってきます。 おととい、仕掛(しか)けをスパッと切(き)られたので、ムカッときたオッサンはリベンジに。

wire-150731.jpg

ワイヤーでこさえた仕掛けです。 リールと竿(さお)も丈夫(じょうぶ)なのに変更(へんこう)。

tp4000-150731.jpg

いつものチヌ用(よう)より、かなりパワーアップです。 シイラ用の竿と、ツインパワー4000番(ばん)です。

それにしても
雨(あめ)でも降(ふ)ったような濁(にご)りがあります。

nigori-150731.jpg

どこから来(き)た泥(どろ)かわかりませんが・・・東(ひがし)からのウネリによって、湾内(わんない)の泥が舞(ま)っているのでしょうか。

一時間(いちじかん)が過(す)ぎて帰(かえ)ろうと思(おも)ったとき、ガガガガッexclamation×2とアタリ。 ジャンプして水面(すいめん)で首(くび)をふったらポロリと外(はず)れてしまいました。

zaku-150731.jpg

ざっくりと咬(か)みあとがついています。 ジャンプしていたのは、シマシマのあるタイガーシャークこと、軽(かる)く1mはあるイタチザメ。 イタチザメは小(こ)ぶりであっても好奇心(こうきしん)が旺盛(おうせい)で、浮遊(ふゆう)しているゴミにでも、とりあえず食(く)いついとけ・・・な性格(せいかく)のため、なんでもありな危険(きけん)な人食(ひとく)いザメです。exclamation×2 ご注意(ちゅうい)ください。

で・・・それから15分(ふん)ほどたったころ・・・波打(なみう)ち際(ぎわ)でヒット。exclamation×2 でもバタバタ暴(あば)れてフックアウト。たらーっ(汗)

cut-150731.jpg

白(しろ)っぽいサメが、シッポをちぎってしまいました。 やはりココには2種(しゅ)のサメがいるようです。 これはネムリブカではないでしょうか。 Wikiには、ネムリブカが浅瀬(あさせ)には来(こ)ない・・・などとウソッパチが記(しる)されていますが、小笠原(おがさわら)・母島(ははじま)の漁協(ぎょきょう)の南(みなみ)にある浜で、ウロウロしたり、じっと沈(しず)んでいるのをズイブン観(み)ています。

ソフトルアーをいつものに交換(こうかん)。

lure-150731.jpg

あれれ? いつものジグヘッドより針(はり)が大(おお)きいようで・・・合(あ)ってないような。 かまわず釣ってみたものの・・・ダメでした。

ここでは、サメが食うことを前提(ぜんてい)に、細(ほそ)いワイヤーとジグヘッドを用(もち)いたソフトルアーをテストするのが面白(おもしろ)そう。 ワイヤーの仕掛けに、タンパク源(げん)のヒラアジやツバメコノシロが食ってくるかが・・・問題(もんだい)です。たらーっ(汗)

ともあれ
浜に人食いのイタチザメ=タイガーシャークがウロウロしているので、退治するようスポーツフィッシング?を愉(たの)しもうかと。 ニッポンジンは腰(こし)が引(ひ)けて釣りませんが、海外(かいがい)ではサメ≒ドッグフィッシュはターゲットですし。ひらめき

posted by ぶん+ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年07月29日

釣(つ)れない理由(りゆう)?

このごろかタンパク源(げん)といえば、豆腐(とうふ)と玉子(たまご)、わずかな油揚(あぶらあ)げや牛乳(ぎゅにゅう)、ヨーグルト、ベーコン、チリメンジャコにカツブシくらいなもの。 こりゃ〜そろそろかな・・・と浜(はま)へ。

fishing-150729.jpg

い゛〜感(かん)じに凪(な)いでいます。るんるん ですけれど・・・

jari-150729.jpg

台風(たいふう)で砂(すな)が打(う)ち上(あ)げられたのか、砂利(じゃり)があります。 こうなると、アタリだか砂利だかわかりづらく、狙(ねら)いのツバメコノシロもいなさそう。たらーっ(汗)

長丁場(なが・ちょうば)になることを想定(そうてい)して、テストしていることがあります。

weapon-150729.jpg

お買(か)い物袋(もの・ぶくろ)にドリンクとウェスを納(おさ)め、100円ショップのカラビナを用(もち)いて携行(けいこう)してみました。 機動力(きどうりょく)を高(たか)めながら、給水(きゅうすい)を可能(かのう)にっ。exclamation&question(笑)

ただ・・・ごらんのとおり、歩(あゆ)むほどにクルクルとヨリがかかってしまいました。たらーっ(汗)

それと
ドリンクは梅酢(うめず)とポッカレモンを用いていますが・・・半端に甘酸(あまず)っぱいドリンクにするくらいなら・・・と、化学(かがく)の昆布(こぶ)だしで調味(ちょうみ)して、冷(ひ)やくて爽(さわ)やかな澄(す)まし汁(じる)風(ふう)に。 オニギリが欲(ほ)しくなるほど美味(おい)しい汁・・・というかドリンクに。(笑) 麺(めん)つゆですと・・・美味しすぎてドリンクにならなそうなので。たらーっ(汗)


ともあれ
トロピカルなソフトルアーで、釣(つ)りはじめることに。

lure1-150729.jpg

このカラーで、ホントに釣れるんでしょうか???(笑)

たまに、コツッと妙(みょう)なアタリっぽいのがあるのです。 で・・・15分(ふん)くらいしたとき、フッと軽(かる)くなりました。

cut1-150729.jpg

コツンとアタったあと、軽くなり、一撃(いちげき)でスパッと切(き)られてしまいました。たらーっ(汗) これは、カマスかサメの類(たぐい)でしょうね。

めげずに
グリーンティーっぽい色合(いろあ)いのソフトルアーに。

lure2-150729.jpg

また、やられると嫌(いや)なので、使(つか)い古(ふる)しのジグヘッドを用(もち)いています。

小一時間(こ・いちじかん)たったころ・・・ココ・・・と張(は)りのないアタリ。 20秒(びょう)もたたないうちに、ぷっつり。

cut2-150729.jpg

ルアーを嫌がって水面(すいめん)をジタバタ泳(およ)いでいたのは、どうも1mほどのサメっぽい。 でもルアーを食(く)うと水面に出(で)たり、ジャンプしたりするサメ・・・子供(こども)のイタチザメですかね゛〜。 よくわかりませんが・・・イタチザメは人食(ひと・く)いだとか雑食(ざっしょく)といわれますから、雑(ざつ)なニンゲンとか好(この)みなんぢゃないですか???(笑)

さらに・・・

lure3-150729.jpg

サメが食いにくそうな、スプリットショット・リグにしてみました。exclamation×2 思(おも)ったとおり・・・なんも食いませんでした。たらーっ(汗) オッサン、すっかりサメちまいましたよ。(笑)

サメのせいか判(わか)りませんが、サメを凌駕(りょうが)し高速(こうそく)で回遊(かいゆう)する中(ちゅう)、大型(おおがた)のヒラアジがいないようです。 波間(なみま)に20センチくらいのマルヒラアジっぽい魚影(ぎょえい)は見かけたのですけれど・・・ これじゃ〜釣りになりゃせんので、退治(たいじ)も兼(か)ねてサメを釣る仕掛(しか)けを組(く)むこと、夕餉(ゆうげ)はまだある豆腐(とうふ)でマーボをこさえることにして帰(かえ)ることに。

そうそう
台風(たいふう)12号(ごう)のあとに産卵(さんらん)にやってきたウミガメがいたようです。

umigame-150729.jpg

念(ねん)のため、ウミガメ大好(だいす)きな仲間(かなま)に連絡(れんらく)して、保護(ほご)してもらうことにしました。 オッサンもウミガメ大好きですけれど・・・ヘルシーなウミガメを食らうほうの立場(たちば)でございまして。たらーっ(汗)
posted by ぶん+ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年07月19日

可能性(かのう・せい)は、ゼロではないけれど・・・

高潮位(こう・ちょうい)のイノー。

inow-150719.jpg

不気味(ぶきみ)に静(しず)か・・・鳥(とり)もセミも、子(こ)らの声(こえ)もしない・・・

本日(ほんじつ)のファイナルウェポン。

real-150719.jpg

ハゼっぽい?ソフトルアー。 ずいぶん古(ふる)い、ダイワ製(せい)のもの。 コレならイケルexclamationと思(おも)ったのですけれど、ナンの反応(はんのう)もなし。 トリトリデッキのまわりでヒラアジを釣(つ)るのは、かなり可能性が低(ひく)いと感(かん)じております。 でも一度(いちど)だけ掛(か)かったことがあって、諦(あきら)めきれなくもありまして。

仕方(しかた)なく・・・カニルアーに。 さっきのソフトルアーは、ちっともファイナルじゃないじゃんexclamation&question ってことはなく・・・ヒラアジを断念(だんねん)し、チヌに切(き)り替(か)えました。

lure-150719.jpg

赤(あか)いゴムが裂(さ)けかけているのは、チヌの仕業(しわざ)。 赤を先(さき)にていたら食(く)わなかったのですけれど・・・根元(ねもと)にすると食(く)うようです。 とはいえ針(はり)に乗(の)りませんでした。

粘(ねば)りに粘ってイノーを観続(みつづ)けたのですけれど、ヒラアジや30センチくらいの中型(ちゅうがた)のボラも観(み)られませんでした。 ほとんどが20センチ未満(みまん)の魚(さかな)ばかり。

釣れる釣れないのも気になりますが、30センチオーバーのボラにレディーフィッシュ(カライワシ)が着(つ)いていることがあって、その姿(すがた)を撮影(さつえい)しておきたいし・・・あわよくば釣ってみたいものです。 けして美味(うま)くはなさそうですけれど。

それにしても、魚影(ぎょえい)が少(すく)なく、イノーの元気(げんき)が無(な)いような・・・たらーっ(汗) オッサンの技前(わざまえ)と眼(め)が悪(わる)いダケならいいのですけれど。 コウノトリも飛来(ひらい)しなくなり、クロツラヘラサギも1羽(わ)になってしまいましたしね゛〜。
posted by ぶん+ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年07月18日

さかな・・・ですよね

体調(たいちょう)が悪(わる)すぎて・・・起(お)き上(あ)がれたのは午後(ごご)おそく。 ぶらっと松西(まつにし)の漁港(ぎょこう)へ。 魚(さかな)っ気(け)はないものの、やっぱりここの水(みず)の色(いろ)は癒(いや)されます。

f1-150718.jpg

シロウミウミアメンボやエビの下(した)にフラフラしているのは・・・枯葉(かれは)っぽいナニか。 1〜2センチほどで、薄(うす)くてフワフワしているものの、3匹(びき)?は離(はな)れません。

f2-150718.jpg

魚っぽいのに、上下(じょうげ)を気にしないようで、3匹とも方向(ほうこう)がシンクロすることにコダワリがあるよう。

f3-150718.jpg

ぺラッとしているものの、フウライウオやカミソリウオと違(ちが)い、尾(お)の形(かたち)がない・・・けれど重(かさ)なっているところにミョ〜なヒレが見(み)えます。 どうやらヘコアユの幼魚(ようぎょ)・・・のようです。

え゛、ドナタですか?
寝(ね)てただけのヤツが、癒される必要(ひつようが)あるのかよっexclamation&questionとかツッコミいれてるのは。(笑)



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ヘコアユ 】
posted by ぶん+ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年06月28日

タンパク源(げん)は砂浜(すなはま)でexclamation&question

オッサンの懐事情(ふところ・じじょう)については、今月(こんげつ)こそめちゃくちゃ厳(きび)しいのです。 なので、一縷(いちる)の望(のぞ)みを胸(むね)に・・・浜へ。

hama-150628.jpg

なんかドンヨリ陽気(ようき)ですし、濁(にご)りもあってビミョ〜・・・釣(つ)れるんかなぁ゛〜たらーっ(汗)

小一時間(こいちじかん)ネバって、すごいスピードの手(て)ごたえ。exclamation×2 まるで糸(いと)が波(なみ)を切(き)るようなシャープな引(ひ)き。exclamation&question

ara-150628.jpg

あら゛・・・ 引(ひ)いていたハズなのに、竿(さお)が曲(ま)がってない・・・

そ〜なんですよ、天賦(てんぷ)の才(さい)がありながら、ヤル気(き)のない子(こ)のような感(かん)じ。 黒子(くろこ)のバスケの紫原(むらさきばら)くんのよう。 突(つ)っ走(ぱし)るのに、竿(さお)のテンションを感(かん)じると、そっちへ寄(よ)ってきてマッタリしてしまう、残念(ざんねん)な感じなのです。たらーっ(汗)

fish-150628.jpg

水揚(みずあ)げすると暴(あば)れ、まるでダダッコ。

bonefish-150628.jpg

これまでで最(もっと)もデカく、50センチほどあるでしょうか。 国内外(こく・ないがい)を問(と)わず、ボーンフィッシュを釣るために、わざわざ海外(かいがい)を旅(たび)する釣り人(びと)がいるほどの人気者(にんき・もの)だからって・・・ヤル気がないヤツは許(ゆる)しませんよ、オマエのようなダダッコは・・・

ssm-150628.jpg

オッサンが、刺身(さしみ)にしてやろうかぁ゛〜るんるん(笑)

いやいや、ボーンフィッシュことソトイワシは不味(まず)くて食(く)えません。 毎度(まいど)オナジミ、フィクションにございます。

そして、そのあと2、3投(とう)したとき・・・ココン、ギ・ギギィーexclamation×2 ユルユルにセットしてあるドラグがまたしても唸(うな)っています。 ダッシュが止(と)まったときの手(て)ごたえがユン・ユン・ユンと泳(およ)ぐので、ヒラアジだとわかります。

5分(ふん)くらい浜をウロウロしながらヒラアジのダッシュをいなし、水揚げ完了(かんりょう。

oha-150628.jpg

オニヒラアジ、45センチ。 それほど小(ちい)さくもありませんが、自慢(じまん)できるようなサイズでもない、美味(うま)そうサイズ。ひらめき 重(おも)さは、

weight-150628.jpg

どっぷり砂がついているけれど、それでも1.1キロは堅(かた)い。exclamation×2

いやはや、ドンヨリだとダメかと思(おも)いましたが、時合(じあ)いにはバタバタっと回遊(かいゆう)してくるようですね。 浜のいいとこは、なんといっても根(ね)がかりがないこと。 覚(さと)られ難(にく)い細仕掛(ほそ・じか)けなのに安心(あんしん)してヤリトリできるのです。 ただし・・・弱(よわ)らせた魚(さかな)は、やや味(あじ)が落(お)ちてしまいますよ。

先(さき)の刺身は、オニヒラアジのでした。るんるん  ってことで、これらはフィクションです。exclamation×2(笑)

そういえば
この時節(じせつ)にはじめて、カワウを観(み)ました。 浜の上空(じょうくう)を迷(まよ)ったように、方向(ほうこう)を定(さだ)めきれないように飛(と)んでいました。 それから、オニヒラアジの胃(い)の腑(ふ)には、キビナゴらしい6センチくらいの魚がドッサリ納(おさ)まっていました。

ともあれ
新鮮(しんせん)な刺身・・・日本人(にっぽんじん)には、とても大切(たいせつ)なタンパク源ですね。ぴかぴか(新しい)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ルアー オニヒラアジ 】
posted by ぶん+ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年06月14日

こんなの、知らんですタイexclamation&question

おだやかな南風(みなみかぜ)になり、そろそろ凪(な)いでいるだろう・・・と午後(ごご)の浜(はま)へ。

hama-150614.jpg

風光(ふうこう)はイイけれども、サンダルを通(とお)して灼熱(しゃくねつ)の砂地(すなじ)の感触(かんしょく)。 暑(あぢ)〜晴れ

釣(つ)りはじめて10分くらいしたとき、ここんクククク・・・ハズレた? と思(おも)ったら食(く)ったまま動(うご)いていないよう。たらーっ(汗)

魚(さかな)はかかっていて、そこそこのツッコミ。 で・・・針(はり)がかりが浅(あさ)いような気(き)がして、慎重(しんちょう)にやりとりし、波(なみ)にのせてズリあげ・・・ポロッ。exclamation&question カナリ慌(あわ)てましたわ゛〜爆弾 慌て3か月分(げつぶん)くらい? 覚悟(かくご)していましたが、持(も)った拍子(ひょうし)にヒレが掌(たなごころ)にぶっささって出血(しゅっけつ)、ホドヨ〜イ痛(いた)さに。たらーっ(汗)

shiran-tai-150614.jpg

さてと・・・チヌでもなし・・・グ、グ、グと地味(じみ)に鳴(な)くし・・・短(みじか)いオオニベというか、巨大(きょだい)なコトヒキというか・・・わからんタイ。たらーっ(汗)

長さは49.5センチ、オシイ・・・目方(めかた)は・・・

mekata-150614.jpg

1.8キロとそこそここ、まな板(いた)ぎりぎりサイズ。ひらめき 刺身(さしみ)がダメでも塩焼(しおや)きはウマソウなのでお持ち帰(かえ)りに。るんるん 今月(こんげつ)は、あと8,000円しかなく、ほんっとに助(たす)かるわ〜。

【追伸】ついしん
顔(かお)つきがコショウダイやコロダイっぽいし、卵(たまご)をもっているので、今(いま)が旬(しゅん)のイサキ科(か)っぽい・・・と、図鑑(ずかん)をジロジロしたところ、ありました。 イサキ科ミゾイサキ属(ぞく)「ホシミゾイサキ」

でも、この写真(しゃしん)じゃぁね゛〜

zukan-150614.jpg

狙(ねら)って探(さが)さんと、わからんワケです。たらーっ(汗) 昔(むかし)はミゾイサキと呼(よ)んでいたそうですが・・・記憶(きおく)にあるのは、もっと尖(とが)った鼻(はな)でしたから、大(おお)きくなると、顔がいかつくなるのでしょう。 徳之島(とくのしま)でも、チラホラ釣れるようです。 ウチナーグチのガクガクは聞(き)いたことがあって、たぶん鳴くからでしょう。

ちなみに、胃(い)の腑(ふ)は空(から)っぽでした。 母(かあ)さんも辛(つら)い空腹(くうふく)だったからタンパク源(げん)が欲(ほ)しかったのでしょう・・・でも、オッサンのタンパク源になってしまいました。


このログは・・・フィクションです・・・exclamation&question(笑)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ルアー 】
posted by ぶん+ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年06月07日

トリトリデッキ、異常(いじょう)なし

せっかくルアーがあるのに使(つか)えない・・・んじゃ意味(いみ)がないので、使えるようにしようかと。

lure-150607.jpg

リップを削(けず)ってイノー・チューンに。 地味(じみ)なアクションと潜(もぐ)らぬように。

このルアーを選(えら)んだのは、

m-150607.jpg

Mだから。exclamation×2(笑)

調整(ちょうせい)していたら・・・

kh-150607.jpg

狙(ねら)ってないヤツかかってしまいました。たらーっ(汗) チヌも追(お)ってはくるものの、かかりません。 思(おも)うのですけれど、夏場(なつば)、イノーに入(はい)ってくるチヌは35センチくらいまで。 コレは性転換(せいてんかん)しかけたオス?オネエ?で、気分(きぶん)がピリピリしているのかもしれない、と。 今朝(けさ)は、ヒラアジは入ってなかったようです。

沖にはクロツラーズ。

khsX3-150607.jpg

やはり3羽(わ)で、あと1羽は移動(いどう)してしまったようです。

戸ノ木団地(とのぎだんち)のところにはシギたち。

sig-150607.jpg

キアシシギとアオアシシギと・・・小(ちい)さいのはソリハシシギかな? 3羽とも無防備(むぼうび)に、ペタポンと座(すわ)りこんで寝(ね)ていますね。

や〜っぱり釣れないなぁ、夏場(なつば)のイノーは。 でもまだ、考(かんが)えている手(て)は、いくつも残(のこ)っています。ひらめき(笑)

あれ? このクモ・・・アリグモではありませんね。

kumo-150607.jpg

ここにいるのは、アリグモが多(おお)いのですけれど・・・これは長(なが)いハエトリグモのよう。  なにハエトリなのか・・・わかりません。 コンナのを気(き)にしているから、集中(しゅうちゅう)できずに釣れないのかも。爆弾


そうそう
そろそろ森(もり)のなかでは、サンコウチョウが抱卵(ほんらん)が始(はじ)まっているようです。

rs-150607.jpg

お父(とう)さんも子育(こそだ)て・・・参考(さんこう)になるなぁ。たらーっ(汗)(昭和の約束)



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 コトヒキ クロツラヘラサギ サンコウチョウ 】
posted by ぶん+ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年05月18日

釣(つ)れないからこそ、おもしろい。

今朝(けさ)もイノーへ。 いろいろルアーを試(ため)したけれど・・・コツンコツンと当(あ)たるだけで、食(く)いつききれない魚(さかな)たち。 2キロあまりのヒラアジがボラを食(く)いに暴(あば)れているのですけれど・・・ルアーには掛(か)かりません。 もとより、オッサンの釣(つ)り方(かた)は無常識(むじょうしき)で、明(あか)るい日中(にっちゅう)のイノーで釣りたい・・・というビミョ〜な野望(やぼう)です。 

その顛末(てんまつ)の背後(はいご)では、クロツラーズたち。

khs4-150518.jpg

6年(ねん)あまり、クロツラヘラサギを観察(かんさつ)していますけれど・・・この配置(はいち)は初(はじ)めてです。 やりゃぁできるじゃん、って感(かん)じ。(笑) これまでのクロツラーズ属性(ぞくせい)とは、ずいぶん違(ちが)いますね。

ところで
オッサンはこれまで、イロンナ釣りを試(ため)してきました。 なかでも磯(いそ)からのジギングは破天荒(はてんこう)でしたけれど、地元(じもと)でも全(まった)く想定(そうてい)していない、おもしろい釣果(ちょうか)がありました。 道具(どうぐ)を考(かんが)え、あるいは改造(かいぞう)し、変(か)わったタックルでチャレンジしたものでした。

伊豆大島(いずおおしま)のヒラマサやシマアジで有名(ゆうめい)な磯、赤岩(あかいわ)で・・・日中ヒラメやホウボウにマダイあるいはハマチにカンパチ、南大東島(みなみだいとうじま)のフルミナミでは沖合(おきあ)い120mあたり、水深(すいしん)50〜60mくらいのところでカッポレだけが釣れるポイントを開拓(かいたく)したりしました。 開拓はしたけれど・・・オッサン以外(いがい)は釣れないポイント・・・それが楽(たの)しい。るんるん(笑)


回想(かいそう)なんかして・・・無駄(むだ)に自慢(じまん)したいお歳(とし)ごろ・・・になったようですね、オッサンだけに。(涙)

そして今(いま)、トリトリデッキ前(まえ)が狙(ねら)い。 なにしろ常識?では、見(み)える魚(さかな)は釣れないというのに、チヌはそこそこ釣れてしまう。 眼力(がんりき)と技前(わざまえ)を磨(みが)けば見える魚が釣れそう・・・と、常識を覆(くつがえ)したくて仕方(しかた)ないのです。(笑)

相変(あい・か)わらず、チヌはよく見えます。

mk-150518.jpg

だメヒルギでかこまれたところに群(む)れるボラの子(こ)のまわりをぐるぐるしているミナミクロダイです。

こうして、ボラをかく乱(らん)しながら、たまにピヤッと突進(とっしん)し襲(おそ)っています。

b-mk-150518.jpg

う゛〜む、ここで掛けてもだメヒルギにからんでトラブルになってしまうし・・・面倒(めんどう)ですね。 だいぶ引(ひ)き潮(しお)も推(お)してきたので撤収(てっしゅう)。

帰(かえ)りしな、イノーの南端(なんたん)の細(ほそ)くなったところには意外(いがい)にもシギたちがウロウロしています。 セイタカシギが3羽(わ)もいたのですけれど・・・見逃(みのが)せないのがこの個体(こたい)、

kaas-150518.jpg

夏羽(なつばね)のコアオアシシギは、オッサンがもっとも美(うつく)しいと感(かん)じているシギの姿(すがた)です。 目(め)つきは、さておき・・・たらーっ(汗)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 クロツラヘラサギ ミナミクロダイ コアオアシシギ 】
posted by ぶん+ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年05月10日

地女連(ちじょれん)のパターン?

きょうは母(はは)の日(ひ)。 トリトリデッキのまわりは地女連の総会(そうかい)の車(くるま)で埋(う)まっています。たらーっ(汗)

trtr-150510.jpg

このパターンはいつぞやのアレ、一汐+鳥+釣(いっせき・2ちょう)ですよ。

lure-150510.jpg

この特殊(とくしゅ)なジグミノーの出番(でばん)。 そして、トリトリデッキから10mほどのところに2尾(び)のチヌが見(み)えたので・・・そばを通過(つうか)させれば・・・

mizage-150510.jpg

やっぱりね。(笑) 10:27水揚(みずあ)げ完了(かんりょう)。るんるん するとそこには、取材(しゅざい)できていた記者(きしゃ)さんが二人(ふたり)。 メラメラと燃(も)える記者さんに・・・

kinen-150510.jpg

ムリヤリ記念撮影(きねんさつえい)されちゃいました。(笑)

ちなみに、神経質(しんけいしつ)な中型(ちゅうがた)のミナミクロダイ37センチ、850グラムほどでした。 やっぱり釣(つ)れるルアーですね、サージャーは。 腹(はら)のなかはアオサだらけでしたから、よほどタンパク源(げん)が食(た)べたかったのかもしれません。 逆(ぎゃく)にタンパク源になってしまいましたけど・・・爆弾

遠(とお)く川津辺(かわつべ)には、カラシラサギ。

ks-150510.jpg

ほかのサギと居場所(いばしょ)がまったく違(ちが)っていて、勉強(べんきょう)になります。 たぶん、エビの多(おお)いところばかり、渡(わた)り歩(ある)いています。

足元(あしもと)には、

ua-150510.jpg

いよいよ、3種目(しゅめ)のセンタウミアメンボがやってきました。 じきやってくる台風(たいふう)台風で生(い)き残(のこ)られるか・・・ですね。

キジの海岸(かいがん)で、チヌをシゴ(@やまぐち=したごしらえ)してから、スーパーへ。

pan-150510.jpg

なんとexclamation&question 地女連の総会へ女子(じょし)が集(あつ)まっているからヨユ〜だな・・・とか思(おも)ってたら、もうパンがない。exclamation×2 負(ま)けた・・・(涙)

ヒマだから、昼(ひる)から飲(の)んだ暮(く)れちゃおっかな・・・たらーっ(汗)


【追伸】ついしん
キトキトですから、薄造(うすづく)りにして、美味(びみ)。

ssm-150510.jpg

丸大豆醤油(まるだいずしょうゆ)、梅酢(うめず)、ポン酒(しゅ)を等量(とうりょう)ブレンドした梅醤油でいただきま〜す。るんるん コレでだいぶツッコミンCが補給(ほきゅう)できました。

そういえば、サージャーはもう絶版(ぜっぱん)ですけれど、コチラのチェリーブラッドもイケソウ。


それと気(き)になることが。
水中(すいちゅう)に出(で)てくるハズのカニがいなくて、チヌがアオサばかり食(た)べていた・・・ということは、BGから流(なが)された塩素(えんそ)やナンヤカンヤの化学物質(かがくぶっしつ)が、イノーの浅(あさ)い砂泥(さでい)に住(す)んでいる動物(どうぶつ)を死滅(しめつ)させてしまった・・可能性(かのうせい)があります。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ミナミクロダイ  】
posted by ぶん+ at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年05月06日

イノーも漁港(ぎょこう)もダメなのか???

夕(ゆう)にコーちんを眺(なが)めたあと、死活問題(しかつ・もんだい)であるイノーの魚類(ぎょるい)の激減(げきげん)を検証(けんしょう)しに・・・松原漁港(まつばら・ぎょこう)へ。

やはり、定番(ていばん)のアバス、エビなどはいます。

ebi-abs-150506.jpg

アバスは、かなりデカイのがフワフワしていて、食料(しょくりょう)にしようか迷(まよ)いましたけれど・・・シゴ(@やまぐち=したごしらえ)がメンドクサそうなのでスルーしました。

いつもの、中(なか)ほどの突堤(とって)のまわりをチェック。 きょうはイロイロいますね。

hnh-6ss-1505064.jpg

ロクセンスズメダイの幼魚(ようぎょ)とともにいるのは、ヒレナガハギの幼魚。 その下(した)には大量(たいりょう)のナニかの稚魚(ちぎょ)がいます。 ツノダシやミナイクロダイ、ボラはいませんが、ようやく南国(なんごく)っぽい感(かん)じになっているよう。 で・・・良形(りょう・がた)のハナミノカサゴがいるな゛〜とシゲシゲ観(み)ていたら、突堤の先(さき)っちょで苦笑(にが)わらいしている男子(だんし)がいました。

hmk-150506.jpg

こっちもハナミノカサゴ・・・しかも水揚(みずあ)げ。 まるでオッサンを待(ま)っているかのように、竿先(さおさき)でブラブラさせていた男子は、どこかDNAがシロっぽいイメージです。 オッサンが見知(みし)っている身近(みぢか)なシロっぽさがあるのです。(笑)

このごろミノカサゴが多(おお)いのだとか。 その意味(いみ)はまだ考察(こうさつ)しきれていませんけれど、松原漁港のなかに入(はい)ってきているのは確(たし)かです。 興味深(きょうみ・ぶか)いですね。

ミノカサゴは擬態(ぎたい)してないと思(おも)われているようですが・・・・ソフトコーラルに擬態しているようなので、様々な稚魚がコーラルと信(しん)じてマトワリつくのかもしれません。 それで、稚魚が多(おお)い漁港にはいってきたのも合点(がてん)がいきます。

そもそも
ミノカサゴの類(たぐい)について毒(どく)があるというだけで、わざと目立(めだ)つ毒々(どくどく)しい姿(すがた)といいますが・・・南国(なんごく)ではフツーですよね。 スピードを出(だ)して泳(およ)げないし、食事(しょくじ)をとる特別(とくべつ)な技(わざ)もありませんから・・・むしろミノカサゴの風体(ふうてい)は、エサを寄(よ)せる擬態と考(かんが)えるのが自然(しぜん)ではないかと。


ともあれ
ボラもツノダシもゴマフエダイもオキフエダイもヒラアジもダツもカマスももどってませんが・・・ビミョ〜に安心(あんしん)しました。 おそらくBGが排出(はいしゅつ)する塩素(えんそ)のダメージを受(う)けやすい、代謝(たいしゃ)の大(おお)きい運動量(うんどうりょう)の多(おお)い魚がもどっていないのでしょう。
posted by ぶん+ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年04月16日

タンパク源(げん) と ルアー釣(づ)り

オッサンちは、っデエリャ〜貧乏(びんぼう)なので、食料補完&保管計画(しょくりょう・ほかん・けいかくX2)があって、2日(ふつか)くらい先(さき)までの食(た)べ物(もの)を確保(かくほ)するようにしています。 腐(くさ)れさせないよう、味(あじ)が落(お)ちないよう、はたまた1日(にち)くらい買(か)いものできなくてもOKな感(かん)じで、生鮮品(せいせんひん)をナントナク管理(かんり)しているわけです。

で・・・夕(ゆう)の潮(しお)まわりが好(よ)いのでイノーへ。 今度(こんど)こそヒラアジを漁獲(ぎょかく)したいので、ひきづづきルアーのテストを・・・

lure1-051416.jpg

細身(ほそみ)のシンキング=沈(しず)むルアーなら、速引(はや・び)きしてもアクションが乱(みだ)れないだろう・・・と。 この手(て)のルアーは、たいがい内地(ないち)のシーバス=スズキ用(よう)にチューニングされているので、アクションが乱れやすいのです。 コレはなかなか・・・ですが、浅(あさ)いイノーで使(つか)おうとすると地球(ちきゅう)を釣(つ)らないよう竿(さお)を立(た)てるため、重心移動(じゅうしん・いどう)のオモリがルアーの前(まえ)に移動(いどう)できないようです。

それでも、30センチくらいのチヌが3匹(びき)も追(お)ってきて)、あわやヒットか?と思(おも)うところまでチョイと触(さわ)りました。 ダブルフックを上向(うえむ)きにつければ、タップリ使(つか)えそう。

と・・・
さるお方(かた)がお歩(ある)きにやってきて、お米(こめ)と地玉子(じたまご)までいただきました。 なぜかきょうは、農家(のうか)の友人(ゆうじん)からデカイ鹿児島(かごしま)のソラマメもいただいており、タンパク源が豊富(ほうふ)になってしまったのです。

いけない、心(こころ)に無駄(むだ)な余裕(よゆう)が・・・


またテスト用のルアーをセットしてしまいました。

lure2-051416.jpg

きのうのラパラCD9とは違(ちが)い、わりとリアルなタイプ。 大(おお)きなダブルフックをテールに一本(いっぽん)だけ装着(そうちゃく)したもの。 コレはイマイチで、泳(およ)ぎが安定(あんてい)しません。

ならば・・・

lure3-051416.jpg

何年(なんねん)まえに求(もと)めたか記憶(きおく)がないラパラ・ラトリンラップ。 ジャラジャラ音(おと)のするルアーなので、音に集魚効果(しゅうぎょ・こうか)を期待(きたい)しました。 んが・・・追(お)ってきたのは15センチほどのコトヒキのみでダメ???

釣っていたら・・・セキレイの声(こえ)がします。

ks-150416.jpg

オッサンのいるところから100mあまりのよう壁(へき)に、コダワリのよう壁ライフをたしなむセキレイ集団(しゅうだん)がやってきていました。 コレはとんだ収穫(しゅうかく)ですね。ぴかぴか(新しい)

気(き)づくと、アマテラスさまが・・・

sunset-150416.jpg

欲(よく)ばってはなりません、とおっしゃっているようです。 乾燥(かんそう)した風(かぜ)でイノーも冷(ひ)えているし、あたたもアタマを冷やしなさい、とゆ〜ことかも。 けれどアマテラスさま、暑(あつ)くるしいほどの髪(かみ)がほしいかも。たらーっ(汗)

で・・・オッサンには気がかりがありました。 きのうは漁獲する日和(ひより)でないと踏(ふ)んでいたので、前(まえ)の日(ひ)に求めたトンタン(ブタのベロ)がチルドルームで眠(ねむ)っていたのでした。 ラパラのテストをいろいろやってみたかったのですけれど、日(ひ)が暮(く)れるので撤収(てっしゅう)することに。

ところで
オッサンがラパラにコダワリがあるのは、昭和(しょうわ)のルアーが好(す)きだから。 ラパラはルアーの元祖(がんそ)でもあります。 これまで美味(おい)しい漁獲をしようとしたとき、いつもラパラがありました。

okms-150416.jpg

フローティングラパラで、バラクーダをかけたかと思(おも)えば、マグナムでカスミアジを。

ka-150416.jpg

そこそこサイズ、5キロオーバーです。 マグナムは速引きでバランスを崩(くず)さない優秀(ゆうしゅう)なルアー。 でも舟(ふね)のトローリング用なので、投(な)げるのにテクニックが必要(ひつよう)なんです。 オッサンはマグナムが好(す)きで、イロイロ釣りましたね゛〜。ぴかぴか(新しい) 4キロのフツ・フエダイや10キロのバラフエダイは美味しかったなぁ。

バラクーダ=オニカマスや、バラフエダイ=ハーナは、2.5キロを超(こ)えるとシガテラ毒(どく)で死(し)ぬることもあるので、気(き)をつけましょう。exclamation×2 シガテラ毒は全身(ぜんしん)に宿(やど)りますから、すごく危険(きけん)なのです。 スワシン=バラハタやオジロバラハタも同様(どうよう)です。

ヒラアジの自己記録(じこ・きろく)もラパラです。

kmj-150416.jpg

XJS13・・・13センチでジョイントがあり、シッポをフリフリするラパラ。 シマノの8000番(ばん)のリールが小(ちい)さく見(み)えるカマジ、17キロです。 ちなみに道糸(みちいと)はPEの3号(ごう)、ハリスはナイロンの18号。 ラパラはともかく丈夫(じょうぶ)なので、旅(たび)のときに安心(あんしん)して用(もち)いることができるのです。 木製(もくせい)も多(おお)く、修理(しゅうり)も容易(ようい)だったり。

さて
気がかりはこのように・・・

tonteki-150416.jpg

ウスターソース・ベースのタレで、トンテキ風味(ふうみ)のトンタン炒(いた)めに。るんるん ちなみに、チヌは明日(あす)、塩焼(しお・や)きかバター焼きしてみることにしました。 肉(にく)や魚(さかな)は、チョイ悪(わる)になるほど、旨味(うまみ)が増(ま)しますから。

大量(たいりょう)にィユー汁(じる)があるお陰(かげ)で、豆腐(とうふ)もチョイ悪になりかけていたので、とりあえず湯(ゆ)で加熱(かねつ)して、もたせることにしました。

やっぱり1.6キロのチヌはオッサンのタンパク源としては大(おお)きすぎたようですね。たらーっ(汗) ホントは漬(づ)けにすればよいのですけれど・・・ソラマメをご飯(はん)に炊(た)く・・・とゆ〜宿題(しゅくだい)をいただいており、漬け丼(どん)もできぬわけで。(涙)

あるいは南大東(みなみだいとう)のカボチャも炊かないとなりませんが、ィユー汁のために空(あ)いた鍋(なべ)がなかったり・・・たらーっ(汗)
posted by ぶん+ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年04月15日

魚肉第一(ぎょにく・だいいち)の生活(せいかつ)?

オッサンは、別(べつ)にそんな釣(つ)り好(ず)きとかでなく・・・タンパク源(げん)を捕獲(ほかく)するために、仕方(しかた)なくイロイロ研究(けんきゅう)しているだけですよ。たらーっ(汗)

mk-trtr-140415.jpg

Aコープで刺身(さしみ)になるチヌがないから、やむをえず仕事(しごと)を4時(じ)で切(き)り上(あ)げてトリトリデッキで操業(そうぎょう)したんです。 サボったんじゃありませんよ。exclamation×2(笑)

それに、きょうはチヌを水揚(みずが)げするのじゃなくて、オニヒラアジを漁獲(ぎょかく)するためのルアーのテストだったんです。

rapala-150415.jpg

ラパラCD9に、重(おも)いダブルフックをつけておけば、スピーディに引(ひ)いてもOKかな?と。 でも、もっと重いフックでなければダメみたいで、回転(かいてん)してしまいました。 ふとチヌがいたので、すぐわきを通過(つうか)させたところ、リアクションバイトした(≒はずみで、くいついた)ようです。 なにしろ絶妙(ぜつみょう)に薄濁(うすにご)りで、オッサンも釣り糸(いと)も、チヌには見(み)えなかったよう。

tamo-150415.jpg

で・・・タモ入(い)れしたら、意外(いがい)にズッシリ重(おも)くて、いささか驚(おどろ)きました。 目方(めかた)は・・・

1650g-150415.jpg

1.6キロオーバー。 ちなみに全長(ぜんちょう)は44センチですから、スリムな人妻(ひとづま)・・・といったところ。 チヌは大(おお)きくなると全(すべ)てメスに性転換(せい・てんかん)するので。 たまに、デラックスなオネエがいらっしゃるとか???

ssm-150415.jpg

新鮮(しんせん)きときとプリプリなので薄造(うす・づく)りに。 スレンダーな人妻だけあって、脂(あぶ)らはなくスッキリしながら旨味(うまみ)は濃厚(のうこう)・・・ひょっとすると、アオサやカニ臭(くさ)さがないのは、脂っけがないからかも・・・くれぐれも、マニヤックだなぁ。(笑) ニオイや香(かお)りは油脂(ゆし)に含(ふく)まれ、プンプンするワケです。

気(き)になっていることがあります。

nazo-150415.jpg

キジの海岸(かいがん)でさばいていたら、卵巣(らんそう)がウキブクロに癒着(ゆちゃく)したようになったところに、赤黒(あかくろ)のヒモみたいなのがありました。 これって、寄生虫(きせいちゅう)でしょうかね・・・たらーっ(汗) すごく硬(かた)い、砂(すな)でできたロープ?みたいにガシガシした質感(しつかん)でした。

釣りをしていたとき、イノーにはシギたちが降(お)りてきました。

hs-ds-150415.jpg

ホヒ〜ンの声(こえ)とともにやってきたのは、ダイシャクシギX1+ホウロクシギX4の小(ちい)さな群(む)れとか・・・

oshs-150415.jpg

孤独(こどく)なオオソリハシシギや、その姿(すがた)を見(み)て降りてきたムナグロも。 地味(じみ)ながら、リアルタイムにやってくる野鳥(やちょう)たちを眺(なが)めながらの釣り・・・贅沢(ぜいたく)だなぁ。ぴかぴか(新しい)

上空(じょうくう)には耳慣(みみ・な)れないトリ?

e-2-150415.jpg

空自(くうじ)のE−2Cみたいですね。

トリトリデッキのとこ・・・オッサンにとっては、生活(せいかつ)に欠(か)かせない場所(ばしょ)になっています。


posted by ぶん+ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年04月02日

気持(きも)ちいいイノ〜

5時(じ)すぎにフライングで役場(やくば)を脱出(だっしゅつ)して、Aコープで買出(かいだ)し。 それからトリトリデッキへ。

inow-150402.jpg

イノーにはひたひたと潮(しお)が満(み)ちてきました。 8m前後(ぜんご)の強風(きょうふう)ながら、南風(みなみ)かぜなので追(お)い風です。 

まだ早(はや)いので、しばらくマッタリと鳥(とり)を眺(なが)めたりしていたら、イノーにコトヒキが入(はい)ってきました。 と・・・ゆ〜ことは、水温(すいおん)が南国(なんごく)らしくなった、ってこと。

6時まえ、松阪(まつさか)で求(もと)めたスプーンをキャストしはじめることに。

spoon-150402.jpg

銀(ぎん)がなかったので、ピンク系(けい)の3.5グラム。

ほどなくして、コトヒキがかかりました。

kthk-150402.jpg

そのあと、20センチくらいのチヌも、つついてきます。 狙(ねら)いはチヌか・・・あわよくばキロオーバーのヒラアジ。

あらま゛〜、クッせ〜アオサが・・・

nori-150402.jpg

はい、みなさんご一緒(いっしょ)に゛〜るんるん 「はらたつノリぃ゛〜exclamation×2」。 あ〜んど「掃海(そうかい)、爽快(そうかい)、ァ、東(ひがし)シナ海(かい)っexclamation」(笑=新喜劇の常識)

そこそこ、い゛〜夕焼(ゆうや)け。

sunset-150402.jpg

トリトリデッキが映(は)えます。 オッサンは、こうした風光(ふうこう)を眺(なが)めながら、ただダラダラ釣(つ)りをしているのではなく・・・時々(ときどき)ダジャレについてや、釣りの詰(つ)め口(くち)をアレコレ考察(こうさつ)しているのです。 きのうの南海白白新聞の記事(きじ)で、温暖化(おんだんか)を防止(ぼうし)するダジャレシオの冷(ひ)やし効果(こうか)のところで、クールジャパンをからめれば、もっと話題(わだい)が飛躍(ひやく)したのに・・・とか。たらーっ(汗)

で・・・ いつもなら無闇(むやみ)にキャストしないで、イノーの魚(さかな)をジロジロ探(さが)すのですけれど、水温(すいおん)が上(あ)がると、スピーディに泳(およ)ぎ回(まわ)るようになっていて、ならば、そこそこ無駄(むだ)にキャストしてでも、通(とお)りかかる魚に気(き)づかせるしかないな・・・とか。

そうしたら、たまたま奥(おく)さまとお歩(ある)きされている副町長(ふくちょうちょう)さまがやってきました。 すると・・・

mk36-150402.jpg

見(み)ているまえで釣れちゃった・・・ぴかぴか(新しい)  6:37ごろ、元気(げんき)のいい、36センチのチヌを水揚(みずあ)げ。 こりゃ〜アレですよ、事後承諾(じご・しょうだく)で、きのうの南海白白新聞に登場(とうじょう)いただいたのだから、お礼(れい)を尽(つ)くしなさい・・・とゆ〜アマテラスさまのお示(しめ)しに違(ちが)いありません。 ちゃちゃっと〆(しめ)て、お渡(わた)ししました。

その後(ご)は、コトヒキが釣れただけ・・・たらーっ(汗)

だったものの、オッサンにはまだチルドルームにブタ肩(かた)ロースが一枚(いちまい)、残(のこ)されていたのです。exclamation×2

niku-150402.jpg

トンテキ風(ふう)に、主(おも)にウスターソースで味付(あじつ)けしてみました。 実(じつ)は、タンカンを半分(はんぶん)しぼって清酒(せいしゅ)をプラス、おろしショウガ、ニンニクパウダーを加(くわ)え、もみこんで30分(っぷん)くらい寝(ね)かせてあります。

本来(ほんらい)なら、火(ひ)が通(とお)るかどうか・・・寸止(すんど)めするのがブタの極意(ごくい)ですけれど、タンカン・パワーがあるのでタマネギにしっかり火が通るまで炒(いた)めきっています。 グリングリンする歯(は)ごたえはウマウマです。るんるん ただし、白身(しろみ)=脂身(あぶらみ)にはタンカンが効(き)かないので、そこだけ硬(かた)い感(かん)じでした。


ともあれ
奥さまと副町長さまにもイイトコ見せられたし、肩ロースはウマウマだし・・・まずまずの年度(ねんど)明(あ)けにございます。ぴかぴか(新しい)

キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ミナミクロダイ 】

posted by ぶん+ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年03月25日

一汐鳥釣(いっせき・にちょう)exclamation&question

今朝(けさ)はチヌのチャ〜ンス。 トリトリデッキ前(まえ)で、この潮(しお)まわりの最終日(さいしゅうび)です。 釣(つ)りしようと車(くるま)を降(お)りたら・・・

yg1-150325.jpg

ヤツガシラのエサ場(ば)になってました。たらーっ(汗)

テケテケよってきては、

yg2-150325.jpg

ヒョイパク。exclamation×2

う゛〜ん、オモシロすぎて釣りできんわい・・・たらーっ(汗)

と思(おも)ったら、急(きゅう)にオッサンを怪(あや)しんで、

yg3-150325.jpg

トラの顔(かお)のポーズ。exclamation&question なしてコゲナときに・・・

あんまりジロジロ見(み)られると、軽(かる)く威嚇(いかく)するような。

くつろいでて、ナニもしないと思った矢先(やさき)にコレ。 また8ツガシラを撮(と)りのがしてしまい・・・サッといってしまいました。

よし、これで釣れるぞ、と海(うみ)を見(み)やると、

kt-150325.jpg

コーちん(コウノトリJ0066)がイノーを飛(と)んでました。 ようやく竿(さお)を出(だ)せそう。

時節柄(じせつがら)、コレが邪魔(じゃま)。

nori-150325.jpg

こうなったときは「ハラたつノリ〜」と叫(さけ)ぶべし。(昭和の涙)

小(ちい)さめだけどキタっ。exclamation

mk1-150325.jpg

ドラグがジージー出(で)るほどではないけれど、そこそこの引(ひ)き。 イイトコにかかってたみたいで、無事(ぶじ)にタンパク源(げん)を確保(かくほ)。

mk2-150325.jpg

10:40、38センチのメス。 産卵(さんらん)は終(お)えているようですね。 ほかにもチヌはいたのですけれど、大(おお)きいのも、はたまた小(ちい)さくて元気(げんき)なのもいないので、撤収(てっしゅう)。

トイレでルアーをサッと洗(あら)ったら・・・アラ?(笑)

hmd-150325.jpg

ホシムクドリとムクドリたちがエサさがししてました。 やっぱり運動公園(うんどう・こうえん)ってコンビニエンスだなぁ。ひらめき

キジの海岸(かいがん)でチヌをシゴ(@やまぐちべん=したごしらえ)するまえに、計量(けいりょう。

1k-150325.jpg

1キログラム、ぎりぎりセーフ。るんるん お腹(なか)には、卵(たまご)を吸収(きゅうしゅう)して小(ちい)さくなった卵巣(らんそう)が入(はい)っていました。

さて、お味(あじ)はいかに・・・

【追伸】ついしん
案(あん)の定(じょう)、ぃゆ〜じるをこさえたら、脂(あぶら)がチョビットだけ・・・これじゃぁ〜刺身(さしみ)はダメかな、と思(おも)ったのは早計(そうけい)でした。

ssm-150325.jpg

確(たし)かに疲(つか)れていますが・・・母(はは)の生命力(せいめいりょく)からか、旨味(うまみ)が舌(した)にまとわりついて、最初(さいしょ)はアッサリなのに濃(こ)ゆい味(あじ)わい。ひらめき あんまり旨味が気(き)になるので、片身(かたみ)はチルドして明日(あす)の宵(よい)に味わうことにしました。るんるん


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ヤツガシラ コウノトリ ミナミクロダイ ホシムクドリ 】
posted by ぶん+ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年03月18日

トリトリデッキで、トレトレのおかずを

潮(しお)まわりがよくなったので、夕(ゆう)のトリトリデッキへ。 いきなりピヤッと飛(と)んできた鳥(とり)がいます。

yg-150318.jpg

アフリカっぽい・・行(い)ったことないけど・・・ 夕映(ゆうば)えにヤツガシラ。 やはり、まだいたのです。

イノーをジロジロしたところ、チヌが見(み)えたので準備(じゅんび)。 で・・・間違(まちが)えて、夕陽(ゆうひ)とチヌのあいだにルアーを投(な)げたら、糸(いと)が丸見(まるみ)えで逃(に)げられてしまいました。 では次(つぎ)は、反対(はんたい)へ・・・

mk-150318.jpg

30センチあるかないか・・・ですけれど、体高(たいこう)のあるオヒトリサマ用(よう)のピッチピチのチヌ。 大(おお)きいのより刺身(さしみ)に好(よ)さそうなので、確保(かくほ)。 そのあと、反応(はんのう)はよかったものの・・・針(はり)にのらなかったので、とっとと撤収(てっしゅう)。

trtr-150318.jpg

いつもより、夕陽(ゆうひ)がキレイですね。ぴかぴか(新しい)

そんなことより、

ssm-150318.jpg

キトキトでプリップリで、歯(は)ごたえ抜群(ばつぐん)のお刺身(さしみ)・・・オッサンが恋(こい)してやまないホシガレイのそれに近(ちか)い感(かん)じです。るんるん 薄造(うす・づく)りに引(い)いときゃよかった・・・たらーっ(汗) とはいえ、いささかニオイます。 カニ臭(くさ)くはないけど、なんかいつもより懐(なつか)しく生臭(なまぐさ)いんです。

コレは・・

そうなんです、おそらくカニがあんまりいないので、そこらのデキのわるいアオサばかり食(た)べているので、海藻(かいそう)の生臭さが移(うつ)ってしまったようです。 やっぱり、バランスって大切(たいせつ)なんですね・・・チヌでも。

ところで
チヌ≒ミナミクロダイたちは、すっかり産卵(さんらん)を済(す)ませたようで、すっきりしたボディラインで、キビキビ泳(およ)いでいました。 であれば・・・ハタキ終(お)わった大型(おおがた)のはメスは不味(まず)いので、要注意(ようちゅうい)かも。雨


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ヤツガシラ ミナミクロダイ 】
posted by ぶん+ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年02月24日

それ、ウチのオカズっexclamation×2

小雨(こさめ)のもと、しっとりとした佇(たたず)まいのイノー。

inow-150224.jpg

クバガサを被(かず)き、チヌを探(さが)していたら・・・うひょひょひょひょひょひょひょ・・・と声(こえ)がします。

msg-150224.jpg

ミサゴの声??? よほどイイコトあったんでしょうか。

c-msg-150224.jpg

ぜんぜん持(も)ち上(あ)がらないほどのチヌ≒ミナミクロダイをゲットしてるじゃないですかっ。exclamation&question それダメよ、ウチのやつだったのに・・・たらーっ(汗)

c-msg-zoom-150224.jpg

画質(がしつ)はさておき、デジタルで拡大(かくだい)してみましたが、やっぱり悔(く)やしい。 1.5キロはゆうにありそう。

シテヤラレました・・・ けど、もうすぐ水没(すいぼつ)しちゃいますから、ザマ〜ミソシル。(笑)
posted by ぶん+ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年02月11日

浜(はま)の魚(さかな)は、寒(さぶ)さに弱(よわ)そう

どこぞのシモネタ一本松では今日(きょう)を終(お)われねぇ・・・ 西南西(せいなんせい)の風(かぜ)になったから、花徳浜(けどく・ばま)へ。

kb1-150211.jpg

松阪(まつさか)で求(もと)めた「エコギア・グラスミノー北陸(ほくりく)UVパープルホロ」・・・んナゲ〜名(な)でメンドクサイですね。たらーっ(汗) 赤金(あかきん)のジグヘッドとゼンゼン合(あ)ってないじゃん・・・とツッコミ入(い)れたい気持(きも)ちのアナタ・・・べつにアナタが食(た)べるワケじゃないんで。たらーっ(汗)(涙)

1時間(じかん)ちょいネバったころ・・・アクションを横(よこ)から縦(たて)シャクリに替(か)えたら、ようやく一尾(いちび)。

kb2-150211.jpg

やはり波打(なみう)ち際(ぎわ)で食(く)ってきた、30センチほどのツバメコノシロ。 ぜんぜんダッシュしないし、ダルそ〜な感(かん)じであがってきました。

去年(きょねん)は松(まつ)の内(うち)にボーンフィッシュやチヌが釣(つ)れていましたから、今(こん)シーズンは水温(すいおん)が低(ひく)いのでしょうね。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ツバメコノシロ ルアー 】
posted by ぶん+ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年02月07日

北(きた)・・・じゃなくて、キタッexclamation&question

トリトリデッキのところで10時・・・パクッとなっexclamation×2


fish-150207.jpg

いいツッコミ。exclamation

ダイワのラテオ86LL−S・Qは曲(ま)がりが「へ」の字(じ)っぽく歪(いびつ)で、チヌのパワーを吸収(きゅうしゅう)できてないですね。 タメが利(き)かないから、なかなか浮(う)いてきません・・・

mk1-150207.jpg

※写真(しゃしん)はイメージです。 トリトリデッキで、もれなくタンパク源(げん)が獲(え)られるわけではありません。

イノーは美(うつく)しイノ〜

inow-150207.jpg

珍(めずら)しく凪(な)いだ水面(みなも)をゆらす魚(さかな)がアチコチにいたので、竿(さお)をだしてみたのでした。

mk2-150207.jpg

呑(の)んでいたので、軽(かる)くヤバかった・・・

ラテオは穂先(ほさき)が極端(きょくたん)に軟(やわ)らかく、食(く)い込(こ)み重視(じゅうし)なのはホントみたいですね。

カサゴ職人(しょくにん)バグアンツ・シラサエビカラー、効(き)きますね〜 ニオイつき味(あじ)つきの卑怯(ひきょう)なルアーだけあって、一発(いっぱつ)でモトがとれました。(笑)

mk3-150207.jpg

ミナミクロダイ全長43センチ、えらい体高(たいこう)があって、美味(おい)しそう。

mekata-150207.jpg

目方(めかた)は・・・なんぼ計(はか)っても・・・1.6キロを切(き)ってますね。たらーっ(汗)(涙)

2キロオーバーのもいましたが、オッサンの輝(かがや)きを覚(さと)られてトンズラされました。爆弾

さて
キジでさばくことに。

kiji-150207.jpg

クサッexclamation×2 どこかの料理屋(りょうりや)が、ゴミを捨(す)てたようです。 廃業(はいぎょう)とか、引越(ひっこ)したのかな? 焼肉(やきにく)やってて、カツオもだすような店(みせ)? 餅(もち)もどっさり捨(す)ててあり、カラスがたかるは、異臭(いしゅう)がスゴイわ・・・

ウロコだけおとして、とっとと帰(かえ)りましたとさ。


午後(ごご)、すっかり引(ひ)き潮(しお)のイノーにはコーちん(コウノトリJ0066)。

kt1-150207.jpg

オッサンに気(き)づくと、やっぱり・・・たらーっ(汗)

kt2-150207.jpg

羽繕(はづくろい)ですよね゛〜。

ちなみに
羽繕いが、ず〜っと続(つづ)いたのはオッサンのほかにもニンゲンがいたから。 「オレが見(み)たのはアレアレ!」 やってきたサンセットのM田さは、 コーちんのことを幾度(いくど)もツルかと思(おも)ったそうです。 いや゛〜むしろ、M田さんもオッサンも、じゅ〜ぶんツルじゃん・・・ぴかぴか(新しい)(笑)


夕(ゆう)、我(わ)が家(や)の食卓(しょくたく)。

tamago-150207.jpg

クロダイは、大(おお)きくなると性転換(せいてんかん)するのでメス。 イイツッコミしてたので、良質(りょうしつ)のツッコミンCがたっぷり含(ふく)まれた真子(まこ)の煮付(につ)けになりました。るんるん あれだけ鋭(するど)いツッコミの母(かあ)さんのタマゴですから・・・ノンストップで40日(にち)くらいツッコミそうな勢(いきお)いですっ。ひらめき


ところで
タカサゴモズをチラッと観にいったのですけれど・・・ピヤッと柿色(かきいろ)の背中(せな)を見せてくれたダケでした。 警戒心(けいかいしん)が強(したた)かすぎる・・・

運動公園(うんどう・こうえん)の北は、オッサンにとって、とても都合(つごう)のいいところ。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ミナミクロダイ コウノトリ タカサゴモズ 】
posted by ぶん+ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年01月26日

釣(つ)らせてもらえなイノ〜たらーっ(汗)

昼前(ひるまえ)、仕事(しごと)をサボ・・・キッチリ都合(つごう)をつけてイノーへ。

inow-150126.jpg

気温(きおん)も水温(すいおん)も高(たか)め、絶好(ぜっこう)のチャ〜ンス。exclamation×2

チヌもバッチリやってきたっ。exclamation×2

mk-150126.jpg

でも、現場(げんば)にいたイブじじさん、ばばさんにお食事(しょくじ)に誘(さそ)われちゃった・・・たらーっ(汗)

おにぎりなどをいただきながら、イノーをチラチラ監視(かんし)していたのですけれど・・・何度(なんど)か追(お)いはあったものの、集中(しゅうちゅう)できず時間切(じかんぎ)れ。

たぶん、じじ&ばばさんは、子供(こども)じみた釣りなんてしてないで、ごはんを食(た)べなさい・・・とゆ〜スタンス。 オッサンがルアーと一緒(いっしょ)に、どんだけ人生(じんせい)を海(うみ)へブン投(な)げてきたのか、ご存(ぞん)じないからです。 横浜(よこはま)にいたころ、毎年(まいとし)十万円を費(つい)やしてアチコチを訪(おとず)れていたほどの釣りバカでしたし、無理(むり)して死(し)んでも仕方(しかた)ない・・・ってスタンスでしたから、何度(なんど)か走馬灯(そうまとう)を眺(なが)めたこともあったのでした。

そもそも、鮮魚(せんぎょ)のない島(しま)。 しかも、イケジメも知(し)らぬような漁師(りょうし)さんばかりで、不味(まず)い魚ぞろい。 釣り好(ず)きなオッサンとしては、ナントシテモ釣って食(く)わなければ・・・QOLがガタ落(お)ちしてしまうワケです。 (QOL=クオリティ・オブ・ライフ=人生{じんせい}の質{しつ}/ヤリガイ)

あ゛〜楽(らく)して美味(うま)い魚(さかな)、釣りてぇ゛〜よ゛〜。台風
posted by ぶん+ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2015年01月11日

初釣(はつつ)り = 初ボーズ・・・

北西(ほくせい)の風(かぜ)が止(や)みませんね゛〜。 トリトリデッキのとこでチヌのチャンスなのですけれど・・・たらーっ(汗)

しゃーないな〜、山海荘(さんかいそう)へ赴(おもむ)く序(ついで)に、東(ひがし)へ釣(つ)りに行(い)くかぁ゛〜ってことで、花徳浜(けどく・ばま)へ。

tab-150111.jpg

ヘッポコWindows8.1タブレットの自慢(じまん)・・・ではありせんよ。GPSの受信(じゅしん)をテストしています。 3分(ぷん)くらいかかったでしょうか。 スマホはネットからGPS衛星(えいせい)の補完(ほかん)データを取得(しゅとく)するので早(やは)いのですけれど、タブレットといってもコレはパソコンなので、そんなんできないそうなんです・・・。 アンドロイドやiOSタブレットより高価(こうか)なのに、っで〜ら遅(おそ)いとは。雨

さて、松阪(まつさか)で仕入(しいれ)てきた処分品(しょぶんひん)のスプーン、290円。 金(きん)は買(か)ってないと思(おも)ったら買ってたんだ・・・たらーっ(汗)

spoon-150111.jpg

マエバリ≒アシストフックをつけて、さっそく釣り。

hira1-150111.jpg

お゛〜、金でも釣れなくはないみたい。ひらめき  でもチッコイ・・・

おや、初ものキタ〜っ。exclamation

koban-150111.jpg

抜群(ばつぐん)に美味(おい)しいらしいコバンアジ。 でもチッコイ・・・

刺身(さしみ)になりそうな魚(さかな)を求(もと)めて山(さん)へ。

あ゛・・・

hira2-150111.jpg

ビミョ〜にサイズアップしたものの、でもチッコイ・・・ コイツを巻(ま)き上(あ)げているとき、80センチはあろうかというヒラアジ?っぽいのがユウユウ横切(よこぎ)っていきました。 居(い)るには居るみたいですけれど、釣れるかどうかは運次第(うん・しだい)?

そろそろ陽(ひ)が傾(かたむ)いてきたので、あとチョビットだけキャストすることに。

koto-150111.jpg

クヮガラ=コトヒキかよ゛〜 コイツには寄生虫(きせいちゅう)がいて刺身(さしみ)は危険(きけん)。

今回(こんかい)の釣りでは、スプーンを追(お)ってくる魚たちは、ガンガン群(む)れで奪(うば)い合(あ)う姿(すがた)が見(み)えているので、サイズは丸(まる)わかり。 そのくらい東の海(うみ)は凪(な)いでいます。

やっぱり刺身は無理(むり)そうなので・・・山海荘へ。

移住(いじゅう)する前(まえ)にズイブンお世話(おせわ)になったので、お土産(みやげ)を渡(わた)すためです。 釣りで時間調整(じかんちょうせい)していたのは・・・ワケがありました。

misozke-150111.jpg

お゛〜exclamation×2 すごい美味(うま)いツランコーの味噌漬(みそ・づ)け。 八丁(はっちょう)味噌というのが絶妙(ぜつみょう)。 なんと花徳のキャンドゥでゲットした味噌なのだとか。 山海荘のオバチャンは、なんだかんだ云(い)って、キャンドゥの名古屋(なごや)グルメ?のようで、きしめんも重宝(ちょうほう)してました。

ってゆ〜か・・・そんなことより、ウルトラ・ハイカロリーなんですよ。

山海荘のオバチャンのオ・モ・テ・ナ・シは、絶妙(ぜつみょう)な美味しさ+ハイカロリーなのです。 間食(かんしょく)で胃(い)たれするのは、「レシピ」こさえてたころ以来(いらい)。(笑) カロリーはさておき、小料理屋(こりょうりや)なんてやったら、ずいぶん流行(はや)りそうな技前(わざまえ)なのです。

軽(かる)く腹(はら)ごなしに、夕(ゆう)の花徳浜へ。

hama-150111.jpg

しまったぁ〜exclamation×2 魚の活動(かつどう)が鈍(にぶ)っているのだから・・・外洋(がいよう)よりも、多様(たよう)な内湾(ないわん)の山の浜で釣るべきでした。 こんなんじゃぁ、オッサンのボーズはまだまだ続(つづ)きそう。 ちなみにオッサンはボーズでなく三部刈(さんぶ・が)りなので念(ねん)のため。爆弾


で・・・Aコープへ向(む)かおうと車(くるま)に乗(の)ろうとしたところ・・・オナラ・フレーバーexclamation&question 草食系(そう・しょく・けい)の香(こう)ばしい、あの乾(かわ)いたオナラです。 肉(にく)食だと、ネコみたいなクッサイし湿(しめ)っぽいオナラになるけれど、草食系は爽(さわ)やかな笑(わら)いを誘(いざな)うニオイになるのです。 いただきものの大根の漬物(つけもの)の仕業(しわざ)なのでした。

オナラはさておき、山海荘のオバチャンの手料理(てりょうり)って、なんかスッゴク美味いんだよなぁ・・・ このごろ宿(やど)のお客(きゃく)も少(すく)ないようですけれど、モッタイナイ話(はなし)です。

で・・・またイタダキものしました。 このごろの世相(せそう)でしょうか、よりによって、またしてもお米(こめ)をいだたきました。 オッサンが困(こま)っているのは、むしろ全力(ぜんりょく)でオカズの方(ほう)なんですけれど。たらーっ(汗)
posted by ぶん+ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年11月30日

釣(つ)りたイノ〜

降(ふ)ったり、止(や)んだり。

inow-141130.jpg

クロツラーズを記録(きろく)しておいて、ブラブラしていたら・・・イブじじ、イブばばさんたちと邂逅(かいこう)。 ひとしきり野鳥(やちょう)やカメラのことを話(はなし)たあと、チヌが気(き)になってイノーをのぞくと、やっぱり。

mk1-141130.jpg

でも、1匹(っぴき)だけじゃね゛〜

え゛exclamation&question

mk2-141130.jpg

そこそこ入(はい)ってきているようです。 ただし、駄(だ)メヒルギにひっかかるので、ココでは釣りになりませんね。たらーっ(汗)

ところで午後(ごご)
身(み)を切(き)るというか・・・食(しょく)を切り詰(つ)める改革(かいかく)?でやってきた・・・苦肉(くにく)のWindows8タブレット。

epad-141130.jpg

ひととおり設定(せってい)を終(お)えたら・・・白。exclamation&question こいつ、ハズレかも。たらーっ(汗)
posted by ぶん+ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月30日

ウンブキに棲(す)むものたち

きのうの深夜(しんや)、星(ほし)もキレイなので、ぶらっと散歩(さんぽ)へ。 ウンブキはやはり静(しず)かでいいですね。

ua-140930.jpg

40センチくらいの小ぶりなウンブキアナゴが3尾(び)ほど観(み)られました。 いつもの鳥用(とりよう)のコンデジで記録(きろく)してみましたが、苦(く)もなくフツーに写(うつ)りました。 ストロボが大(おお)きめだからでしょう。

カワアナゴの一種(いっしゅ)は相変(あいか)わらず。 20センチくらいの個体(こたい)です。

ka-sp-140930.jpg

小(ちい)さいうちは、スッとしていますが、こうした成長(せいちょう)しきった個体は、頭(あたま)でっかちになり、まるで別種(べっしゅ)みたいなスタイルになります。

これも小田原(おだわら)の瀬能先生に送(おく)っておきましたが・・・そろそろ学名(がくめい)やら和名(わめい)がつくのかな?

ところで
妖怪(ようかい)ウォッチという番組(ばんぐみ)が人気(にんき)だと、NHKラジオでやっていました。 ゲームが売(う)れているとか・・・妖怪が好(す)きだ・・・という人(ひと)が増(ふ)えているそうな。 そりゃ〜あ〜た、実際(じっさい)にチョッカイ出(だ)されたことがないから、憧(あこが)れるんでしょうけれど・・・メンドクサイです。 たぶん、オッサンの経験上(けいけんじょう)、妖怪はほとんど見(み)えません。 が・・・チョッカイ出してきます。 オッサンは長久手(ながくて)で下宿(げしゅく)していたころ、夜(よる)の幽霊(ゆうれい)?っぽいのとか、昼間(ひるま)に風(かぜ)もないのに、下宿どこかでガラスがカタカタいうのですけれど、右(みぎ)を探す(さが)すと左(ひだり)から聞(き)こえたりする怪現象(かいげんしょう)も体験(たいけん)しています。 とはいえ、島(しま)に来(く)るまで妖怪≒アヤカシは信(しん)じていませんでした。

んが・・・3回(かい)ほど仕事(しごと)を邪魔(じゃま)されました。

1)前野(まえの)のヤストゥイジュンのロケ
イジュンに降(お)りる道(みち)を撮影(さつえい)しようとしたら・・・露出(ろしゅつ)がアンダー=暗(くら)くなるんです。

yastwu-140930.jpg

なんぼ調整(ちょうせい)しても、この通(とお)り。 普通(ふつう)は暗いところを撮影しようとすると、明(あか)るすぎに写(うつ)るのですけれど・・・逆(ぎゃく)です。 どうしようもありませんでした。 昼、2時過(じす)ぎのこと。

2)ウンブキでレンズが使(つか)えなくなった
ウンブキの生物(せいぶつ)の説明(せつめい)パネルの制作依頼(せいさく・いらい)があったので、動植物(どうしょくぶつ)の撮影をしにいったのですけれど・・・強力(きょうりょく)なストロボをたきながら撮影していたら、レンズがエラーで使(つか)えなくなってしまいました。 ストロボがキライなのかな? 結局(けっきょく)、レンズは壊(こわ)れてしまいました。

3)さらにウンブキで、バッテリー切(ぎ)れ
2)で悔(くや)しかったので、総務課(そうむか)のT島さんにトラブルのなさそうな旧式(きゅうしき)レンズを借(か)りてチャレンジしようとしたところ・・・カメラのバッテリー切(ぎ)れ。 前日(ぜんじつ)にフル充電(じゅうでん)していたのに。 なんぼなんでも、プロ用(よう)のEOS1D Mk.3の大容量(だいようりょう)バッテリーがスッカラカンになるなど・・・ありえません。

ちなみにこのごろ、F本さんもウンブキでカメラが変(へん)になった・・・そうです。

「障(さわ)らぬカミにタタリなし」といいますが、カミと呼(よ)ばれているのは、イイモンだったりワルモンになったり、アヤカシとの区別(くべつ)はつきにくいみたい。 ウンブキにいるのは、おそらくガジュマルについたケンムン・・・あるいは、嵐(あらし)の夜(よる)にワナーでイジャイしていたという、伝説(でんせつ)のカチャブフゥジの生(い)き残(のこ)りとか? 夜(よる)はイジャイに出(で)かけてて留守(るす)・・・ならツジツマが合(あ)いますよ。(笑)

いつぞやオッサンのうっかりで、事故(じこ)が起(お)こりそうだったときにギリギリ・セ〜フだったりしたときは、イイモンだったのでしょう。

信(しん)じる、信じないと言(い)うまえに、起(お)こってしまう・・・んだから仕方(しかた)ありません。 障るということは、ご利益(りやく)もあるかもしれません。 縁結(えん・むす)びの南京錠(なんきん・じょう)を残(のこ)すカップルがいますが、意外(いがい)に効(き)くかもしれませんよ。exclamation&question なにしろ居(い)ますからね。ひらめき


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ウンブキアナゴ 】
posted by ぶん+ at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月16日

忙(いそ)がしいオカズ釣(つ)り

やっぱり、お刺身(さしみ)が食(た)べたいな゛〜

役場(やくば)を定時(ていじ)に出(で)て、いったん家(いえ)で釣竿(つりざお)をもって出(で)たのは夕(ゆう)の5時半(じ・はん)。

nami-140916.jpg

花徳浜(けどくばま)は、いささかザワついていて・・・なかなかのコンディション。 ルアーはニセモンですから、適度(てきど)な自然環境(しぜんかんきょう)にカモフラージュしてもらう必要(ひつよう)があるんです。 波間(なみま)でチラッと見(み)えたから、ついパックリと・・・な情況(じょうきょう)が大事(だいじ)。

後(うし)ろにヒトが立(た)っていてビクッとしたら、またランニングのオジサン。 どうやら、南風園(なんぷうえん)でソレナリの地位(ちい)のヒトみたいです。 すると・・・

tk-140916.jpg

またしても、見ているまえでツバメコノシロが釣(つ)れちゃいました。exclamation×2 このオジサン、釣りの精霊(せいれい)かナニかでしょうか??? 40センチのお一人様(ひとりさま)ピッタリのサイズ。exclamation&question 釣りはじめて20分(っぷん)もたたない時分(じぶん)。 日暮(ひぐ)れまでもう少(すこ)しキャストしましたけれどアタリがないので、Aコープが開(あ)いているあいだにワンカップのポン酒(しゅ)を求(もと)めるため、早(はや)めに撤収(てっしゅう)。 サクッとした潔(いさぎよ)さこそ、ルアー釣りの骨頂(こっちょう)です。

ワンカップと切(き)らしていた料理酒(りょうりしゅ)をもとめたのち、キジへ。

kiji-140916.jpg

ギリギリの明(あか)るさのなか、ウロコをはぎ、腸(はらわた)とエラをとって帰宅(きたく)したのは7時。 行水(ぎょうずい)して、刺身(さしみ)を引(ひ)き・・・いただきま〜す。るんるん

ssm-140916.jpg

これは片身(かたみ)、40センチもあればソコソコの刺身。 ちなみに鼻面(はなづら)はこうなっています。

tk-hana-140916.jpg

鼻すべてが軟骨(なんこつ)みたいになってます。 いかにもヘンテコなので、先入観(せんにゅうかん)マンマンな島人(しまんちゅ)にはダメかもしれませんけれど・・・ウマイ魚(さかな)です。

刺身はイキがよすぎて、細胞(さいぼう)が生(い)きているためツヤツヤしていません。

ssm-up-140916.jpg

とはいえ・・・鮮度一番(せんどいちばん)のプリップリでございます。ぴかぴか(新しい) グルメ的(てき)にはイマイチでも釣り人(びと)としてはパーフェクトな醍醐味(だいごみ)でございますっ。exclamation×2

またしても、地味(じみ)な釣果(ちょうか)・・・カッコヨクおすそわけできるほどでもなく・・・かといって、一人でいただくにはチョイ大(おお)きめ。 これでお腹(なか)いっぱいになってしまったら、デザートのキーツマンゴーが入(はい)りません。たらーっ(汗)

これほど完璧(かんぺき)に地味な幸(しあわ)せ・・・フラッシュしないグリーンフラッシュの効果(こうか)がいつまで続(つづ)いてくれるか、楽(たの)しみです。 このラッキーで、地味なヨメサマまで釣れればなぁ・・・たらーっ(汗)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ツバメコノシロ ルアー 】
posted by ぶん+ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月13日

晩(ばん)ごはんのオカズ

このところ、さっぱり食欲(しょくよく)がないのですけれど・・・お刺身(さしみ)が食(た)べたくなりました。 やっぱり鮮度一番(せんど・いちばん)、釣(つ)るしかありませんね。(笑)

start-140913.jpg

買(か)いもの袋(ぶくろ)もって、ウェスをポケットにつっこみ、花徳浜(けどくばま)へ。

今夕(こんゆう)は、風(かぜ)もなく・・・地味(じみ)に暑(あつ)いですね。

o-140913.jpg

スースーのはずのクバガサでも、じわっと汗(あせ)がでてきます。 この風体(ふうてい)で困(こま)ることがあります。 シマンチュと間違(まちが)われ、島口(しま・ぐち)でイキナリ話(はな)しかけられてしまうのです・・・たらーっ(汗) クバガサって、シマンチュに擬態(ぎたい)するチカラがあるようです。

ニンゲンを恐(おそ)れないクロサギがやってきました。

k-sag-140913.jpg

サギはとても神経質(しんけいしつ)なハズですが・・・この個体(こたい)は別(べつ)です。 どこかでニンゲンの性質(せいしつ)を学習(がくしゅう)し、見切(みき)っているようです。

2時間(じかん)やって、これ一尾(いちび)。

ga-140913.jpg

30センチちょいのギンガメアジ。 なんとかオカズになりそうサイズ。 このごろ10センチに満(み)たないようなメッキが多(おお)いので、大(おお)きめのジグヘッドを使(つか)っていて正解(せいかい)だったよう。

島にやってくる前(まえ)から、ちょくちょくあるのですけれど「ルアーで釣れるとこ初(はじ)めて見(み)ました」と言(い)われます。 なんと今回(こんかい)は、浜をランニングする無駄(むだ)に健脚(けんきゃく)な?オジサンから声(こえ)をかけられました。(笑) たぶん、オッサンが明(あか)るい昼間(ひるま)に釣るからかもしれません。 でも、ホントにたまたま・・・なんですけども。たらーっ(汗)

意外(いがい)に、たっぷりのお刺身になりました。

ssm-140913.jpg

ロウニンアジより小顔(こがお)なので身(み)が多(おお)いのでしょう。

しかもィユージルも美味(うま)そう。ぴかぴか(新しい)

iyu-j-140913.jpg

ほどよく脂(あぶら)が乗(の)っていて、ベストな潮汁(うしお・じる)になりました。るんるん

とりあえず、ボーズでなくてメデタシでめでたし。晴れ


そうそう
この週末(しゅうまつ)は連休(れんきゅう)だったのですね・・・このところ「マルバネクワガタ」「パトロール」「監視」で検索(けんさく)し、このログにやってきた連中(れんちゅう)が島にやってきていることでしょう。 昼間(ひるま)、民宿(みんしゅく)にレンタカーがあったり、どこか海辺(うみべ)で昼寝(ひるね)ぶっこいていたら、バレバレだから。 あと地元(じもと)のハコバンとかケートラとか借(か)りたら、余計(よけい)に足(あし)がつくからね。(笑) 夜(よる)はもちろん、仲間(なかま)がパトロールしているし、冬場(ふゆば)に幼虫(ようちゅう)をほっくりかえしに来(き)ていることも把握(はあく)ずみ。 だめだよ違法(いほう)なことしては。 いい歳(とし)してクワガタなんて、およしなさい。 女子(じょし)がドンビキですよ。(笑)



キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 ギンガメアジ 】
posted by ぶん+ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月06日

トリトリデッキのとこのヒラアジは・・・

そうそう、コーちんは大島(おおしま)にいる兄貴(あにき)と合流(ごうりゅう)したそうです。 ミラクルさんとこ高(たかし)さんとこに載(の)せてありました。

さて、雨(あめ)の日(ひ)はストック・ネタです。(笑)

栃木県(とちぎけん)で大(おお)きな地震(じしん)があったように、このところ月(つき)の重力(じゅうりょく)が強(つよ)いので、小潮(こしお)だというのにイノーの潮位(ちょうい)が高(たか)くなっています。 すると・・・

h-140906.jpg

たまに、2キロくらいのヒラアジが入(はい)ってきます。 カスミアジと信(しん)じていましたが、ヒレ(ひれ)が青(あお)くないので、オニヒラアジかロウニンアジかもしれません。

ヤル気(き)マンマンだったので、ちょっとした騒(さわ)ぎに。

h2-140906.jpg

ミナミクロダイの幼魚(ようぎょ)が飛(と)ぶわ・・・

h3-140906.jpg

ボラがよう壁(へき)を登(のぼ)ろうとするやら・・・でした。

そのあとは何(なに)もなかったかのように北西(ほくせい)に去(さ)っていきました。 ヒラアジを狙(ねら)うなら、この瞬間(しゅんかん)なのでしょうけどね゛〜、竿(さお)は仕舞(しま)ったままでした。たらーっ(汗)

ちなみに、狙(ねら)って撮(と)ったワケでなく、ガバゴボやっているので、コンデジでテキト〜にシャッターしたなかに写(うつ)っていました。 切(き)り替(か)えが間(ま)に合(あ)わなくて連射(れんしゃ)も使(つか)ってません。 ともあれ、シャッターは切(き)ってナンボですよね。 文字通(もじどお)り、とんだネタに。(笑)

このところ、姿(すがた)を見(み)せなかった、30センチオーバーのミナミクロダイもいました。

c-140906.jpg

そろそろイノーも秋の気配(けはい)なのでしょうか? といっても、海(うみ)の真夏(まなつ)は9月(がつ)なのですけれど。

このところ、水辺(みずべ)のネタばかりだなぁ。(笑) オッサンは昔(むかし)から山(やま)のないところばかりに暮(く)らしてきたから・・・かもしれません。 山(やま)は、どうも億劫(おっくう)です。 おいしいタンパク源(げん)とか、いないし。 そういえば、ウリボウとか・・・ちょうどいい大(おお)きさだし、うまカワイイかも。揺れるハート
posted by ぶん+ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月05日

天城(あまぎ)の白(しろ)ウナギ

測量(そくりょう)を終(お)え、ホッとひといき川(かわ)を眺(なが)めると・・・白ウナギexclamation&question

white-140905.jpg

1mあまりのウナギがボラやコイ、チヌやテラピアとともにエサを探(さが)していました。 本来(ほんらい)、ウナギは夜行性(やこうせい)ですから、こうして堂々(どうどう)と観(み)ることはできません。

80センチを越(こ)える、食(た)べごたえ指数(しすう)の高(たか)いダツもいました。

daz-140905.jpg

こんくらいのなら・・・刺身(さしみ)に引(ひ)いてみたいものです。 マズイという連中(れんちゅう)の舌(した)がどのくらいのもんか・・・知(し)りたいもんだ。(笑)

ウナギは1尾(び)でありません。 これは、さほど白くない個体(こたい)。

unagi-140905.jpg

もしかすると・・・これらはニホンウナギではないかと考(かんが)えました。

十分(じゅうぶん)に成長(せいちょう)し秋(あき)の深海(しんかい)へ旅立(たびだ)つため、これから海(うみ)へ降(お)りる塩分調整(えんぶん・ちょうせい)をしているのです。 そのため、長旅(ながたび)と産卵(さんらん)を控(ひか)え、荒食(あらぐ)いしている・・・のならツジツマが合(あ)うなと想(おも)ったのです。

ニホンウナギは、島(しま)にはいないと信(しん)じていたのですけれど、ベトナムまで分布(ぷんぷ)しているので、実(じつ)はボチボチ生息(せいそく)しているようです。 内地(ないち)の河口(かこう)はもっと深(ふか)いのですけれど、島(しま)の河口はイロイロあって浅(あさ)いので観やすくなっているのでしょう。span>


ここんとこ暑(あつ)くて外勤(がいきん)はしんどいですね・・・花徳浜(けどく・ばま)の釣(つ)りもしんどかったですし。(笑)

gps-140905.jpg

兼小(かねしょう)の水準点(すいじゅんてん)は110m、そこから秋利神(あきりがみ)へ下(お)りてから、ユイの館(やかた)にもどると、35mのはずが・・・

ハンディGPSの機能(きのう)では誤差(ごさ)が大(おお)きいので、瞬間風速(しゅんかんふうそく)のチカラを使(つか)って測量するのですけれど・・・ホントなのは数分(すうふん)だけ。 気圧(きあつ)によって誤差(ごさ)が5〜9mくらい変(か)わったので、そのサジ加減(かげん)がビミョ〜でした。

花徳浜(けどくばま)では熱中症(ねっちゅう・しょう)になったけれど、きょうは違(ちが)います。

drink-140905.jpg

ピキュ・ピキュ・ピキッexclamation×2 う・め・ず・ど・り・ん・くぅ〜ぴかぴか(新しい) (笑) 梅干(うめぼし)の下漬(したづ)けをした、塩(しお)たっぷりで梅エキスや疲(つか)れをとるクエン酸(さん)がにじみ出(で)た汁(しる)が梅酢。 ちょこっと三温糖(さんおんとう)を加(くわ)えて飲(の)みやすくした特製(とくせい)のドリンク。 飲みやすくできるかどうか・・・正(まさ)に塩梅(あんばい)しだい。ひらめき

え゛? 仕事中(しごとちゅう)に観察(かんさつ)してていいのかって? いえいえ、観察眼(がん)のないヒトには、ロクな仕事はできゃしませんよ。たらーっ(汗) それに労働者(ろうどうしゃ)には、午前午後(ごぜん・ごご)とも15分(ふん)の休憩(きゅうけい)が義務付(ぎむづ)けられていますしね。


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 オオウナギ ニホンウナギ ウナギ 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月02日

真昼(まひる)の夢(ゆめ)・・・?

とりあえず、釣(つ)れちゃいました・・・真昼の2時過(じす)ぎのこと。

oni-140902.jpg

オニヒラアジ、3.4キロ、68センチ。ぴかぴか(新しい) しかも、タイムリーな今夜(こんや)の宴会用(えんかいよう)。exclamation&question

ピンクのソフトルアーが1m弱(じゃく)のサメにブッチギラレたので、サメが嫌(きら)いそうなグリーンティー風味(ふうみ)のやつにしてみました。

lure-140902.jpg

とろぴかるぅ〜るんるん(笑)

それでも、尺(しゃく)あるかな〜くらいの良形(りょうけい)のヒラアジが食(く)ってきました。

r1-140902.jpg

すぐにもう一尾(いちび)。

r2-140902.jpg

グリーンティーは人気(にんき)ありますね゛〜たらーっ(汗)

で・・・それから30分後(っぷんご)に、さっきのヤツがきたわけです。いい気分(温泉)

ルアーはもうボロボロだったのに・・・

lure2-140902.jpg

こんなの食わせて悪(わる)いことしたかな〜

デカすぎて、まったく釣りあげられる気(き)がしなかったので、逆(ぎゃく)に余裕(よゆう)アリアリでした。

fight-140902.jpg

トロピカル・ファイトだぜぃ〜るんるん サメてるから、ノートリミングでも水平(すいへい)がキッチリとれてるんだぜぃ〜(笑)

もう一尾ついてて、ときどき糸(いと)にあたってヤバイゼぃ〜

x2-140902.jpg

ヒラアジは、大(おお)きくなるとオスメスのペアでいることがよくあります。

いいとこに掛(か)かってますね。 20分(っぷん)ちかく・・・よくファイトしてくれました。

hookin-140902.jpg

道糸(みちいと)PE1号(ごう)、ハリスは安(やす)かった漁業者用(ぎょぎょうしゃよう)フロロカーボン3号、ロッドは10フィートのトラウト用(よう)、リールは旧(きゅう)バイオマスター4000。 上州屋(じょうしゅうや)にて、バイオマスター用のダブルハンドルを注文(ちゅうもん)したら、ツインパワーのが届(とど)いてて、色(いろ)ちがいだったのですけれど、ま〜い〜や・・・なヤツがくっついています。(笑)

ちなみに、メスでした。 地味(じみ)にもててるな゛〜(笑)

そろそろ・・・オッサンの腕(うで)も、ちょっとしたモンになてきたんじゃないですか?ぴかぴか(新しい)


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 オニヒラアジ 】
posted by ぶん+ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2014年09月01日

マルっとしたヒラアジ

身近(みぢか)で無駄(むだ)に釣(つ)りに萌(も)えている人(ひと)ら?を、先(さき)のツバメコノシロのネタで・・・ん゛まいこと釣って、夕(ゆう)の浜(はま)へ。(笑)

オッサンひとりの方法(ほうほう)では、可能性(かのうせい)が限(かぎ)られるので、仲間(なかま)はありがたいわけで。

おっと、さっそくガラ=メッキ=エバ=ヒラアジの子(こ)を釣ってます。 さすが島人(しまんちゅ)。

gara-140901.jpg

けど、甘(あま)いですよ。 そもそも島中(しまじゅう)の海岸(かいがん)にガラはいますから。(笑)

油断(ゆだん)していたオッサンは、ダツらしいヤツに肝心(かんじん)のソフトルアーのシッポを噛(か)み切(き)られ・・・車(くるま)へ、とりにもどっていたスキのできごと。 でもオッサンにはグリーンフラッシュの地味(じみ)な幸(しあわ)せがついてます。(笑)

maru-140901.jpg

ホラ、地味(じみ)に嬉(うれ)しい一尾(いちび)。 オッサンが知(し)らないヒラアジが釣(つ)れました。exclamation×2 インドカイワリよりもマルっこいのにコバンアジとも似(に)ていないヒラアジ。 カイワリにしろ、ヒラアジの幅広(はばひろ)のは美味(うま)いのと、煮付(につ)けのとき鍋(なべ)にピッタリなスタイルなので、キッチリとシメてからお持(も)ち帰(かえ)りに。

オッサンが海派(うみ・は)なのは、海には山(やま)よりも多(おお)くの知(し)られざる生物(せいぶつ)がいそうだから・・・です。

ガラや、クワァガラ(コトヒキ)のアタリはあるのですけれど・・・本命(ほんめい)はユラ〜んと波間(なみま)を泳(およ)いだだけ・・・の、夕のひととき。

sunset-140901.jpg

美(うつく)しいですよね゛〜徳之島(とくのしま)。 釣りをしていると、フツーの生活(せいかつ)では拝(おが)むことのできない風光(ふうこう)に出逢(であ)うことが多い気(き)がしますし、自然(しぜん)に目(め)が肥(こ)えているような・・・ぴかぴか(新しい)

波間(なみま)に魚(さかな)がいるのに、なにか活発(かっぱつ)にならない事由(じゆう)があるハズ。 ヒョッとするとサメとか、跳(は)ねていたドクカマス(オニカマス)のせいかもしれませんね。

bose-140901.jpg

連(つ)れだっていくと、なんも釣れない人がでることもアリアリで・・・オッサンも焦(あせ)ってた時分(じぶん)もあったっけ・・・とか回想(かいそう)してみたり。 ダメなときほど、これまでと違(ちが)ったダメジャンみたいなことをして実験(じっけん)するようになりました。

ボーズも貴重(きちょう)なデータなんで、あれこれ試(ため)してダメなら、ダメなタイミングがわかるのです。 そ〜ゆ〜意味(いみ)で、優秀(ゆうしゅう)な釣師(つりし)をチャーターして浜へ赴(おもむ)いたことは、オッサンにとって優(すぐ)れたデータとなりました。 オッサンに釣られた二方(ふたかた)・・・お疲(つか)れさまでした。ぴかぴか(新しい)


さて
このヒラアジはなんでしょう・・・

maru2-140901.jpg

アジの特徴(とくちょう)、ゼイゴ(=ゼンゴ)がありません。 アテにしていた山渓(やまけい)カラー名鑑(めいかん)「日本(にっぽん)の海水魚(かいすいぎょ)」にもありません。 ネットで調(しら)べたところ・・・マルヒラアジとのこと。

自(みずか)ら名鑑・・・などと名乗(なの)る図鑑はダメかも。たらーっ(汗) ちなみに、ウナギと同(おな)じカライワシ上目(じょうもく)のイセゴイやらボーンフィッシュ(=ソトイワシ)も載(の)ってませんでしたし。

カイワリをイメージしたとおり、30センチくらいにしかならない種(しゅ)らしく、お持ち帰りは正解(せいかい)。

sashimi-140901.jpg

実(じつ)は、お腹(なか)がすいていたので・・・調べる前(まえ)に煮付をやめて刺身(さしみ)に引(ひ)いちゃってました。たらーっ(汗) 抜群(ばつぐん)に上品(じょうひん)な味(あじ)わい。ぴかぴか(新しい)

潮汁(うしおじる)もまた、上品でたまらんです。いい気分(温泉)

ushio-140901.jpg

な〜んか、これだけ食(しょく)したら入(はい)らなくなってしまいました。 昼間(ひるま)に釣った、ツバメコノシロどうしよう・・・


キーワード【 徳之島 奄美 南西諸島 沖縄 マルヒラアジ 】
posted by ぶん+ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り