2019年07月01日

初泳(はつ・およ)ぎ

時節柄(じせつがら)、つぎの広報誌(こうほうし)の特集(とくしゅう)はヨナマビーチ。 それと、これからのシーズンをひかえ、とても危険(きけん)なゴマモンガラを調査(ちょうさ)するため。

午前(ごぜん)は曇(くも)りがちでしたが、午後(ごご)は暑(あつ)くなったので、海(うみ)へ。

yonama_b-190701.jpg

いや゛〜 せっかく南国(なんごく)に移住(いじゅう)したので、この景色(けしき)を愉(たの)しまなければ罰(ばち)があたりますよね゛〜るんるん

正月(しょうがつ)にサイバーショットTX20が壊(こわ)れたので、中古(ちゅうこ)のを買(か)い増(ま)しておいたのを用(もち)いています。 オリンパスのTGシーズは中古でもケッコウするので、貧乏(びんぼう)ぐらしのオッサンにはちょっと・・・たらーっ(汗)

お゛〜 産卵期(さんらんき)なので、さっそくお目見(めみ)え。

ao_umigame-190701.jpg

たぶん、アオウミガメ母(かあ)さんです。 ど〜せ優(すぐ)れたデジカメでもピントが合(あ)わないほど濁(にご)っているので、ピントはアウトですけれど・・・わりと近(ちか)くにいました。

相変(あいか)わらず、ナマコは少(すく)ないですね゛〜。 ようやくクロナマコ。

muro_namako-190701.jpg

ん゛exclamation トレードマークの砂(すな)をまとった姿(すがた)って、被(かぶ)り物(もの)じゃったん。exclamation&question ニセクロナマコとキャラがかぶるから・・・かぶっていたらしい。たらーっ(汗) これまでも、黒(くろ)いだけのニセクロナマコにしては変(へん)だな゛〜と感(かん)じていたのは、やっぱりコレが原因(げんいん)だったようです。

南国(なんごく)にもいるんですね・・・タコノマクラ。

hime_tako-190701.jpg

だいぶすり減(へ)った骨格(こっかく)ですけれど。 南西諸島(なんせいしょとう)に分布(ぶんぷ)するのは、あまり大(おお)きくならないヒメタコノマクラなのだとか。 タコノマクラは、平(ひら)たいウニのこと。 もっと薄(うす)べったいのは、カシパンです。

それにしても、ヤチャ≒ムラサメモンガラがやたら多(おお)いいなぁ゛〜 イチイチ威嚇(いかく)してくるから、メンドクサイことこの上(うえ)ない。

ここ数年(すうねん)、オッサンが探(さが)しつづけているのは、オオウミウマという大型(おおがた)のタツノオトシゴ。 コロコロ水温(すいおん)が変(か)わるようになったためか、居(い)なくなってしまいました。 ん゛〜 やっぱり居ない。

なんか隠(かく)れています。

abas-190701.jpg

ハリセンボンが岩陰(いわかげ)に体(からだ)を固定(こてい)して、休(やす)んでいました。

なおも探していると、南国で人気(にんき)のヤツ。

suku-190701.jpg

シュク/スク≒アイゴの幼魚(ようぎょ)たちがいました。 でも、スクないなぁ・・・たらーっ(汗) 全般(せんぱん)にショボいヨナマビーチのイノーでした。

ところで
ゴマモンガラですが、昨秋(さくしゅう)のは60センチくらいありましたが、今回(こんかい)は25くらいのを見(み)かけました。 繁殖期(はんしょくき)のゴマモンはダイバーがサメより恐(おそ)れる攻撃性(こうげきせい)なので、撮影(さつえい)できませんでしたが、メスだったとするとオスもいるハスですから、とても危険(きけん)です。exclamation×2 これから人出(ひとで)が増(ふ)えるので、社会教育課(しゃかい・きょういく・か)の課長補佐(かちょうほさ)に連絡(れんらく)しておきました。 どれほどの危機意識(きき・いしき)があるのか、ビミョ〜ですけれど・・・

ちなみに
ゴマモンガラも、島口(しまぐち)ではヤチャ。


それはそうと・・・
なんかアタマがヒリヒリするなぁ〜、オッサンの頭部(とうぶ)は防御力(ぼうぎょりょく)ゼロですから、かなりヤバいかも・・・たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2019年06月30日

ガセの 記憶力(きおくりょく)?

クワガタやゴキブリ、クモやフナムシなどの虫(むし)たちは、水中(すいちゅう)のエビ・カニたちと遠縁(とおえん)にあり、ご先祖(せんぞ)が同(おな)じ節足動物(せっそく・どうぶつ)。 記憶はしないで反射神経(はんしゃ・しんけい)で生(い)きている・・・ とされています。

このところ、分(わ)かれて同(おな)じ巣穴(すあな)にいたノコギリガザミが、もとのサヤに。

g-190630.jpg

コレはオカシイ。exclamation×2 同じ巣穴に2匹(ひき)が共存(きょうぞん)することは、とても厄介(やっかい)なのです。たらーっ(汗)

カニは記憶しません。 それがナニを意味(いみ)するかというと・・・ フツーなら、共食(ともぐ)い、もしくは争(あらそ)いしかありません。 節足動物(せっそく・どうぶつ)は、外骨格(がいこっかく)であるとともに、ツマラナイ思考(しこう)をして悩(なや)んだりしないことで、アラユル事態(じたい)に対(たい)して瞬時(しゅんじ)に対応(たいおう)するよう、合理化(ごうりか)されている生物(せいぶつ)なのです。 

いったん離(はな)れてしまえば、オスメスどうしと認識(にんしき)するまでの危険(きけん)なカケヒキがあるハズです。 あ゛・・・ よ〜く観(み)ると、オスメスとも左(ひだり)のハサミがありませんから、それなりにイザコザがあったのかもしれません。 バッタやカエル、そしてターガン/マーガン(モクズガニ)などは、オスがあたりかまわず抱(だ)きついて交尾(こうび)しようとしますが・・・ ワタリガニは、メスが脱皮(だっぴ)するまで一緒(いっしょ)にいなければなりませんから、多少(たしょう)は違(ちが)うロジックがあるのかもしれません。


オッサンが気(き)になっていることは他(ほか)にもあり、ノコギリガザミはメスがオスを探(さが)していたことです。 ニオイや足(あし)がギシギシする音(おと)でもあるのでしょうか??? 濁(にご)っているのに、オスのまわりをクルリ回(まわ)っているメスを見(み)かけたことがあるのです。 あるいは、オスでなくデカいエサだと思(おも)っていたのかもしれないですが・・・たらーっ(汗)

メスが脱皮するまで一緒にいる猛々(たけだけ)しいワタリガニ、ノコギリガサミ。 そううえば、ウミアメンボやオンブバッタなども合体(がったい)している時間(じかん)が長(なが)いような。 節足動物には、もともとそうしたDNAがあるのかもしれません。 ただ、オンブバッタは草食(そうしょく)、ウミアメンボはカメムシ類(るい)でニオイを仲間(なかま)の認識(にんしき)に用(もち)いているかもしれないので、カニの生態(せいたい)とは合致(がっち)しないかもしれないなぁ・・・

身近(みぢか)にも、マダマダわからないコトが山(やま)ほどあります。exclamation×2 ヤナ虫だけでなく、美味(おい)しい食材(しょくざい)にも。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Mudcrab コノギリガザミ 交尾 】
posted by ぶん+ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

プリンにない、プリン体(たい)ってexclamation&question

オッサンは、プリンと酒(さけ)をこよなく愛(あい)しています。 このごろプリン体というコトバが気(き)になって仕方(しかた)ないので、ちょっと調(しら)べてみました。

とかく
シマンチュにも多(おお)い、運動不足(うんどうぶそく)、かつ酒(さけ)のみの天敵(てんてき)とされる、プリン体。 プリンプリンした食品(しょくひん)に含(ふく)まれている・・・のでなく、細胞(さいぼう)の数(かず)が問題(もんだい)なのだそう。

つまり
単細胞(たんさいぼう)の鶏卵(けいらん)からこさえたプリンには、極(きわ)めて少(すく)ないし、肝(きも)=肝臓(かんぞう)や、水分(すいぶん)を飛(と)ばした干物(ひもの)などには多(おお)いそうです。 なんと、痛風財団(つうふう・ざいだん)なる団体(だんたい)があって、そこでプリン体の含有量(がんゆうりょう)が公開(こうかい)されています。

とくにビール好(ず)きが気(き)にしがちなプリン体ですけれど、ビールに含まれるプリン体など知(し)れたもので、e-ヘルスネットによると飲酒(いんしゅ)によって、尿酸(にょうさん)の排出(はいしゅつ)が妨(ざまた)げられるから・・・ なのだとか。

だそう、だとか・・・と表現(ひょうげん)しているのは、これらは厚労省(こうろうしょう)などによって、意図的(いとてき)に操作(そうさ)されてしまうコトがあるので、あくまで情報(じょうほう)ってコトで載(の)せました。 なにしろ、あれだけ騒(さわ)がれていた食品(しょくひん)のコレステロール値(ち)が、人体(じんたい)にとってはほぼ無関係(むかんけい)だった・・・ なんてことになっていて、アテにしてよいやらサッパリわかりません。たらーっ(汗) あくまでも、自己責任(じこ・せきにん)である・・・ ということです。 塩分(えんぶん)の摂取(せっしゅ)についても、同様(どうよう)のようです。

おかげで
オッサンは特売(とくばい)の肉(にく)がなくても、コレステロールもプリン体も心配(しんぱい)ない玉子で、なんとか生きていま〜す。ひらめき(笑) しかしながら、ニワトリの飼育(しいく)に少(すく)なからず使用(しよう)される薬剤(やくざい)が、なんらかのカタチで卵黄(らんおう)の油脂分(ゆしぶん)に含まれる可能性(かのうせい)は否定(ひてい)できないので、安全(あんぜん)とは謂(い)いきれません。


あくまでも
雑食(ざっしょく)の動物(どうぶつ)なら、食品(しょくひん)はなるべく多様(たよう)なものを摂取するべし・・・ とゆ〜のは、今(いま)も昔(むかし)も変(か)わらないのでしょう。 従来(じゅうらい)は植物(しょくぶつ)のアルカロイドなどの負担(ふたん)が軽(かる)くなるためでしたが、現代(げんだい)は薬剤など化学物質(かがく・ぶっしつ)による負担を減(へ)らすため・・・ ということになります。



それはそうと
あすから捕鯨(ほげい)が再開(さいかい)されます。るんるん また美味(おい)しい鯨肉(げいにく)が身近(みぢか)になってくれることを、切(せつ)に望(のぞ)みます。exclamation×2 食品の多様性(たようせい)こそ、雑食の目指(めざ)すところです。ひらめき


 
posted by ぶん+ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識

2019年06月29日

こんな時期(じき)に 渡(わた)り???

北半球(きた・はんきゅう)の渡り鳥(どり)たちの、繁殖期(はんしょくき)は真っ只中(まっただなか)。 なのに・・・

hbas-190629.jpg

また珍鳥(ちんちょう)のハシブトアジサシexclamation×2 きょうのペアは、この冬羽(ふゆばね)だか幼羽(ようう)だか分(わ)かっていない、頭(あたま)が白(しろ)っぽい個体(こたい)と、夏羽(なつばね)の個体だったので、おとといのペアとは違(ちが)います。 これで延(の)べ7羽(わ)になりました。 2羽はイノーを巡回(じゅんかい)することなく、ひたすら南(みなみ)へ飛(と)でいってしまいました。

ハシブトアジサシは大型(おおがた)のアジサシで、カモメの類(たぐ)いなので・・・ 1年(ねん)で成熟(せいじゅく)できない個体がいても、ゼンゼン不思議(ふしぎ)じゃない。

外来種(がいらいしゅ)メヒルギがはびこる、薄汚(うすぎたな)いイノーの南部(なんぶ)もチェック。 え゛exclamation&question

sigs-190629.jpg

アカアシシギ、ソリハシシギ、キアシシギexclamation×2 トータルでアカアシシギX2、キアシシギX3、ソリハシシギX1。

この時期は渡るタイミングではないから、たぶんこれらの個体は、繁殖にスベッタ個体たちではないか・・・ と。たらーっ(汗) 理由(りゆう)はイロイロで、結婚(けっこん)できなかったとか、まだ若(わか)すぎたとか、歳(とし)いってもう元気(げんき)ないわ・・とか。

ニンゲンも、オッサンみたいに繁殖しないのが増(ふ)えているけれど・・・ 動物(どうぶつ)たちにしても、必(かなら)ずしも繁殖にたどり着(つ)けるとは限(かぎ)りません。 そ〜ゆ〜のが、サッサと越冬地(えっとうち)へ向(む)かい、来年(らいねん)に備(そな)えるのは理(り)に適(かな)ってます。ひらめき 徳之島(とくのしま)のイノーは、そ〜ゆ〜個体を癒(いや)す場所(ばしょ)なのかもしれませんね゛〜ぴかぴか(新しい)

ありゃ゛exclamation

aas-190629.jpg

オッサンに気(き)づいたアカアシシギが、ヤナメツキ?(笑) 夏羽(なつばね)にしては黒(くろ)っぽさ薄(うす)すぎるので、スベッタ2年目(ねんめ)の若鳥(わかどり)なのでしょう。 来年はガンバレ。exclamation×2

 
posted by ぶん+ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月28日

防災(ぼうさい)センターの ナゾのもん?

花壇(かだん)に、3センチくらいの・・・ ナンカが生(は)えてました。たらーっ(汗)

kinoko-190628.jpg

ツクシ似(に)のコレは、ほとんどキノコだと思(おも)うのですけれど・・・ オッサンはシイタケとかサツマクインタケとか、美味(おい)しいキノコしか興味(きょうみ)がありません。 キノコはカビと親戚(しんせき)ですし、消化(しょうか)がわるいの、食品(しょくひん)としてはイマイチ。バッド(下向き矢印)

とはいえ
調(しら)べてみたところ、亜熱帯(あねったい)ではフツーのキノコ、コガネキヌカラカサダケのようです。 食(た)べてみたモノズキがいらっしゃるようで・・・ 食中毒(しょくちゅうどく)にはならなかったそう。

けれども
昔(むかし)はさておき、現代(げんだい)での分類(ぶんるい)は、植物(しょくぶつ)でなく動物(どうぶつ)と親戚。 素人考(しろうと・かんが)えですが、植物がアルカロイドを生成(せいせい)するのに対(たい)し、キノコは生成あるいはフグのように、まわりにある毒(どく)を取(と)り入(い)れる可能性(かのうせい)もあるのでは??? すなわち、生育環境(せいいく・かんきょう)によって、毒性(どくせい)が変化(へんか)してしまうかもしれません。

魚類(ぎょるい)のシガテラ毒のように、地域差(ちいきさ)があるのなら、一概(いちがい)に無毒(むどく)とは謂(い)えないのかもしれないような・・・

なので
間違(まちが)いやすいことも含(ふく)めて、そこらのキノコは、なるべく食(た)べないほうが身(み)のためだと思(おも)います。exclamation×2


【追伸】ついしん
あくる午後(ごご)、Aコープのついでに観(み)にいったら・・・ もう、ありませんでした。

 
posted by ぶん+ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物基礎知識

2019年06月27日

珍鳥(ちんちょう)まつり???

昼休(ひるやす)み、トリトリデッキ駐車場(ちゅうしゃじょう)のまえから、干潟(ひがた)をジロジロ。 遠(とお)く川津辺(かわつべ)にクロツラヘラサギが3羽(わ)いたけれど・・・ 他(ほか)は、な〜んも見(み)えません。

あきらめきれず
用心深(ようじんぶか)く眺(なが)めていると、白(しろ)いコロッとしたのが見つかりました。

kuma-190627.jpg

ナゼかトライアスロン前後(ぜんご)にやってくる・・・ 国内(こくない)では年間(ねんかん)10羽(わ)もやってこないハシブトアジサシが、2羽(わ)も゛。exclamation&question これまで3羽も飛来(ひらい)しているので計(けい)5羽。exclamation もうあと4羽しか飛来できない設定(せってい)なので、だじょぶかな゛〜徳之島(とくのしま)ばっかり飛来して。(笑)

さてと
特(とく)ダネも記録(きろく)できたし、車(くるま)に載(の)ろうとしたところ戸ノ木(とのぎ)に、白(しろ)いのが動(うご)いているのがチラッと見えました。

shsts-190627.jpg

このごろ奄美大島(あまみおおしま)や石垣島(いしがきじま)でも見つかっているので、来(く)るんじゃないかと思(おも)ってましたが・・・ よもやハシブトアジサシと同時(どうじ)とは。exclamation&question もはや、この干潟は動物園(どうぶつえん)をしのいでます。ぴかぴか(新しい) たぶん、国内(こくない)では、起(お)きたことがない珍事(ちんじ)。exclamation×2

フョ と気(き)の抜(ぬ)けた声(こえ)がしたら、飛(と)び去(さ)ってしまいました。 しかも2羽。exclamation 声をだすのには、ついつい・・・と、聞(き)こえる仲間(なかま)がいるときがあります。 行先(いきさき)は、あそこらへんでしょうね。

干潟の南(みなみ)へ移動(いどう)してみると・・・

shsts2-190627.jpg

やっぱりね゛〜ひらめき ソリハシセイタカシギはクチバシが繊細(せんさい)なので、戸ノ木の砂地(すなじ)より泥底(どろぞこ)がイイんです。 とゆ〜か、他(ほか)には徳之島で泥底なんて、ありゃしませんから。(笑)

クロツラヘラサギもいました。

shsts_khs-190627.jpg

ヘラサギのクチバシは丸(まる)くて、やや強(つよ)めなので、砂地でもOKですが、柔(やわ)らかいに越(こ)したことはないようです。 いや゛〜 やっぱり動物園を越えてるな゛〜。ぴかぴか(新しい)

あ゛・・・ 近(ちか)づきすぎて叱(しか)られちょる。

shsts3-190627.jpg

どうやらカップルでなく、先輩後輩(せんぱい・こうはい)のペアのようです。

いづれにしても
この時節(じせつ)に徳之島にやってくるんだと、繁殖(はんしょく)できません。 アジサシはカモメの類(たぐ)いだから1年で成熟(せいじゅく)しなかもしれないけれど、ソリハシセイタカシギはどうなんでしょうか・・・


ちなみに
ソリハシセイタカシギは、今年(ことし)にはいって8羽になりました。exclamation×2 もちろん、これまで10年(ねん)で最多(さいた)です。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Black-faced spoonbill Pied avocet Gull-billed tern 】
posted by ぶん+ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) |

しろし〜夏(なつ)が やってきた

シャッ シャッ シャッ シャッ シャッ シャッ シャッ シャヤヤヤヤヤヤ゛〜るんるん

kuma-190627.jpg

くれぐれも、しろしぃ゛〜たらーっ(汗) 山口(やまぐち)ではウルサイことを、しろしいと謂(い)うんです。

クマゼミは梅雨(つゆ)が明(あ)けきらないうちに、暑(あつ)い日(ひ)になると、一機(いっき)に羽化(うか)がはじまります。 浅間(あさま)では、おとといからで、早(はや)い年(とし)には、6/15ごろから。

徳之島(とくのしま)には、どういうわけかクマゼミが生息(せいそく)していなかったのですけれど・・・ 10年たっても、それほど増(ふ)えません。 それになぜか、戸ノ木(とのぎ)の平和(へいわ)の森(もり)のまわりのみに多(おお)すぎるから、九分九厘(くぶくりん)モノズキが移入(いにゅう)したものでしょう。 釣(つ)り好(ず)きとか虫(むし)好きには、かなり変(へん)なニンゲンが濃(こ)ゆいので・・・ ブラックバスなんぞより、クマゼミくらいチョロイもんです。たらーっ(汗)


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クマゼミ 】
posted by ぶん+ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月26日

地味(じみ)・・・ じゃなかった?

きょうは久々(ひさびさ)に、不眠(ふみん)が進(すす)みすぎてダウン・・・ ヤマシギ調査(ちょうさ)が響(ひび)いているのかも。 んま゛〜 オッサンには有休(ゆうきゅう)はないので、たま〜に休(やす)んでもバチは当(あ)たらないでしょう。(笑)

きのう見(み)つけた、根性干(こんじょう・ぼ)し?しているオサガニの類(たぐ)い。

crab-190626.jpg

眼柄(がんぺい)がブルーです。 ネットで調(しら)べたんですけども、色合(いろあ)いについての記述(きじゅつ)はサッパリでした。

いつものヒメヤマトオサガニは、こ〜ゆ〜風(ふう)。

crab2-190626.jpg

イノーには、何種類(なんしゅるい)かのオサガニ類(るい)がいるのですが・・・ 青(あお)い眼柄はヒメヤマトオサガニのオスの個性(こせい)かもしれません。

スナガニ科(か)は、カラバリ=カラーバリエーションが多彩(たさい)なので、たまに個性あふれるのが出現(しゅつげん)しても不思議(ふしぎ)ではありません。 なにしろ、メスがウェービングするシオマネキが出現するくらいなので。ぴかぴか(新しい)

それはそうと
きょうから奄美群島(あまみぐんとう)の文化財(ぶんかざい)の研修(けんしゅう)が、沖永良部(おきのえらぶ)で開(ひら)かれているのですけれど・・・ 熱低(ねってい)がジャストフィットしてしまいました。台風 グッシーやカズオ爺(じい)ちゃんは大丈夫(だいじょうぶ)かなぁ。たらーっ(汗)


 
posted by ぶん+ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海の生き物

2019年06月25日

クロツラーズX4 に とかとか

このところ、ゼンゼンまとまりのないクロツラヘラサギたち。 小潮(こしお)なので、満潮(まんちょう)の昼休(ひるやす)みにチェック。

khs-190625.jpg

ん゛? ヘラサギの類(たぐ)いが4つ???

せっかくなので、反対側(はんたい・がわ)からジロジロ。

khs4-190625.jpg

顔(かお)つきから、クロツラヘラサギが4羽(わ)だと判(わか)ります。 4羽になったのは、6/12以来(いらい)のこと。 荒天(こうてん)がつづいたので、見(み)つからなかったのか、減(へ)ってまた増(ふ)えたのか・・・ わかりません。


ようやく活発(かっぱつ)さがもどってきたコアジサシ。

kas-190625.jpg

そろそろ、子(こ)コアジサシがかえったので、とにかくエサを探(さが)しまわらなきゃならなくなったので、トリトリデッキのあたりまで来(く)るようになったようです。 でも、カッコヨク水中(すいちゅう)へ突進(とっしん)するものの・・・ 打率(だりつ)わるいですね゛〜。たらーっ(汗)


ところで
町長(ちょうちょう)さまが、会議中(かいぎちゅう)に職員(しょくいん)さんが、ペンをクルクル回(まわ)すのが気(き)になってシャーナイ・・・とコボシテおられました。  こうした手遊(てあそ)びは、会議(かいぎ)が退屈(たいくつ)だったり、つぎの仕事(しごと)があるからトットト終(お)わらせたい・・・気持(きも)ちの表(あらわ)れだったりもしますが・・・

ソレばかりじゃ なさそう。

そうした行為(こうい)を加速(かそく)させ、3年(ねん)くらいまえに流行(はや)ったのが、ハンドスピナーでした。 指先(ゆびさき)を刺激(しげき)したり、細(こま)かく動(うご)かしたりすると、緊張(きんちょう)をやわらげたり、脳内(のうない)をクリアにしたり、思考(しこう)の回転(かいてん)を速(はや)める効果(こうか)があるのは自明(じめい)の理(り)。 ガムを噛(か)むのと同様(どうよう)に、一般的(いっぱんてき)には無作法(ぶさほう)なんですが・・・たらーっ(汗) オッサンの知(し)る限(かぎ)り、技術屋(ぎじゅつや)など器用(きよう)さをウリにするヒトがやりやすい現象(げんしょう)のような気(き)がします。

オッサンはデザイナーで、究極(きゅうきょく)に器用な職種(しょくしゅ)のヒトツですけれど、ボールペンのクリップをギシギシやるクセがありまして・・・ それはホントに集中しているときより、ちょっとイラッとしているときにやってしまいます。たらーっ(汗)

オッサンが、パナソニックでシステムデザイナー/システムコンサルタントをしていたころ、技術屋との会議(かいぎ)で、同期(どうき)のギッチョがやってましたが、とても積極的(せっきょくてき)に思考し、発言(はつげん)してたので気になりませんでした。

町長さまが、クルクルをお気になされた原因(げんいん)は、会議のまわしかたそのものが、ダルかったから・・・ なのかもしれません。ひらめき

シマンチュは、会議が段取(だんど)りで決(き)まることすら知(し)ないから、いつもダ〜ラダラやるので、仕方(しかた)ありません。 会議にヤリカタがあるの?と思(おも)ったアナタ、とっくにダメダメですよ。exclamation(笑)

そもそも
オッサンは、島(しま)でマトモな会議(かいぎ)に参加(さんか)したことなど、ゼ〜ンゼンありませんから。バッド(下向き矢印) ソレでなくてもシマンチュはコミュニケーションがヘタなのに・・・ 根回(ねまわ)し悪(わる)すぎです。exclamation×2 決(き)めるべきコトや、検討(けんとう)すべきことをキッチリ絞(しぼ)っておき、あるいは可能(かのう)な限(かぎ)りアラユル質問(しつもん)を予測(よそく)して回答(かいとう)を用意(ようい)しておいて、時間内(じかんない)にサクッと終(お)わらせるのが会議の基本(きほん)。 シマンチュの謂(い)う会議など、ダラダラしたタダの顔合(かおあ)わせにすぎません。たらーっ(汗) ホンットにイライラして、メンドクサイから発言すらしなくなったオッサンですけれど・・・爆弾

とても困(こま)った現象(げんしょう)で・・・ これだとナイチャーにナメられて当然(とうぜん)です。

ともあれ
クルクルは、対外的(たいがいてき)な会議ではアウトでしょう。 わが国(くに)の外交官(がいこうかん)が会議でクルクルやっていたら、たぶん他国(たこく)の外交官はイラッとするでしょうね。たらーっ(汗)

役人(やくにん)なら公僕(こうぼく)として、立場(たちば)をわきまえるのは大切(たいせつ)ですし、相手(あいて)のヤリタイコトを慮(おもんばか)るのも大切なコト。



キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 クロツラヘラサギ コアジサシ Black-faced spoonbill Little Þern 】
posted by ぶん+ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) |

2019年06月24日

きょうも 雨天曇天(うてんどんてん)

夕(ゆう)、Aコープで買(か)い物(もの)したあとで、イノーへ。

inow-190624.jpg

まだパラパラ小粒(こつぶ)の雨(あめ)が降(ふ)っていて・・・ 静(しず)かなモンです。

超望遠(ちょうぼうえん)でジロジロすると、川津辺(かわつべ)のあたりにクロハラアジサシが何羽(なんわ)も飛来(ひらい)していました。 けれど、遠(とお)いし暗(くら)いし、雨足(あまあし)が気(き)になったので撤収(てっしゅう)。

これから前線(ぜんせん)が北上(ほくじょう)するようなので、また雨(あめ)がつづきそうです。 みなさま、土砂災害(どしゃ・さいがい)には気(き)をつけて。


ところで
このごろ天候(てんこう)のためか・・・ 野菜(やさい)がヤタラに高(たか)くて、ある具材(ぐざい)で味噌汁(みそしる)を。

miso_soup-190624.jpg

カボチャとトマトのカロテン汁(じる)。 トマトとろじゅわ〜、カボチャほっくほっく。exclamation×2 甘酸(あまず)っぱいわりに、意外(いがい)とごはんに合(あ)うのでオドロキ。るんるん

一方(いっぽう)で、カボチャやトマトの加熱(かねつ)のベストな頃合(ころあ)いが、料理(りょうり)しながらナンとな〜く判(わか)ってしまうのは、自炊(じすい)が30年(ねん)あまりに至(いた)ったため・・・たらーっ(汗) 美味(おい)しいのに、なせだか、素直(すなお)に喜(よろこ)べないな゛〜。(笑)

 
posted by ぶん+ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2019年06月23日

露天風呂(ろてんぶろ)?

ミナミトビハゼが、みょ゛〜な巣穴(すあな)を掘(ほ)っています。

mth-190623.jpg

フツーは煙突(えんとつ)のような感(かん)じなのですけれど・・・ ど〜ゆ〜心境(しんきょう)の変化(へんか)???たらーっ(汗)

ちなみに
まわりにある、モコモコした泥(どろ)は、口(くち)にふくんで運(はこ)んだもの。


キーワード keyword 【 徳之島 天城町 奄美 南西諸島 沖縄 2019 Mudskipper ミナミトビハゼ 】
posted by ぶん+ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚 と 釣り

大雨(おおあめ)どころでは・・・

けさ、トライアスロンは開催(かいさい)すると放送(ほうそう)がありましたが・・・ どうなっているのだろう。

nowcast-190623.png

雨雲(あまぐも)で島(しま)が見(み)えません。 19日(にち)からの連続雨量(れんぞく・うりょう)は、すでに300ミリを超(こ)えています。

土砂災害(どしゃさいがい)に警戒(けいかい)してください。exclamation×2

 
posted by ぶん+ at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災

2019年06月22日

な〜んもいない・・・ くもない

トリトリデッキのまわりには、な〜んもおらん。 かと思(おも)ったら、シオマネキが活発(かっぱつ)。

hsm-190622.jpg

なぜに、ヒメシオマネキばかり??? ヒメというには男前(おとこまえ)な大(おお)バサミを維持(いじ)するので、燃費(ねんぴ)が悪(わる)いのかも。たらーっ(汗)

わずかな日差(ひざ)しで、甲羅干(こうらぼ)し。

hsm2-190622.jpg

デカいし重(おも)いハサミを持(も)ち上(あ)げて、よくまぁバランスをとっていられるものです。ぴかぴか(新しい)

イノーの南部(なんぶ)、外来種(がいらいしゅ)メヒルギが繁茂(はんも)しているあたりも、念(ねん)のためチェック。

kas-190622.jpg

いつもの薄汚(うすぎたな)い景色(けしき)のなかに、キアシシギたちが6羽(わ)ほど。 もうとっくに繁殖期(はんしょくき)なのに、ナニしとるんじゃい・・・ なにしろ、このイノーからキアシシギが消(き)えることはホトンドないのが、ホンマに不思議(ふしぎ)なところ。exclamation×2


それはそうと
あすはまた、大雨警報(おおあめ・けいほう)が出(で)そうなのに、トライアスロンを実行(じっこう)する放送(ほうそう)がありました。たらーっ(汗) 最終判断(さいしゅうはんだん)は、あすの朝(あさ)だそうです。 気象庁(きしょうちょう)の衛星画像(えいせい・がぞう)が、役(やく)に立(た)つと思うんですが・・・

 
posted by ぶん+ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) |

くらこん に ナニがexclamation&question

愛食(あいしょく)している、とろろ昆布(こんぶ)。

tororo-190622.jpg

くらこん・無添加(むてんか)とろろ。

切(き)らしたので買(か)ってきたら・・・

tororo2-190622.jpg

リーゼンとろろおにぎりなる、ミョウチキリンなのがパッケージに。たらーっ(汗) 

リーゼンとろろパッケージには、3色(しょく)おにぎりバージョンもあるみたい。

tororo3-190622.jpg

さすがに「そこんとろろヨロシク!!」は、令和(れいわ)でなく昭和(しょうわ)のダダダジャレベルなので、早々(そうそう)にリニューアルされたのかも。バッド(下向き矢印) ダダダジャパッケージを買(か)っとくなら、今(いま)のうち。ひらめき(笑)

リーゼンとろろおにぎりはレシピが公開(こうかい)されているだけでなく、特設(とくせつ)ページまで設(もう)けられていて、かなりの気合(きあ)いが感(かん)じられます。 んが・・・おにぎりこさえた手(て)で、リーゼンとろろを盛(も)ると手にべたべたひっついて、それどころじゃないかもしれない。 とゆ〜か、食(た)べづらい。たらーっ(汗)

 
posted by ぶん+ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ツッコミどころ

ジャストフィット?

あすはトライアスロン。 ですが・・・

nowcast-190622.png< 気象庁 高解像度ナウキャスト

徳之島上空(とくのしま・じょうくう)に、前線(ぜんせん)が居座(いすわ)ってます。雨

あすも大雨警報(おおあめけいほう)がつづく見通(みとお)しで、土砂海外警戒情報(どしゃさいがい・けいかい・じょうほう)も出ているため、与名間(よなま)や手々(てて)など、土石流(どせきりゅう)の警戒区域(けいかいくいき)を横切(よこぎ)るコースを走(はし)るのは危険(きけん)です。

dosha-190622.png< 気象庁 土砂災害メッシュ情報
 
さて、大会(たいかい)はどうなるのでしょうか・・・

 
posted by ぶん+ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 天災防災