2020年04月09日

近所(きんじょ)を 渡(わた)る・・・

ところで
小学校(しょうがっこう)や保育園(ほいくえん)にお子(こ)らが通(かよ)うようになって、スーパーのスナック菓子(がし)が戻(もど)ってきました。exclamation×2 内内(うちうち)の送別(そうべつ)や、お祝(いわ)いなどがあったのでしょうけれど、それ以前(いぜん)からオヤツで消費(しょうひ)されていたらしい。たらーっ(汗)


けさ、出勤(しゅっきん)しようと車(くるま)のドアに手(て)をかけたら、上空(じょうくう)に猛禽(もうきん)っぽい影(かげ)がexclamation&question

ssb-200409.jpg

ミラクルさんがサシバの渡(わた)りを熱心(ねっしん)に観察(かんさつ)されていたので、オッサンも気(き)にしていました。

1羽(わ)めは、カメラの設定(せってい)を戻(もど)すのを忘(わす)れて地上(ちじょう)のを記録(きろく)するようになってて、ミスってしまいました。たらーっ(汗) いつもは、対空(たいくう)の設定になってます。

また、来(き)ました。

ssb2-200409.jpg

さっきのはオスのようでしたが、こちらは眉(まゆ)がハッキリしているのでメスのよう。

結局(けっきょく)のところ3羽だけ・・・ 島(しま)でも、運(うん)がよければ見(み)られるけれど、そうそう見つからない ≒ めったに気(き)づきにくい。

秋(あき)ほどの大集団(だいしゅうだん)にはならないようなので、秋以上(あき・いじょう)にパラパラと渡るのでしょう。 秋は大集団が有名(ゆうめい)だけれど、そうでもない小集団(しょうしゅうだん)もいまから。 リアルタイムの渡(わた)りは、宮崎(みやざき)のデータを参考(さんこう)にさせてもらってま〜す。

それにしても
なぜ群(む)れる必要(ひつよう)があるんだろうか・・・ 渡(わた)りの苦手(にがて)なヤツがいるとか、もともとスンゴイ猛禽がいてサシバを食(た)べてしまっていたか、はたまた、春(はる)は気流(きりゅう)が不安定(ふあんてい)で読(よ)みづらいので、みんなで上昇気流(じょうしょう・きりゅう)を探(さが)すようになったのか・・・ ビミョ〜です。 

もし
気流(きりゅう)を探すのならば、秋(あき)が多(おお)いのも合点(がてん)がいきます。 なにしろ繁殖地(はんしょく・ち)は越冬(えっとう)地より、分散(ぶんさん)していないでしょうから。ひらめき




ところで
あすは中国(ちゅうごく)や朝鮮(ちょうせん)のソウルあたりから、PM2.5が。バッド(下向き矢印)

pm25_09-200410.jpg

うるずんのハズなのに、今(いま)もって北風(きたかぜ)が吹(ふ)が寒(さぶ)うございますが、マスクは情況(じょうきょう)からして一石二鳥(いっせき・にちょう)より以上(いじょう)に役立(やくだ)っているようです。ぴかぴか(新しい)


そもそも
島では、誰(だれ)かが感染(かんせん)して、発病(はつびょう)してから受診(じゅしん)したら最後(さいご)、その病院(びょういん)から連鎖的(れんさてき)に広(ひろ)がるし、病床(びょうしょう)も少(すく)ないので、用心(ようじん)に越(こ)したことはありません。

触(さわ)らない、近(ちか)くで話(はな)さない、要件(ようけん)は手身近(てみぢか)に。exclamation×2
 



一見(いっけん)
洗(あら)えそうにないマスクでも、再生実験(さいせい・じっけん)はできます。

効(き)かないかも・・・と思(おも)うくらいカナリ薄(うす)めた漂白剤(ひょうはくざい)に1時間(じかん)くらい浸(ひた)してから軽(かる)くしぼり、そしてまた、たっぷりドップリの水(みず)に1時間あまり浸(つ)けて漂白剤を抜(ぬ)き、きつく絞(しぼ)るとゆ〜か、タオルで挟(はさ)んで、その外側(そとがわ)をさらに新聞(しんぶん)で挟み、踏(ふ)んだりして水分(すいぶん)をキッチキチにしぼりとってから干(ほ)せば、使(つか)えるのでは? 捨(す)てるつもりのマスクで、実験(じっけん)してみましょう。 ちゃんとした漂白剤ほど、薄いほうが化学反応(かがく・はんのう)は進(すす)みやすいので、薄めるのがコツ。ひらめき 漂白するワケでなく、細菌(さいきん)より小(ちい)さいウィルスへの攻撃(こうげき)なので。exclamation

使(つか)い捨(す)てマスクの漂白・洗いは、可能性(かのうせい)の人体実験(じんたい・じっけん)だ。
exclamation×2


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 サシバ 】
posted by ぶん+ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月08日

うるずん は まだ?

あと3週間(しゅうかん)で海開(うみ・びら)き、4週間で梅雨入(つゆ・い)りなのに、北風(きたかぜ)ひんやり。たらーっ(汗) 役場(やくば)の防災無線室(ぼうさい・むせん・しつ)がモワッと感(かん)じましたが、エアコンはシステムを保護(ほご)する22℃でヒエヒエのはずだったのに、北風のほうがもっと冷(ひ)やかった。バッド(下向き矢印)

しかも、風にのってメンドクサイやつが・・・

pm25-200408.jpg<tenki.jpより

PM2.5が、あの中国(ちゅうごく)からドッチャリと。たらーっ(汗)

晴(は)れて乾燥(かんそう)しているのに、やたら霞(かす)んでる・・・

tenki-200408.jpg

中国の人民(じんみん)は武漢(ぶかん)から世界(せかい)へコロナウィルスもばらまいたし、責任(せきにん)をなすりつけようと、ウソ情報(じょうほう)を次々(つぎつぎ)と垂(た)れながしています。exclamation×2 どんだけ迷惑(めいわく)な連中(れんちゅう)なのだろう。 やれやれ。爆弾

中国はアジアの癌(がん)で、朝鮮(ちょうせん)は盲腸(もうちょう)じゃね?(笑)


さて
あちこち見(み)て歩(ある)き、やっとイノーの南端(なんたん)にいました。

sa_sts-200408.jpg

シマアジと、セイタカシギ。

シマアジはコガモくらいのカモですけれど、もともと日本列島(にっぽん・れっとう)で繁殖(はんしょく)も越冬(えっとう)もしないので、飛来(ひらい)する必要(ひつよう)がないから、あまり見(み)かけません。 オスの眉毛(まゆげ)?みたいなところがシマっぽくて、食(た)べると味(あじ)がイイので、シマアジなのだそうな。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 シマアジ 】
posted by ぶん+ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月07日

借(か)り物(もの)を 登録(とうろく)

きょうは、また雨(あめ)になりました。雨 そんな予報(よほう)でしたっけ???

オッサンの鳥仲間(とりなかま)/人間(にんげん)のほうの・・・女子(じょし)から、貴重(きちょう)な画像(がぞう)をお借りして、データベースに登録(とうろく)させていただきました。exclamation

db-200407.jpg

ヤマシギが昼間(ひるま)に見(み)られるとは、なんてラッキーな。exclamation×2 よほどマメに、観察(かんさつ)されているのでしょう。 野鳥(やちょう)は、探(さが)してもそうそう見(み)つからないので、運(うん)しだい。 オッサンには出逢(であ)うことができない鳥が少(すく)なからずいますから、こうしてご提供(ていきょう)いただけるのは、とても有難(ありがた)いかぎりです。ぴかぴか(新しい)


ところで
きょうはモバイルワーカーしてました。 え゛? ヒッキーじゃないですよ。たらーっ(汗)

ai11-200407.jpg

広報誌(こうほうし)の連載(れんさい)、『シリーズ天城遺産(あまぎいさん)』電子版(でんしばん)を仕上(しあ)げるのに、HTMLをテキストエディタでチマチマ編集(へんしゅう)したりとか。 単純(たんじゅん)なHTMLを用(もち)いているので、あんまりカッコイイわけではありませんが、超低予算(ちょう・ていよさん)でスピーディに配信(はいしん)できるし、データ量(りょう)が少(すく)なくて済(す)むメリットがあります。ひらめき

今回(こんかい)は、トリトリデッキの総力特集(そうりょく・とくしゅう)だったので、オッサンの出番(でばん)。 配(くば)られるタイミングが、ちょうど渡(わた)り鳥(どり)のシーズンなので。 ただ、ネタが多(おお)すぎて、まとめるのに悩(なや)みましたが・・・たらーっ(汗) ぜひともご覧(らん)ください。exclamation

ちなみに
きょうは区長会(くちょうかい)だったんで、締切(しめきり)ギリギリだったワケで・・・

 
posted by ぶん+ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | データベース

2020年04月06日

渡(わた)り鳥(どり) ウロウロ

7時(じ)まえ、イノーチェックに赴(おもむ)いたら、運動公園(うんどう・こうえん)の北入口(きた・いりぐち)のガジュマルにカラムクドリたち。

kmd-200406.jpg

そろそろ、この冬(ふゆ)の仕舞(しま)いなので、記録(きろく)しとこうかと。

と・・・ しまった、ナンか飛(と)んだexclamation その手間(てまえ)にヤツがおった。exclamation&question

8g-200406.jpg

すっかり警戒(けいかい)してます。たらーっ(汗) こんな遅(おそ)い時期(じき)に渡りとは、想定外(そうていがい)。

ヤツガシラが木(き)にとまるのは休むときか、警戒して地上(ちじょう)から避難(ひなん)したとき。 とかくネット画像(がぞう)にある樹上(じゅじょう)のカットは、警戒したときのヤツです。

トリトリデッキのまわり、満潮(まんちょう)のイノーをチェックしたれど・・・ タンパク源(げん)はゼンゼン見当(みあ)たらず、ボラもおらん。たらーっ(汗)

久(ひさ)しぶりにN水さんとお会(あ)いした直後(ちょくご)・・・ 水面(みなも)にナンか浮(う)かんでる。exclamation&question

kk-200406.jpg

5センチもない、カツオノカンムリがプカプカと。

エグいのに美(うつく)しい? クラゲの一種(いっしゅ)。ぴかぴか(新しい) 一匹(いっぴき)なのに群体(ぐんたい)で、いくつもの個体(こたい)がまとまって、ひとつのクラゲのような姿(すがた)をしています。 この個体のような群体が、交尾(こうび)できる親(おや)を産(う)む・・・とゆ〜、卵(たまご)から三段階(さんだんかい)の生殖(せいしょく)をします。 卵(たまご) >>> 群体(オス/メス)が小さい親を放(はな)つ >>> 小さいオスとメスが交尾 >>> メスが産卵、という顛末(てんまつ)。

朝(あさ)ごはんのあとも、またトリトリデッキへ。 クロツラヘラサギ3羽(わ)のほか、たくさんのダイサギやアオサギ、コサギが干潟(ひがた)に。

akas-200406.jpg

すぐ手前(てまえ)では、アカアシシギが首(くび)を縦(たて)にふって警戒してます。

西側(にしがわ)では、やや大(おお)きいシギたち。

oshs-200406.jpg

オオソリハシシギのペアです。 白(しろ)っぽいほうがメス。 「メスのほうが大(おお)きい」とされるけれど、そんな立派(りっぱ)なメスばかりじゃないみたい。

ほかにもいないか、ジロジロすると

aoas-200406.jpg

イノーのまんなかで、アオアシシギが寝(ね)てる・・・

さらに進(すす)むと、なんかモソモソ動(うご)いてるような???

smaj-200406.jpg

お゛〜 なんと、カモなのにシマアジのご夫婦(ふうふ)。ひらめき 奥(おく)にいるのは、4羽ほどいたオグロシギの1羽。 でも、遠(とお)いい〜。

上空(じょうくう)からはマミジロタヒバリの声(こえ)がしてたので、グランドもチェック。

math-200406.jpg

キョ〜レツな陽炎(かげろう)のなかにいたのは、夏羽(なつばね)らしくなったムネアカタヒバリ。 ほか、ツグミたちや、渡りのムクドリらしい群(む)れも見(み)かけました。

どういうワケか
あと一月(ひとつき)で梅雨入(つゆい)りだというのに、北風(きた・かぜ)ばかりのこのごろ。 渡りも大変(たいへん)そう。 たぶん、向(む)かい風に抗(あらが)いきれずに海(うみ)ボチャして死(し)ぬる鳥たちも少(すく)なくありません。爆弾



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ヤツガシラ カラムクドリ 】
posted by ぶん+ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月05日

営巣(えいそう)してま〜す

徳之島(とくのしま)で、すっかり留鳥(りゅうちょう)になってしまったムクドリたちが、いよいよ繁殖(はんしょく)。

md-200405.jpg

天城集落(あまぎ・しゅうらく)にある、倉庫(そうこ)? の軒(のき)で営巣しています。

もう、ひとつがい。

md2-200405.jpg

手前(てまえ)の黒(くろ)いのがオス、奥(おく)の淡(あわ)い感(かん)じのがメスですが、ずいぶん淡いのでひょっとすると、まだゼロ歳(さい)の若妻(わかづま)かも。ぴかぴか(新しい) ちょっと うらやましぃぞ、コンチクショ〜。(笑)

ここでは、すでに4世代(せだい)くらい繁殖がつづいているので、そこそこイイ場所(ばしょ)のよう。 台風(たいふう)でも飛(と)んでないし。

そもそも
ムクドリは、南西諸島(なんせい・しょとう)では局所的(きょくしょ・てき)に繁殖する夏鳥(なつどり)、または冬鳥(ふゆどり)とされています。 チョ〜ややこしい。たらーっ(汗) でも、例外(れいがい)はツキモノで、例(たと)えば南大東島(みなみ・だいとうじま)では、ウグイスやモズが根付(ねづ)いています。 石垣島(いしがきじま)では東南(とうなん)アジアのカタグロトビが根付こうとしています。 身近(みぢか)にも図鑑(ずかん)を書(か)き換(か)えてしまうネタが転(ころ)がっている・・・ なんて想像(そうぞう)できないかもしれないけれど、離島(りとう)ではワリト起(お)こりやすいのかもしれない。


な〜んて書(か)いてますが、オッサンも島に来(く)るまでは、そんなことが身近にあるとは思ってもみませんでした。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ムクドリ 】
posted by ぶん+ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) |

林道(りんどう)の 花(はな)

ようやっと晴(は)れたので、林道へ。

されど、なんだか肌寒(はだざむ)うございます。 出(で)てきてくれたのは、ずいぶん気(き)の荒(あら)くなったアマミシジュウカラ。

ask-200405.jpg

オッサンがずいぶん気(き)にらぬらしく、ジュジュジュジュジュジュジュッと鳴(な)きつづけていました。

テリトリーに入(はい)ってきた、ゴジュ〜ダイの未確認歩行物体(みかくにん・ほこう・ぶったい)を見逃(みのが)しては、シジュ〜カラの恥(はじ)・・・ とか?(笑)

ask2-200405.jpg

ネクタイ?の根本(ねもと)、首(くび)のあたりの黒帯(くろおび)が▼(ぎゃくさんかく)のようにシッカリしているけれど、腹(はら)のほうの帯が細(ほそ)めなので、若(わか)オスなのかも。


そうそう
まえに林道に来(き)たときから気になっていたのが、白(しろ)い花。

ou-200405.jpg

なんか知(し)らんけど記録(きろく)してみたら、ミラクルさんとこにあったオオシマウツギのよう。

でも、なんだか枝(えだ)がタラ〜ンと枝垂(しだ)れだし、マルッとした花のかたまり方(かた)が、どこか違(ちが)うような?

ou2-200405.jpg

ウィキによると、島(しま)にはオオバナオオシマウツギとゆ〜 んなげ〜名(な)の変種(へんしゅ)が分布(ぶんぷ)しているらしいので、ソレかな??? にしても、変(か)わったシベの形(かたち)してるな゛〜。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 オオシマウツギ 】
posted by ぶん+ at 15:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 草木

2020年04月04日

セッカいぢり シーズン

雨(あめ)がやまないので、トリおきのネタを・・・ 鳥(とり)だけにっ 鳥ネタだけに゛っexclamation×2(笑、昭和の念押し)

ブラブラしていたら、草(くさ)のあいだからピヤッと。

sekka-200404.jpg

セッカがでてきて、陰(かげ)からジィ〜っと。

間髪(かんぱつ)をいれず、チチッ チチッ チチチチチチッ と舌打(したう)ち。

sekka2-200404.jpg

やっぱし確認(かくにん)しにきました。ひらめき 羽毛(うもう)を立(た)てながらも、逃(に)げ腰(ごし)で・・・たらーっ(汗)

そりゃ゛〜ライバルよりバカでかいオッサンなので、逃げたくて当然(とうぜん)。 オッサンとしては、いつぞやのスーパーセッカが記録(きろく)したくて、つい・・・ いぢってしまいたくなります、セッカのオスには気(き)の毒(どく)なのだけれど。

なにしろ
身近(みぢか)な鳥の表情(ひょうじょう)なのに、ゼンゼン知(し)られてないんじゃもん。exclamation


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 セッカ 】
posted by ぶん+ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

1時(じ)まえ に

ヒマなのでプリンのネタ、のむ(だいず)と低脂肪乳(てい・しぼうにゅう)のブレンドしたのをチンしていたら・・・ ンゴゴゴゴゴ〜と地鳴(じな)りしたかと思(おも)ったら、びびびりびりびりと小刻(こきざ)みに地震(じしん)が。exclamation&question そっちに集中(しゅうちゅう)していたら、ぶくぶくぶくぶわわわわexclamationと沸騰(ふっとう)してしまい、こんなこともあろうかと深(ふか)い容器(ようき)にしてなかったら、レンジのなかがベチャベチャに。たらーっ(汗)

地震は、日常(にちじょう)のいつ起(お)きるか判(わか)りません。 トイレでう゛〜んのときとか、風邪(かぜ)でボ〜っとしているとき、あるいは台風(たいふう)で飛(と)ばされそうなときでも。exclamation×2

とりあえず
しっかり沸騰しちゃって・・・ 例(れい)のプリンの素(もと)はきれいに混(ま)ざったので、粗熱(あらねつ)がとれたら冷(ひ)やしま〜す。ぴかぴか(新しい)

 
posted by ぶん+ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

庭(にわ)で 鳴(な)く

冬鳥(ふゆどり)の居残(いのこ)りの仕舞(しま)いは、4月半(がつ・なか)ばごろ。

午前(ごぜん)は雨(あめ)で薄暗(うすぐら)かったせいか、ノゴマが結構(けっこう)鳴きました。



小声(こごえ)でサエズリ・・・グゼリなのか、サエズリの練習(れんしゅう)なのやら。

小声のイソヒヨドリっぽくもありますが、そちらはもう本格的(ほんかくてき)にサエズリまくっていて、今(いま)ごろ練習していては手遅(ておく)れ。たらーっ(汗) 南国(なんごく)の留鳥(りゅうちょう)は、夏鳥(なつどり)より一足先(ひとあしさき)に繁殖(はんしょく)しはじめます。

ウグイスも、だいぶ上達(じょうたつ)しましたが、安定(あんてい)しない。



そろそろ除草剤(じょそうざい)やら、伐採(ばっさい)やらしたいのですけれど、もう少(すこ)しジャングル庭園(ていえん)?を温存(おんぞん)してあげましょうかね。

そういえば
シロハラのサエズリは、さっぱり聞(き)かれません。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 ノゴマ ぐぜり 】

posted by ぶん+ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月03日

まぜるだけ のプリン?

新商品(しんしょうひん)のキャンペーンだったのでしょう。 名糖(めいとう)の豆乳(とうにゅう)とまぜるだけの、プリンの素(もと)が、¥100でした。

purin-200403.jpg

まぜるだけ・・・のハズが、その上(うえ)に小(ちい)さく、レンジでチン!とあり・・・ そのハードルが高(たか)かった。たらーっ(汗)

煮(に)るだけのカレー のまえに、下(した)ごしらえして・・・ みないなもん?(笑)

レンジで豆乳を沸騰(ふっとう)させるのには、沸騰がわかる透明(とうめい)で深(ふか)い容器(ようき)でチンしながら、用心深(ようじんぶか)く見守(みまも)る必要(ひつよう)があるワケで。 捨(す)てるハズだった、茶(ちゃ)わん蒸(む)しのカップだけでこさえるのには、だいぶ神経(しんけい)をつかいました。バッド(下向き矢印)

それと
濃(こ)い豆乳ほど、溶(と)けにくいらしく、オッサンが大好(だいす)きなトロトロの『のむ大豆(だいず)』では、ダマが残(のこ)ってしまいました。たらーっ(汗) それと、定量(ていりょう)70CCの豆乳では甘(あま)すぎるので、120CCくらいが好(い)感(かん)じでしたよ。 舌(した)ざわりといい・・・

ちなみに
カスタード風味(ふうみ)のハズでしたが、どうもカラメル風味まで混入(こんにゅう)されているようでした。 どうりで、ダジャレシオがアップしないハズだ・・・(笑) もちろん、低脂肪牛乳(ていしぼう・ぎゅうにゅう)などとブレンドしてもキチンとプリンができました。


 
posted by ぶん+ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の味

2020年04月02日

大阪(おおさか)から 武漢(ぶかん)コロナウィルス

おとなり、沖永良部(おきのえらぶ)に、沖縄経由(おきなわ・けいゆ)で大阪(おおさか)からコロナウィルスが伝染(でんせん)したようです。

よくよく
伝染させたニンゲンも被害者(ひがいしゃ)だ・・・ とか薄(うす)っぺらなヒューマニズムを騙(かた)るヒトがいらっしゃる。 でも、どうでしょう・・・ この期(ご)におよんで、遊(あそ)びや卒業旅行(そつぎょう・りょこう)などヤスッポイ理由(りゆう)ですと、肉親(にくしん)やご自分(じぶん)が感染(かんせん)し、死(し)んでしまったら許(ゆる)せますか??? 赤(あか)ちゃんを失(うし)なったお母(かあ)さんが、尋常(じんじょう)でいられると思いますか???


こいつら、今(いま)ハヤリの大麻(たいま)でもやっとんちゃうか? とか思(おも)ってしまうオッサンでした。

 
posted by ぶん+ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 不自然なこと

渡(わた)る 青(あお)い鳥(とり)

ホンマなら3月(がつ)のうちに、もっと多(おお)くの渡りがあったハズですけれど、また北風(きたかぜ)に。

けさはまだ暗(くら)いので、運動公園(うんどう・こうえん)から。

kmjt-200402.jpg

3/27に見(み)かけたのとソックリの、コマミジロタヒバリっぽい個体(こたい)。

そして、イノーの南端(なんたん)へ。

sts-200402.jpg

ぷくぷくした、セイタカシギのオスがいました。

トリトリデッキへ向(む)かうと、チュウダイサギだかオオダイサギだかわかりませんが、サギたちがどっさり。

khs-sag-200402.jpg

どうやら、まだ居残(いのこ)っていたカワウ2羽(わ)につられて、クロツラヘラサギやコサギともども集(あつ)まっているようです。 クロツラーズは、年嵩(としかさ)のは繁殖地(はんしょくち)へ向(む)かったようで、いよいよ3羽になりました。

そのうえをウロウロしているのは、デカいアジサシ。

oni-200402.jpg

オニアジサシです。 きょねんの11月以来(がつ・いらい)で、2羽で来(く)るパターンが結構(けっこう)あるので探(さが)しましたが、1羽のみ。 あすになると、ヒョッコリ・・・ なんてパターンもアルアルです。(笑)

サギたちとは離(はな)れたところへ、だっぱ〜んexclamation

oni2-200402.jpg

セスジボラの幼魚(ようぎょ)でしょうか、いいな゛〜ピチピチの鮮魚(せんぎょ)。exclamation×2

きょうはたまたま、水路(すいろ)とオッサンとのポジションが同心円(どうしんえん)に近(ちか)かったので、マニュアルフォーカスでも間(ま)に合(あ)いました。ひらめき


ダイサギ類(るい)が、あれだけ足止(あしど)めされるってことは、小鳥(ことり)たちも森(もり)で足止めされてても不思議(ふしし)でなさそう。 とゆ〜ことで、林道(りんどう)へ。

ピヤッと飛来(ひらい)したのは、真(ま)っ青(さお)。

or-200402.jpg

オオルリだexclamation×2 あ゛・・・

一眼(いちがん)レフEOS7Dのシャッター音(おん)がバタバタうるさいので、びっくりして飛んでしまいました。たらーっ(汗) こんちくしょ〜ボロカメ。バッド(下向き矢印)

逃(に)げやすいわりに、好奇心(こうきしん)モリモリのようだったので、ひたすらイロンナ鳴(な)きをしてみたところ、反応(はんのう)したのは

ah-200402.jpg

おまえかぁ゛〜 アカヒゲ。たらーっ(汗) その向(む)こうの茂(しげ)みでは、ルリビタキのような「タッタツ」の声(こえ)がしていました。

しばらくすると、遠(とお)くの枝(えだ)にピヤッと。ぴかぴか(新しい)

or2-200402.jpg

森は暗(くら)いので、テレコンバーターを装着(そうちゃく)できず、せいぜいこのくらいの画(え)が精(せい)いっぱい。 とりあえず、証拠写真(しょうこ・しゃしん)にはギリギリOKかと。 森の鳥のハズですけれど、7年前(ねんまえ)には運動公園にいました


あすは
いささか早(はや)めに林道へ赴(おもむ)いてみようかな。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 オニアジサシ オオルリ 】
posted by ぶん+ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年04月01日

クロウサギの唐揚(からあ)げ 発売(はつばい)に

ヒミツにしていましたが・・・ 商品開発(しょうひんかいかつ)にオッサンも参加(さんか)して、タレを完成(かんせい)させた『あまみのくろうさァギ』がいよいよ発売に。exclamation×2

april_news-200401.jpg

あの、バレイショのそうか病(びょう)の病原(びょうけん)を突(つ)きとめたき福課長(ふくかちょう)の指導(しどう)ものと、クロウサギの里(さと)・当部(とうべ)で開発しました。 名(な)づけはもちろん、ダジャレ研究(けんきゅう)の第一人者(だいいちにんしゃ)の福課長。exclamation

クロウサギのいろんな部位(ぶい)の肉をさいの目(め)くらいに荒(あら)くカットし、お団子(だんご)にして唐揚(からあ)げにするのも、オッサンのアイデア。ひらめき こうすることで、いろんな部位(ぶい)を無駄(むだ)なく調理(ちょうり)できるので。 さらに、いろんな部位を混(ま)ぜ合(あ)あせたことで、アッサリしたなかに深(ふか)みが生(う)まれました。

残念(ざんねん)ながら、サトウキビを食害(しょくがい)するクロウサギのみの捕獲(ほかく)なのでバカ高(たか)い価格設定(かかく・せってい)なのが玉(たま)にキズ。exclamation&question

それはそうと
あのとき運動公園(うんどう・こうえん)でテストしていたトヨタのニライが、ハイブリッドに進化(しんか)していたとは、ビックリです。exclamation ナントカと、バババナは使(つか)いよう・・・


きょうは
エイプリルフールだけに、雨(あめ)ふ〜る・・・ さささささささぶっ
雨

 
posted by ぶん+ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | なんじゃそりゃ?!

2020年03月31日

特徴(とくちょう)のない トリ・・・

昼(ひる)、キッチンまえの庭(にわ)にやってきた鳥(とり)を、旧型(きゅうがた)のファインピックスS1・コンデジを用(もち)いて記録(きろく)。

komuku-200331.jpg

なんだろう・・・ スズメより大(おお)きいけれど、イソヒヨドリより小(ちい)さいし、目立(めだ)った模様(もよう)もないし。たらーっ(汗)

あ゛・・・ そ〜ゆ〜こと。exclamation&question

komuku2-200331.jpg

コムクドリのオスが来(き)ていました。 さっきのはメスだったのです。 いつもは群(む)れなのに、ペアで行動(こうどう)するとは珍(めずら)しい。

そもそも、オッサンちの庭にナニしに?

komuku3-200331.jpg

カタツムリかぁ〜、あわよくばオッサンもご相伴(しょうばん)・・・ と思(おも)うたのですけれど。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2020 コムクドリ 】
posted by ぶん+ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月30日

きもちわるイノ〜

けさはまだ、雨雲(あまぐも)が届(とど)いてなく、凪(な)いでいました。

inow-200330.jpg

逆(さか)さ寝姿山(ねすがたやま)とともに、透明度(とうめいど)もよく・・・

なんもおらんのが、よ〜くわかりました。たらーっ(汗) だだっ広(ぴろ)いイノーには波紋(はもん)が立(た)たず、生(い)き物(もの)の気配(けはい)がない、あんまりキモチワルイ情況(じょうきょう)にげんなりするどころか、かすかな恐怖(きょうふ)を感(かん)じました。 もちろん、ミサゴなど魚(わかな)を狩(か)る鳥(とり)もおらず、異様(いよう)な静(しず)けさでした。


ところで
志村けんさんが亡(な)くなりました。 チューさんのあとがまで、どうなん?と思(おも)ったけれど、多(おお)くの笑(わら)いをとどけてもらって、オッサンもずいぶん幸(しあわ)せました。ぴかぴか(新しい)

一方(いっぽう)で
どこぞの大学生(だいがくせい)が卒業旅行(そつぎょう・りょこう)でヨーロッパへホイホイ行(い)って感染(かんせん)して持(も)ち帰(かえ)りとか・・・ 自分(じぶん)が発病(はつびょう)して死(し)なない限(かぎ)り、感染させてしまった他人(たにん)が死(し)んでしまったら、遺族(いぞく)から殺人者(さつじんしゃ)として扱(あつ)かわれてしまうことを想像(そうぞう)できなかったんでしょうか???たらーっ(汗) 

バカは死(し)んだら治(なお)ると信(しん)じたいオッサンですが、さんざん恨(うら)まれて自暴自棄(じぼうじき)になり家族(かぞく)や友人(ゆうじん)にまきこんで苦労(くろう)をかけたり死(し)なせた挙句(あげく)、死なないと治らないんだろうな゛〜と、しみじみしてしまいました。


 
posted by ぶん+ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 景色