2019年08月10日

子ども科学電話相談

この春(はる)から、レギュラー番組(ばんぐみ)になったそうです。 もちろん、夏休み 子ども科学電話相談もやってます。 ヒマなときは、ききのがしサービスを利用(りよう)しています。

子ども科学電話相談のききのがしサービス

夏休み 子ども科学電話相談のききのがしサービス

新米(しんまい)?の日本野鳥の会(にほんやちょうのかい)の会長(かいちょう)さんの答(こた)えがビミョ〜でした。 タカは爪をひっこめられないけれど、チーターなどのネコ類(るい)はひっこめられる・・・とゆーてみたり、クチバシに毛(け)がはえている鳥(とり)を知らなかったり・・・マジかよexclamation&questionとツッコミまくってしまいました。(笑)

ちなみに
チーターの爪は出(で)っぱなしで、ハシボソガラスなどカラスには、ちょくちょくクチバシに毛があります。

 
posted by ぶん+ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡事項

2019年08月09日

データベースの 人気(にんき)コンテンツ

天城町文化遺産データベースは、町営(ちょうえい)のデータベース。 天城町(あまぎちょう)には、離島(りとう)にしては、きちんと図書館(としょかん)があり、博物館(はくぶつかん)まであります。 さらにこうした情報(じょうほう)プラットフォームにも投資(とうし)していたり、あるいは防災(ぼうさい)センターまで。 オッサンの実家(じっか)がある伊勢市(いせし)には、ワケのわからんオカゲヨコチョウとかあるのに、博物館も防災センターもありません。たらーっ(汗)

とかく
ほーらい館やなくさみ館、みのり館といった近視眼(きんしがん)になりやすい南国(なんごく)ですけれど、教育(きょういく)と防災にチカラを入(い)れるのは、将来(しょうらい)を見据(みす)えるものの・・・ 実際(じっさい)には、補助金(ほじょきん)を町民(ちょうみん)にバラマイテホシイと謂(い)わんばかりの離島においては、ナカナカ困難(こんなん)です。


さて
データベースの一番(いちばん)の人気はウンブキアナゴですが、二番はわかりますか? 意外(いがい)にも、沖縄(おきなわ)からのアクセスが多(おお)いんです。

konoha-190809.jpg

ナシてexclamation&question(笑)

リュキュウコノハズクは、フツーの野鳥(やちょう)です。 けれどカワイイからか、さかんに画像(がぞう)を検索(けんさく)されているようです。 データベースにあるリュウキュウコノハズクの画像は、仕組(しく)みからネット検索には載(の)らないけれど・・・ オッサンがチート能力(のうりょく)で撮(と)った、ニンゲン技(わざ)では不可能(ふかのう)なカット?が登録(とうろく)してあるのが原因(げんいん)でしょう。ひらめき なにしろ、見分(みわ)けがつかないハズ?のメスどころか、足(あし)の裏(うら)のカットまでありますからね゛〜。

つぎも同(おな)じく、チート能力で撮影した、リュウキュウアカショウビンへのアクセスでした。

みなさまも、ヒマなときは、コノハズクやアカショウビンの鳴(な)きマネの練習(れんしゅう)をしてみてはいかがでしょうか??? そうすれば、鳥(とり)のほうから寄(よ)ってきてくれるので。ぴかぴか(新しい) お子(こ)ならマスターが早(はや)いので、一週間(いっしゅうかん)もあればイケルのでは???

ちなみに
データベースには情報がテンコ盛(も)りですけど・・・ まだ載せてない情報もあります。 それこそが図鑑(ずかん)の在(あ)り方(かた)ではないでしょうか? すべてが分(わ)かってしまう図鑑より、知(し)りたくなるほうが、たぶんオモシロイと思(おも)います。
ひらめき

キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Ryukyu Scops Owl リュウキュウコノハズク 】
posted by ぶん+ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年08月08日

こんな天候(てんこう)だから・・・

台風(たいふう)9号(ごう)の強風(きょうふう)で荒(あ)れています。

東風(ひがしかぜ)が強(したた)かですから、当然(とうぜん)ながら、トリトリデッキの西側(にしがわ)は、体育館(たいいくかん)の陰(かげ)になるので、おあつらえ向(む)きになります。

おったおった。

khs-190808.jpg

越夏(えっか)している、クロツラヘラサギの2/4羽(わ)がすぐまえに。

なんで赤茶(あかちゃ)なんだろう・・・ 翼(つばさ)の色(いろ)はヨゴレではありません。 日々(ひび)のグルーミングのとき、イノーの水(みず)でクチバシをシャバシャバっと洗(あら)っては、羽(はね)をすくからではないか・・・ と。 島(しあ)の赤土(あかつち)によって、自然(しぜん)に染(そ)まった、オリジナル・カラーバリエーションと謂(い)えるでしょう。ひらめき

赤羽(あかばね)のクロツラヘラサギも、なかなかイイ。ぴかぴか(新しい)


おや? 地味(じみ)ぃ゛〜に食事(しょくじ)しているのは、キアシシギ。

kas-190808.jpg

景気(けいき)よくブン回(まわ)して、カニの足(あし)を振(ふ)りちぎろうとしているけれど・・・、メンドクサくなって、やめてしまいました。 結構やめてしまうことがあって・・・ カニは死(し)ぬる一歩(いっぽ)てまえで、ぽっぽられてしまいます。たらーっ(汗)

チドリが飛(と)んできて、コチラへダッシュしてきました。exclamation

omdc-190808.jpg

大(おお)きさと羽毛(うもう)のウロコっぽい雰囲気(ふんいき)、クチバシと足(あし)の長(なが)さからすると・・・ オオメダイチドリのゼロ歳(さい)の幼鳥(ようちょう)のようです。 中近東(ちゅうきんとう)から中央(ちゅうおう)アジアで生(う)まれているので、少(すく)なくとも2000キロあまり旅(たび)をしています。 0.3歳とは思(おも)えぬバイタリティ。exclamation×2

防災(ぼうさい)センターへ出勤(しゅっきん)するまえに、天城町総合運動公園(あまぎちょう・そうごう・うんどうこうえん)のグランドもチェック。

md-190808.jpg

ムクドリの10あまりの家族(かぞく)がまとまり、もう群(む)れになっていました。 すっかり越冬体制(えっとう・たいせい)です。ひらめき 先月(せんげつ)から群れはじめていましたから・・・ ハヤブサなどの天敵(てんてき)でない、理由(りゆう)があって、早々(はやばや)と群れているハズなんですよね。 ナンだろ。

 
posted by ぶん+ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年08月07日

ウンブキ あ゛・・・

大潮(おおしお)のあとの中(なか)潮の宵(よい)は、ウンブキ観察(かんさつ)に適(てき)した満潮(まんちょう)になります。

久(ひさ)しぶりに、ウンブキへ。 ウンブキアナゴ、おらんかね゛〜。

u_anago-190807.jpg

よ〜やっと見(み)つけた、50センチオーバーの最大級(さいだい・きゅう)だったのにぃ゛〜たらーっ(汗) ウンブキが、だいぶ有名(ゆうめい)になったので、いろんなニンゲンが観察してライトを当(あ)てたので、警戒(けいかい)するようになったかな???

そうそう
データベースのアクセスでダントツトップなのが、このウンブキアナゴ。 ウンブキ=浅間湾屋洞穴(あさま・わんや・どうけつ)ではないんです。 ネット検索(けんさく)すると、ヒントの2番目(ばんめ)にウンブキアナゴが出(で)てくるので、ナニコレ?と思(おも)ってしまうのかも。


ちなみに
最大級になったウンブキアナゴは、たぶん来月(らいげつ)あたりには、どこかの深海(しんかい)で産卵(さんらん)するため旅立(たびだ)ってしまうことでしょう。 ニホンウナギがマリアナ海嶺(かいれい)、マアナゴが九州(きゅうしゅう)・パラオ海嶺で産卵しているらしいので、ウンブキアナゴもフィリピンからマリアナ諸島(しょとう)にかけての海域(かいいき)のどこかで、産卵しているのではないでしょうか。

 
posted by ぶん+ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年08月06日

満潮(まんちょう)の お陰(かげ)

けさも高潮位(こうちょうい)。 

お陰で、シギたちが岩(いわ)の島(しま)?に集(つど)っていました。ぴかぴか(新しい)

kas-190806.jpg

トリトリデッキのまわりで鳥(とり)を見(み)かけたら、キアシシギとゆ〜とけ・・・ がオッサンの口癖(くちぐせ)のようなものですが、ほぼキアシシギ。(笑) さらに、成鳥(せいちょう)ばかり。 左(ひだり)にはクロハラアジサシ、キアシシギの億(おく)に2羽(わ)のソリハシシギが隠(かく)れています、が・・・

おっと、ずいぶん北(きた)のほうに、白(しろ)い点(てん)が・・・

khsx4-190806.jpg

クロツラヘラサギたちが、みょ゛〜なところに集(あつ)まっていました。 この調子(ちょうし)ですと、まだまだ満(み)ちてくるので、いづれ移動(いどう)することになるでしょうね。


ところで
船(ふね)が来(こ)なかったんで、食(しょく)パンが買(か)えんかったですわ゛〜たらーっ(汗) もう菓子(かし)パンしかなく・・・ いろんな意味(いみ)で甘(あま)かった。exclamation&question(笑)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 キアシシギ クロハラアジサシ クロツラヘラサギ 】
posted by ぶん+ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年08月05日

ようやく 一周年(いっしゅうねん)

あ゛〜 どきどき、パソコンのキーが熱暴走(ねつ・ぼうそう)するんで、不便(ふべん)ですわ゛〜。たらーっ(汗)

さて
広報誌(こうほうし)の連載(れんさい) シリーズ天城遺産(あまぎ・いさん)が、ようやく一周年になりました。exclamation×2

amagi-190805.jpg

隔月(かくげつ)で、ようやく「その7」。 今号(こんごう)は、夏休(なつやす)みの自由研究(じゆうけんきゅう)のヒントになるよう、ヨナマビーチの生物(せいぶつ)を特集(とくしゅう)しました。ひらめき

広報誌の記事(きじ)と、スマホやタブレットで閲覧(えつらん)する、電子版のほうがデータベースにアクセスすることで、よりたくさんの情報(じょうほう)が得(え)られるよう工夫(くふう)しています。

記事のわかりやすさと共(とも)に、腐心(ふしん)しているのが・・・ キャラづくり。ひらめき お子(こ)たちやお母(かあ)さんに読(よ)んでいただけるよう、アイキャッチになるキャラを心(こころ)がけています。

ikaseijin-190805.jpg

今号(こんごう)では、オッサンが大好(だいす)きな函館(はこだて)のイカール星人(せいじん)を参考(さんこう)にしました。 ナマナマしい目玉(めだま)がポイント。ひらめき

担当(たんとう)の具志堅(ぐしけん)さんは、町内(ちょうない)の有名人(ゆうめいじん)ですので、なるべく登場(とうじょう)してもらっています。

gusshi-190805.jpg

グッシーは、実在(じつざい)する人物(じんぶつ)がベースなだけに、説明(せつめい)キャラにはピッタリ。ひらめき(笑)

ちなみに
ギギギギギは人気漫画(にんき・まんが)ジョジョのフォントを用(もち)いてみました。exclamation

飽(あ)きないよう、なるべくテイストを変(か)えたりもしています。

kyoro-190805.jpg

3D風(ふう)にアレンジした、アカショウビンのキャラ。 ビミョ〜に、怒(おこ)りながらビックリしている雰囲気(ふんいき)と、現実離(げんじつ・ばな)れしたシッポが特徴(とくちょう)です。(笑)

キャラクターとは
正(まさ)に性格(せいかく)そのもの。 キャラのデザインには、描(えが)くヒトの画力(がりょく)や性格(せいかく)など、個性(こせい)がモロに出(で)るので・・・ がらっとテイストを変(か)えるのは、結構(けっこう)ムツカシイんですよね゛〜。たらーっ(汗)


次(じ)号は
オッサンのプランでは塔原遺跡(とうばる・いせき)でしたが・・・ これまで遺跡と自然(しぜん)ばかりでしたから、具志堅さんの発案(はつあん)で、民俗(みんぞく)の『もちたぼれ』にしよう・・・ ということになりました。ひらめき

 
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2019年08月04日

ヤナ天気(てんき)

降(ふ)っちゃ照(て)り・・・

tenki-190804.jpg

メンドクサイ天気が続(つづ)いていますね゛〜。たらーっ(汗) また雨(あめ)が近(ちか)づいています。

トリトリデッキの近(ちか)くにいたキアシシギが、驚(おどろ)いて飛(と)んだので・・・ キュイキュイっとな。るんるん

kas-190804.jpg

久々(ひさびさ)に、うまいことダマサレてくれたようです。(笑)

オッサンを見(み)ても逃(に)げないので、環境(かんきょう)に慣(な)れているようです。

そしてお約束(やくそく)の・・・

kas2-190804.jpg

ヤナメツキ。(笑)


【追伸】ついしん
台風(たいふう)が3つになりました。

tenkijp-190804.pngTenki.jpより

7、8、9号(ごう)です。 この調子(ちょうし)ですと、どんでもない秋(あき)が来(き)そうなような・・・たらーっ(汗)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 キアシシギ 】
posted by ぶん+ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年08月03日

イナズマの 不思議(ふしぎ)

どうせ、ヤカマシくて眠(ねむ)られなやしないから、いっぱいひっかけながら、雷雲(らいうん)まちを。(笑)

お゛〜exclamation すんげ〜。雷

inazma-190803.jpg

フレームアウトしてしまいました。 とゆ〜か軒先(のきさき)で・・・ 見(み)えていたのは、上(うえ)から下(した)へのイナズマだったのですけれど・・・ 横(よこ)に飛(と)んでから落(お)ちたんですね。ぴかぴか(新しい)

不思議と
イナズマは、雲間(くもま)がピカピカっとしてからズババッと出(で)るので、オッサンのヘッポコ反射神経(はんしゃ・しんけい)でも、たいがい間(ま)に合(あ)うのです。ひらめき

ちなみに
コンデジのファインピクスS1、Mモード、マニュアルフォーカス、シャッタースピード1/15、絞(しぼ)りF2.8、ISO感度(かんど)200です。 カメラマンにとっては、1/15はスローシャッターなのですけれど、思(おも)えば0.067秒間(びょうかん)しかない。たらーっ(汗) 連写(れんしゃ)でもないのに、よ゛〜写(うつ)るモンですよね゛〜 我(われ)ながら。(笑)


お゛exclamation もう一発(いっぱつ)。

inazma2-190803.jpg

ぶっといの゛〜 これは100%被雷(ひらい)してるな゛〜。たらーっ(汗)

それはそうと
なして狙(ねら)いの場所(ばしょ)に落雷(らくらい)するのだろうか・・・ あ゛〜 そっかそっか。 九電(きゅうでん)の煙突(えんとつ)のあたりです。 せっかくなら、イナズマを電力(でんりょく)に回生(かいせい)できるとイイのにな゛〜。


【追伸】ついしん
雷(かみなり)は、まず空側(そらがわ)からピカっと先駆放電(せんくほうでん)し、それを地上(ちじょう)からピカっと先行放電(せんこうほうでん)が迎(むか)えてつかみに行(ゆ)き、つながったときに主雷撃(しゅらいげき)がズババッと落(お)ちるそうです。 なお、主雷撃≒イナズマは1/1000秒だそうですが・・・ オッサンの印象(いんしょう)では、プラズマ化(か)した大気(たいき)は、0.15秒くらい光(ひか)っている気(き)がするんですけどね゛〜。


 
posted by ぶん+ at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

2019年08月02日

メリメリ どどどど〜ん雷

雷雨(らいう)がつづいてますね゛〜。

inazma-190802.jpg

ためしに、雷雲(らいうん)が近(ちか)づいたときにパシャリ。 何(なん)カットも失敗(しっぱい)したんですけれど・・・ 今(いま)にして思(おも)えば、動画(どうが)でヨカッタンジャネ?(笑) けど、ど〜してもシャッターで捉(とら)えたくなっちゃうんですよね゛〜。 運(うん)だめし、みたいな気分(きぶん)で。

それはそうと
近所(きんじょ)に落(お)ちたとき・・・ ピカっと同時(どうじ)にジジジリと小(ちい)さな音(おと)がしてから、ズドドドドド〜ンときました。 あのジジジリはナンだったんでしょうかね゛〜。


posted by ぶん+ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色

サイズごとに?

トリトリデッキ下(した)のウミアメンボたち。

いささか様子(ようす)が違(ちが)っていました。

kua-190802.jpg

小(ちい)さなケシウミアメンボの成虫(せいちゅう)と、わずかにウミアメンボの幼虫(ようちゅう)。

白(しろ)が目立(めだ)つのは、ウミアメンボの成虫たち。

ua2-190802.jpg

合体(がったい)しておらず・・・ 成虫たちが集(あつ)まるほうが、婚活(こんかつ)しやすいとか?

幼虫たちも集まっています。

ua-190802.jpg

このごろのワカイモンは・・・ と謂(い)われるのがメンドクサイとか?(笑)

あらま゛ デカい同世代(どうせだい)も?

aa-190802.jpg

アマミアメンボは内地(ないち)のナミアメンボの亜種(あしゅ)で、いわゆるアメンボのフツーサイズ。 けれども、まだ翅(はね)がなく、終齢幼虫(しゅうれい・ようちゅう)でしょうか。

こうして観(み)ると、ウミアメンボたちがいかにコンパクトサイズか、よく分(わ)かりますね゛〜。 おそらく、内水面(ないすいめん)よりもエサが少(すく)ないから、より小さく、翅(はね)も持(も)たない方向(ほうこう)に進化(しんか)の舵(かじ)を切(き)ったのでしょう。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ケシウミアメンボ ウミアメンボ Sea skater 】
posted by ぶん+ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年08月01日

ようやく そろった

けさは大潮(おおしお)で、さらに一年(いちねん)でもっとも潮位(ちょうい)の高(たか)い時節(じせつ)。

khs4-190801.jpg

もう、かなり引(ひ)いているけれど、余裕(よゆう)?のクロツラヘラサギたち。 4羽(わ)そろったのは7/19以来(いらい)のこと。 350m以上(いじょう)はなれているのに・・・ オッサンに気(き)づいたらしく、ワサワサと羽繕(はづくろ)いをはじめてしまいました。たらーっ(汗) ちなみに、オッサンのシャツは、たまご色(いろ)でバリバリ目立(めだ)ちます。exclamation(笑)

キュイキュイ鳴(な)いていたら、いつもなら逃(に)げるキアシシギたちが、わりと寄(よ)ってきました。

kas-190801.jpg

動(うご)いているオッサンは気(き)づくけれど、目立つシャツでも動かなければ平気(へいき)のようです。 こうして鳴(な)きつづければ、そのうち慣(な)れてくれるでしょう。ぴかぴか(新しい) とはいえ、鳴きが通(つう)じていないアカアシシギは、まだまだなんですけども・・・


さて
ちょっとまえのニュースらしいのですけれど・・・ サンフランシスコのすぐ南(みなみ)にある、モントレー湾(わん)で、ホエールウォッチング中(ちゅう)に、ザトウクジラがアシカをハムっといったそうです。exclamation×2

chasedekker-193801.jpg< From Mr. dekker's Instagram

撮影(さつえい)したのは、動物(どうぶつ)カメラマンのChase Dekker=チェイス・デッカーさん。 イワシの群(む)れを追(お)っていたアシカが、イワシと一緒(いっしょ)にハムっとされたらしい。(笑) さすがにデカすぎて、これはたぶん脱出(だっしゅつ)したでしょう。 けれど・・・アシカの子(こ)なら、ゴックンしたでしょうね。たらーっ(汗) サーモンの群れを、バックリいっちゃうので、アシカの子なら楽勝(らくしょう)です。

一方(いっぽう)
ナショナルジオグラフィックでは、イルカがクジラを3年(ねん)そだてた・・・と。 こちらは食わせモンで、クジラといっても3mほどにしかならないゴンドウクジラの一種(いっしゅ)で、ほぼイルカ。 親(おや)のハンドウイルカは北方系(ほっぽう・けい)なら4mにもなりますから、ライオン母(かあ)さんがエサにするハズの、草食系(そうしょく・けい)レイヨウやオリックスを育(そだ)てるのに比(くら)べたら、フツーっぽい。(笑)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ Blach-faced spoonbill キアシシギ 】
posted by ぶん+ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月31日

熟達(じゅくたつ) したん?

ひっさびさの、ミナミトビハゼ。

mth-190731.jpg

ずっと、巣(す)はチェックしつづけているけれど・・・ 主(ぬし)はサッパリだったのです。 このごろは、暑(あつ)すぎるのか、シオマネキたちですら昼間(ひるま)は引(ひ)っこんでしまいます。たらーっ(汗)

お゛お゛お゛お゛〜exclamation

mth2-190731.jpg

デカい巣の主が、ようやっと確(たし)かめられました。ひらめき デカさは、冒頭(ぼうとう)のトビハゼの大(おお)きさがほとんど同(おんな)じ9センチくらいなので、推(お)して知(し)るべし・・・ です。

さて
この巣の主、ひょっとすると6月(がつ)に、もっとスゴイのをこさえてきた個体(こたい)かもしれません。

mth3-190731.jpg

こちらは土嚢(どのう)を積(つ)んだ、塹壕(ざんごう)のようなスタイル。たらーっ(汗)

その2週間後(しゅうかんご)は、土嚢?が整(ととの)ったのと、水(みず)が増(ふ)えて・・・

mth4-190731.jpg

露天風呂(ろてん・ぶろ)スタイルに゛っ。exclamation

巣(す)としての機能(きのう)と、ダイナミックな露天風呂の味(あじ)わいを両立(りょうりつ)するために、改良(かいりょう)をつづけたのかもしれません・・・。


ところで
昼(ひる)のこと、奮発(ふんぱつ)して肉(にく)だくの塩(しお)やきそばをこさえていたのに・・・ いきなり通(とお)り雨(あめ)。 コレって、夕立(ゆうだ)ちでも朝(あさ)立ちでもなく、昼(ひる)立ち???(笑)

yakisoba-190731.jpg

あ゛〜あ 車(くるま)の窓(まど)を閉(し)めてきた2分(ふん)あまり、加熱(かねつ)を中火(ちゅうび)にしちゃったんで、肉が硬(かた)くなっちまいました。 やっぱりオッサンは、肉を食(く)らうことがはばかられる運命(うんめい)・・・ なのでしょうかね゛〜。たらーっ(汗)

ともあれ
肉は香(こう)ばしくも、キャベツは焦(こ)げずにしんなりした甘(あま)い仕上(しあ)がりは、ウマウマにございますっ。るんるん こうして鉄板(てっぱん)のような蒸(む)らしができるのは、電磁調理用(でんじちょうり・よう)の厚手(あつで)のフライパンがあってこそ。ぴかぴか(新しい)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ミナミトビハゼ Mud skipper 】
posted by ぶん+ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

2019年07月30日

日陰(ひかげ)の 暮(く)らしは・・・

トリトリデッキ下(した)には、きょうもウミアメンボたちがウジャウジャ。るんるん

ua-190730.jpg

ありゃんりゃ゛?

よ〜く観(み)ると、日陰に入(はい)らないように群(む)れています。 昆虫(こんちゅう)には、紫外線(しがいせん)が見(み)えるので、自分(じぶん)も輝(かがや)きたいのでしょうか・・・ ウミアメンボにも、いろいろ事情(じじょう)があるらしい。

日陰はずいぶん青(あお)く見えるのは、青空(あおぞら)からしか光(ひかり)が届(とど)かないためです。


ところで
さっきヤナモンを見てしまいました。 オッサンこのごろ、半世紀(はんせいき)の人生(じんせい)で、あまりに0蚊(か)に刺(さ)されすぎたので、もう卒業(そつぎょう)に。 つまり、蚊に刺されても、ナンともありません。たらーっ(汗) で、水分補給(すいぶんほきゅう)も兼(か)ねて、野菜(やさい)たっぷりスープをこさえようと流(なが)しへ向(む)かうと、血(ち)をすってプクッとした蚊が墜落(ついらく)し、ヒクヒクしているのです。 え゛exclamation もしや、血の食中毒(しょくちゅうどく)。exclamation&question

みなさまも、暑(あつ)い時節(じせつ)ですので、食あたりには十分(じゅうぶん)ご注意(ちゅうい)ください・・・ じゃね〜よ、ゼンゼンちがうよ゛exclamation、オッサンの血は腐(くさ)ってたワケexclamation&question(涙) でも、おとといも見かけて、アースのお陰かな?と思(おも)ってましたが、きょうはアースなんてありませんし。たらーっ(汗)

ちなみに
今宵(こよい)のわが家(や)は、気温(きおん)32℃、湿度(しつど)75%、こんくらいで蚊はへばってしまうんだろうか・・・晴れ でも、今宵(こよい)は湿度が低(ひく)めなので、扇風機(せんぷうき)の効(き)きもよく、わりと快適(かいてき)なほうなんですけどね゛〜。ぴかぴか(新しい)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 ウミアメンボ Sea skater 】
posted by ぶん+ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月29日

クロツラヘラサギ なりに?

まえまえから、オッサンをピピッと警戒(けいかい)したがる個体(こたい)がいます。

khs-190729.jpg

200m離(はな)れていても、レンズを向(む)けると・・・ ジロリとにらみ返(かえ)してきます。

オッサンを、かなりジロジロしてから、飛(と)び去(さ)るのかと思(おも)ったら・・・コチラへ。

khs2-190729.jpg

すんなり逃(に)げず、やにわにコチラへ飛(と)んでから、ぐぐいっとUターン。exclamation&question やりおるわい。

クロツラヘラサギの若造(わかぞう)なりの意気地(いきじ) ≒ 示威行動(じい・こうどう)といったところでしょうか。 んま゛〜 ずいぶん低(ひく)い飛びからすると、よほど熱(ねっ)せられた大気(たいき)がつかみづらく、たまたまオッサンが風上一直線(かざかみ・いっちょくせん)だった・・・ のかもしれないけれど。

ちなみに
地面(じめん)スレスレや、クロサギのように海面(かいめん)スレスレを飛ぶのにはワケがありまして、羽(は)ばたきの風(かぜ)が反射(はんしゃ)し、効率(こうりつ)が高(たか)まるから・・・ で、人呼(ひとよ)んで『地面効果』(じめん・こうか)。

意外(いがい)なことに、ソレを応用(おうよう)したのはソ連(れん)だけでした。 現存(けんそん)するЭкраноплан/エクラノプランはGoogleMapでも見られるほどの大物(おおもの)。exclamation×2 別名(べつめい)、カスピ海(かい)の怪物(かいぶつ)といい、飛行機(ひこうき)と船(ふね)の中間(ちゅうかん)です。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ Black-faced spoonbill 】
posted by ぶん+ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年07月28日

オッサン 下暗(もとくら)し

もともと、海水魚(かいすいぎょ)や鳥(とり)が好(す)きだたので、地(ぢ)べたの生物(せいぶつ)はオロソカにしてきた嫌(きら)いがあります。

カエルはとくに、さして派手(はで)でもスマートでもないので、スルーしてきたみたいで・・・ 人生(じんせい)50余年(よねん)にして、やっと知(し)ったのがヌマガエル。

numa-190728.jpg

おそらく、内地(ないち)ではツチガエルの次(つぎ)にポピュラーで、西日本(にしにほん)では最(もっと)もポピュラーなカエルみたいです。 梅雨時(つゆどき)、田(た)んぼでゲコゲコ鳴(な)いていたのが、ほとんどコイツらだったとは・・・たらーっ(汗)

アジアの温帯(おんたい)〜熱帯(ねったい)に広(ひろ)く分布(ぶんぷ)しているそうで、その英名(えいめい)たるや、Rice field frog・・・ まんま、タンボガエルでしたわ。たらーっ(汗)

ちなみに
オッサンはヌマガエルもツチガエルも、みなツチガエル≒イボガエルだと思(おも)ってました。 ぶっちゃけ、島(しま)に来(く)るまでは、アマガエル、トノサマガエル、ツチガエル、ヒキガエル、ショクヨウガエル、モリアオガエルくらいしか知りませんでした。たらーっ(汗) んま゛〜 知らんでも、困(こま)りませんでしたし。(笑)



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 】
posted by ぶん+ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物